人は見かけによらぬもの

テーマ:
「戦いはいまでも続いている」 爆破テロ犯が振り返る、左翼運動とその思想
宇賀神さんの著書『ぼくの翻身』(模索舎)。 ■前編はこちら  1970年代に東アジア反日武装戦線のメ..........≪続きを読む≫
この宇賀神寿一氏、集会で何度かお見かけしたことがある。
「爆破テロ犯」とは似ても似つかぬ風貌。小柄でスキンヘッド、物静かな雰囲気が特徴的だった。
今のように、本来の正義感を正しい方向に、そして、権力側に付け入るすきを与えない形で発揮していただければ幸い。
AD