観世流能楽師の橋本忠樹でございます。

観世流能楽師の橋本忠樹が綴る日々のうだうだ日記
写真:吉野天人、撮影:金の星渡辺写真場


テーマ:

3月19日に開催いたしました

「橋本忠樹独立15周年初舞台40周年記念 熊野」

 

あれからあっという間に1ヶ月と少し。

桜も終わり、もう5月に入ろうとしています。

 

さてさてその会の写真。

前回のブログでは私の熊野の写真をアップいたしました。

 

今回は、息子(3歳)の初舞台の写真です。

 

実は公演の5日前。

申合せ(舞台リハ)だったのですが、

息子の仕舞ももちろん本番通りのリハを行いました。

 

それまで2度ほど観世会館の舞台で稽古したのですが

まあ滞りなく進んでおりました。

 

ところがこの日。

雰囲気にのまれたのか、舞台で謡いださない。

 

<おいおい、なんてこったい>

 

しばらくして、なんとか謡だして舞ったものの

稽古の時の、元気なし。勢いなし。

 

<おいおい、なんてこったい>

 

当日お客様が入られたら、もっと雰囲気変わるし。

これは困った。

 

私の胃の痛い日々が始まりました。

 

毎日お稽古して。

 

お稽古はもちろん元気にやります。

でも、リハの時の事があるし、安心できない。

 

あー自分の舞台に集中できねー。

 

そして迎えた当日。

 

もうとりあえず、謡ってね。

もうもうドキドキ。

私は、ほんと胃を通り越して腸から吐いてしまうのではと思うくらい

緊張しました。

 

迎えた本番。

 

初めて舞台へ登場の瞬間の写真です。

何だこの笑顔。

私は後ろにいるため、

息子の表情はこの写真が出来てくるまで

全く知りませんでした。

 

舞い始めも、なんか笑ろてるし。

稽古の時にニコニコしてたから、

真面目な顔をしなさいと言ってたのですが。。。

 

真面目な顔をしないといけないと

思いだした瞬間のようです。

 

なんとか無事にすみました。

リハの時の事がなんで?と思うくらい舞っておりました。

写真を見ると、なんだかとても楽しんでいたようですね。

 本人なりの意識変化とかあったのかもしれません。

 

とにかく無事に初舞台を終えることが出来ました。

 

有難うございました。

 

ちなみに、息子が着ている「裃」は、私が初舞台で着用したものです。

私の初舞台40周年記念の会なので

40年前に父が作ってくれた裃です。

 

綺麗に保管していただき有難うございますですね。

 

さて

息子の次の舞台は5月4日(みどりの日)

あ。もう1週間後ですね。

京都観世会館で開催の

「橋本聲吟社春季大会」で仕舞「玄象」を舞います。

 

この会は、父と私のお社中(お弟子)さんの発表会です。

お素人会ですので、入場無料です。

 

またご案内いたします。

 

最後に父の西行桜の写真も

親子三代。

無事に舞い終えることが出来ました。

 

有難うございました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

3月19日に開催いたしました

「橋本忠樹独立15周年初舞台40周年記念 熊野」

 

あれからあっという間に1ヶ月経ちました。

というかもっと前のような気もします。

 

さてその会の写真が出来てまいりました。

 

少しアップいたします。

多くのお花をお送りいただきました。

ロビーがとても華やかになりました。

本当に有難うございました。

 

また

華道未生流笹岡家元 笹岡隆甫さん

漆工芸家の三木啓樂さんに生け花と漆作品で

ロビーを彩って頂きました。

 

さて舞台写真。

今回は私の「熊野」です。

 

撮影:金の星渡辺写真場

 

次回は息子の初舞台写真をアップいたします。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ある日息子(3歳)が天井方向を指差して
『おめめが怖い』と
言い出した。

そちらを見ると何もない

てか設置してるエアコンしかない。

また
『おめめが怖い』。

いやいや
何も無いって。

てか君には何かが見えているのか?

と私も怖くなってきました。


そしてまた『おめめが怖い』

だから何よと。

『あそこブオーン(エアコン)のとこ』

エアコン?

近づいてみると

・・・・・

ん?

{0F727723-1D43-4C0E-9326-98021315432A}

これの事?

アップにすると
{4316F684-8BF3-412C-BFAF-686DEB9BF5FF}

確かに、おめめに見えるかも。

てな事で

{A2EAF483-E773-485F-968E-E30B3278E64C}

封印。

他のエアコンも
おめめがあるから
全て封印。

さすが子供は見るとこ違うな。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
記念会からちょうど一週間経ちまさした。

やっと疲れが取れてきた気がします。

本当に有難うございました。


さてその日に無事初舞台を終え
ひとつステップアップ?した長男さん。

昨日は、その長男の人生初の卒園式でした。

まだ3歳なのですが、いま通ってる保育園は3歳までなので早くも卒園を迎えたわけです。

昨日の卒園式では、同級生みんな練習の甲斐あって、素敵な卒園式でした。

さて
今日の題の『カトークン』

家に帰ってから息子が、
卒園式ごっこを始めました。

園長先生から頂くいわゆる修了証。
3歳までの卒園なので、保育証と書いてありましたが、それを頂く式のごっこ遊び。

僕にくれる訳ですが、
『カトークン。おめでとう』

と渡してくれるのです。

?カトークン?

何度もするのですが必ず
カトークン。おめでとう。

?カトークン?

で、僕がカトークンおめでとうと言うと

違うと仰るのです。

何度も繰り返しているうちに
わかりました。

カトークン

どうやら
以下同文らしい

以下同文。おめでとう。

なるほど。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は有難うございました。

『橋本忠樹独立15周年初舞台40周年記念  熊野』


多くの方々のお力添えを賜わり

お陰様で無事に終了する事が出来ました。


有難うございました。


息子も

なんとか?

滞りなく?

無事?


に初舞台を終えました。


私はどうだったんだろう。


もう息子の初舞台が終わった段階で

燃え尽きそうで、テンション保つの大変でした。


ロビーも、笹岡隆甫さんの生け花と

三木啓樂さんのお作品によって

普段とは全く違う素敵な京都観世会館を

演出していただきました。



その他多くの方々からお祝いのお花も頂戴し

ロビーはとても華やかになりました。



写真が出来上がって参りましたら、

またアップさせていただきます。


皆さま本当に有難うございました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

とうとう当日を迎えました。

 

「橋本忠樹独立15周年初舞台40周年記念 熊野」

あっという間でした。

 

やるべきこと。

出来ること。

 

は、やったつもりです。

 

あとはふたを開けてみないとーーー。

 

初舞台を踏む息子も、この1週間お稽古頑張りました。

 

舞台に立つという事が、解ってるのか解ってないのか。

 

しかしながら、本人なりの自覚というか

「やらないといけない」

「しっかりしなきゃいけない」

という心の内が、とくにこの1週間垣間見えました。

 

あとは、前へ突き進むだけ。

 

私の父も、孫との初めての舞台です。

大きな背中を孫に見せてくれることでしょう。

 

私・父・息子。

本日三世代、それぞれの年代の力出し切ります。

 

『橋本忠樹独立15周年初舞台40周年記念 熊野』

本日14時より京都観世会館にて開催です。

 

本日は、

友人の未生流笹岡家元 笹岡隆甫さんと漆工芸家 三木啓樂さんが

生け花と漆作品にて観世会館のロビーを彩って下さいます。

 

今日だけの特別企画です。

併せてお楽しみください。

 

当日券の発売させていただきます。

有難くもS席は完売しております。

A席1階席は残席は数席。

A席2階席及び学生席は、まだ1列目がございます。

 

今日の京都は快晴の予報です。

 

ぜひ京都観世会館へお越しくださいませ。

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
記念会まで二週間を切りました。 

この会で三歳の息子に初舞台を踏ませます。

一ヶ月程前に、初めて舞台でお稽古しました。

{2D335B4B-9474-4B04-B9FB-1469BD6E9BCD}

僕、ブレてますが
お稽古の前にはきちんと『宜しくお願いします』のご挨拶から始まります。

そして、初めての京都観世会館の舞台。

{EDBADA49-61DA-4B5B-8F0C-A168503FB65B}
私、若干疲れ気味の顔をしてますが、
なんだか息子は嬉しそうな顔をしてますね。

初めて舞台に立てた喜びだけで
まだ事の重大さがわかってない様子。

元気にお稽古してくれました。

そして昨日は、初めて着物一式着付けて本番同様に舞台でお稽古しました。

着物という事で、普段とかなり勝手が違い
思う様に出来なかったからか
お稽古の後、かなり凹み気味でした

知らない間に自覚が芽生えてるのかと
驚きました。

着物姿で舞うと、小さいながらも凛々しく見えました。

着物姿のお披露目は、本番まで隠しておきます。

みなさま、3月19日(日)14時開演
橋本忠樹独立15周年 初舞台40周年記念会へ
ぜひお越し下さいませ。

有難いことにS席は完売致しました。
A席も1階席はあとわずかです。

2階席はまだ良い席ございます。

宜しくお願い申し上げます。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2月3日4日と東京で京都市のお仕事させていただきました。

 

3日は明治記念館 4日は東京駅前のKITTE

 

明治記念館は京都市主催の能のワークショップ。

各国の大使館の方々とそのご家族向けに能のワークショップをさせてたいだきました。

 

京都市長門川大作さんの活動日記にその様子をアップして頂いています

今回初開催!お能ワークショップ、京あるきin東京。

 

そのワークショップの後は、京都市長主催の大使館レセプション。

オープニングで、華道未生流家元 笹岡隆甫さん

漆工芸家 三木啓樂さん 能楽囃子幸流小鼓方 曽和鼓堂さんと

「生け花と能の会」をさせていただきました。

 

こちらも市長の活動日記にアップされています。

大使館レセプション 「文化首都・京都」をPR!

 

さて翌日の2月4日は東京駅前丸の内にあるKITTEにて

「京あるきin東京」のオープニング。

この京あるきin東京とは約1ヶ月間、都内各所で、

京都の歴史、景観、伝統産業、観光など、多彩で奥深い京都の魅力を伝える

様々なイベントです。

私の2月3日のブログにもご案内を書きましたね。

そのオープニングで「生け花と能の会」をさせていただきました。

こちらも京都市長の活動日記をごらんください。

・京都の魅力を首都圏で発信!7回目を迎える

 「京あるきin東京2017~恋する京都ウィークス」(2/3~3/5)オープニング

 

この京あるきin東京は3月5日まで開催されています。

京あるきin東京のホームページ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

橋本忠樹 独立15周年初舞台40周年記念会まで

もう少し

 

どーなるどーなる。

 

息子もどーなる。

 

さすがに緊張してきましたね。

 

てなことで

心落ち着かせるため?

先日自分が今回舞う「熊野(ゆや)」に関連するとこを歩いてきました。

大和大路通りから松原通りを歩いて清水寺まで。

 

熊野では

清水寺へお花見へ行く道中、牛車から見える景色が謡われます。

{78D75CF7-7D11-4C1B-AF48-78C2C15C14DC}

六波羅蜜寺さん
謡では『車大路や六波羅の地蔵堂よと伏し拝む』

{D1781C7F-439D-4FBF-8D40-7CDA8EF6E2F2}

六道珍皇寺
謡では
『愛宕の寺も打ち過ぎぬ。六道の辻とか。げに恐ろしやこの道は。冥途に通ふなるものを』

六道珍皇寺さんの前には
{2B571DE5-133D-4E3F-B5F9-E28EEDC002E4}

扇の上に熊野の謡が書かれた碑がありました。

東山通を越えて清水寺方面へ

左手にあるのは
{F7358EDD-E4F3-415E-889E-A902DF88DEFD}

経書堂

謡では『稔りの花もひらくなる。
              経書堂はこれかとよ』

続きの謡は『そのたらちねを尋ぬなる。
                      子安の塔を過ぎ行けば』

そして子安の塔はこれ
{A094B063-309F-48DC-95E8-0D2FA9FF6C6D}

現在、子安の塔は移動してるので
趾だけ。

でも謡の通り、経書堂過ぎたら子安の塔。

そして『車宿り。馬留め』

車宿りは残って無いのですが
馬留めは
{E4516624-3AEE-45A0-A80A-2D74A3E42576}

こんなに立派に残ってます。

{32B07065-D0E3-41EE-B4B0-F03B0362DFDC}

で清水寺到着。

左奥に写っている建物が、馬留め。

この日も観光のお客様でいっぱいでした。

しかしほとんどの方が、この門を通ってそのまま行かれますよね。

ほんとだーれも馬留めに寄らない。

だから誰も写りこまずに写真が撮れる。

{134DF57F-1297-4E9F-B4D2-AFB9E5F88F9F}

別角度でも大丈夫。

みなさん次回、清水寺へ行かれた時はちょっとだけ回り道。
立派な建物ですよ。


能の熊野では、清水寺へ行く場面で、牛車に見立てた作り物の中から左右景色を眺めます。

歩いてみると、ほんと謡の通りの景色でした。

昔も今も変わらぬ京都の風景。

堪能しました。


皆さまも是非に。

能をご覧になってから行かれても

景色を堪能されてから能をご覧になられても

楽しめます!


3月19日(日)14時開演 於・京都観世会館

『橋本忠樹独立15周年 初舞台40周年記念 熊野』

よろしくお願いします。


最後に

{4C97E8CE-18AA-417F-B45A-E486504A9C24}

経書堂で、すでに旅に疲れて飽きた息子さん。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。