新しいヴァイオリン

テーマ:
お久しぶりです。




後期の授業が始まって、2週間が経ちました。
僕の大学は珍しく、9月の頭から授業が始まります。他の大学生はまだ夏休みみたいで、高校の同窓会が9月に予定されていたり……(^^;;残念ながら僕は授業で参加出来ませんでした。とりあえず、この場は借りて「僕は元気にやってます!」と書いておきましょう笑。



マイスペースの時のブログよりも更新率をあげようと思いつつあるのですが…授業が始まるとなかなかブログを書く時間がありません(^^;;ゆるーくやっていきますので、どうかよろしくお願いしますm(_ _)m


さて、後期の授業が始まったからといって、特別新しい授業(実習とか)が増えるわけではなく、音大生はひたすら練習です∠( ・`_´・ )

でも、全く新しいことがないのか?と言うとそれは違って、例えばアンサンブルの授業。アンサンブルの授業は何十のアンサンブルのクラスがあり、選ぶことが出来ます。アンサンブルのメンバーが決まったら、そのメンバーで半期の間、先生の指導を受けてバンドとしての形にしていきます。また、その形にしてきたことを発表する場もあり、前期と後期に一回ずつ発表会があります。(夏と冬にあり、また近付いてきたら連絡します!)

ということで、後期からまた新しいアンサンブルが始まり、とても良い先生とメンバーに恵まれてアンサンブルの授業を受けています。





でも、今年は特に良いメンバーでアンサンブルを受ける機会が多く、先日...前期に受けていたテナーサックス奏者の佐藤達也先生のアンサンブルクラス「クールファンクラボ」で、な…なんとライヴをしました!
photo:01





ライヴと言っても、
対バンでライヴをして、他に「ソウルファンクラボ」と言って、同じく洗足の納浩一先生のアンサンブルクラスと「エルベッコ」という外部のバンドとライヴをしました。
photo:02

写真はソウルファンクの演奏。ツインヴォーカルにホーンセクション…総勢11人でとてもエネルギッシュかつ、
盛り上がる選曲で会場を盛り上げました(^-^)




さて、僕らのバンドはTp,As,Ts,Vln,Key,Bs,Dsの編成でヴォーカルはいませんがインストにしては大きな編成でファンクを中心に色々な曲をやりました。





勘の良い方はここで疑問に思うことがあると思います。「この編成でヴァイオリンって上手くサウンドするの?」あまりに前置きが長くて今回のブログタイトルを自分でも忘れていました(^_^;)ここで新しい楽器の登場です!








photo:03


ジャーン♪



エレキヴァイオリンです!スタインバーガーという会社のNS Designというエレキヴァイオリンです。

今年の夏はいろいろな所で演奏することができ、自分の稼いだお金でこの楽器を買うことが出来ました。とても嬉しいo(^▽^)o
デザイン格好良いですよね。ワイルドだよねー。ちょっとだけ重いですが音もいいです♪でもなんと言っても、これの良い所は安い!本当に安い!専門的になりますが、安い分、出力はパッシブになってしまいます。
僕のブログでエレキヴァイオリンを初めて見たって人もいると思います。こんなヴァイオリンらしくない形でもまだ全然可愛い方です…笑。世の中には、いろいろなエレキヴァイオリンがあるので皆さんも探してみて下さーい!




まぁ話は、ライヴに戻して…
この時はこのエレキヴァイオリンにZOOMのマルチエフェクターG2.1Nu(もう古いですが、安くて軽くて使いやすいです)を使いました。
photo:05


このエフェクターという物はギタリストがよく使っていて、よく足下でなんか踏んだりしているあれです!

これを使えば…色々な音を作ることが出来て……


早い話、ライヴの音源を載っけちゃいます。ライヴの最後にやったMofongoという、とても盛り上がったラテンの曲を載っけます。


Mofongo←ここをクリックして再生ボタンを押して下さい。スマートフォンでも聴けると思います。

さっき書いた通りTp,As,Ts,Vln,Key,Bs,Dsで1番ヴァイオリンっぽくない音がヴァイオリンです。
少し解説すると、20秒あたりからのメロディはヴァイオリンです。原曲はウィンドシンセだったので、それっぽくしてみました。そして、ソロでは思いっきり歪ませてエレキギターみたいなサウンドで演奏しています。キーボードのソロの後ろでバブルっぽく聴こえるのもヴァイオリンです。

演奏聴いてわかる通り、この日は指をたくさん動かして大暴れしました。スゴく楽しかったです(^-^)♪



僕らのつたない演奏で終わるのもあれなので、僕が今ハマっていて、今…自分の演奏に最も影響を受けているクリスチャン・ハウズの演奏で終わりにしたいと思います。


YAMAHAのサイレントヴァイオリンがとても良い音していますね。演奏技術もあり、歌心もあり、本当に大尊敬しているヴァイオリニストです。


11月に来日します。3年連続です。ぜひ、興味がある人はライヴに行き、本物のジャズヴァイオリンを感じて欲しいです。来年は来ないかもしれないですよー!
またクリスのことは、日記で書くかと思います。

では、今日の日記はこの辺で(^-^)/
長々とありがとうございました!








AD

コメント(2)