ハナミズキ

テーマ:
夏の終わりに・・・・

やっと 映画鑑賞

東京島 を観たかったのですが、


時間の兼ね合いで

ハナミズキをチョイス


映画に対してもすれっからしになってしまったのか

かなり平たい感想に。。。。。


「いろいろ紆余曲折あっても 初恋がみんな実るお話で良かったですね」


だめ出しを出しているわけでもなく、良かった部分のあるのだけれど、何か薄っぺらいんですよね

ハッピーエンド好きな私でも

ハッピーエンドにするためのできすぎたストーリー展開。。。。

よくできたお話だと思います

あぁ 思いっきり、ダメ出ししてますね


久々に足を運んだ劇場

これから、魅力的な邦画がどんどん公開されますね

ちょっとずつちょっとずつこのブログを復活させていきたいです。


AD

ヘブンズ・ドア

テーマ:

2009年2月26日(木)仕事前に鑑賞



すれっからし塾講師のシネマライフ-heven

ずっと観たかったんだな・・・・


これが・・・・



なぜかというと・・・・


まあご存じの方はご存じで・・・・


目的はそれだけでした。はい



それは,さておき感想です。


どんな内容かは全く知らずに観たもので。。。。。



有り得ないと思いながらも


人生の最期の3日間をこんな風に過ごせたら痛快だなと・・・・


一方で,散り際にこれだけ散々,人様に迷惑をかけてはと思ったり・・・・



揺れ動くアラフォー世代でございました。



あとから追記するにしても


時間が経ちすぎると忘れてしまうので


とりあえず第一印象だけ書き残して・・・・・・



アカデミー賞を受賞した


「おくりびと」は観たのに書かずにいたら


忘れてしまったので。。。。。。。


おくりびと [DVD]
¥2,846
Amazon.co.jp

AD

誰も守ってくれない

テーマ:

2009年2月19日(木)


仕事前に約5ヶ月ぶりに劇場鑑賞



すれっからし塾講師のシネマライフ-daremo

見事に見られない日々を送っておりました



5ヶ月も見ないと予告編も一切見ていない状態になるので


いったい何の映画をやっているのかさえ、わからなくなる・・・・



まあ、いつものことですが、何となくのインスピレーションでチョイス



ポスター見て、佐藤浩一さんが主演というのが一番の決め手だったような気がしないでもないですが・・・・



さて、感想です。


マスコミは嫌いです。


それがより一層嫌いになりました。


そして、一億総マスコミ状態になっている現代を悲しくなりました。


インターネットの掲示板というのは一体何のためにあるのだろう・・・・・


言論の自由をはき違えているような


発言をするのであれば、堂々と自分を明らかにして発言するべきで


変なところで、匿名性をいいことにしているような



と、今、書いている自分に自己矛盾を感じてしまったり



そんなことを考えさせるとても良い作品だったと思います。


インターネットの掲示板に書き込んだり、ロムする人には是非是非観て欲しい作品かと




サントラ/誰も守ってくれない(OST)
¥2,500


AD

パコと魔法の絵本

テーマ:

2008年9月15日(日)レイトショーにて鑑賞



2008年10月4日(土)13年ぶりに1人以外で鑑賞



paco

中島哲也監督の最高作品ですな


下妻物語 」も「嫌われ松子の一生 」も良かったですが、


珠玉の作品といっていいでしょう



昨年末の「smile~聖夜の奇跡~


以来のお腹いっぱいで、もうしばらく映画は観なくてもいいかな状態になってしまいました。


そろそろ見始めますが・・・・



贅沢なキャスティングだけでなく、中島哲也監督のきめ細やかさに


心をうたれ、時には、心を刺され、


そして最後には元気になって劇場をあとにできる



大人に対しての意地悪さがたまらない



きっと泣けるんだろうなぁと思って泣くつもりで行ったのに、


まさに寸止め


涙が落ちそうになる瞬間に笑わされる


二度観ましたが泣けずじまい


二度目に至っては、さりげない遊びの部分に目を奪われ


それでいて、心豊かになれる



こんな感じで心にゆとりをもった毎日が送れればいいのにな


今の世の中、心が急ぎすぎて中身が伴わない


ゆったりゆったり過ごそうよ


先へ先へ進みすぎずに



所詮、座って半畳寝て一畳なんだから・・・・



話は戻ってキャスティング


これだけは書いておかねば・・・


妻夫木クン

やっぱりヘタレキャラをやらせたら日本一です。

さらにヘタレを越える壊れキャラまでこの作品で開眼してしまいました

最高です。


國村隼サン

よくぞ、やってくれました

素晴らしすぎです。

もうやらなくてよいですが、よくぞ演じきってくれました


「海猿」からのファンでしたがもっと好きになりました。


パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)/関口 尚
¥520
Amazon.co.jp

いつもわがままガマおうじ/えんどう しゅうこ
¥1,365
Amazon.co.jp

後藤ひろひと大王集 ver.1/後藤 ひろひと
¥2,200
Amazon.co.jp

デトロイト・メタル・シティ

テーマ:

2008年8月31日 劇場にて鑑賞



detoroito

言葉ってものすごく大切だと思う。


決して、口に出してはいけない言葉もある


デスメタルって強烈なのね


私にはムリ・・・



途中で、耐えきれず、離席しようと真剣に思った


けど、なんだかんだで面白く最後まで鑑賞しきってしまった。



だって、松山ケンイチ君があんなキャラを演じるなんて


あのくねくねっぷりったら・・・・


いやあ、役者さんというのはものすごい



ちなみにあのストーリー展開で泣かされるとは思わなかった


にしても、あの汚い言葉の数々は、子どもには聞かせたくないな


PG-12指定をかけて、きちんと大人が一緒に見て、フォローを加えられる状況にしておきたいな


なんて思ったりしました。



作品自体はとっても面白かったんだけど

スコア・ブック デトロイト・メタル・シティ/魔界遊戯~for the movie~
¥2,940
Amazon.co.jp

ラストゲーム 最後の早慶戦

テーマ:

2008年8月31日 休みがとれたのでゆったり鑑賞



lastgame

私は昭和中期に生まれ、当たり前の事ながら


戦争の悲劇というものを実体験していない


国家的な言論弾圧も受けていないし、


思想の不自由も経験していない



多少の不都合はあるものの十分満たされた、そして自由な日々を送っている。


しみじみと感じた


今の毎日がありがたいことに



時としてイヤなニュースを耳にすることはあるが、


それでも、この国は平和だ


命の危険が常にさらされているわけではない


学びたければ学ぶことができ、


スポーツしたければ打ち込むことができ、


すべては自分次第



浅く広くもひとつのことに打ち込むことも


選択肢は多様だ




でも、自分の意志だけではどうにもならない時代があった


その中で懸命に貫き通した人たちがいた


不平不満をならべるだけではなく、


よりよくするための努力を自分の中でしていかなければいけないんだろうな


ラストゲーム 最後の早慶戦 (角川文庫 ん 29-1) (角川文庫 ん 29-1) (角川文庫 ん 29-1)/蒔田 陽平
¥420
Amazon.co.jp

スカイ・クロラ

テーマ:

2008年8月2日公開初日


レイトショーにてかなり強引に鑑賞



skycrora

押井守監督作品は「うる星やつら2 ビューティフルドリーマー」 からの大ファン


と言ってもここ十年くらいは避けていた


基本的に人が人を殺す部分が描かれる場面が多い作品はスルーする。


という哲学をもっているのですが、声フェチな私は、菊池凛子が出ていると言うことで


速攻足を運ぶ節操のなさ・・・・



とはいえ実際に観て、これまでのものも、しっかり観ておくべきだったと後悔


押井ワールドはやっぱりものすごい



まずは、映像に圧倒される


アニメというカテゴリではない



そして、スクリーンにすっかり釘付けにされっぱなしになるストーリー展開とその濃密な内容


未来の架空の話におきかえて、戦いたくもないのに戦かわせている権力者を痛烈に批判している。


「戦争」という悪を世界中の人々が意識を持ってなくしていかなければならない。



キルドレという造語を


私は勝手に「KILL奴隷」と解釈した


世界中の人たちが観るようになるために


是非、ベネチア国際映画祭で評価されて欲しい。


ポニョは評価されなくていいよ・・・・・


うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー
¥5,660
Amazon.co.jp



カンフー・ダンク

テーマ:

2008年7月31日木曜日 試写会にて鑑賞



cunfu

気がつけば、明日公開


時の経つのも早いこと早いこと


しかしまぁ、アジア作品は良く当たる


試写会といえばアジア作品な気がしてきた。



で、早速、感想を


少林サッカーのパクリだろう。。。


くらいに考えていたのですが、


なかなかどうして、チャウ・シンチー監督とは違った切り口で楽しませてくれた。


まさか、泣かされるとは・・・・・


しかも、いつの間に、この手の役者さんがかっこよくなったのだろう


そこが一番メガすげ~って感じたところかも・・・・・



ストーリー展開の安っぽさも、またよい感じであったりする


そう、これくらいがちょうど良いかも


映画なんだからさ、ハッピーエンドであってくれれば!!


そして夢広がる終わり方がよい!!



少林サッカー―「少林少女」劇場公開記念 スペシャル・プライス版― (初回限定生産)
¥1,348
Amazon.co.jp


カンフーハッスル 達人之素
¥870
Amazon.co.jp


クライマーズ・ハイ

テーマ:

2008年7月21日 レイトショーにて鑑賞



crimer

熱い作品ではありました


報道関係者の視点での御巣鷹山


全国紙と地方紙での温度差


お勉強になりました



でも、作品としては中途半端になってしまったのかなぁ・・・・と


きっと原作では、仕事にかける情熱と家族に対する愛が描かれていたんだろうなと勝手に推察


あの事故から20数年経った今、


別視点で仕事にかける情熱一本で良かったのかなぁと・・・・



いつのことになるかわからないが原作は読んでみようと思う


クライマーズ・ハイ (文春文庫)/横山 秀夫
¥660
Amazon.co.jp



百万円と苦虫女

テーマ:

2008年7月20日 レイトショーにて鑑賞



hyakumannenn

思いっきり心に刺さりました。


これって、私じゃん。。。。


大学卒業して、実家出て


まずは、埼玉県入曽


そして、千葉県西船橋


そして、神奈川県生田


さらに、東京都小平


百万円は貯めてませんが、逃げるように転々として


今は、東京都赤塚9年目に落ち着く



どんなに地味に目立たないように暮らしていても


人との交流からは逃れることはできない


もちろん良いこともあるが、面倒だったりすることもたくさんある


そうっとしておいて欲しいときに限って、面倒なことが降りかかってくる


それは、お互い様だから


面倒なことから逃げてしまうと、良いこともやってこない



最後、ハッピーエンドにして欲しかったなぁ


森山未來
の好演が非常に光る作品だったが、


光っていた分だけ、最後の後輩のセリフ余計だったなぁ・・・


「誤解されたままでいいんですか」で十分だったのに。。。。。



しかしまぁ、やってると民事事件、やってないと刑事事件になるとは・・・


そんな仕組みだったのねぇ。。。。。。



ちなみに、先日、39回目の誕生日でしたが、


赤塚の友人の祝福や、卒業生からの花束、数々のメッセージカード


いろいろいただきました。


40代にリーチとなりましたが、それでも、ありがたいことです。


逃げずにいると良いこともある。


百万円と苦虫女 オリジナル・サウンドトラック/サントラ
¥2,625

百万円と苦虫女/タナダ ユキ
¥1,470
Amazon.co.jp