パコと魔法の絵本

テーマ:

2008年9月15日(日)レイトショーにて鑑賞



2008年10月4日(土)13年ぶりに1人以外で鑑賞



paco

中島哲也監督の最高作品ですな


下妻物語 」も「嫌われ松子の一生 」も良かったですが、


珠玉の作品といっていいでしょう



昨年末の「smile~聖夜の奇跡~


以来のお腹いっぱいで、もうしばらく映画は観なくてもいいかな状態になってしまいました。


そろそろ見始めますが・・・・



贅沢なキャスティングだけでなく、中島哲也監督のきめ細やかさに


心をうたれ、時には、心を刺され、


そして最後には元気になって劇場をあとにできる



大人に対しての意地悪さがたまらない



きっと泣けるんだろうなぁと思って泣くつもりで行ったのに、


まさに寸止め


涙が落ちそうになる瞬間に笑わされる


二度観ましたが泣けずじまい


二度目に至っては、さりげない遊びの部分に目を奪われ


それでいて、心豊かになれる



こんな感じで心にゆとりをもった毎日が送れればいいのにな


今の世の中、心が急ぎすぎて中身が伴わない


ゆったりゆったり過ごそうよ


先へ先へ進みすぎずに



所詮、座って半畳寝て一畳なんだから・・・・



話は戻ってキャスティング


これだけは書いておかねば・・・


妻夫木クン

やっぱりヘタレキャラをやらせたら日本一です。

さらにヘタレを越える壊れキャラまでこの作品で開眼してしまいました

最高です。


國村隼サン

よくぞ、やってくれました

素晴らしすぎです。

もうやらなくてよいですが、よくぞ演じきってくれました


「海猿」からのファンでしたがもっと好きになりました。


パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)/関口 尚
¥520
Amazon.co.jp

いつもわがままガマおうじ/えんどう しゅうこ
¥1,365
Amazon.co.jp

後藤ひろひと大王集 ver.1/後藤 ひろひと
¥2,200
Amazon.co.jp

AD