デトロイト・メタル・シティ

テーマ:

2008年8月31日 劇場にて鑑賞



detoroito

言葉ってものすごく大切だと思う。


決して、口に出してはいけない言葉もある


デスメタルって強烈なのね


私にはムリ・・・



途中で、耐えきれず、離席しようと真剣に思った


けど、なんだかんだで面白く最後まで鑑賞しきってしまった。



だって、松山ケンイチ君があんなキャラを演じるなんて


あのくねくねっぷりったら・・・・


いやあ、役者さんというのはものすごい



ちなみにあのストーリー展開で泣かされるとは思わなかった


にしても、あの汚い言葉の数々は、子どもには聞かせたくないな


PG-12指定をかけて、きちんと大人が一緒に見て、フォローを加えられる状況にしておきたいな


なんて思ったりしました。



作品自体はとっても面白かったんだけど

スコア・ブック デトロイト・メタル・シティ/魔界遊戯~for the movie~
¥2,940
Amazon.co.jp

AD

ラストゲーム 最後の早慶戦

テーマ:

2008年8月31日 休みがとれたのでゆったり鑑賞



lastgame

私は昭和中期に生まれ、当たり前の事ながら


戦争の悲劇というものを実体験していない


国家的な言論弾圧も受けていないし、


思想の不自由も経験していない



多少の不都合はあるものの十分満たされた、そして自由な日々を送っている。


しみじみと感じた


今の毎日がありがたいことに



時としてイヤなニュースを耳にすることはあるが、


それでも、この国は平和だ


命の危険が常にさらされているわけではない


学びたければ学ぶことができ、


スポーツしたければ打ち込むことができ、


すべては自分次第



浅く広くもひとつのことに打ち込むことも


選択肢は多様だ




でも、自分の意志だけではどうにもならない時代があった


その中で懸命に貫き通した人たちがいた


不平不満をならべるだけではなく、


よりよくするための努力を自分の中でしていかなければいけないんだろうな


ラストゲーム 最後の早慶戦 (角川文庫 ん 29-1) (角川文庫 ん 29-1) (角川文庫 ん 29-1)/蒔田 陽平
¥420
Amazon.co.jp

AD