ザ・マジックアワー

テーマ:

2008年6月16日


仕事前に強引に鑑賞

(映画観ないと死んじゃう病の私にとってはこうでもしないと)



majic

三谷ワールドは全開!!


脚本の素晴らしさと共に、今回はキャスティングの豪華さと使い方に脱帽


個人的には、ヘタレ役をやらせたら間違いなく日本一の妻夫木クンに


ヘタレ役をやらせたこと!!


素晴らしい!!



鈴木京香サンをスクリーンの中のスクリーンで「真知子巻き」だけを使う


なんと贅沢な・・・・



そして、とにかくとにかく三谷脚本の神髄を楽しませていただいた感じ




でもね。。。。


この作品って、ラストシーンを除けば、舞台の方が面白いんじゃない?


確かに映画の方が万人が観られることは確かだけど・・・・



映画の素晴らしさって何なのだろうと思ってしまいました。


評価は高いんですけどね



このキャスティングで、舞台版にして、舞台の中にスクリーンも作っちゃって


東京ドームとかを使っちゃったりしたら


最前列の席なら


20万円出してもいいかなぁ



AD

アフタースクール

テーマ:

平均睡眠時間が4時間をきっているのに、


2008年6月1日 映画の日に鑑賞



after

だって観たかったから・・・・


本当は公開初日に観るつもりだったが、物理的に行けず・・・・


挙げ句の果てに、mixiでネタバレを読むはめに。。。。。



数年前、「運命じゃない人」を観てからずっと気になっていた監督の作品


期待を裏切らない作品でした。


面白い作品って、つじつまがきちんと合う!!


ふりっぱなしは無し!!


最後、まだ片付いていないことがあるままエンドロールになってしまったよ~


と思っていたら、きちんとエンドロール後に


前作「運命じゃない人」は時間軸を見事に操っていた。



今回はというと、「陰の暮らし」がしっかりしていた。


登場人物には必ず、登場に至るまでの暮らしがあったはず


そこをしっかり作り上げた作品だと思う。



何事もバックボーン、そして基本が大事


運命じゃない人/中村靖日
¥4,242
Amazon.co.jp

AD