『星に願いを』も函館ロケ作品



同名ドラマがあるが映画の方


「竹内結子 実は誰かが死んじゃっているいる五部作」


勝手に私が名付けました 笑


だって、この当時の作品というか、竹内結子がでる作品ってみんなそうだったから・・・・・


そしたら、いきなり結婚するし。。。。。


まあ仕方がないんですけど。。。。。



いずれにしても、ロケ地が絶望的な場所


入ることさえ無理だと思っていた



ひとつの記事にさえできないと思っていたが、


入っちゃいました 笑


これぞ職権乱用!!


まあ、何とかなるもんです。



hosini1


笙吾~~~~~~


と思いながら、この橋に



夜バージョンも行きましたが、ハーモニカ車道までは転がらないよなと思いながらも


なぜか感慨深く・・・・・・


そして、わざわざ終電に乗りました


でなきゃ車内で写真とれないもの


hosini2


さすがに、朝日がさしかかる車内は無理


でも、「犬」ついでに車庫は入らさせていただきました。



hosini3


ちょうど犬キャンペーンをやっていたので、すんなりと 笑


で、一番の問題は病院風景・・・・・



病院を使っているなら、病院内は無理にしても敷地内にはいけるだろうと考えていたら


旅出発直前に、とある女子校と判明
(しかも伝統あるカトリック系女子校)


なかば、諦めつつも名刺だけは持って旅立ったりして



それが結局役立ちました 笑


こういう使い方してはいけないんだろうなと思いながら、


学校見学という表向きの理由で中に入れてもらい


病院の入り口風景だったり
hosini4


奏が笙吾の髪をきる風景だったり
hosini5


奏と笙吾が、ごろんとする場所だったり
hosini6

奏が住んでいる場所だったり

hosini7


全部、この敷地内にあるわけで、



名刺に限らず、スーツ持って行った甲斐がありました



それで東京にもどってから、いろいろあったのは自己責任ではありますが 笑


ロケ地巡りとしては自己満足できたのかなと



これで、ロケ地に関するお話は終わり


旅にアクシデントはつきもので


それはまた後日



それが終わったら、


季節外れの越後湯沢と熱海を書かねば。。。。

追記

あぁ忘れてた。。。


ここを忘れてはいけない



hosini8


ちょうどデジカメの電池がダメになりつつある状況の中で・・・・


ちなみにトマトジュースの一気飲みはしてません



AD

文章にキレがない。。。。

テーマ:

全く仕事が落ち着く気配もなく、日々過ごしていたりする。


ちょうど一年前の今頃は、映画を一切観られない状況に陥って


たくさんの作品を見逃した。


今年は、それ以上に有り得ない状況になっているのだが、


何とか観ようという準備はしてきている。




いつも強引に時間を作って観ているのだが、


今年は、さらなる強引さを作らねばならない。。。。。




そんなことは、どうでもよいとして(観るのだから)



ものすごく気になっていること。。。。



連休前辺りからの自分の文章が許せないでいたりする。


書いてる瞬間の自分がイヤなのだから


あとで、読み返した自分はもっとイヤだったりする。



ものすごく頭悪そう・・・・・


練れてない。。。。。


『少林少女』

『隠し砦の三悪人』

『函館紀行シリーズ』


あまりにひどい。。。。。。



『富良野紀行』のように熟成させた上で書いた方がよいのだろうか?



だけど、あんまり時間が経つと忘れる


迷い迷いの世界に入り込んでしまったかなぁ?

AD

空港に着いて、出発ロビーに向かったバカはこの私・・・・



inu1


本当に愚かなこの私・・・・・


inu3

これだけで大興奮していた


出発ロビーを散々うろうろし、

(帰るときも未練たらしくうろうろしていましたが)


レンタカーを借りて、函館中心部に向かい谷地頭へ


inu4

路面電車とホームってこんなに近いのねと思いながら・・・・・


大森海岸へ


inu5

なんだかんだで毎日通い、散歩したり、たそがれたり・・・・



inu6

お仕事連れて行ったので、悲しいかなお仕事したり、


でも、まあラッキーだったのは、桜の開花が早まり、


inu7

五稜郭公園の桜は満開で、同じ空気をすった気分を味わえ



inu8

ソックスを迎えに行った路面電車車庫にも行き、


見事に観光とは程遠い毎日を暮らしておりました。


そんな動き方をしていると、こんなものを発見してしまったりして♪
inu9


AD

2008年5月10日 公開日初日レイトショーにて


授業がないので、有休をとったものの原稿仕事がたまり放題で、


朝8時から11時間PCの前に座りっぱなしで


いい加減イヤになってしまったので


強引に鑑賞




kakusi


基本的に、人を殺すあるいは戦争モノはスルーするのだが、


黒澤リメイクということで、観てみることに


きっとこの作品には賛否両論でるんだろうな。。。。。


リメイクがゆえの宿命なんだろうが


リメイクという視点をはずして観た方が楽しめるんだろうな


やっぱり比較して観てしまうのは、本来の映画を楽しむ姿ではない気がする。



個人的にはメッセージ性があれば、


そして、そのメッセージ性が今の自分にとって感じるモノ、考えさせるモノがあれば


良い作品だと思う。



ただねぇ、ちょっと今時チックにしすぎてるんじゃないのかなぁ


特にあのエンドロールと共に流れるラップはちょっと・・・・・


おっちゃんにはついていけません。。。。


あれさえ無ければ、それなりに満たされた気分で劇場を出ることができたのに



全般的には良かったのではないかと・・・・


祭りのシーンはなかなか圧巻でした


『山のあなた』とリメイクブーム?


小津監督や溝口監督のリメイクやらないのかなぁ・・・


『東京物語』や『雨月物語』も観たいぞ


隠し砦の三悪人<普及版>
¥3,032
Amazon.co.jp

連休谷間とはいえ、観光客いるいる。。。。


私一人で、カメラ向けてる方向違うんですけど・・・・・苦笑



ロープーウェイの右側、左側にもこだわり 笑


littli1

函館山に登ります


野球のシーンのグラウンドのある弥生小学校には、入れてもらったが、


撮影は拒否されましたが走らさせていただきました。。。



さて、


「はじめまして、高野太郎です」


little2


ここは中に入って撮影&病棟まで入らさせてもらったり、


でも、中の様子はネットにアップしないでねと言われたので


私一人の宝物



「皆さん窓を開けてください」


little3


ちなみに、サウンドトラックCDを持参で車で廻っていたので

「愛こそすべて」



で、病院を抜け出しバス停


little4


バスに乗って八幡坂のバス停でバスを降り、



little5

映画を見る


ちなみにここは、映画館ではなくリアルには公民館
little6

映画を見終わり、函館山に


でも、「太郎君…、空…、真っ暗・・・」

雨が降り出し、砲台跡で夜を過ごす
little8


で、朝を迎え、きれいな朝焼けが


はい、ここまで突っ走ってしまうと朝4時に起きていきましたさ


やるのなら徹底的にと!


たまき目線と

little9


太郎目線

little10

と書いてみたら、自分でもどん引きしてしまいました。


私は何しに函館に行ったんだろう 笑


まあロケ地巡りなんですが・・・・・


美味しいモノも食べましたよ


それはエピローグで


このあと、「犬と私の10の約束」「星に願いを」「東京フレンズ」が続きます 笑



明日への遺言

テーマ:

2008年4月8日鑑賞



asitahe

史実に基づくこの作品


戦争後の心の傷跡を描かれる作品は終戦後60年以上経っているからこそ、


鑑賞して知ることを、今を生きる人たちの義務だと思う。


平和な今だからこそ、二度と戦争を起こしてはならないことを認識するべきであると個人的に思う。


この作品の一番のテーマは『国際法の遵守』だと感じた。


私は、決して詳しい人ではない。


だからこそ思う


一番の戦犯は、一番最初にルールを破る指示を出した人間


戦争にルールもあったものではないが、


破られれば怒りや憎しみが生まれる。


あとはもう子どものケンカと一緒


やったらやりかえす



その結果がコレだ・・・・・


民族意識、宗教観、利権さまざまなものが入り組んでいるだろう


情報化社会の現代、様々な視点から知ることができるはず


過去の悲劇を繰り返さぬように・・・・・・・・・


サントラ/明日への遺言 オリジナル・サウンドトラック
¥3,000

函館紀行 その1プロローグ

テーマ:

ロケ地巡りの旅をしてきました。


今回は函館


函館は、ロケ地満載


満載すぎて、絞ってまわってきました


これまでのロケ地巡りは、5年から20年以上前の作品をターゲットにしていたので、


予習は万全だったのですが、今回は新しめのものばかりで動いたもので


予習が不十分


しかも仕事を連れて行くという我ながら無茶な強行



『Little DJ ~小さな恋の物語~』

『犬と私の10の約束』


いずれも、福田麻由子ちゃんの軌跡をたどりました


『東京フレンズ』


あと、誰にも公表していませんでしたが、


『星に願いを』


これは、実現不可能だと思っていたので・・・・


でも、実現できてしまいました。



今回は、作品ごとに紀行を書いていこうかと初めての試みも・・・・・



谷間とはいえ、GWまっただ中、明らかに私1人カメラを向けてる方角が違う


足を運ぶ場所が違う


おたくを自覚しました 苦笑