レイトショーにて鑑賞




sukiyaki

あり得ない忙しさなのに映画は見てるね


っていうか、2時間くらい仕事を忘れたい



しかしまぁ、


この作品は、


喜劇、パロディ、アクション何でもありだね


細かいことはどうでもいい


だって、見せ所満載


桃井かおりさんは貫禄


しかしながら一体いくつなんだ、この人は・・・若い


木村佳乃さんの着物姿でないのは初めて見たかもしれない。


とっても、セクシー


佐藤浩市さんも元気だ!!


サイコーです。


そして、


そして、


今の私の一番の注目株


香川照之さん


「ゆれる」


から気になりだし、


イチゴ娘、薫検事とブレイクし、


やってくれました。


もう日本映画界に、この人は欠かせない


ただ、PG12は緩いかも


R15指定かけた方がよいのでは?


小中学生にはあまり見せたくないな・・・・


AD

めがね

テーマ:

初日、レイトショーにて鑑賞




私の鞄はいつも重い


不必要に重い


わかっているのだがおろせない


よく言われる


あなた鞄って何でも出てくるねって(笑)


もしかしたら、鞄の重さって背負う必要のない心の重さなのかもしれない



って思ってしまいました。


これが一番の感想


荻上直子監督作品は持ち物を心の有り様に例えることが多いような気がする。


「かもめ食堂」でも鞄がキーワードになっていた気がする。



現代人の便利・簡単・効率的至上主義を痛烈に批判した作品かなぁ


と勝手に思ったりもする


ただ抽象的過ぎて、このスピード社会に慣れ、心地よく生きている人には


何も伝わらないかもしれない



とりあえず、私は


メルシー体操を覚えたい!!


携帯の電波の届かないところに行きたい!!


あのかき氷が食べたい!!


あの海老が食べたい!!


そして、


たそがれたい



かもめ食堂
¥4,032
Amazon.co.jp

AD

HERO

テーマ:

レイトショーにて鑑賞



日曜日といえども世の中は3連休なんですね

劇場に足を運ぶまで気がつきませんでした。


そういう世界とは見事に無縁なもので・・・・



いやぁ、侮る事なかれフジテレビって感じでした。


面白かったにせよ、何故にHERO映画化と思っていましたが、


ちゃんと考えていらっしゃる。



これは私の勝手な推測・・・・・


この作品によって、スピンオフ作り放題じゃん!!


6年前のキャストを再集結させただけでなく、


ここ数年のいい役者さんも登場させ、


超豪華な布陣



さりげなく親子共演まで実現させているし


フジテレビ&東宝のこの作品に対する意気込みをじっくり感じ取りました。


個人的には、ストーリー上、韓国ロケには無理があったかなと思ったりもしましたが、


興業収益を考えると、まあアリかなと・・・


不正輸出先が韓国?


北朝鮮の方がリアル感あってよかったけど、それは無理な話だもんね



というわけで、年末の特別ドラマか、来春あたりの映画でのスピンオフに期待



AD

この旅で思ったこと

テーマ:

季節はずれの越後湯沢は静かで素晴らしかったです。


休みらしい休みがないまま夏が終わり、


また、休みのない秋を迎える


それがどうしてもイヤで一人温泉へ


宿を探す時間もなかったので、


JTBに駆け込み、温泉があり、水辺で、部屋食で、一人で泊めてくれる温泉旅館ってことで見つけてもらいました。


roten


土曜日はともかく、日曜日は宿泊客があまりいないらしく、


露天風呂はほぼ貸し切り状態


観光は全く考えていなかったが、お散歩くらいはしようかなと・・・


旅館の人に聞いて、ぶらり歩いて見ることに


コスモス


ロープーウェイ登るとコスモス一面




taki


不動の滝


リフレッシュできやした。




とても、ノンビリできて素晴らしい景観で


それが東京から1時間ちょっとで来られる


便利だとは思うのですが、


それでいいのかと・・・


私には便利でよかったのだが


自然環境のことを考えると・・・・



実は私の泊まっていた旅館は高台に位置していたのだが、


上越新幹線がその旅館の下を走っている


要はトンネルの上に旅館があるといった感じ


正確には旅館が建っている山を掘って新幹線を通した


そのトンネルの入り口を見ると、山にトンネルが突き刺さっている感じ・・・・


新幹線がなければ、今回、旅行には時間がなく来られなかったが



人間の都合で、ここまで自然破壊をしてしまってよいものなのか?


「河童のクゥと夏休み」を見て以来、どうもその辺が気になって仕方がない


なんか考えさせられてしまいました。

中越手前へ

テーマ:
旅に出ました!

なんせ夏休みらしい休みがなかったもんで、無理矢理来ちゃいました!

今回のテーマは観光しない旅

温泉につかる!
酒を飲む!
読書する!

以上

といいつつも上越新幹線の車窓から高崎の街を見て、ここで包帯クラブ撮っていたんだなぁ

高崎観音に包帯巻かれてないなぁ

とか眺めてました。
いずれにしても、仕事スイッチは完全オフ


温泉旅館で部屋食

しかも読書室なんてものが設備にあったりして

連泊します

アヒルと鴨のコインロッカー

テーマ:

金曜日、何時に終わるかわからない会議が意外に早く終わったので新宿にて鑑賞


ずっと、気になっていて見られないかなままになってしまうかなと


思っていたところ偶然にも見られた。


1800円出して映画見るのはものすごく久しぶり


何年ぶりかって感じでしょう




ahiru


早速、感想です。


これは原作がすごいのか?


映画化がすごいのか?


それとも両方がすごいのか?



たぶん、両方がすごいんだろうな


話の展開に驚かされた



この作品はジャンル分けしたらサスペンスに位置づけされる?


きっとそうじゃないんだろうけれど


十分サスペンスとして成り立つ


瑛太クンには、連続で騙されっぱなし


アンフェアでもヤラれた


ちなみにブータンってアジアだったんですね


アフリカだと思ってました。。。。



とりあえず、明日からの温泉旅に原作を買って連れて行きます

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)/伊坂 幸太郎
¥680
Amazon.co.jp














Life 天国で君に逢えたら

テーマ:

木曜日、レイトショーにて鑑賞



客層はカップルだらけ・・・・・


あれ?そんな作品なの?


と思いながら、開演を待つ。



life


それはともかく感想

気丈な嫁だ


そして内助の功とはこういうことをいうのだろう


ガンという病いは、体だけでなく心にも闇を作る


これは、ガンになった本人とその身内にしかわからない。


特に、今まで身内にガンになった人がいない


あるいは、大きな病気なんかしたことない人にはたまらない。




心に大きな病巣ができる


その闇が生まれ、それを克服するのは本人の勇気と


支える家族



こんな嫁とどこで出会えたのだろう?


ずぅ~っと作品中気になっていた。



まさかそれを描かないの?


と思っていたら、ラストに来た


そしてエンドロールでリアルな写真とともに流れる。



生かされて・・・・・


病気に教えられた・・・・



ものすごく重い言葉だと感じて欲しい


いろいろな意味で感情移入してしまいました。


天国で君に逢えたら (新潮文庫)/飯島 夏樹
¥420
Amazon.co.jp

ガンに生かされて (新潮文庫 い 82-2)/飯島 夏樹
¥460
Amazon.co.jp