地下鉄(メトロ)に乗って

テーマ:

metro

本日、水曜日久々のお休みで

劇場にて鑑賞


予告編をみた段階ではあんまり期待せず・・・


最近、期待しないものが逆に良かったりするんだな。。。


という訳で


とってもよかったです。


予告編のイメージでは「ALWAYS三丁目の夕日」系かなと

思っていましたが、全然異なり、

タイムスリップ系でした。


タイムスリップ系を見るのは、昨年公開された

「サマータイムマシンブルース」以来


タイムスリップ系は過去を変えることで

未来が変わってしまうというパラドックスが気になるところですが、

つっこむ気にもなれず、ここちよく見てました。


何が良かったって、


大沢たかおサン、めっちゃよかったです。

20代、30代、40代と見事に演じきっていました。

あと、常磐貴子サンも素敵でした。


ここのところやたら多くて鼻につく

異母兄弟or血のつながらない兄弟 系の展開がありましたが


あのクライマックスは全く予想してませんでした。


あぁこれ以上書くとネタバレになってしまうので


興味のある人は是非是非見てみてくださいな!


浅田 次郎
地下鉄(メトロ)に乗って―特別版


AD

夜のピクニック

テーマ:

yorupiku

これも、ずいぶん前に劇場にて鑑賞


ストーリーとしては、第2回本屋大賞にに輝いただけあり

すばらしい。


ただし、映画化したのは失敗だったかも・・・・


大まかなストーリーとしては、ある高校の恒例行事の80㎞ウォーキングの中で

主人公の自分の中に秘めている秘密をどう決着つけるかの心の葛藤を描くモノだが、


当然、その背景のシーンがあるものの、

ひたすら歩くシーンばかり。。。

とにかく歩いている。

歩くシーンだけ見せられる。


飽きることのないように、主人公の頭の中を

アニメで描いたり工夫は見られるが

でも結局、歩いているところだけを見せられる


結論としては映画化は失敗のように思える。


ただ、主人公が多部未華子ちゃんということもあり、

昨年夏に公開された「青空のゆくえ」の続きを見ているような感があった。


興味のある方は、是非、原作を読むことをオススメします。

恩田 陸
夜のピクニック
ハピネット・ピクチャーズ
ピクニックの準備
AD

涙そうそう

テーマ:

長澤まさみサンは相変わらずカワイイ


そんな感想しか書けない作品でした。


だって・・・・


だってさ・・・・


妻夫木聡クンには期待していたのだよ

今回は!


彼に罪はないけれど、

何故に死ぬ?

ストーリー上に必然性を感じられない!


途中から「春の雪」を見ているような気分になった。。。。


ボロボロ涙を流すつもりでいったのに

そりゃあないよ


さんざん、引っ張っておいてこれかい?


韓流の影響か知らないが、

最近の邦画は、作品中で人を殺しすぎ!!


もうちょっと頑張って欲しい

AD

手紙

テーマ:

tegami

今日、公開だったんですね。


実は試写会で一ヶ月くらい前に鑑賞しました。


とにかく重いです。

そして、主人公は強いです。


自分がもしも主人公の立場だったら、

どうするんでしょう。

考えられません。


兄が自分の事を思ってしでかしたこと


でも、それは結果的に犯罪


そして犯罪者の身内として背負って生きていかなければならない。


きっとこれだけの情報化社会


隠し通して生きていくことは難しい



私は犯罪者ではないし、身内に犯罪者はいない。

でも、秘密はある。


秘密というか人に話したくない過去がある。

でも、それは過去ではなく現在進行形であり、

おそらくは、一生背負っていかなければならない十字架がある。


それだけに、見ていて心がとても痛んだ。


でも、まわりのおばちゃん達は涙を流している。


涙を流しているおばちゃん達は、もしも自分の身内に犯罪者の身内が

運命の出会いで出会ったとき、受け入れることができるのだろうか?


そんなことを考えながら、硬直して作品を鑑賞していた。


あと甘栗!

あの甘栗がなければ、空き巣ですんだのだろうか?

だとすれば、甘栗により人生が変わってしまう?


甘栗をキーワードにするのはどうかと思う・・・・


妙な感想でごめんなさい。


備忘録として甘栗を書かないわけにはいかない。

東野 圭吾
手紙―OFFICIAL BOOK
東野 圭吾
手紙

虹の女神

テーマ:

niji

久々に、自宅にて仕事以外でPCに向かいました。

映画もそれなりに見てはいたのだけれど、感想をなかなか書く気になれず、

気がついたら1ヶ月近く放置してしまいました。


感想を書く気になれなかったのは

忙しかったこと、体調がイマイチだったこと、

見ても、ハッピーな気分になれなかったこと。。。


昨日、映画の日に「虹の女神」を見て

久々にハッピーな気分になれました。


その間に見た作品の感想は後日書くとして、


この「虹の女神」は良いです。


冒頭、ニュースで飛行機事故でいきなり死が・・・


この瞬間またか、って感じでしたが、

作りがよかったです。


最近の作品って、韓流の影響からか

不幸を作り、涙を誘う話が妙に目について仕方がない。


そんな流れをうち消すかの感触を得ました。


うまく説明ができない。

説明をしようとすると思いっきりネタバレになってしまう。


とりあえず、フラガールに続き

蒼井 優さんのファンになってしまいました。

桜井 亜美
虹の女神―Rainbow Song