UDON

テーマ:

udon

昨日、劇場にて鑑賞


いきなり感想です


無性にうどんが食べたい!


あれだけ、おいしそうに食べている様子を

見させたれたら、そうならない方がおかしい!!


内容ですか?

楽しめましたよ!

udon1

アニメも盛り込んだりして

スペーストラベラーズのような感じもあり、

まさに、本広ワールド全開って感じです。


自分のソウルフードって何だろうって考えたとき

吉野屋の牛丼?笑

早く完全復活してほしいものです。


それにしても、一番考えさせられたのは、

過剰なブームというもの

突然、身の回りの環境が変わってしまう。

ゆったり流れていた時間が、

急に時間の動きが早くまわり始める。

その地に住んでいるすべての人に・・・・・

ブームにより良い方向に流れる人のうらに

そうでない人もいる・・・

そんなことを考えてしまった。


CAPTAIN UDONは

DVDになったときに特典映像化なんかでみられるのだろうか?

それが気になるところかなぁ


そうそう、今回のユースケ・サンタマリアはかっこよく見えてしまった。

頼りないところもあるのだけれど、かっこよかった!


麺通団
恐るべきさぬきうどん―麺地創造の巻



AD

この新三部作ののロケ地巡りはしんどかった。


尾道といっても、その対岸にある向島そして岩子島でのシーンが多い

レンタルサイクリングで島中を走り回ること約4時間強

炎天下の中、熱中症や脱水症状にならないように、

自転車のかごに水のペットボトル大量に積み走り回った。


普段の私なら、そんなハードなことはできない。


人間、目的意識を持つとすごいことができるんだなぁと

しみじみ汗をだらだらかきながら思った。


さて、せっかくなのでその写真を


まずは「ふたり」から

tsuchidou tsuchidou2


土堂小学校

入り口と、劇中 かやの女子学院正門へ向かう

長い階段を登り切ったところから撮ってみました。


それにしても尾道の階段はきつい・・・・


そして向島へ

mukasishimaohashi hamanoura hinomiya


マラソンコースのシーンです。

向島大橋、浜の浦トンネル

そして、マコからミカへの中継地点となった火の見櫓


チャリでもきついです。。。



makisimu komon


レストランマキシム

中に入ろうかと思ったのですが、あまりに汗だくで入れるような身なりでなくて入りませんでした。。。

そして喫茶こもん

ちょっと、男一人で入ってワッフルを食べる勇気がなかったので外観だけ


そして「あした」

basutei busutei2


「あした」のロケ地の名シーンは、因島なんですよね

正直そこまでの体力はなく、チャリでは無理でした。

次回、車でまわろうかと・・・


何とか向島にあるバスの待合室だけは行きました。



で、最後に「あの夏の日」

ttottei


呪文をとなえて見ようかと思いましたが釣りをしている人の邪魔をしては

いけないと思い雰囲気だけ!



ponpon


ポンポン岩

当たり前ですが、飛べませんでした。。。


kaisuiyoku


岩子島海水浴場


こんな感じで尾道をまわりました。

さすがに20年以上も経っているので

もうなくなってしまっていたり、尾道水道沿いに高いビルが建ってしまっていて

映画で見たような景観はありませんでした。


でも、花田少年史が尾道から1時間くらい離れた竹原市で

撮ったらしい。

とってもキレイだったので是非、行ってみたいものです。


さてさて、尾道紀行はこれで終わりではありません。

尾道から呉に移動しております。

そう「海猿」です。


その話は次回

AD

バックダンサーズ!

テーマ:

back1

昨日、試写会にて鑑賞


90年代のフジテレビのりの好きな人には

たまらなくサイコーです。


笑い所あり泣き所あり

ご満悦な気分で劇場をあとにしました。

フジのドラマを書き下ろしで映画を作るとこんな感じになるんだろうなみたいな・・

軽部アナの登場もお約束でしたね!

途中で、話のオチが見えるも十分に最後まで楽しませてくれる。

とにかく、私好みの作品でしたね!

終わり方もステキ


いやぁ、陣内孝則さん、久々に見ました。

かっこよかったです。

back2



そして、バックダンサーズの4人

hiroさん 知らない間にあんなステキな女性になっていたなんて・・・

      SPEED再結成しないかな。。。。

      無理だな・・・


平山あやサン たぶん、ウォーターボーイズ以来かな?

         前はもう少しふっくらしてた気がするのですが

         ずいぶんとやせてしまったような

         それだけ、大人になったということなんでしょうね


サエコさん 声フェチの私にはたまらない女優さんの中の一人!

        登場シーンのときの雰囲気は、一瞬イヤな予感がしましたが、

        期待は裏切らず、サイコーでしたね


ソニンさん ステキだったんですけど、彼女にはもうこういう役どころしか

       まわってこないのだろうか?

       なんかEEJUMPでケチがついてから、痛くて見てられない・・・


とにかくとにかくすべてのキャストが良かったです

心が疲れているときに見るとよい作品


私はとっても元気になりました!!

レントラックジャパン
バックダンサーズ! ~BACK STAGE PASS~
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
BACKDANCERS × DANCE STYLE How To DVD Produced by DANCE STYLE

AD

日本沈没

テーマ:

一ヶ月以上も前売り券が財布に入りっぱなしでした。


見よう見ようと思いつつも、

なかなか足が運ばず他の作品へだったり、

仕事が忙しかったりで・・・・・


それは、まあ、あんまり期待してないから?


でも、やっと昨日行って来ました!


では、

感想を述べます!


予想通りダメでした!

すっぱり斬らせていただきます。


日本映画なので特撮やCGには期待しておりません。


せめて、ストーリー展開とオチの付け方には期待しておりました。


それもはずれちゃいましたね・・・・


SFだから強引な部分があっても、ある程度は仕方がないのだけれど、

飛行機って火山の噴火で堕ちるほど低空飛行なのか、

よっぽど噴火がすごかったのかとか、

思ったあたりからケチのつけはじめ・・・・


とりあえず、阿蘇山は凄いということにしておきましょう。


この作品には原作があり、

タイアップしてコミック版だったり、ドラマ版があったりして

それぞれに設定が違うのだが

この映画版はダメだ!


結城がわだつみ6500で失敗してから

すべての展開が見えてしまった。

布石にわだつみ2000を出していたが

こんなの布石でもなんでもない!


無理矢理、わだつみ2000で潜るだけでも充分なのに

何とかという爆弾をとりのがす始末・・・

いくら、私がハッピーエンド好きといっても限界がある。

もう早く終わってくれ。。。。


個人的には小野寺と結城が一緒に潜り

アクシデントに見舞われながら成功をとげ、みたいな

感じの終わり方の方がサブタイトルにもあうような気がする。


そんな感じでした・・・・


できれば、昔の日本沈没を見た方がよいと思います。

東宝
日本沈没

花田少年史

テーマ:

hanada

なんだか知らないが

やたらめったら忙しい日々・・・・


20日に鑑賞したのだが、鑑賞後休みにもかかわらず、

翌日からの仕事の準備で感想を書けず今日に至ってしまった。

去年の夏は、こんなに忙しくなかったはずなのだが・・・


尾道紀行もなかなか続きを書けずにいる。


とりあえず、この作品の感想を!


とってもよいです!

大人も子どもも観ましょう!


あんまり期待せずに臨んだせいもあるだろうが、

とても良かった。

観に行ったきっかけとしては、原作が一色まこと氏だったこと!

もう十何年前になるだろうか?

「出直しといで」というコミックがとてもよかったのである。


良かった点その1

ロケ地がよい!!

ちょうど尾道に行った後に観たせいもあるだろうが、

今の尾道にはない、昔の瀬戸内を感じた。

たぶん、尾道への旅がなければ、尾道であると思ったであろう。

今の尾道は、海岸線に高い建物が建ちすぎてしまった・・・

どこなんだろうと、エンドロールを見ていると

竹原市と出た

尾道と呉のちょうど真ん中あたり・・・

歩いてみたくなった街だった。


良かった点その2

配役が良い!!

篠原涼子サンもロン毛の西村雅彦サンも素晴らしかったが、

なんといっても須賀健太クン

この子どこかで見たことがあるなぁと思いつつ

「雨鱒の川」「三丁目の夕日」で子役で出ていた子なんですね!!

評価高いです。

男の子の子役としては久々のヒットです。


良かった点その3

ストーリーが良い!!

花田少年とトンネルの中の少女にあんな縁があったなんて・・・・


良かった点その4

脚本が良い!!

小気味よく和んで笑えました


この夏一押しです!!

一色 まこと
花田少年史 1 (1)
一色まこと
花田少年史 [少年向け:コミックセット]
一色まこと
花田少年史 [文庫版:コミックセット]

それにしても尾道の人は親切だ!


道に迷っていると声をかけてきてくれ

親切に道を教えてくれる。

20年以上前の作品なので現地の人もわからなくても

一緒に考えてくれる。


senkouji

千光寺公園で、ぼーっと尾道の風景を見ていたら

声をかけてきてくれたおじさんがいて、

ロケ地めぐりしている話をしたら、

大林宣彦監督の実家を教えてくれた。

この写真はアップしないほうがいいんだろうな


とにかく一番の目的は「さびしんぼう」

主人公ヒロキの家となった西願寺

これが、みつからない。。。。

いわゆる観光マップに載っているエリアからはずれているので

地図にも載っていない。

1時間以上探し回った。

見つけたときの感動は大きい。

sabi6 sabi1

ここですよここ!


sani2

誰もいなかったので、こっそりとってしまいました。

ちなみに、エンディングシーンでは隣の部屋にピアノがあったのですが

さすがにそれはありませんでしたね。

sabi3

「さびしんぼう」と言えば、この階段!

この階段で突風がふき、そこから話が広がっていったんですよね。

ラストシーンでもとっても良かったです。


次なるは福本渡船

sabi4


6回ものってしまいました。

(本当はそんなにのる予定ではなかったのですが忘れ物をしたりして)


sabi7  sabi8

セーラー服の学校は現実的に存在しないらしいのですが、

ちょっと再現してみました。また、夏休み中なので制服姿は限りなく皆無で・・


そして福本渡船で向島に渡り

橘百合子(冨田靖子さん)とヒロキが自転車をおしながら歩いた

ミカン畑沿いの道へ

sabi5


また、これが坂が激しく汗だくになりながら・・・・


本当は、クリスマスプレゼントを渡すシーンの場所も

行きたかったのですが、ここだけ見つけることができませんでした。

これだけは、この旅の心残りに・・・・・

でも、来年また行きます。


ちなみに、この尾道紀行はまだまだ続きます。


東宝
さびしんぼう

尾道紀行を書いているが、

昨日、待望の東京フレンズを観たので感想を!


tokyof

もう、この夏一番にと思ってたくらいなので

普段、買わないパンフも観る前に購入!


もう始まってオープニング鳥肌が立ちました!

ずぅ~っと待ってたんだよってな感じで・・・


とにかくDVDドラマで第5話を見終わったとき、

4人のうち3人はおさまるところにおさまった感じで

肝心なところが、NYで見かけた?


ちょっと待ってよ!

その続きは?


それで映画版があると知り、

戦略うまいなぁと思いながら、早く観たくて試写会応募しまくったが

全くあたらず・・・・


それくらい楽しみにしていたから

オープニングで鳥肌が立った。


でもね・・・・


正直イマイチ・・・

期待が高すぎたのかもしれないが、

今となっては何を期待していたのか自分でもよくわからないが、


これだったら、映画にしなくても

スペシャル版でDVDだけで良かったんじゃない!

それが率直な感想


NYロケしたから、

劇場版にして興業収益を得なければいけなかったのかなぁとか

普段、そんなヨコシマな見方をしない私が

そんな風に感じてしまった


だけど、8/23発売のサントラは間違いなく買う!

大塚愛の歌う「To me」をいっぱい聴きたい!


エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
東京フレンズ プレミアムBOX
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
東京フレンズ The Movie ナビゲートエディション

追記 

タイアップしている土間土間でトマト茶漬け&トマトラーメン食べてきました。

味はよかったのですが、

土間土間って割と個室風なんですね。

夢の蔵みたいに広々としていたら良かったのに・・・

ちなみに、「あいよ~」とも言ってくれませんでした。

尾道紀行その2 転校生

テーマ:

さて、

尾道をまわった順はさすがに映画の順番通りにはいかない・・・


とりあえず、「転校生」から

書こうかなと。。。。



やっぱり御袖神社でしょう!!

tenkousei1


いわゆる入れ替わる神社です。

現在は、補修工事が必要な状態らしく1口3000円で寄付金を求めていました。

当然一口入れておきました。


でも、これよりこのアングルですよね!

tenkousei2

よっぽど、空き缶を蹴って転がり落ちようと思いましたが

一人だし、

もういい年なのでやめました 笑


あと、散々歩き回って

下校時の道を見つけました!

tenkousei3


20数年経ってしまっているので風景は違ってます。。。。


でもね、これを自分の目で見て

自宅で改めて「転校生」を観ると思い入れがさらに強くなるのですよ!


その思いはエピローグに書きます。


とりあえず、今晩はここまで。


明日から仕事が始まるので毎日更新が難しいかもしれませんが

必ず書きます!自分のために!


バップ
転校生

尾道紀行その1 プロローグ

テーマ:

ものすごく久しぶりに自宅でキーボードを

うっている。


それは、あまりにも仕事がハードでかつ20年来の念願

尾道ロケ地巡りをしていたからだ!


6月くらいだろうか?

テレビニュースでいわゆる景観問題で広島の原爆ドームの横に大きなマンションをつくることで

もめているものをみた。

東京の国立市でも以前に同様の問題がおき、結局は立ってしまった。


今のうちに行っておかねば!!


そしたら、「尾道」のことを思い出した!

タイミング的には不謹慎な書き方になってしまうが、

尾道に行こう!そして、広島に行こう!


しかし、そう夏は休みがない。。。


私の夏休みは8/10から8/15までの6日間


それ以外の日々は過酷すぎる仕事の毎日・・・・


それで思いついたプランが8/9の仕事が終わったあとそのまま直行で

東京駅に行き、サンライズ出雲という寝台特急に乗って

倉敷で降りて在来線を使うと8/10の朝8時には尾道に着く!!

寝ている時間を有効活用しようというもの!

帰りはブルートレイン富士で広島から東京に帰ろうという計画!


切符はとれた。

この時期そんな簡単にとれないらしい・・・

でもとれてしまった。


もう、心は旅モード♪


しかし現実はそれを許さなかった!

自分自身の思慮の足りなさと偶発的な仕事上でのトラブルの勃発・・・・

自分自身の問題としては、


「生まれて初めて財布をなくした」


運転免許証、クレジットカード、キャッシュカード、保険証など諸々全部入っていた。


もうお願いだから現金は抜いていいからあとは交番に届けて!!!







願いは叶った!

その通りに叶った。。。。。

現金は小銭も含めて抜かれて他のものは手つかずに・・・・


ビミョーな感じです。


でも贅沢いっちゃぁいけません。


その後も仕事でドタバタと・・・


とにかくトラブルかかえたままで旅に出るのはイヤの一心で

日々を過ごしていたが、

ラスト3日間を迎え、職場のトラブルメーカーがどう考えても割れない場所のガラスを割ってくれた・・・・

詳しいことは省略ね



緊張感さらに高まり残りわずか


とどめがきました!


その名は台風7号


気象庁の予想を大きく覆し関東・東海地方に向かってくる。

出発前日はサンライズ出雲運休


行けるのか?

行ってはいけないのか?

そんな思いを胸に出発当日、大きな荷物を抱え出社

びしょぬれでした。


でも、午後には天候もよくなり

仕事が終わったあと、東京駅へ


今日は動くのか?


sunrise

動いてくれました。


本編はまた明日