殴者

テーマ:

naguri


水曜日13時42分にシネリーブル池袋にて

青空のゆくえ 」を見終わり、

13時50分から始める「殴者 」をテアトル池袋で見るために

西口から東口へダッシュ!!!!!


この間の水曜日に池袋駅の構内を

ダッシュしていたオヤジは私です。。。。


ソフトな映画から一転、硬派な映画に・・・・

「青空のゆくえ」を共学の雰囲気とするならば、

「殴者」はバリバリ男子校カラー!


だって女優は限りなく、水川あさみしか出てこない状態


それにしても、水川あさみは、

心に傷を負った女性役が見事にはまる。

深紅 」でもそうだった。

どうして、ここまで演じきれるのか?

すごい!

で、調べてみたら、

ドラマ「踊る大捜査線」第3話で

路上ひったくりに会う女子中学生役を演じている。

今後、注目の女優ですね。


あと陣内孝則がいい感じでしたね!

引き際が鮮やかでした。

いつかは、自分が・・・・というのを

心のどこかで怯えながら、

でもそれを期待している自分!

それをよく描写できていると思いました。


ひとつだけ、気になったこと!

プロの格闘家が多数出てくるのですが、

映画とはいえ、負ける役でもよかったのでしょうか?

それこそ、PRIDEは?

と思ってしまいました。。。



AD

ありがとう!阪神タイガース!

テーマ:

今日、阪神タイガースのリーグ優勝が決まった!


私にとって、生まれてちょうど

36年と2ヶ月の日である。

そして、人生3度目の阪神タイガースの優勝を

リアルタイムでその瞬間を初めて見ることができた!


1985年、2003年、

その瞬間を見ることができなかった。。。。


仕事を放ったらかし、

テレビにかじりついた・・・・


物心ついて気がついたら

東京生まれ、東京育ち、

両親は巨人ファン、

でも、なのに私はタイガース一筋!


つらい90年代も耐えた!


21世紀になり、2度も優勝した!


とにかく嬉しい!!!!!

ブログにほとんど書かなかったのは

何故か、私が大騒ぎすると勝てなくなる。。。。


8月にはじめてそのことを書いたら

9月初旬に1.5ゲーム差になりヒヤヒヤした・・・・


M13が点灯してもダンマリを決めた。


でもさすがに今日は大騒ぎ!!


あとは日本シリーズ、


そのためにダンマリを明日から決め込む!!

AD

青空のゆくえ

テーマ:

aozora


恒例の水曜日、1作目は

青空のゆくえ


やったら、さわやかなんですけど・・・・


感想の前に・・・


私は、中学・高校と男子校、

大学も理系だったので限りなく男子校。。。。

思春期を迎えてから、教室の中に女の子がいたことがない。


最近、雑誌などで、異性を雄あるいは雌としか

見られない人たちとかとりあげられているけど、

私もそれに近いものがある。。。。


やっぱり、共学が自然なのだろうか?

男子校の居心地の良さから離れられない・・・・・


そんな前フリをして、感想です。


まず、

始まってから半分過ぎまで、

こういうキャラがいるのね!

ということはわかるのだけれど、

出てくる女の子の区別がつかない。


あれ、この子は酒屋の娘?

バスケ部にいたっけ?

委員長がメガネをはずしたあたりから

もう大パニック???

男の子の区別はつくけど、

女の子の区別がつかない・・・・・


後半にさしかかり、見分けられるようになって

それぞれの個性により惹かれていく・・・・


きっとリアルでこんなことはないんだろうけど、

こんな雰囲気なんだろうな、共学って・・・・

共学っていいな!


なんとか、俺もこうだったと思えたのは、

ひたすらチャリ走らせてたことだけ・・・

あとは男むさかった。。。。。


当たり前の毎日が引っ越しによって、

当たり前であったことが当たり前でなくなる。


そう、別れって死だけではない!

最近、命の大切さを訴えることに比重が置かれているせいか、

死による別れのせつなさを描く作品が多い中、

斬新な気がした。


一期一会・・・・


生きていく中での別れをきれいに

描写した映画!
きっと今時の中学生を美化するとこんな感じなんだろうな。

携帯にカメラついているとかいないとか・・・・

酒屋の娘が何げに店番しながら、

「NANA」読んでいたりとか・・・


さわやかすぎるくらいにさわやか!

大好きです。


ちなみに、共学ってこんな感じなのでしょうか?

うらやましく思ったこの作品。。。。。


清水 志穂
映画文庫 青空のゆくえ
ビジュアルブック 「青空のゆくえ」ノ-ト

AD

月とキャベツ

テーマ:

仕事で疲れ果ててぐったりしている中、

なんとなくDVDで鑑賞!

そのまま、寝落ちかなと思いながら見ていると

だんだん、その世界に引き込まれていく。


きっと、この後、こうなるんだろうな・・・

と、先が読める展開なんだけど、

魅了されていく・・・


美しい映画ってこういうものをいうんだろうな。

特に、ヒバナ役の真田麻垂美 が素晴らしい!

創作ダンスの動きのしなやかなこと、しなやかなこと!

そのダンスが上手なのかはわからないが

しなやかさに最後まで見てしまった。

sanada

心が疲れているときに見るのに

とてもよい作品です。

残念なのが、真田麻垂美さんはもう

芸能活動をしていない様子。。。。。

ネットでいろいろ調べたが、2001年以降の

活動が見つからない!


ジーダス(JSDSS)
月とキャベツ

世の中は3連休・・・

テーマ:

秋になると、世の中は連休だらけらしい・・・


しかし、私には全く関係ない。。。

むしろ、やたら忙しい。。


紅葉など、ここ十数年見ちゃいない。。。


いいことは、そのおかげで通勤時間帯に

電車に座れることだけ・・・・


とりあえず、今度の水曜日の休みを目指して

お仕事がんばるぞ!


と、気持ちを奮いたたせていざ出社です。

忍-SHINOBI

テーマ:

shinobi


せっかくの水曜日2作目!


見ていてとてもテンポが
よく楽しめました。


仲間由紀恵、オダギリジョー、黒谷友香、
沢尻エリカ、椎名桔平、・・・みんな良かった!

沢尻エリカ目当てで行った私には十分満足!

椎名桔平にも新しい世界を見た気がしました。


でもね、どこか話の展開が「ラストサムライ」と
ダブって見えてしまうのは私だけ?


明治になり、サムライがいらなくなったのと同じように、
徳川幕府のもと太平の世に忍者がいらなくなった。
明治天皇がサムライの生き様と覚悟に心を打たれたように
徳川家康が「忍」の民としての覚悟に心を打たれた。

設定の時代が300年程さかのぼった版のお話に
見えてしまったのは私だけ?


さらに、海外での上映を念頭においたような
作りも気になる。。。。
もう決定していてそう作ったのか、それとも
それを願い作ったのかわからないが、
そんな作りが鼻につく。
そのときのタイトルはやっぱり
「LAST NINJYA」?


そうなると英語字幕?

どんな風に訳されるのか

見てみたい気もする。。。。

山田 風太郎
甲賀忍法帖―山田風太郎忍法帖〈1〉

深紅

テーマ:

shinku

このくらいの時期から翌3月上旬まで

死にそうなくらい、仕事が忙しくなる・・・・

唯一の休み水曜日も休めなくなったりする。


実は今日も危なく休めず、

映画を見ることができなくなりそうだった。


せっかくの休み、疲れてはいたが

映画館でゆったり座ってきました!


さてさて、本題、


良い意味で予測をことごとくはずされた。


家族を殺され一人残された娘と、

その家族を殺した犯人の娘を描く

サスペンス映画。


事前に知っていた情報はこれだけ。

私の頭の中では、きっと、その娘のどちらかが

憎しみを持ちつづけ。。。。

ってそんなストーリー展開を予測していた。


全然違ってました。

私が思いっきり浅はかでした。


内容はもっと残された娘の心理を

見事に描ききったお話でした。

ドロドロってしてなくて、

むしろ清々しい!


浅はかに気づいたあとも

ことごとく私の予測を裏切っていく。

しかも、引きつけられる方向に!


サスペンスものなので、絶対に

ネタバレは避けなければ・・・・


見た人だけにわかるような書き方を・・・


どうして、自分の本当を最後まで明かさないの?

電車の中のシーンですべて納得!

どうしてメモリを削除するの?

8年間の止まった時計が、

再び新しく動き出したんだなぁ!

そんな感想です。


シックスセンス以来、はじめての

作り手にやられたなぁと感じさせられる映画でした。


野沢 尚
深紅

ジョゼと虎と魚たち

テーマ:

jyoze

ずぅ~~っと気になっていた作品。。。。

やっと見ました!


ジョゼと虎と魚たち


まず、タイトルからして気になる!


ジョゼ?

主人公の名前らしいが、何故ジョゼ?

サガンの「一年ののち」からとったのね!

作家の名前は読んだこと無いが読みたくなった!


池脇千鶴…もともと持っていたイメージは

       フジドラマ「大奥」のマメだぬき!

       いやぁ、女優さんっていうのは、本当に女優さんなのね!

       全然、雰囲気ちがう!

       そして、すばらしい!

       どうやって役作りするんだろう?

       もっともっと出演作品が見たくなった!


妻夫木聡…実は、「ウォーターボーイズ」のみ評価していなかった。

       あのヘタレキャラが強すぎて、その他の作品を見ても

       何だかねぇという感じ。。。

       「ローレライ」でも、ドラマ「スローダンス」でも、その他諸々

       ピンとこない。

       でも、この作品では違った!

       一気に評価アップ!!

       「春の雪」も見てみようと思う。


この2人の距離が次第に縮まっていく描写がとても好き!

全く、生きてきた軌跡が異なる男女が、偶然出会って

恋するときって、きっと、こんな感じなんだろうな!

それを静かに、そして心地よく描いている。


ずぅっとずぅっと見ていたい映画でした。

できることなら別れることなく一緒にいて欲しかった。。。


車いすのシーンが切なすぎる

角川エンタテインメント
ジョゼと虎と魚たち(通常版)

さとうきび畑の唄

テーマ:
satoukibi
DVDで見ました。

舞台は沖縄の昭和16年から20年までを描く。

日本で唯一地上戦が行われた地。。。

そこで暮らしていたある家族の物語

詳しくは公式サイト


何で戦争ってあるんでしょうね?

たぶん今も世界のどこかで必要のない

殺戮行為、破壊行為が行われているんでしょう。。。。


心から戦争を望む人はいないでしょう。

何かが欲しくて、何かが許せなくて、

戦争を心から望むのなら、その人が一人で戦争しにいけばいい・・・

そうしたら、罪のない人が巻き込まれることはない。。。と願いたい。


でも、有史以来、戦争は絶え間なく続いている。

どうして、人は戦うのでしょうね。


森山良子の歌う「さとうきび畑」

ざわわ 頭から離れません


ぼんやり考えさせられました。

そして、主人公(明石家さんま)の

「こんなことするために生まれてきたんじゃない!」

あの時代にあの状況に自分をしっかり持っている。

この情報があふれすぎ、何が正しいのかさえ

わかりにくくなっている今の時代、

私も自分をしっかり持ち続けたい!


TBS
さとうきび畑の唄 完全版

タッチ

テーマ:

tacchi tacchi1

以前、泣けるもの という記事を書きました。

別に、自分自身が高校野球をやっていたわけではないのですが、

甲子園もの、箱根駅伝ものは泣いてしまいます。

実は予告編でうるうるしてました。。。


というわけで、

決勝戦の間ず~っと泣いてました。

映画館というものが暗くてよかったです。


感想?


原作を知っている人は

リセットして見た方がよいと思います。

原作に重ねわせようとして見るとイマイチ感が

出てしまうような気がします。

たとえば・・・・

コータロー 

キャラかぶせようとしてもイマイチだめです。

でも、原作を忘れれば十分演じてます


個人的には、風吹ジュンがとてもよかったです。

見ようと思ったのは、

斉藤祥太、斉藤慶太に注目していたから・・・

キッズウォーから光るものを感じてました。

それこそ、井上真央がちょろっとでも出てきて欲しかったほど・・・

また、ゴールデンイーグルスの出番にはびっくり!


原作をリアルタイムで読んでいた当時、

何で、野球部が髪の毛長いねん?

という時代でしたが、いつのまにか当たり前になってしまいました。

時は移り変わりますね。


今回、スポーツものには

きちんと感想が書けない自分を発見。。。

青木 ひかる
タッチ もうひとつのラストシーン