キーポンスタッフブログ

御徒町液から徒歩5分。ルアーショップキーポンです。入荷情報などお得な情報更新していきます。


テーマ:

こんばんは、柿沼です。

 

先日たまやボートさんで大会が行われました。

この12月大会はその年のたまや大会に出ていなければ参加できない、

シメの大会とのことです。

(1回でも出ていれば参加可能です)

 

 

前回大会ではなかなかの良型もでていましたが。

 

谷口会長の牛久沼たまやボートトーナメント参戦記 Vol.19

谷口会長の牛久沼たまやボートトーナメント参戦記 Vol.18

 

 

この寒い中どのくらいの人がウェイインされたのか……

 

以下会長の記事になります。

-----------------------------------------------

 

2017年12月10日

 

牛久沼たまやボート最終戦「たまやクラシック」である。

毎年当然のことながら12月は厳しい。釣れても5~6人、全員ボーズという年も確か一回だけあったはず。

 

昨日からの急激な冷え込みで水温急降下、朝7時のスタート時は水温6.5℃であった。

さらに無風晴天…素晴らしい朝焼けに見送られ47名のドリーマーがエレキペダルを踏み込んだ。

 

先週のプラでは西谷田川をくまなく巡り全くノーバイト、上流の浚渫のため濁りも強かった。

よって本日は12月の定番、東谷田川中流の広い竹杭エリアの塚本の柵、通称つかさくに行くつもりだったが、スタート直前にたまや社長の挨拶で「西谷田の浚渫は終わり水質も良くなって来ました」…急遽目的地変更、行き慣れた西谷田を目指した。

 

まぁわかっていたことだが、結果から言えば上流から下流まで撃ち尽くしてノーバイトの完全試合、当初のプランどおりつかさくに行けば良かったかとも思うが西で釣った人もいて何ともなぁ…やはり12月ということか…。

 

 

さて、その西で釣った人とは、ナント副会長の中西さん!

昼前に沈木のヘビダンで1420g!

もちろん一匹だが12月だもの、これで優勝したって全くおかしくない。

 

しかし、しかし、釣って来た中ではナント最下位の6位?!

つまり6人が釣って来て、全て1420g以上ということ、恐るべし牛久沼!

 

5位牛久レジェンド高橋選手

東谷田川沖合いの単体の竹杭にヘビダンで1450g,今年のAOYを獲得した。

 

4位モンスターハンター斉藤選手

つかさくのクランクで1880g、11月にも同じパターンで2230gのモンスターを仕留め優勝している。

 

3位H1戦士佐藤光選手

ノープラで出場し、過去の情報から当然つかさくを選択、これまたヘビダンで1970g、

あんなにプラに入った常連達は私を含めどうなるのか?

 

準優勝は佐藤仁吾選手

8時半にたまや桟橋脇の水路でクランク(ワイルドボア)を引き2010gの最大魚を捕った。

先月のH1マスターズでも準優勝のシルバーコレクターだ。

 

そして優勝は牛久のシュワルツネッガー野村選手

只一人2匹のウェイイン、しかもデカイ!

3600gで文句無しの優勝であった。

朝イチからつかさくに入り、上流側の角でナント2投目で1匹、さらに1時間後に大型追加、ドライブシュリンプ5gヘビダンで当たりは違和感のみとのことだった。

 

 

出場47名中ウェイインは6名、釣れたバスは7匹で6匹が東谷田川、つかさくは4匹とやはり定番な気もするが、常時20人以上がとりついていることを考えると、確率はそんなに変わらないということだろうか?一年間じっくり考えてみよう…。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

さて、11月12日にたまやボートさんで大会が行われ、

今回も会長が記事にしてくださいました。

 

いよいよ寒くなってきた牛久で、

はたして、どんな魚がどんなルアーで釣れているのか……

気になる記事となっております。

 

※変化を確認するためにも、前回の大会も併せてご覧になってみてください。

谷口会長の牛久沼たまやボートトーナメント参戦記 Vol.18

 

 

 

以下、会長の記事になります。

------------------------------------------

 

2017/11/12

 

牛久沼たまやボート11月大会報告

 

例年11月の牛久沼は、釣果で言うと秋というよりは冬に近く概ね厳しい。

雨などの天候に助けられれば結構釣れることもあるが、昨年の11月大会は晴天でウェイインは3名のみ全て1尾だった。

 

さて今年は・・・

 

 

 

西高東低のバッチリ冬型、晴天で朝は北風で気温急降下、その後は無風と全く期待できない状況で開催された。

今回はDepsの協賛大会で例年より大幅に参加者数アップ44名の出場で行われた。

 

晴天で水温はスタート時11.8℃。昼には13℃くらいまで上がったもののさすがにバスの活性は低かった。

 

私は西谷田川の縦ストをネコリグとクランクで撃ち尽くし、全くノーバイトの完全試合達成した。

ちなみに副会長も弟子の杉山も完全試合であったし、おおかたの出場者も同様で予想通りの厳しい結果となった。

 

 

44名中ウェイインは7名のみ、しかも全員1尾、つまり44人で7匹しか釣れなかった訳だ・・・

 

しかし、しかしそこは牛久沼!

 

1位2230g 2位1730g 3位1730g 4位1570g 5位1510g 6位1460g 7位650g!

全部1尾の重量である!

 

 

 

1位斉藤選手

なんとこの時期に47.5cmとそれほど長さはないが2230g!

東谷田川中流の杭エリアでクランクRTO1.5を使いまさに豚バスを獲った。斉藤選手は今年の3月大会でも52.5cm 3270gの牛久沼記録で優勝している。

 

2位高橋選手

東谷田川中流のパラガマにチャター

 

3位有里選手

本湖二千元土手にラバージグ+エスケープツイン

 

4位吉田選手

西谷田川中流のガマにカットテールネコリグ

 

5位中川選手

東谷田川中流のガマ岬にクランクMTO1.5

 

6位青木選手

1位と同じ杭エリアでヘビダン

 

7位はNAMAROブログの生江選手

西谷田川の沈木にウイニングクロー5gテキサス

 

 

ほぼ全員が1バイト1フィッシュ、時間的には早朝と水が温まった昼に別れた印象。

リグはごらんの通り全く一貫性なしであった。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 さて、先週たまやボートさんで大会が行われ、今回も会長が記事にしてくださいました。

 

時期が時期のため、さすがに豚バスはでないのか、それとも……

と個人的にも気になっていた大会です。

 

ちなみに前回は9月24日に行われており、極端に大きいわけではなかったものの、良いサイズもでていたようです。

 

谷口会長の牛久沼たまやボートトーナメント参戦記 Vol.17

 

 

はたして今回の結果は……

以下、会長の記事になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

 牛久沼たまやボート10月大会レポート

 

 2017/10/15(日)一日中大雨で水温18.3℃

 

 先週はH1牛久沼大会で120名の参加があったが、優勝のレジェンド高橋さんを除き、ほとんどの選手が小バスばかりだったようだ。

 その後さらに気温水温が下がり、到底状況が良いとは思えない。

 

 水曜日にプラに入り西谷田川の縦ストで30cm以下の小バスを2-3匹釣ったが、秋の巻物には全く反応しない状況だった。

 東谷田川では中流右岸にある広い乱杭エリア、塚本の柵で通称「ツカサク」が好調、クランクで大型が出ていた。また、たまや周囲の蓮も好調を持続しており、水曜日にはこの2カ所で4本釣った人もいたようだ。

 毎度のことだが東の方が大型で優勝の可能性は高い。しかし、この2カ所はかなりのプレッシャーになることがわかっており、毎回毎回悩んだ結果、結局ポイントを良くわかっている西谷田川を選択した。

 

 私はカットテールのネコリグが得意で小バスを数多く釣ってくるパターンが多い。よって東で1発大物を釣られてしまうと、例え私が小バス3匹釣ってきてもかなわない。しかし毎年10月は大物が釣れることが少ないため、私は比較的成績が良い月で、しかも本日は水温急降下、「大物釣れるな!!」と願いつつ西を目指した。

 

 本日は霞デザインカップ、代表代理の岡本さんの挨拶でスタート、いつも仲良くしてくれる良い人なので何とか盛り上げたいものだ。

 曇り時々雨の予報だったが6時半のスタート直後から雨、一日中大雨で寒かった。

 

 西谷田川の縦ストに得意のネコリグをキャストする。 プラで魚が小さいことはわかっているので、カットテール3.5インチ、フックはスタジオ100の#4、ネイルシンカー1/32ozと牛久沼とは思えないフィネススタイル。これをキャストするためラインはPEを使う。

 

 朝一バイトを期待していたが、予想外に全くバイトなし?

 やはり今週の急激な水温低下のためなのだろう。むしろ昼近くなった方が食うかもしれないと考え、ここは我慢で打ち続けた。

 

 すると8:50、岸際の鉄骨でラインが重くなるだけのあたり、厳しい日の1発目にかなり焦りながらネットイン、

33cmのまあまあサイズだ。 さらに1時間後には20cmを追加した。

 

 雨も小降りになってきたのでまさしくこれがタイミングだろうと考え気合いを入れ直す。

 ポツンと1本ある杭で20cmを獲り3尾のリミット達成。

 さらに密集した杭で15cm、入れ替えにはならないが調子が出てきた。

 

 ふとここで気づく!普段は当然ながら密集した杭を主に狙い、単杭はパスが多いが、今日はなんだか単杭でも釣れている? ってことで1本の杭もできるだけ撃つようにした。ウナギの仕掛けが付いた細い竹杭にもキチンとキャスト・・・これが大当たりで12時に30cmを追加することができた。

 

 そこで終了、寒いしたまやから遠いし、いそいそと帰着に向かった。

 

 結果は私の予想通り! 小バス3尾だが比較的良型の小バス??だったので3尾で1380gだった。さて東で大型を1本とか釣ってくる人が何人いるかで私の順位が決まる。当然レジェンド高橋さんは・・・やはり1本!しかしナント190g!やった!高橋さんに勝った!

 

しかしその後も東組は小バス1-2本のウェイインばかりでみるみる順位が上がっていく?

 

 

 

 

 

 

霞デザイン 岡本さん6位。

 

 

 自分の予想では5位くらいに入れればうれしいなと考えていたのでドキドキだ。

 

 さすがに昨年AOYの横井さんがたまや蓮でチャターベイトを使い1950gを獲ってきたが、

そこまでだった。

 

 NAMAROブログで有名な生江ちゃんも西で2本獲ってきたが1080g・・・

 

 ということで、ナント小バス会長2位入賞!

 

 42名出場でウェイイン16名、キロアップは4位まででリミットメイクは私含めて2名のみという厳しい大会であった。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。