ファッションディレクター"タクナカガワ"ブログ

タクナカガワ

ファッションディレクター
ファッションデザイナー
衣装デザイン
各種ブランドプロモーション
etc...


https://instagram.com/tacknakagawa/
http://twitter.com/tack57


テーマ:


昨夜は、とあるプロジェクトでご一緒させていただいているジャズベーシスト川本悠自さんのライブへ

{93070891-F410-42A3-BC0D-350AD6B9FA07}

毎月開催されているこのライブ。

川本さんのほかに1人ゲストを迎えて、手の触れるような距離で演者の息遣いを感じながら

様々なジャズを楽しめるイベント。


今回は岸本賢治くん(写真左)という、とても25歳には見えない、渋い見た目と音色を併せ持つ若者を迎え入れてのライブでした。

まぁ彼の人柄というか、真摯な姿勢が溢れる、それはそれは聴いたこともないくらい澄んだ音色のギターとのセッションを楽しんできました。



バーのマスターがゴリ押しする、シナトラが愛したカクテル"フランシス アルバート"を頂きながらのジャズ鑑賞。


セレブかよっ!

と言いたくなるような時間をありがとうございましたw



ちなみに、たいして飲んでないのに今日は二日酔い_:(´ཀ`」 ∠):

おかしいと思ってフランシス アルバートを検索したところ

{B2FC3335-CF7A-4C11-9BB9-85E50AA07EAB}



ジンをウイスキーで割ったカクテルだった、、、

そりゃー濃いわ

そりゃー酔うわ笑




さて、フランシスアルバートのレシピを探してる時に見つけた、フランク シナトラの名言

“Alcohol may be man's worst enemy, but the bible says love your enemy.” ― Frank Sinatra

酒は人類にとって最悪の敵だが、聖書曰く、汝の敵を愛せよ、とのことだ。 フランク・シナトラ (アメリカ・歌手)






この方、完全にアル中やないかい!!

ゴーイングマイウェイすぎるやん!!

そんなシナトラの名曲"My Way"



この曲を聴くと、スワロウテイル観たくなるのよね。


DVDあるかなぁ。



探してみよっと。






さて、話が飛び飛びになってきたので今日はこれにて!



おしまい


和輪羽

t




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

"これは見るべき"といろんな方々から言われ続けてきたにも関わらず

約15分という時間を惜しんで見逃していた動画を

最近になってようやく観ました。



15分があっという間!

15分を惜しんでいた自分が恥ずかしい。。。


もう観たことのある方ばかりかもしれないけれど

まだの方も、観たことある方も改めてまた観てみてください★





2005年、スタンフォード大学の卒業式スピーチ。


彼の未来を見据えたかのようなスピーチに、鳥肌が立ちました。



あー

最近涙もろくてあかんなー。




おしまい


和輪羽


t



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

少し前になるが、懐かしい友人に会った。

出会いは大学生の頃。

なんで仲良くなったのかは覚えてない。

でも、自然と一緒にいた。

"岩手訛りが抜けない、目が優しく熱い野球少年"

という印象のやつだった。


彼はある日"小学校教諭になる"と言って

初等教員免許がとれる大学へ移っていった。


寂しい気持ちはあった。

でも、あいつは夢を必ず叶える男だ。

みんなで笑って送り出した。



しばらくして彼が教員になったことを知った。

さすがだよなと褒め称える言葉を肴にお酒を飲んだ。

そこに至る道のりが並大抵ではないことは容易に想像がつくが、

彼の苦労は彼にしかわからない。

安い想像なんてなんの意味もなさない。

ただ、彼が笑顔であること。

それがなにより嬉しかったし、それだけで十分だった。



そんな彼との久々の再会。

FBなどでなんとなくは知っていたが

彼は教員をしながらヒマラヤに登ったのだという話を僕にしてくれた。

雲は虹色に輝くことも

癌で余命宣告を受けた仲間の話も

たっぷり、たっぷりと話をしてくれた。


そして

僕に一冊の本を渡してくれた。


癌で余命宣告を受けた友人ジーンと2人で、様々な葛藤を越えてヒマラヤ登頂を果たしたノンフィクションの話。


彼が歩んだ道のりが僅かばかり、でも濃密に記された一冊。



岩手の久慈出身の彼の本は、東北沿岸部の図書館などを中心にいろいろなところで読むことができるとのこと。

ぜひ探してみてね★


本の良さは、自分にない経験すらも、自らの糧の一部と出来ることなのどなと再確認をした。

江田ちゃん、ありがとう!

ヒマラヤに登る景色は体験出来てないけれども

そこで見たであろう様々な景色や息遣いは

僕の脳裏にどこまでも広がっていったよ!


また、飲みながらでも熱い話をしよう!





おしまい


和輪羽


t


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。