孔子の教えをひも解くマナー講師 橘 凛保(たちばな りほ)

未来の地球が平和であるためには「お互いに想いを馳せる」ことです。カンナをリレーして、世界中の人の心に平和と希望の花"を咲かせています。1000スマイルを東北に届けました!「カンナ2000スマイル」頑張ります!http://justgiving.jp/c/7668


テーマ:

カンナスマイル第1号

カンナスマイル始まり物語です

2011年10月中旬

東北にカンナをバトンした小学校の校長先生からメールが届きました

「カンナは枯れました。報道陣もボランティアも少なくなりました。忘れられていくんですね・・・」

「いいえ、忘れてなんかいません!」

そうお返事するも 気落ちした雰囲気で

「ありがとうございます・・・・」のようなお返事でした


だんだん寒くなるこの季節 寂しいですよね・・・・

どうしたら元気づけることができるのでしょう・・・

『そうだ! カンナの花笑みに替えて人の笑顔を届けよう!』

メールにお返事しました
 

「先生、1000人の笑顔を届けます。私も頑張りますから頑張って下さい!!」

『言ってしまった・・・・・』

正直のところ

『なんてこと言ってしまったのだろう・・・』が本音でしたショボーン

「笑顔撮らせてください!」なんて言えない・・・・


10月20日(木)短大の講義の日でした

私は情報学科の講師 控え室で出会ったのは看護学科の教授と学生

この写真のお二人の談笑 あまりに爽やかでしたので

「その笑顔ください!」

振り向いたお二人に

「東北の被災地に持って行きます!」

もちろん賛同してくださりこの笑顔がカンナスマイル第1号となりました

懐かしいです ちょうど5年前なんですね




短大看護学科先生と学生

 

 

 

あれからちょうど5年10月23日

カンナスマイルは10000人の笑顔のエールのエネルギーになりました

東北の人たちにに「頑張って!」は禁句のように言われた当時のこと
 

「私も頑張るから頑張って!」

これしか気持ちを伝える良い方法がなかったのです

そして「クリスマスの笑顔」が大好きだったかもしれません

とっさに思いついた「カンナスマイル」だったのですウインクラブラブ

 

 

2016年10月23日


 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

マナー講師・孔子の教えをひも解く橘 凛保(たちばな りほ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります