孔子の教えをひも解くマナー講師 橘 凛保(たちばな りほ)

未来の地球が平和であるためには「お互いに想いを馳せる」ことです。カンナをリレーして、世界中の人の心に平和と希望の花"を咲かせています。1000スマイルを東北に届けました!「カンナ2000スマイル」頑張ります!http://justgiving.jp/c/7668


テーマ:
白露


9月7日は白露です

美しい言葉ですねキラキラ


白露の頃は季節の様々な行事がありますね

5節句の「重陽」

雑説の「二百二十日」 国民の祝日「敬老の日」

「彼岸の入り」に「十五夜」

残暑も厳しいと思っている間に台風がいくつか過ぎ去り台風

いつの間にか空が高くなり 空気も澄んで

中秋の名月を迎えます  今年は15日ですね満月



初候(9/7〜9/11)草露白


昼と夜の気温の差が生み出す自然の宝石「白露」

実りの秋 食欲の秋ですねぶどうキノコ

きのこ狩り 松茸はなかなか手に入りませんがしめじも美味しいですね

今日は栗をいただきましたニコニコ


重陽の節句に「栗ご飯」にして頂こうニコニコと思います




次候(9/12〜9/17)鶺鴒(せきれい)鳴く


せきれいは秋の季語で この頃に一斉に鳴き出すのだそうです

別名を「恋教え鳥」恋の矢ともいい

イザナギ・イザナミの神産みに関わる鳥だそうです




末候(9/18〜9/22)つばめ去る


春に軒先に巣を作り とても身近な鳥 つばめ


いよいよ南の国に帰っていくのですね

子どもの頃に何度も読み返した「幸せの王子」の話に出てくるつばめは

ちょうど今頃に季節の話だったのだな〜と


写真は春に撮ったつばめです

この子たちもそろそろ南に飛ぶ準備をしている頃なのでしょうか








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

マナー講師・孔子の教えをひも解く橘 凛保(たちばな りほ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります