孔子の教えをひも解くマナー講師 橘 凛保(たちばな りほ)

未来の地球が平和であるためには「お互いに想いを馳せる」ことです。カンナをリレーして、世界中の人の心に平和と希望の花"を咲かせています。1000スマイルを東北に届けました!「カンナ2000スマイル」頑張ります!http://justgiving.jp/c/7668


テーマ:
今日は立夏です



GW最後の一日

よいお天気です


今日は二十四節気の「立夏」です



「立夏」は春分と夏至の中間にあたります

昼と夜の長さで季節を分けるとするならば

今日から立秋の前日までが夏となります


いつの間にか着るものも軽くなっていましたね


5月1日から「クールビズ」も解禁です

ビジネスの場での服装も

随分とおおらかになりました


最近では学生の制服も「衣替え」(6月1日)をまたず

5月から夏服も着用して良いと言って下さる学校も多いようで

電車の中 町の中が明るく軽やかに感じます


しかし 親しき仲にも礼儀あり

クールビズにも「身だしなみ」は大切です

いいえ ラフになるからこそ

そこには「こころ」が大事です

相手を想いやる気持ちはラフな服装にもあらわれます

「きりりクールビズ」

「恕学」の第一印象の授業

「身だしなみ」ではお伝えしていますが

本当にクールに着こなしたいですね


第一印象を決めるのは「見た目」

55%が視覚からの印象です(メレービアンの法則)

暑くても涼しそうな顔をしているのも

相手への想いやりのひとつです


着物を着用することも多いのですが

「暑くないですか?」

と心配いただくようではまだまだですね

涼しげに涼しげに洋服も着物も装いたいです


写真は2011年8月1日

ローマ法皇様に請われて

東北で咲かせたカンナの花をお届けに上がったときの

ヴァチカンでの1枚です

白い夏の着物で参りました

暑い一日でした


ヴァチカンにて


キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

一般社団法人橘流恕学(jyogaku)アカデミーhttp://tachibanaryu.net/


一般社団法人橘流恕学アカデミーでは、マナー研修・茶道・和文化などを通して
「恕」の精神を伝えています
「恕学」とは「自分を受け入れること」「相手を受け入れること」「互いに想いを馳せ合うこと」「相手の身になる」を実践して豊かな人生を送るための学びです
 

橘 凛保(Riho Tachibana)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

マナー講師・孔子の教えをひも解く橘 凛保(たちばな りほ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります