No.856


おはようございます。立花です。

(株)雄勝そだての住人の牡蠣出荷回数も残りわずかとなってきました。
「牡蠣が大きく、クリーミーで美味しかった!」
「贈り物として本当に喜ばれました」
「ホームパーティーで堪能させていただきました」
などのお声をいただいています。


さて、4月から今年で5年目となる新入社員研修受入やオフサイトミーティングの受け入れが
モリウミアスで始まっています。
週末はこどもや親子、平日は企業のおとなという連続した日々がこれから7月中下旬まで
さらに約2か月続きます。その後、8月末までの約1か月半が7泊8日のこどもたちの受入れと続きます。
「身体が資本」と実感する時期でもあります。

週末は今月2度目となるモリウミアス・学びづくりツアーがありました。
今回も肉体系の作業中心でしたが集まった方々は本当に一生懸命、そして楽しみながら
改修作業をしてくださいました。
昨日は、私たちが雄勝に関わることとなりました、雄勝中学校前校長・佐藤淳一先生
(現・仙台市教育局 学校教育部学びの連携推進室 室長)がモリウミアスに来てくださいました。




40種類ほどあるというモリウミアス敷地内の
里山の木々にネームプレートをつけてくださっています。
当時のことを振り返りつつ、いままでの歩みを話しながらの時間は感慨深いものがありました。
佐藤先生の「熱量」が伝播し、今の私、そして私たちの活動があると思っています。



また昨日は家曳き職人・岡本直也さんもオープン後初めてモリウミアスに来てくださいました。


人間すれば90歳を超えた老人の外科手術的な、そして例を見ない大きな家(校舎)を曳く作業は
職人のなせる業、そして愛情を込めて仕事をしてくださったからであると思っています。
いかに難しく、そして丁寧な仕事であったか。
岡本さんとの奇跡的な出会いがなければ今のモリウミアスはないといっても過言ではありません。
「柱の一本一本に思い出がある、鮮明に光景を覚えている」という岡本さんの言葉が印象に残っています。


さらにアスエノキボウ小松洋介さん他女川の方々が女川から片道約30Kmの道のりを自転車で来てくださいました。
アップダウンのあるリアス式海岸の山道はかなり大変であったようです。




昨年から始まっている女川と隣町雄勝にあるモリウミアスのコラボツアーの話で盛り上がりました。


お知らせです。


=その1=
二年子・三年子 牡蠣出荷スタート!
(株)雄勝そだての住人
お世話になったあの方へ、自分へのご褒美に
雄勝の旬の海の幸を!
http://ogatsusodateno.shop-pro.jp/


=その2=
モリウミアス
夏の予約受け中開始しています!
「親子で参加したい!」というご要望にお応えしました。
ご予約はこちらから
http://www.moriumius.jp/meet-moriumius




ブログ http://ameblo.jp/tachibana87

「MORIUMIUS(モリウミアス)」 森と海と明日へ。
公益社団法人sweet treat 311
http://www.moriumius.jp
https://www.facebook.com/moriumius.ogatsu
AD