2010年06月28日 21時32分24秒

コミカライズの巨匠『一峰大二』先生。

テーマ:敬愛するクリエイターの話
最近のテレビドラマや映画はマンガを原作としていることが非常に多く、大ヒットしたドラマの原作がマンガだったりするのは珍しいことではありません。
でも、僕が子供の頃は、テレビドラマや映画、小説などを漫画化するほうが多かったように思います。その多くは、少年誌に漫画を先行して連載することで、これから始まるテレビドラマを宣伝する役割を果たしていたりしました。

それは、『絵物語』であったりするのですが、テレビドラマや映画、小説などを漫画化するのを『コミカライズ』と呼ぶそうです。因みに英語としては正しくなく、和製英語のようです。

『コミカライズ』の嚆矢として名前が挙がるのは、『一峰大二』先生に他なりません。

★あにblog★(nakamura_aniの日記)

僕よりも少し上の昭和30年代に手塚治虫作品に薫陶を受けた少年たちを『手塚世代』と呼ぶならば、昭和40年代に怪獣少年だった僕らは『一峰世代』と呼ぶのが相応しい。

何故ならば、我が国におけるヒーロー黎明期のナショナルキッド、七色仮面を始めとして、怪獣全盛期のウルトラマン、ウルトラセブン、スペクトルマン、快傑ライオン丸、風雲ライオン丸、等々、名だたる昭和の特撮ヒーローを描いているからです。

★あにblog★(nakamura_aniの日記)

★あにblog★(nakamura_aniの日記)

さて、去る平成22年6月20日(日)、神保町の「漫楽園」で、トークライブが催されました。
そのときの模様は、一峰大二先生のブロクにも一部紹介されています。

ゲストは、一峰大二先生を筆頭に、桜多吾作、倉田よしみ、ねもと章子、柳生柳、山田ゴロ、各先生たちでした。
因みに僕は、『ぼくら』休刊後、『冒険王』を購読していたので、桜多吾作先生のマジンガーZ、山田ゴロ先生のライダーなども読んでいましたね。

一峰先生の話は兎に角、ウィットが効いていて面白かった。

本名の『寺田』が当時の売れっ子漫画家である『寺田ヒロオ』とかぶってしまうために、現在のペンネームにしたこと、エアブラシの吹きすぎで鼻毛が染まってしまった話とか、若い頃、お金が無かったので自分で下駄を自作したのは良いけれど、表面を炭のように焼いたので足の裏が真っ黒になり、光文社へ出向いた際にスリッパが履けなかったこと等々、ある意味、興味深く、聞いている僕らを飽きさせませんでした。

一峰先生が描いた『卜伝くん』の直筆イラストのジャンケン大会では、最後の二人に残ったけれど、残念ながら負けてしまいました。いつもながら詰めが甘いよね。
でも、当日はマンガショップ刊、『卜伝くん』(上中下)三巻の発売があって、上巻と下巻には一峰先生の直筆イラスト入りなので、即購入。

★あにblog★(nakamura_aniの日記)

トークショウの終了後に三巻総てにサインをいただきました。

★あにblog★(nakamura_aniの日記)

★あにblog★(nakamura_aniの日記)


さて、来る平成22年7月21日(水)~30日(金)に、『生き物イキイキ漫画展』が新宿高野ビル4階で催されます。
一峰先生の作品も展示されていますので、興味のある方は是非どうぞ!勿論、僕も行きます!

『生き物イキイキ漫画展』
■期 間:平成22年7月21日(水)~7月30日(金)
■時 間:午前10時30分~19時(最終日のみ15時迄)
■会 場:コニカミノルタプラザ ギャラリーB&C(東京都新宿区新宿3-26-11新宿高野ビル4F)
■入場料:無料(毎日先着30名「生き物イキイキ漫画展 開催記念図録」プレゼント)
■出品者:一峰大二、秋竜山、鮎沢まこと、ウノ・カマキリ、大石容子、小幡 堅、香取正樹、河原崎弘司、草原タカオ、クミタ・リュウ、倉田よしみ、小島 功、小山賢太郎、里中満智子、篠原ユキオ、芝岡友衛、シュルツェ昌代、多田ヒロシ、種田英幸、種村国夫、ダンヨシコ、ちば てつや、所ゆきよし、トシ ヒコ、西田淑子、橋爪まんぷ、花村えい子、バロン吉元、ヒサ クニヒコ、古川タク、前川しんすけ、牧野圭一、松本零士、森田拳次、モンキー・パンチ、矢口高雄、やなせたかし、矢野 功、矢野 徳、山田ゴロ、山田 紳、山根青鬼、わたなべまさこ、(童画家)内海宏、おおくぼヒロアキ、川上尚子、河野あさ子、篠原良隆 、中沢正人、古内ヨシ(敬称略)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

あにさんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。