2012-07-08 22:25:00

亡くなってから火葬する前まで

テーマ:ブログ
さくらの場合、寝たきりになってから1年半という期間がありました。
考えたくないし縁起でもないのですが、さくらが死んだ時どうするかということをビクビクしながらネットで検索した覚えがあります。
私自身生まれた時から常に犬や猫と暮らしてきました。
実家で何匹も見送ってきましたが、すべて自宅の敷地に土葬していました。
しかし、さくらは大きいので相当な大きさの穴を掘らなければならないし、実家に埋めるわけにいかなかったので、火葬するというのはあらかじめ決めていました。
それに子供のころに見送った子は父や母が中心になって最期のお別れをしていましたので、私はその知識なんてほとんどありません。
さくらは私が小さいころから育てた私の子です。
責任を持って自分で見送ってあげようと思っていました。

さくらが死ぬ事を受け入れていたわけではありません。後悔のない形でさくらを送ってあげたかったので、火葬場のこと、体の処理の事など事前にある程度勉強していました。

さくらを無事送ってあげた今、勉強しておいてよかったと心から思っています。
そんな我が家のお別れの事をここに書き残したいと思います。
参考にしていただけると嬉しいです。

お金の話、体の事など少しリアルな表現もあるかと思います。
苦手な方は読まないで下さい。
そしてものすごく長文です。すみません。


◇体のこと◇

さくらが亡くなってから、よだれや排泄物で汚れてしまったベッドのシーツを替え、体を綺麗にして寝かせてあげました。


・排泄物
さくらが亡くなる30分ほど前にいつも通り膀胱圧迫でしっかりおしっこをさせましたが、息絶えた後に大量のおしっこが出ました。
うちは普段からお尻の下にペットシートを敷いていたので、これで受け止められましたが、量が多かったので身体もベッドも少し汚してしまいました。
ベッドカバーを交換し、体を拭いてあげました。

肛門も開き中から便が半分出てきていたので、ゴム手袋をして少し出してあげて、そのあと脱脂綿を詰めました。

・鼻・口
鼻から体液が出ることがあると聞いていたので、鼻の穴にも脱脂綿を詰めました。
翌日になると鼻血のような物が片方の鼻の穴(体の下になっている方)から出てきて、何度か脱脂綿を交換しました。
大型犬だからか結構量が多かったです。
ドライアイスで冷やす際に頭の下に少し入れてあげていると、頭が高くなるので鼻血が出にくくなりました。

うちの場合、最期に舌が口から垂れて出た状態になっていたので、舌を口の中に収め、きれいに閉じて寝かせました。

・目
目を開けたまま亡くなってしまったさくらですが、死後硬直が始まる前に目を閉じさせました。
何度閉めてもすこーしだけ開いていたので、気になって何度も何度も閉めていたのですが、私の母が「さくらもまだみんなのこと見たいのよね」って言っていたので、そうかと思って途中で無理に閉じるのをやめました。
さくらはまるで薄目を開けているような感じでしたが、全部目が開いているよりこちらの方がよかったと思います。
なんだかいつも半目開けて寝ていたままの顔で、寝ているようで寂しくなりました。

・手足
こちらも死後硬直が始まる前に、少し曲げた状態にしました。
棺や箱に入れる場合は、手足を曲げておいた方がいいと思います。


**

コットンを詰めていても体液などで汚れてしまうことがあります。
火葬するまでの間に何回か替えてあげました。

顔の下、お尻の下にペットシーツを敷いておいてあげると、汚れた時すぐに交換できて便利です。



◇体を冷やす

さくらは木曜日の午後に亡くなりました。土曜日の朝に火葬する予定だったので、それまで身体が痛まないようにきちんと保存してあげなくてはいけません。

小さい子なら氷や保冷剤でいいかもしれませんが、時期的に暑かった事、さくらの体が大きいこともあり、ドライアイスで冷やすことにしました。
氷で冷やすと水が出ますが、ドライアイスだとそれがないので周りが濡れずに助かりました。

・ドライアイスの入手
以前ネットで聞いたことがあったので、人間の葬儀社(葬儀場)に電話をしてお願いしました。
「ドライアイスを分けてください」とお願いするとやはり「何に使うのか?」と聞かれましたが、もちろん正直にお話しすると快く手配して下さいました。

我が家の近くの葬儀場では 1回分を5250円で分けてくれました。
おそらく2kgの塊が4個、1kgと思われる塊が1個でした。

・冷やす場所
ペット霊園の人が教えてくれたのですが、お腹・背中・頭を重点的に冷やすといいそうです。
大型犬でお腹にお肉もたっぷり付いていたので、さくらのお腹は結構長い時間あたたかい状態が続きました。

2kgの塊を
背中に1個
お腹に1個
胸あたりに1個
頭の後ろに1個

1kgの塊を
頭の下に枕のように敷きました。

うちが購入したドライアイスは新聞紙に包まれ、その上からペットシーツを袋状にしたような素材でくるまれていました。

これは人間の葬儀の際に使う袋だと思われます。
葬儀場の方が親切で入れてくれたようです。
ドライアイスを身体に直接つけるとやけどしてしまってかわいそうなので、この袋があって助かりました。
袋がなければタオルなどでくるんでから冷やしてあげるといいみたいです。

ドライアイスを置いたら冷気が逃げないように上からバスタオルなどで覆ってやります。
箱に入る大きさのワンちゃんは箱に入れてあげた方が冷気が逃げなくていいかもしれません。

・エアコン
いくらドライアイスで冷やしたからと言っても、夏場は油断できません。
1部屋締め切ってエアコンを23度ぐらいに設定し、ガンガンに冷やしました。
人間が寒いと感じるぐらいがいいようです。


・ドライアイスの追加
葬儀場で分けていただいたドライアイスは1回分といわれましたが、それがどれぐらいなのかははっきりしませんでした。

亡くなった当日の長崎県の最高気温が24度
翌日が30度でした。

木曜日の17時ぐらいにドライアイスを入れて、翌日の昼には大きさが半分以下になっていました。
頭の下に入れていた薄い物はほぼ溶けきっていました。

追加でドライアイスを入れなければいけませんが、葬儀場には在庫があまりないようだったので、ドライアイスを購入できる所をネットで探しました。

最近スーパーで買い物をするとドライアイスをもらえるところもありますが、小さいドライアイスは溶けるのが早いので長時間冷やすのには向きません。
ドライアイス専門のお店を探すのがいいと思います。

ちなみに 「お住まいの地域(市町村名) ドライアイス 販売」などで検索したら結構ヒットするはずです。


ドライアイス屋さんに電話して色々お話しアドバイスいただいた結果、
追加で2kgの塊×3個を購入しました。

うちが購入したドライアイス屋さんの場合、1kg630円×6kg=3780円でした。
ドライアイスを保存する場合は冷凍庫や冷蔵庫には入れず、段ボールや発泡スチロールで空気を遮断してあげると長持ちするそうです。
ただ、自宅で保管は難しいので、前のドライアイスが切れるタイミングでお店に取りに行った方がいいと思います。
我が家の場合、翌日の16時頃追加分を受け取りに行き、火葬の朝9時ごろには3分の1ぐらいの大きさまで減っていました。

ドライアイス屋さんでは新聞紙で包んだ物を売ってくれましたので、葬儀場でもらった袋を再利用してさくらを冷やしました。


ドライアイスを締め切った部屋で使用する際には注意点もあるようです。

ドライアイスが溶けて気体になり、それが部屋に溜まったままだとよくないようなので、定期的に窓を開け部屋の換気をしてください。


ドライアイスで冷やすと当たり前ですがさくらの体がとても冷たくなります。
それはとてもとても悲しいことでした。
残っていた体温がどんどん下がっていき、最後の方はキンキンに冷えた状態になりました。
辛く悲しいことではありますが、冷やさないで起こってしまうことを考えるとそちらの方がもっとかわいそうな事になります。
実際に「かわいそうで冷やさなかったら大変なことになった」というのをブログで見ました。
辛いですが、冷やしたことできれいな体のままさくらを送ってあげることができました。

**

さくらが力尽きてから、火葬する土曜日までのだいたいの流れはこれぐらいです。
悲しくて寂しくて泣きながら体のケアをし、火葬の予約、ドライアイスの手配、汚れた物の片付けなどを行いました。
すぐ夕方になってしまったのですが、夕食を作る気にもなれず近くのお弁当屋さんにご飯を買いに行った時までは元気でした。
お弁当の前に座って「いただきます」という段階で猛烈な頭痛と吐き気、胸が苦しくなりしばらくダウンしていました。
朝から緊張しっぱなしで、それが一気に解けた瞬間だったんだと思います。

ドライアイスを取りに行く時、車の運転など十分お気をつけ下さい。
ある程度の準備が終わったら、少し休むことも大切だと思います。

まださくらが逝ってしまってから二週間しか経っていないのに、こんな記事を書いている自分は冷たい人間だなと思います。
…が、忘れないうちに、記憶が薄れないうちに書き残したいと思いました。
さくらの最期の事を忘れないように、そして少しでいいのでこれを読んでくださった方の為になればと思います。
長い文章を読んでくださってありがとうございました。


思い出したらまた追記します。
同じテーマ 「ブログ」 の記事
PR

コメント

[コメントをする]

1 ■無題

冷たくなんかないですよ・・・
介護の様子を知ってる方はみんなそう思いますよ!!!

介護が長いとある程度のどこか冷静なところありますよね・・・
私も、前もって全て調べました。
逆になくなってからだと
パニックになるんではないかって思って
一通り火葬場まで調べ決めておきました。

もういよいよってときには
私・・・ドライアイスを買いに行きました><

看取るってこうゆうこと全てをひっくるめてのことだと思います!

20日ちょっと経ちましたがやっぱり寂しい気持ちはなくなりませんよね。

でも正直、身体は楽になりました。
夜眠れてる自分がいます。

お疲れどうかでませんように・・・

2 ■無題

冷たい人だなんてないですよ…
こうやって愛犬の送り方をブログで紹介していただくことは、犬を飼っている全ての人がいつかは直面するお別れの仕方に対して役立つ情報となっています。
私も、愛する家族と悔いのないお別れをしたいと思うのでそういった情報を集めなきゃなと思います。
貴重なお話し、本当にありがとうございます。

さくらちゃん、きっと、きれいな状態で送ってくれてありがとうって思ってますよ(*^^*)
今までさくらちゃんの体に気を使った分、今はご自身のお体を気遣ってくださいね。

3 ■心の準備

以前、飼っていたわんこを見送った時のことを思い出しました。
体を冷やさないといけないけど、冷えていくのがつらくて・・・

悲しいけれど、わんこを飼っている方は誰もが通る道。こうやって書かれていると初めてお見送りをする方にはとても役に立つと思います。


薄目を開けたさくらちゃんの話、おかぁさまが言われる通りなのかもしれませんね。

4 ■無題

冷たくなんてないですよ。
ここまで詳細に記録できるのはすごいです。
参考にされる方が多いと思います。

私が犬のこととして調べたのは火葬費用と、どこの火葬場にするか、ということくらいで、あとは自分の母を看取ったときにしたことと同じようにしただけです。
何だか現実的すぎるでしょ?
妙に冷静に淡々と準備をし、我にかえったのは炉に点火された瞬間です。
そして二日後、高熱でダウンしました。
だから、たぶぶんさんは冷たくない。
一生懸命さくらちゃんを立派に見送ってあげたのです。
記録をありがとう。

5 ■無題

冷たいだなんて思う人がいるんでしょうか…

大型犬だと人間の時と同じように処置を施さないと、かえって可哀想なことにもなりかねませんよね。
最後まで責任を持つってこういう事なのではないかと思います。


もしも…
もし万が一、たぶぶんさんのことを、冷たい人だと言う人が現れたとしても

無視すればいいと思います。

たぶぶんさんの優しさをご家族はちゃんと知ってるはずです。
そして、さくらちゃんもわかっていますよ。
それでいいじゃないですか(^-^)

6 ■無題

冷たくなんかないですよ~。
全然冷たくない!!

そう、
あの体を冷やすってことは、
なかなか受け入れずらいですよね。
冷たくなっていくのがとてもつらいし、
でも、きれいな体で送ってあげたいし。
私もドライアイスを入れるとき、
複雑な、何ともいえない気持ちになったのを覚えています。
犬を家族に迎え入れた時から、送り出す覚悟は必要なんですよね、つらいけれど。

たぶぶんさん、よく書いてくれました。
多くの方の読んでいただけるといいな。

7 ■無題

たぶぶんさんは冷たくなんてない(>_<)

今頑張ってる仔達への暖かいおもいからじゃ無いですか(>_<)


本当に素敵な人です



Ryuがこの先というのを考えると本当に勉強になります(>_<)



ありがとうございますm(_ _)m

8 ■無題

みなさんと同じく、
たぶぶんさんが冷たいだなんて思う人は誰ひとりいないと思います。

こんなにも克明に冷静に覚悟されての、さくらちゃんの旅立ちは素晴らしい以外の何物でもありません。
事前にいろいろ調べられて実行出来るなんて、なかなか出来るものではありませんよ。

私なんて、ペット葬祭場だけ考えてましたが、それ以外は何にもしなかったので、
メグが亡くなってから、下の方はペットシーツで大丈夫でしたが、口や鼻から血が出てくるとは予想していなかったので、びっくりしましたが詰めたりしませんでした。

夏場に亡くなったハスキーのロッキーは一晩でもの凄い死臭が出てしまい焦りました。
でもこういう対処をしていれば、あんな事にならなかったと思います。

こんなにもの長文を事細かにわかりやすく、お辛い中、御苦労さまでした。
とっても役に立つものです。本当にありがとうございます。

体調も崩されたようですが、もう無理しないでくださいね。

9 ■無題

すごく勉強になりました。
的確な判断だったから さくらちゃんも
綺麗なまま虹の橋を渡ったのでしょうね。

けして 冷たいなんて思いません。
愛情があるからできたことだと思います。

私 今 一番心配なのは、小太郎が旅立ったとき
一人で 火葬の準備とか 連絡とかできるだろうかと危惧してます。
電話なんて 泣いてできないんじゃないかと
思ったりしてます

いざとなったらできるのかな?

10 ■無題

つめたくなんてないですよ!!

ママさんはエライです。いつかは来るお別れ

きちんとバニ飼いさんに伝わっていますよ!!

この記事でみんなきれいなまま天国に行けるで

しょう。そして先輩さくらちゃんと楽しく遊べますよ

!!

私はレックスを送り 3日でモモを迎え入れま

した。それこそ喪にも服さずモモは代替品と

周りの人は思うかもしれませんが あまりにも

レックスが私の心のすべてに入り込んでいて

とても耐えられなかったから・・・

当時 数百名の教育・指導に当たっていたため

めそめそしていることもできず そんな常識はず

れと思われるようなこともしました。 たぶんレッ

クスもつらい時期を一緒に支えてくれたワンコな

のでわかってくれると思います。

今でもお骨は私の枕元にいます。

私が逝くときに一緒に連れて行くために。



ママさんも頑張って みなさんに伝えてあげてく

ださいね。

さくらちゃんは本当に幸せだったと思います。

すべてのワンコが 幸せに寿命をまっとうできま

すように。

11 ■無題

たぶぶんさん
この記事も
とても解りやすいですよ
さくらちゃんが
遺していってくれたもの
記録する心
そして
後世に伝えたい気持ち
全て ですね

ありがとうございます

12 ■Re:無題

>suzukoさん

さくらが亡くなったら相当動揺するし、あわてるだろうと思って下調べしましたが、調べながら泣いたりしたのを思い出しました。

でもそれについて後悔はありません。

私も身体はずいぶん楽になりました。
夜中も前より眠れるようになりました。
でも、それはそれで寂しいですね。

13 ■Re:無題

>かおりさん

まだ亡くなって日がないのにこういう記事を書くのはどうかと思いましたが、しっかり覚えているうちに…と思って書きました。
少しでも誰かのお役にたてればと思います。

わざわざ検索して調べるのもなんなので、何かのついでに見ていただけたらと思いました。

さくら本当に生きてるみたいにきれいでした。
良かったです。

14 ■Re:心の準備

>らくもさん

チイモちゃんの具合大丈夫ですか?
命にかかわるものではないといえ、辛いですね。チイモちゃん頑張ってね。

実家では比較的すぐ土葬していたので、ドライアイスで冷やすなんてしたことなくて…こんなに辛いものだと思いませんでした。

私もたくさんのブログを参考にさせていただいたので、うちもそんな役目が果たせればと思います。

さくらすごーく薄目開けてました。
いつも寝ているままの顔そのまんまでした。さくらも寂しかったのかな?

15 ■Re:無題

>応援団の一人さん

火葬場の評判などは時々他の人とお話したことはありましたが、費用ってなかなか調べづらいですね。
ホームページなどがあるところはいいけど、電話して聞くことでもないかなと思って…結局一件しかわかりませんでした。

私は両親も健在ですし、祖母は亡くなりましたが、最期はみとったことがありません。
命が消える瞬間を見たのはさくらが初めてでした。
だから、どうするか本当に知識がなかったので、ある程度知っておいてよかったです。


本当に嘘みたいに急にガクンときますね。
私は自分は結構平気な方だと思っていたので、少し驚きました。
休むことも大事ですね。

16 ■Re:無題

>お世話係さん

小型犬の場合と違うかどうかわかりませんが、体が大きいので色々と大変ではありましたが、勉強しておいてよかったです。
きれいな姿で見送れてよかったと思っています。

まだ20日ぐらいしか経ってないのに、リアルな話を書いてしまって…引かれるかな…なんて思っておりました。
自分のためにも忘れないうちに書いておきたかったんです。

17 ■Re:無題

>夏ねえさん

夏ねえさんも夏ちゃんの時大変でしたか?
大きいからドライアイスもたくさんいりますよね。

本当に冷たくなっているのが悲しくて悲しくて…でも後悔はありません。
送りだす覚悟ってなかなかできないかもしれないけれど、心の隅っこに置いておくことは必要だと思いました。
少しでも誰かの役に立てばうれしいです。

18 ■Re:無題

>癒し屋ちぐささん

少しでもお役に立てそうでしょうか?

リアルな表現もありましたので、気分を害されたら申し訳ありません。
自分の記録のためにもここに書き残しました。

19 ■Re:無題

>AKKOさん

さくらが居なくなることに対しての覚悟はできてなかったと思いますが、自分がどうするか、どうしてあげられるかというのは考えておいてよかったと思います。

夏場は怖いですね。うちもドライアイスたくさんとエアコンで頑張りましたが、油断すると危なかったと思います。
うちの場合は木曜日から土曜日までだったので、特に注意が必要だったんだと思います。
誰かのお役に立ててたら嬉しいです。

20 ■Re:無題

>小太郎さん

さくらが亡くなった瞬間はボロボロだったんですが、それより何より今してあげることをしようと思いました。
葬儀場に電話し、火葬場に電話し、さくらの汚れたものの洗濯もし…と旦那と二人で結構動いていたと思います。

さくらのお母さんとしてちゃんとしてあげなきゃと思って動いていました。
たぶん大丈夫だと思います。動けると思います。
お母さんは強いです。


小太郎くん調子はいかがですか?
まだまだこのお勉強は早いですよ。もっともっと長生きしてくださいね。

21 ■Re:無題

>bebepapaさん

私も先日友人に「ワンコを失った悲しみはワンコでしか癒えない」と言われました。
次の子を迎えいれるタイミングは人それぞれですね。
それもまた運命なんだと思います。
他の子が来たって、愛情が薄れるわけじゃありませんよね。

私は今回お仕事がちょうど空いてしまったので、家でよれよれになってましたが、主人は会社もあるし辛かったと思います。

仕事は休めないですしね。


うちのことが参考になるかわかりませんが、ほんの少しでもいいので誰かのお役に立てればうれしいです。

22 ■Re:無題

>肉球さん

ちょっとリアルな表現もあったので申し訳ありません。
ワンコを見送ったことがない方のお役に立てればと思いました。

私自身自分が中心になってお見送りをしたのは初めてでしたが、さくらにいい勉強をさせてもらったと思います。
きっとこれから先何かの役に立つと思います。
さくらに感謝したいです。

23 ■ご冥福をお祈り致します。

さくら・・・よく頑張ったね!!お疲れ様!!ゆっくり休んでね・・・

たぶぶんさんご家族もお疲れ様でした・・・
さくらは最期まで幸せでしたね。

ワンの目を閉じようとしても開くのです。
何故なら成仏の相だからです。
「半眼半口」は成仏の相と言われてるのです。

我が家の息子達が旅立ってしまった時は、毎日顔の表情がが変わりました。
今にも起きてきそうでした。

知らない方も多いと思います。

特に大型・超大型ワンは手足を体に付ける様にして縛らないと、最悪な斎場だと釜に入らないからと手足を折られます。

縛る時もの凄く辛かったです・・・
家族で号泣しながら「ごめんな痛いけど辛抱してな」と言いながら少しでも痛くないように、バスタオルで手足部分を撒いてから、バスタオルを切って繋いだ紐で縛りました。

家族で号泣しながらエンジェルケアをして、生前と同じように綺麗にしました。

さくらと重なり思い出すと未だに涙が溢れてきます・・・


24 ■Re:ご冥福をお祈り致します。

>☆バニママ☆さん

コメントありがとうございます。

そうですね「半眼半口」ですね。私も以前この言葉を聞いてなるほど…と思っていましたが、すっかり忘れておりました。

さくらは脚を縛ることはありませんでしたが、運よく窯には入りました。
脚を折られるなんて悲しいですね。
それよりは曲げて固定してあげる方が絶対にいいですね。
でもそれも辛いですよね。

お別れの時は辛いけど、後悔するお別れよりはしっかり自分が思う通りにやってあげられる方が幸せですね。

さくらとのお別れはとても辛いものでしたが、いい経験をさせてくれたと思っています。

コメント投稿

[PR]気になるキーワード