2007-11-04 18:12:57

小沢代表、見事でした。

テーマ:国会劇場

本日、民主党の小沢代表が、代表辞任の意志を表明しました。



記者会見の内容を見ました。


90%以上は、今回の一件が始まってから、私が、感じていた内容と一致していました。


会見内容は、見事と言うしかありませんでした。


 




野党は、与党が提出する法案に反対していれば良い、

これは、政権奪取の可能性がない共産党や、社民党には許される行動。

なぜなら、彼らは、政治責任をとる必要がないから。



さて、民主党は、参議院選挙での圧勝を契機に、 政策に責任をもつ野党となった。

自らが政権担当の一翼を担っているという意識と責任感をもって、政治にあたる必要があるから。


そういいう意味では、半分与党。



議会制民主主義の現場において、民主党にとって ベストの形は、


次の衆議院選挙で過半数を獲得することで、正式に単独与党の地位を奪取すること。

民主党の若き幹部は、その野望に燃えている。




しかし、事は、それほど容易ではないはず。


次回の衆議院選挙で、民主党は勝利できるのか?



実は、僕は、その点については悲観的です。


なにより、参議院選挙と衆議院選挙は違う。前者においては、お灸をすえる的な投票をしてみせた有権者が、政権交代に直結する後者の選挙で、同じ行動にでるのか?


さらに、なにより、衆議院選挙の場合は、与党自民党と、後発の民主党では、その基盤に大きな差がある。



民衆党としては、次回、衆議院選挙で負けた場合、参議院のでのパワーも弱くなる。 そうなれば、政権奪取の道は、再び、遠くなります。 それならば、100点を取れないなら、今回の政策協議、大連立により、70点でも良いから、政権を手にしようと考えるのは、通常の 危機管理能力を持つリーダーなら、当然考えることだと思う。それにより、少なくとも、参議院選挙で公約した提案は、いくつか実現できるわけです。



民主党の若き幹部は、おそらく、夏の勢いに乗って、そのまま衆議院選挙に勝利できると思っているのだろう。一方、小沢代表は、半分以上の確率で、過半数奪取は難しいと思っているのだろうと思う。


株式投資の世界に、


「頭と、シッポは、くれてやれ。」  という言葉がある。


最安値で買って、最高値で売れば、もちろん、最大利益を獲得することができる。

しかし、

一歩間違えば、売り時、買い時を逃すこともある。

万事、80%くらいで、事を進めよということだ。


まさに、今回の福田総理、小沢代表の判断において、軸足は、ここにあった。



国民への約束を実現するために、70点、80点を取りにいくか、

イチ か ゼロ かのギャンブルに出るために、政局にもっていくか。



今の日本にとって、どちらが現実的か、責任感のある政治行動か、


その判断は、明らかであるように思う。







AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2007-08-02 00:17:32

赤城農水相 (元)

テーマ:国会劇場

コミュニケーション という言葉があります。



 説明するまでもなく、言葉などを通じて、相互の意思交換をすることです。 そうすると、コミュニケーションの第一歩というのは、何だと思いますか?



 そうですよね、



 相手の言おうとしていること、伝えようとしていることを理解することです。


 

 僕達、情報通信の世界にいるものの中では、 それのできない人のことを、 通信エラー小僧と言います。




 元農水大臣、現総理大臣は、 連日、通信エラーを繰り返しておりました。 おそらく、相手の言葉が聞こえてこないのでしょう。 ある意味、可哀想なことです。



さて、元農水省。

結局、事務所経費の疑惑については、説明しないままに、大臣を辞職しました。 

きっと、これで、胸をなでおろしているのでしょう。




でもね、彼のやっていることは、立派な


政治資金規正法違反  なのです。




数ヵ月後、東京地検特捜部によって、逮捕される光景が、オンエアされるのでしょうか。。。



追伸)

それにしても、日本の官僚は素晴らしい頭脳を持っていると思います。

政治資金規制法ではなく、 規正ほうですから。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2007-07-12 22:39:06

参議院選挙がスタート

テーマ:国会劇場

いよいよ、参議院選挙が公示されました。



 今回の改選の結果次第によっては、日本の将来は、しばらくないと思います。 以前、細川政権が誕生したことがありました。 あの時も、年金問題でした。 今回も、最大の争点は年金問題。 もっとも、争点という程クリアではありませんが、 国民が、現在の体制について不満を持っていることは事実です。


 ここで変化を実現できないようであれば、はっきり言って、この国は思考能力を失ったとしか思えません。



 参議院選挙の場合は、衆議院と違い、ダイレクトに政権交代へシフトするパワーは持ちません。 

しかし、政界再編という方向へ向かうことは可能です。 間接的に、政権選択をすることはできるわけです。




 実は、今回の選挙の場合、 政治とカネの問題、 憲法改正など 大きな問題も争点になっていることは事実。



 しかし、今の日本。


 まずは、目先の問題、自分の問題に関心が向かうのは、しかたのないことだと思います。




 しかたのないこと、、、、そう言って、大臣の座を追われた方がおりました。



 選挙でも、 しかたのない結果が出るのかどうか、それは国民ひとりひとりの問題意識によって決定されるのだと思います。 自分の将来は、自分の目と一票で決定したいものです。



投票に行きましょう。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-27 17:54:55

衆議院選挙 落選の悲劇 Part2

テーマ:国会劇場

広告: 時給6000円稼げるチャットレディ


9.11衆議院選挙が終わり、国会劇場も、ようやく本編に入りました。


 もっとも、マスコミは、まだまだ選挙の残像を追っているようですが。 新人議員に至っては、アイドル並みの扱いを受けているように思います。 何気ない一言で攻められ、議員報酬をもらっては攻められ。。。

報酬の場合は、公開されているものだし、今までも、そうだったわけで。。。 かわいそうな気もします。


 さて、「落選議員のその後」風の報道も一段落しましたが、ここには、実は、続きがあります。


 今日、僕は、10年来の友人と久しぶりに再会しました。 働く女性のひとり、彼女は、9月11日の深夜を持って、失業しました。 実は、民主党衆議院議員の秘書だったのです。 


 ご承知のように、民主党は、今回の選挙で惨敗しました。その結果、秘書の世界でも、たいへんな民族大移動が起こっているのです。 自民党は、最近記憶にない位の秘書不足。 一方、民主党は、ポスト不足となったわけです。 場合によっては、民主党から自民党に移るなんてことも、ないとはいえないとか。


 思わぬところに、落選のインパクトがあったようです。


2005年4月1日より更に自由化枠拡大。今がチャンスだ。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-09-12 23:33:41

選挙違反の不思議

テーマ:国会劇場

開票が終わって、恒例の選挙違反の摘発が始まりました。


これは、不思議なことなのですが、


選挙で負けると、負けた側から、選挙違反者の逮捕が出ると思いませんか。


相当悪質な場合を除いて、当選者側からは、逮捕者が出ないような気がしませんか。


案の定、今日のニュースでは、東京10区で敗北した佐藤候補陣営から逮捕者が出ました。



以前、某立候補者の選挙事務所を提供したことがあります。その際、選挙参謀という人を交えての最初の選挙対策会議に同席する機会がありました。氏いわく、どういう候補でも、選挙違反のリスクはあるそうです。解釈の違いだけで、白か黒かは、紙一重だそうです。

その会議の席上、選挙違反を摘発された場合(ニアリー・イコール 落選時)に、逮捕される係というのを任命していたような。。。。

それほど、ギリギリの戦いをしないと当選できないのが現実らしいです。


選挙とは、奥深いものです。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-09-11 23:59:23

〒反対議員は、どうなった?! Update 2005-9-11

テーマ:国会劇場

郵政民営化法案に反対した 自民党の前衆議院議員リスト


New!!

9/11  今年の国会劇場。

      ついに、戦いの結果がでました。

      自民党の圧勝は予想していましたが、想定外の議席数になりました。


*)ウォッチ表を更新しました。 9/11


造反派には、予想とおり、厳しい結果となりました。

33人中、再び国会へ戻ることができた候補者は、わずか15名となりました。

大きな代償でした。


それにしても、ようやく、小選挙区が持つ、劇的変化可能性を立証した形となりました。


氏 名 前選挙区 派閥 予想選挙区 〒賛成候補 所属 

当選

綿貫 民輔

富山3 橋本 富山3  萩山教嚴  

綿貫氏踏ん張る

国民新党 

当選

保科 耕輔

佐賀3 橋本 佐賀3  広津素子   

当選

野呂田芳成

秋田2 橋本 秋田2  小野貴樹  地盤は強固。

落選

八代 英太

比例東京 橋本 東京12

当選

太田 昭宏(公明)

造反のツケは重く。
村井 仁 比例北信 橋本 長野2 下条みつ(民主) 出馬断念 
           
藤井 孝男 岐阜4 橋本 岐阜4

当選

金子 一義(自民)

元規制改革相

藤井氏落選

大物候補が落選

落選

松下 忠洋

比例九州 橋本 鹿児島3

宮路和明

(元厚労副大臣)

 

当選

今村 雅弘

佐賀2 橋本 佐賀2  土開千昭  

当選

滝 実

比例近畿 橋本 奈良2区

当選

高市早苗 (自民)

元衆議院議員

新党日本 

小選挙区で高市候補に敗れるも、比例区近畿で復活当選

当選

小泉 龍司

埼玉11 橋本 埼玉11 

新井悦二(自民)

埼玉県議

踏ん張る
           

落選

森岡 正宏

比例近畿 橋本 奈良1

鍵田忠兵衛

(前奈良市長)

落選

小西 理

比例近畿 橋本 滋賀2 藤井勇治  

当選

保坂 武

山梨3 橋本 山梨3

小野次郎 

(首相秘書官)

 

落選

津島 恭一

比例東北 橋本 青森4

木村太郎 (自民)

元農水政務官

国民新党 

自民の壁、厚く

当選

古川 禎久

宮崎3 橋本 宮崎3  持永哲志    
           

当選

森山 裕

鹿児島5 橋本 鹿児島5  米正剛   

当選

亀井 静香

広島6 亀井 広島6  堀江貴文(無) 

背水の陣、踏ん張る。

国民新党 

落選

青山 丘

比例東海 亀井 愛知7

鈴木淳司(自民)

前衆議院議員

比例区東海ブロック、新党日本から出馬するも落選。

当選

平沼 赳夫

岡山3 亀井 岡山3  阿部俊子  地盤強し

当選

古屋 圭司

岐阜5 亀井 岐阜5  和仁隆明   
           

落選

小林 興起

東京10 亀井 東京10 

当選

小池百合子 自民)

環境相

造反派の急先鋒には厳しい結果。

新党日本  

落選

衛藤 晟一

比例九州 亀井 大分1 佐藤錬  
能勢 和子 比例中国 亀井 (未定) 小選挙区なし  出馬断念 

落選

松宮 勲

福井1 亀井 福井1  稲田朋美   

落選

山下 貴史

比例北海道 亀井 北海道10区 飯島夕雁  
           

当選

江藤 拓

宮崎2 亀井 宮崎2  上杉光弘  

落選

川上 義博

鳥取2 亀井 鳥取2 

赤沢亮正

(郵政公社OB) 

 

当選

武田 良太

福岡11 亀井 福岡11  山本幸三    

当選

堀内 光雄

山梨2 堀内  山梨2

長崎幸太郎

(財務省職員)

 

落選

左藤 章

大阪2 堀内 大阪2  川条志嘉  
           

落選

田中 英夫

京都4 堀内 京都4  中川泰宏   

落選

城内 実

静岡7 静岡7区 

当選

片山さつき (自民)

財務省課長

 片山さん、小選挙区で当選。城内氏、大きな代償。

落選

自見庄三郎

福岡10 山崎 福岡10 

西川京子 (自民)

前衆議院議員 

   

落選

亀井 久興

比例中国 河野 島根2 

竹下亘(自民) 

元衆議院議員

国民新党 

小選挙区では竹下候補に敗れるが、比例区で復活当選。

当選

山口 俊一

徳島2 徳島2  七条明    
           

当選

野田聖子

岐阜1 岐阜1  佐藤ゆかり  

聖子ちゃん、踏ん張る。

佐藤候補も比例で当選。

熊代 昭彦   岡山2 

萩原誠司

(岡山市長)

出馬断念 

前選挙区は、前議員が最後に当選してきた選挙区です。


予想選挙区は、9月11日衆議院選挙で予想される立候補予定選挙区。


・小選挙区議員は、予想出馬選挙区から当選していた既存衆議院議員の氏名。

 比例区から小選挙区に変更した場合(自民党の公認が得られないため、比例区からの立候補が無理とな 

 るため、小選挙区へ回らざるをえない)に、競合する候補者ということになる。

 原則として、比例区の場合、およびコスタリカ方式の場合、該当してくる。

〒賛成候補は、郵政民営化賛成候補として、自民党公認で立候補する方。

 いわゆる、「刺客候補」。


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-09-11 23:56:43

総選挙

テーマ:国会劇場

戦略の重要さを実感した選挙でした。

また、経営資源の集中という基本を、実感しました。


考えたこと以上、

計画した以上 の

成果をあげることはできないのです。


これを、改めて実感しました。


個人的には、自民党=280議席を予想していました。

それにしても、それを超えていくとは。。。

おそれいりました。


今回の選挙で、僕が一番嬉しかったこと。


それは、 投票率が大きく向上したことです。


まだまだ、日本は、捨てたものではありません。


ニッポンを あきらめない。。。  あ、あれっ?!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-11 21:58:48

鈴木宗男候補のサポーター

テーマ:国会劇場

話題の候補、鈴木宗男氏。


新党大地の党首です。 裁判中という微妙な時期の立候補です。

賛否両論あります。


しかし、立候補すること、そのものは、法律で守られた個人の権利。 個人的には、がんばって戦って欲しいと思っております。


それにしても、応援のために、留学先のカナダから一時帰国したという、候補の長女、いいではありませんか。


鈴木貴子さん。 若干19歳。


演説を聞いていると、説得力あるし、良い感じだと思います。


しばらくフォローしてみたい人物です。



宗男さん、当選、おめでとう。


ブランクの分も、含めて、がんばってください。


判決は心配ですが。。。

いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2005-09-09 08:28:37

投票に行きましょう

テーマ:国会劇場

選挙戦終盤。


TVの選挙報道を見ていて、気になったことをひとつ。


この時期になると、「投票に行きますか?」というアンケート・インタビュー映像が、頻繁にオンエアされるようになります。もちろん、今回もその姿に変わりはありません。


悲しくなること。


「面倒だから行かない。」

「一票くらい、影響ないでしょ。」

「関心、興味ないから。」


という理由で、早々と、無投票を宣言する有権者が少なくないこと。


でも、考えてみてください。


歴史を振り返ってください。

一部の権力者から、国民が参政権を得る過程っで、どれくらい壮絶なドラマがあったことか。

国民が民主的なシステム、権利を得るために、多くの血と汗が流されたのは、つい、最近のことなのです。

たかだか、100年単位の歴史しかないのですから。


苦労して手に入れたものは、大切に使うべきだと思います。貴重な権利ですから。


権利 と 義務 は一体です。



選挙に行こう。


いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2005-09-06 23:50:55

刺客の勝敗は、5勝23敗?

テーマ:国会劇場

選挙戦も、いよいよ、第4コーナーに差し掛かって来ました。 

既に、投票を済ませた方もいるようです。 


今日の夕方。

都内のKIOSKの前を通りかかりました。 そろそろ、夕刊が並ぶ時間帯です。

タブロイド版の夕刊紙のPRを見ると、


女性刺客。 5勝23敗」 と書いてあります。


例の刺客は、苦戦していて、5勝しかできない(?)という記事が一面を飾っていました。

こういう記事を見ると、選挙戦のメディア戦略も、いよいよ佳境だなーと思います。


一般的に、

投票前に悲観的な記事を書かれた陣営が、最後は勝利する! と思いませんか。


○○党が優勢! と書かれると、結局、その党は、負けてしまうことが少なくありません。


そういう意味では、この時期に、このような記事が出るということは、自民党のメディア戦略が機能しているということではないのかな~と考えております。

先週末は、自民党優勢という記事が出て、今日は、刺客苦戦のニュース。


地元の対決とは違った 神経戦が、ここにはあります。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。