2006-05-31 02:25:55

今の日本、おかしくないですか?

テーマ:ブログ

国家権力というものを、改めて考えてみるには、ちょうど良い事件が続いています。


本来、権力とは、国を守る義務と一体のものです。

しかし、最近は、体制そのものを守るために権力を使っているように思います。


村上ファンドがシンガポールへ脱出しました。 これは、敢えて書きますが、脱出だと思います。

また、富裕層の海外脱出も続いています。

つまり、明らかに、日本は、住みにくくなったのです。


それにしても、最近の 「国家管理層」の動きは おかしいと思いませんか?


1.社会保険庁の、今回の不祥事。

  年金免除のグループを勝手に作って、見掛けの加入率を上げた事件。

  まさに、本末転倒。

  免除されても、年金は受け取れるわけだから、、、その分は誰が負担している?


2.ライブドア事件、それほど騒ぐことか?

  初公判が行われました。 結局、検察側の冒頭陳述によると、粉飾決算のことだけを立件しに

  かかっているようにしか見えない。

  泰山鳴動して鼠一匹。

  数十億円の粉飾決算で、刑事事件になり、身柄を拘留されて、上場廃止。

  それなら、日興コーディアル證券の事件や、大手商社の粉飾決算は、どうなるのだ。

  桁が違うのに、こちらは、訂正するだけで、逮捕者など出ていない。

  明らかな国策捜査と言われても仕方がない。


3.警察官が万引きした

  これも、書類送検だそうだ。

  民間人なら、逮捕・拘留となるはず。

  身内に甘いのも、いい加減にしてほしい。 不公平だ。


4.おまけに、こんどの、駐車場取り締まりのための道路交通法改悪

  新たな天下り先の確保か?

  裏金のシステムを暴露された組織が、反省するのではなく、逆切れしたらしい。



おまけに、資本金1億円以上の企業への地方税課税など、意味不明の増税が始まっている。

税金を払って残ったお金を資本金にして会社を作ったのに、なぜ、後から、その資本金に課税されなければいけないのでしょうか。


ますます、海外脱出が増えそうです。




AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2006-05-26 02:26:36

働く女性のはなし、改めて

テーマ:ブログ

ここのところ、BLOGの更新を さぼっておりました。 ^^;


今日は、午後から、一時間刻みで、5件の打ち合わせ。


 そのうちの一件、50歳を超えて新規事業に着手した女性社長との打ち合わせを行いました。

彼女の事業は、 富裕層向けの、ペット関連の事業。

プレゼンを聞いたのですが、意気込みがすごいので、こちらが圧倒されてしまいました。


その後は、不動産投資をしている、女性社長との打ち合わせ。

こちらも、まだ30代なのに、しっかりとした経営理念を持っていて、頼もしい限りです。


 

 50歳を超えた女性社長、


 30代の若い女性社長、


女性起業化のエネルギーに触れて、ちょっと元気をもらった 5月25日でした。



改めて、


がんばろーー


と 初心に帰った一日でした。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-05-19 14:22:56

お友達が、詩集を出版しました。

テーマ:ブログ



 先日、ほぼ4ヶ月ぶりに、女性のお友達と再会しました。 


  彼女とは、とあるパーティーで紹介されたのが最初、たしか、3年程前。 その後は、何度か、いろいろなイベントでお会いする中で、親しくお話するようになりました。 とにかく、長時間働く人 & ワイン好き。

これが、彼女に対するインプレッション。

 

 したがって、再会は、やはり 「飲み会」。


 ワインのボトルが、空いていく。。



 そうしているうちに、彼女から僕へのプレゼントということで、詩集をいただきました。


 タイトルは 「しあわせ涙 かなしどき」 

 作者 : みかみかみ

 発行所: 日本文学館   電話: 03-3524-5207  です。



 なんと、 彼女が 作者自身だったのです。


 なんか、うれしくなります。 こういうことは。


 何編かのポエムが掲載されていますが、その場で、僕の目を引いたのが、これ。


 


  悲しい恋人達


    ”バイバイ またね”


     次の約束ができない


     悲しい二人。         (前述著書より、作者の許可なく、勝手に引用)



 そうだよなーーー。

 昔は、次回のデートを確約しておくために、別れ際は、とても重要でした。

 またね。。。

 これって、微妙な別れ方。


 とても親しい関係か、あるいは、その逆の状態。 


 最近は、携帯電話が一般化してしまったので、待ち合わせや、次回の約束の決め方が曖昧になりました。場所と場所をつなぐのが家庭の電話でした。

それが、携帯電話になって、電話は、個人と個人をつなぐものになりました。


 一度に、全ての内容を決めてしまおうとう意識が低くなり、少しずつ決めていくとい手法が定着しつつあります。 


 そのためでしょうか。


 最近は、仕事の打ち合わせでも、 「チェックシート」を持ってこない方が少なくないので、僕としては、とても不安です。 常に、項目漏れの心配があるのです。



恋人どうしのポエムから、 仕事に望む姿勢・プロ意識にワープしてしまう私は、やはり、悲しいキャラクターによって構成されているようです。



 良い週末を。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-05-18 01:03:44

プリプリ怒るのは。。。。

テーマ:ブログ

やたらに 部下を怒る上司の話。


それは、部下に対して、現実以上の期待をしている上司の話。


「どうして、そんなことが分からないんだ。」

「それは、常識だろう。」

「なんで、できないんだ。」


これは、一見、部下への期待を現す言葉。



しかし、


よく考えてみると、



それは、


単なる、



上司のさぼり または 手抜き。



あなたは、 部下に対して、不必要な押し付けをしていませんか?




ふと、思いついたことです。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-05-14 01:32:35

プロ格闘技イベント

テーマ:ブログ

 13日(土)、今日は、3月からアドバイザーをさせていただいている プロ格闘技イベント「MARS」の 国内旗揚げイベントがありました。 ( http://www.mars-k.com/ )


 朝からの雨にも関わらず、足を運んでくださったお客様、およびプレス関係の方々、本当に、ありがとうございました。 また、K-1をお手伝いしていた時代に、親しくお付き合いしていた選手が、ジャッジとして参加してくだっさている光景など、とても懐かしく感じました。 特にジャッジのTさん、不慣れな競技進行について、特別待遇のサポートをしていただき、感謝いたしております。


 イベントをやってみると、よくわかることがあります。


 それは、 役割分担 と それに基づく組織運営システム の重要さです


 一般の会社では、多少の役割分担の不備があっても、ベテランの社員や、ちょっと気の利いた(先見性・予知能力のある)社員が、役割分担の空白部分を埋めていてくれるのです。 それによって、組織運営は、見た目、順調に進んでいるのです。 僕が良く使う悪口に、「1000人に会社は、20人の頭と、980人の手足で動いている。」これが、まさに、そう。


 ところが、イベントの場合は、そうは行きません。


 動くのは、全て、当日雇いのアルバイト と 外注会社。だから、決まった仕事以外はしませんし、逆に、してもらっても困る。そういう中では、司令塔とマニュアルの不備が、あっという間に露出します。


 会社経営をしていると、とかく、便利な社員に依存してしまいます。


 TOPとしては、その方が楽ですから。


 そして、それは、本来、あってはいけないことです。


 今一度、 役割分担について、考えてみてはどうでしょうか。



 組織というものは、 人が替わっても、 正常に動かなければなりません。

 会社経営にとって、最も危険なことのひとつ、 それは、


「属人的な会社経営になってしまうこと」です。



よい週末を、お過ごしください。





いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-05-06 13:27:56

子供の日

テーマ:ブログ

ゴールデンウィークは、いかがお過ごしですか。


今年は、おおむね天候にも恵まれ、楽しめたのではないでしょうか。



 僕はと言えば、4月下旬から、ゴールデンウィーク前半まで、海外出張があったため、結局、ロングの予定を組めず。

細かな予定をこなしておりました。 ファミリーとは別行動。。。

ま、いつものことですが m(__)m 。



 帰国後は、4日まで、


 ・5月中旬のスポーツイベントのサポートのお仕事


 ・1日、2日は、海外出張でたまっていた雑務を処理したり、


 ・最近注目のプロレス 「マッスルハウス2」を観戦したり、

  地方から上京した友人とランチしたり、

  WEB関連のコンテンツ企画の集まりに参加したり、 などなど。


そんなわけで、5月5日(こどもの日)だけは、久しぶりにファミリーでお出かけ。


サッカー


2006年ワールドカップも近いということで、 東京都文京区にある 


 サッカー・ミュージーアム へ出かけてきました。


多くの展示であふれる博物館。


そこには、ブルーのレプリカ・ユニフォームを身にまとった子供達が、たくさん集まっていました。


そして、真剣なまなざしで展示物を見つめたり、お父さんに説明を求めたりする光景が、そこらじゅうにありました。


 また、繰り返し放映される試合風景に見入る子供たち。


 サッカーのピッチに使用される 芝のサンプルの上で、歩きまわる子供達。l


 ここにも、ひとつの子供の日があるように思います。



わが国にも、確実にサッカーの基礎が根付きつつあるようです


いよいよ、1週間たてば、 2006年サッカーワールドカップの日本代表メンバーが発表されます。





 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。