★おトクで快適な旅行術を目指す★

海外旅行、エアライン、マイレージ、旅行関連のお話。


テーマ:
マイラーなら誰もが気になるマイレージプログラムの特典航空券アップグレード特典

片道アップグレード特典(エコノミー⇒ビジネス、ビジネス→ファースト)の交換には、JALやANAの場合、同一区間の特典往復航空券交換の半分のマイル数が必要です。

外資系航空の片道アップグレード特典の必要マイル数は、3分の1から同一マイル数のレンジですが、平均的には、やはり半分程度のマイル数が設定されています。


また、ANAマイレージクラブならびにJALマイレージバンクは、

エコノミーPEX運賃で年間43,000マイル程度、
エコノミー格安航空券なら年間60,000マイル、
ビジネスクラス(格安航空券を含む)なら24,000マイル程度

のフライトで、上級会員(それぞれ、「ブロンズサービス」「クリスタル」)となり、アップグレードクーポンやアップグレードポイントをもらうことができます。


ところで、アップグレードは、どの運賃/予約クラスのチケットでもできるわけではありません。
まず、格安航空券は論外。正規割引運賃(PEX運賃)でも安い価格のチケットは対象外となる場合がほとんどです。

たとえば、エコノミークラスからビジネスクラスへのアップグレードでは、

ANA国際線(日本発)の対象運賃は、Y/E/Bクラス(エコノミークラス普通運賃/ペックス運賃/ エコ割プレミアム運賃/ エコ割プレミアム ライト運賃/ エコ割スタンダード運賃/ スター アライアンス世界一周運賃など)

ANA国際線(国外発)の対象運賃は、Y/E/B/M/U/H クラス

JAL国際線の対象運賃は、 W/Y/E/B/H/Kクラス(エコノミークラス普通運賃、JALエコノミーセイバーフレックス運賃、JALエコノミーセイバープレミアム運賃、IATA PEX運賃、JALエコノミーセイバー運賃、ダイナミックセイバープレミアム、ダイナミックセイバー タイプA / タイプB など)

と規定されています。


まず、ANA国際線(日本発)の対象運賃ですが、Y/E/Bクラスというのは大変厳しい基準であり、
Yクラス(普通運賃)のほかに、ANA 「エコ割」 で対象となっているのは、エコ割プレミアム/エコ割プレミアムライト(Eクラス)、エコ割スタンダード(Bクラス)のみです。

ANAマイレージクラブの詳細解説はこちら≫

たとえば、期間2011年4月1日~9月30日、成田-ニューヨーク間でいえば、それぞれの運賃は、

Yクラス=659,000円~
エコ割プレミアム=平日542,000円/週末622,400円
エコ割プレミアムライト=平日476,400円/週末516,400円
エコ割スタンダード=平日536,400円/週末616400円

となっています。

一方、同一期間・同一区間に設定されているANAビジネスクラス正規割引航空券「ビジ割」 のなかで最も安い「スーパービジ割28」の運賃は、

平日423,400円/週末643,400円

です。

つまり、ANAマイレージクラブのアップグレード特典を利用して、エコノミークラスからビジネスクラスへ

アップグレードするよりも、スーパービジ割28の方が割安。


しかも、区間マイル125%が積算されます。

一方、エコノミークラス(プレミアムエコノミーを含む)からビジネスクラスへアップグレードの場合は、区間マイル70%しか積算されません。

ということで、ANAマイレージクラブのアップグレード特典は、日本発チケットではほとんどメリットはありません。

ただし、国外発チケットの場合、アップグレードの対象運賃は、M/U/H クラス(エコバリューフェア、フレックスエコバリューフェア、スタンダードエコバリューフェア)も含まれますので、使う価値は十分あります。

たとえば、国外発対象運賃のなかで一番安い「スタンダードエコバリューフェア」なら、

ニューヨーク-東京間は、USD2,577.40~

で購入することができます。

とはいっても、一番安い正規割引運賃スーパーエコバリュー・フェア(アップグレード対象外)なら、

ニューヨーク-東京間は、USD1,093.40~

ですから、アップグレードは高いという事実に変わりはありません。

JALについては、国外発だけでなく日本発チケットに関しても、ANAスーパーエコバリュー・フェアに相当する、JALダイナミックセーバータイプA/タイプBまでがアップグレード対象運賃となるため、ANAよりは若干アップグレードが使いやすくなっています。
JALマイレージバンクの詳細解説はこちら≫


ユナイテッド/コンチネンタル航空のアップグレードはリーズナブルです。

アップグレード対象運賃が高いのは、日系航空会社だけに限りません。

むしろ、JALとANAはアップグレード対象運賃のなかに、普通運賃ならびにその次に高いBクラスのほか、M/U/H クラス(ANA国外発の場合)やH/Kクラス(JAL国際線)を組み込んでいるので、まだましな方です。
というより、お得な方といっていいかもしれません。

ただし、本当にリーズナブルにアップグレードできる航空会社はというと、ユナイテッドコンチネンタル 航空です。

というのも、両社は、アップグレードする場合、購入した運賃の予約クラスに応じて、Co-Pay料金(割増料金)を徴収することで、多彩な予約クラスからのアップグレードを可能にしているからです。

たとえば、ユナイテッド航空の場合、
エコノミー普通運賃からのアップグレード必要なマイル数は、ほかの予約クラスに比べて33~50%低く設定されています。

正規割引運賃のなかでは、普通運賃の次に高いBクラス(ANAならエコ割スタンダードに相当)はCo-Pay料金は無料です。

以下、M/E/Uクラスでは、日本-北米間のアップグレードの場合、Co-Pay料金は350USD
その次のH/Qクラスは450USD、その次のVクラスでは500USD、その次のWクラスは550USD、

そして、S/T/K/L/Gクラスの場合、Co-Pay料金は600USDとなっています。

この最後のS/T/K/L/Gクラスも、すべて正規割引運賃なのか、それとも一部の格安航空券をも含むのかは分りませんが、日系航空でいえば、ANAスーパーエコバリュー・フェアやJALダイナミックセーバー(タイプA/タイプB)よりもさらに安い運賃からも追加料金を払うことでアップグレードできるというのですから、じつにリーズナブルです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

トラさんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。