★おトクで快適な旅行術を目指す★

海外旅行、エアライン、マイレージ、旅行関連のお話。


テーマ:
アメリカン・エキスプレスと並ぶ世界のステイタスカード「ダイナースクラブ」

ブラジルでも、Diners Club InternacionalならびにDiners Club Internacional Exclutiveが発行されています。

Diners Club Internacional

Diners Club Internacional Brasil

●基本スペック
◎入会資格:最低月収3,000レアル(最低賃金の4倍弱)
◎年会費3×120=360レアル(約12,000円)

ブラジル発行クレジットカードは、プラチナカードやブラックカードであっても空港ラウンジ(ブラジルでは「SALA VIP」と呼ぶ)が利用できるサービスを付帯しているカードはほとんどありません。

ところが、Diners Club Internacionalは、2016年8月現在、サンパウロのGuarulhosならびにCongonhas空港をはじめ、ブラジル国内15ヵ所にSALA VIPを設置しています。

さらに、ブラジル発行Diners Club Internacionalには、数年前までGuarulhos空港からサンパウロ市内まで無料で送ってくれるVANサービス(予約制)がありました。

それで、Diners Club Internacionalに入会しようかどうかと迷った時期もあったのですが、VANサービスがなくなったのと、ポイント還元率が低い(1ドル利用につき1ポイント)ため、メインカードとして使う気になれないので、結局入会していません。

Diners Club Internacional Exclusive


Diners Club Internacional Exclusive

●基本スペック
◎入会資格:最低月収7,000レアル(最低賃金の8倍)
◎年会費3×158=474レアル(16,000円程度)

Diners Club Internacional Exclusiveは、1ドル利用につき1.5ポイントが貯まります。

Diners Club Internacionalと比べて、年会費4,000円ほど高いだけで、ポイント還元率が50%アップになっていますから、Diners Club Internacional Exclusiveの方が、Diners Club Internacionalよりも魅力が大きいと思います。

ダイナースクラブは2016年に入り、提携ラウンジを世界500ヵ所以上に大幅に拡大しました。
そのなかには、航空会社運営VIPラウンジも多数含まれます。

2016年8月現在、ブラジル国内でダイナースクラブ会員が使えるラウンジは15ヵ所

◎ブラジリア・J.Kubitschek国際空港:《国内T》Aeroportos VIP Club、VIP Express Club Pier Sul 《国際T》Aeroportos VIP Club
◎レシフェGuararapes国際空港:《国内T》Sala VIP Luck Viagens、Sala VIP Casablanca Turismo Recife
◎リオデジャネイロ・Galeão国際空港:《T2》Smiles VIP International Lounge★、Plaza Premium Lounge
◎サンパウロ・Congonhas国際空港:《T1》Advantage Plus Agencia De Viagens E Turismo
◎サンパウロ・Guarulhos国際空港:《T2》GOL Premium Lounge★、Proair Sala VIP 《T3》Star Alliance Lounge★、Executive Lounge GRU Airport
◎カンピーナス・Viracopos国際空港・《T1》Lounge Azul
◎クリチバAfonso Pena国際空港:《メインT》Advantage VIP Lounge
◎ポルトアレグレSalgado Filho国際空港:《T1》VIP LOUNGE

なお、2016年8月現在、Diners Club提携ラウンジとプライオリティ・パス の提携ラウンジはほぼ同一です。
プライオリティ・パスはリオGaleão空港で使えるラウンジが1つ多いだけ。

こうしてみると、Diners Club Internacionalはかなり魅力的に見えます。

ところが、2016年4月15日より、ブラジル発行Diners Club Internacional会員は、ブラジル国内のDinersclub提携SALA VIPを使う場合に、会員本人であっても都度利用料金60レアルがかかるようになりました。

こうなると、ブラジルでクレジットカードを作るのであれば、
Diners Club InternacionalよりもAmerican Express Gold Card の方が魅力的です。

Diners Club Internacional:年会費360レアル、1ドル=1ポイント還元、ラウンジ15ヵ所(都度料金60レアル)
American Express Gold Card:年会費410レアル、1ドル=1.5ポイント還元、ラウンジ5か所利用無料
Diners Club Internacional Exclusive:年会費474レアル、1ドル=1.5ポイント還元、ラウンジ15ヵ所(都度料金60レアル)

ブラジル発行Diners Club Internacionalの最大の魅力は、やはり世界500ヵ所以上の空港ラウンジが使える点にあると思います。ブラジル国外の提携ラウンジは利用料金無料ですから、ブラジルから海外旅行によく出かけられる方にはコストパフォーマンスが高いカードだといえるでしょう。

私個人は、楽天プレミアムカード 経由でプライオリティ・パスに入会しているのですが、
今年になってプライオリティ・パスの提携ラウンジ数が拡大する前までは、ブラジル国内のプライオリティ・パス提携ラウンジは少なかったです。

そのため、利用機会の多いサンパウロCongonhas空港のラウンジが使えるAmerican Express Gold CardとDiners Club Internacionalには魅力を感じていたのですが、今年になってCongonhas空港にもプライオリティ・パス提携ラウンジができたので、今となっては、空港ラウンジ目的でAmerican Express Gold CardやDiners Club Internacionalに入会する必要はなくなりました。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
飛行機搭乗前に快適な空間を提供してくれる空港ラウンジ

日本発行のクレジットカードの場合、ゴールドカード会員(一部の格安ゴールドカードを除く)は日本国内の主要な空港に設置されているラウンジを無料で利用することができます。人気ゴールドカード徹底比較はこちら≫


さらに、大半のプラチナカード会員向けには、世界850ヵ所以上の空港ラウンジが使えるプライオリティ・パス への無料入会特典もついています。人気プラチナカードの詳細比較はこちら≫

ところが、ブラジル発行クレジットカードの場合、ゴールドカードどころかプラチナカードやブラックカードであっても空港ラウンジ(ブラジルでは「SALA VIP」と呼びます)が使えるカードはほんのわずかなカードに限定されます。

たとえば、Bradesco Visa Infiniteにも、Ourocard Visa InfiniteにもSALA VIPサービスは付帯していません。

その希少なSALA VIPサービスを付帯しているカードの一つが、

American Express Gold CardとThe Platinum Card(アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード)です。

ブラジル発行のAmerican Express Gold CardならびにThe Platinum Card 会員は、

アメリカン・エキスプレスが運営するブラジル国内の以下のSALA VIPを利用することができます。

Salas Centurion Club

◎Congonhas空港(サンパウロ市中心部)
◎Guarulhos国際空港(サンパウロ郊外)
◎Santos Dumont空港(リオデジャネイロ市中心部)
◎Galeão国際空港:(リオデジャネイロ市内)

Bradesco Cartões Lounge
◎Guarulhos国際空港第1ターミナル(6:00-23:00)

※ブラジル国外発行American Express Gold Cardは利用対象外です。
※American Express Card(Green)は利用対象外です。

American Express Gold Card (Brazil)

●基本スペック
◎入会資格:最低月収8,000レアル(最低賃金の9倍)
◎年会費3×136.66=410レアル(13,000円程度)

ブラジル発行American Express Gold Cardは、他社発行プラチナカード比で、入会資格はより厳しく設定されており、そのステイタスは他社プラチナカード以上です。

ブラジル発行American Express Gold Cardは、コンシェルジュサービスも提供しています。

American Express Gold Cardは利用1ドルにつきMembership Rewards1.5ポイントが加算されます。(※要登録Membership Rewards Turbo)

他社プラチナカードのポイント加算は、利用1ドルにつき1.33~1.5ポイントですから、American Express Gold Cardはポイント還元でも有利です。

しかし、American Express Reward Pointは、LATAM、GOL、AZUL、AVIANCAなどブラジル国内に路線をもつ航空会社マイルのほか、アリタリア、ブリティッシュ・エアウェイズ、デルタ、エミレーツ、イベリア、フライングブルー(エールフランス-KLM)、シンガポール、TAPポルトガル、TACA航空のマイルにも移行することができ、汎用性が高いのも利点です。

ブラジルでは、American Express Gold Cardは、プラチナカードよりもメリットが大きいと思います。

ブラジル発行American Express Gold Cardは、日本発行アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード (年会費29,000円+税)と比べると、コンシェルジュサービスとポイント還元率を除いては、付帯サービスは貧弱です。しかし、年会費は13,000円程度であることを考えると、コストパフォーマンスは高いといえるでしょう。

なお、空港ラウンジサービスだけでみるなら、日本発行ダイナースクラブカード (年会費22,000円+税)と同じく世界500ヵ所以上の空港ラウンジが使えるブラジル発行Diners Club Internacional の方がメリットが大きいかも知れません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先月、サンパウロでのホテル予約でMasterCardプラチナ会員向けトラベルサービスを使ってみました。

ブラジル発行MasterCardプラチナカード会員は、MasterCard Platinumトラベル特典サイト から掲載ホテルに予約すると、

◎15時レイトチェックアウト
◎アーリーチェックイン(可能な場合)
◎2名分朝食無料
◎ルームアップグレード(チェックイン時に空きがあれば)

といった特典を受けることができます。

日本のプラチナカード でいえば、

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード の「オントレ
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード の「スーペリア・エキスペリエンス

Visaでいえば、Visa Luxury Hotel Collection

と同じようなホテル優待サービスと言えると思います。

Visa Luxury Hotel Collectionは、世界の900以上のホテル(すべて5つ星)が対象ということですが、

2016年8月現在、掲載ホテルは南米では11ホテル(サンパウロは2ホテル)にすぎません。

さらに、サイトでは、大人2名、子供2名までを入力してホテル予約空き状況を検索できるようになっているのですが、実際には、1室3名以上(たとえば大人2名、子供1名)を入力すると、空室なしという結果になってしまいます。
ところが、Visa Luxury Hotel Collection掲載ホテルの公式サイトで予約空き状況を検索すると、1室3名もしくは4名でも空き室がヒットしたりします。

ですので、Visa Luxury Hotel Collectionのサイトからは予約を完了するのは大変難しいようです。
結局、Visa Luxury Hotel Collectionに明記してあるナンバーに電話しないと使えないのだと思います。


MasterCardプラチナのトラベルサービスのサイトには、そもそもホテル予約検索をするシステムすら用意されておらず、予約は電話を通してのみとなります。

それでも、MasterCardプラチナのトラベルサービスでは掲載されているホテル数がVisa Luxury Hotel Collectionよりもはるかに多く、なかには4つ星ホテルも含まれているため、選択の幅が大きいのが魅力だと思います。

それで、今回は、MasterCardプラチナのトラベルサービスを介して、Golden Tul;ip Belas Artesを予約しました。
予約にあたって、旅行者数と年齢、希望は何室かなどを尋ねられました。

「大人1名と子供3名で、可能ならば1室を希望する」
とこちらの要望を伝えました。

電話したのが土曜日の午後だったため、MasterCardトラベルサービスの担当者は
「ホテル予約担当者と今日連絡がつかない場合は、月曜日午前中に折り返し連絡します」
との応答でした。

あまり、時間がかかっても困るので、日曜日にもう一度、MasterCardプラチナのトラベルサービスに電話し、「4名1室で泊まれる部屋があるかどうかは探さなくてもいい」と伝えようとしました。
ところが、日曜日はホテル予約業務は営業していないため、ホテル予約担当に伝言しておくとのことでした。

ブラジルのMasterCardトラベルサービスの営業時間は月~土8:00~20:00とのこと。

さて、MasterCardトラベルサービスから、ホテルの空室状況について回答があったのは、月曜日午後でした。
なにやら「月曜日午前中はシステムがダウンしていたから、空室確認ができなかった」
とのことでしたが、それにしても異常に対応が遅いです。

さて、大人1名子供3名が一緒に泊まれる部屋はなく、2室を連結して使える部屋も確認いたが、それも空きがないとのことでした。

とにかく、MasterCardトラベルサービスでホテル予約することを確約しました。

担当者は、「ホテルに連絡して予約確定したうえで、折り返し電話をする」
とのことでしたが、2時間たっても電話がありませんでした。

そこで、18時前になって、もう一度MasterCardトラベルサービスに電話をすると、
私の予約担当者はもう勤務時間が終わって、帰宅しましたとのことで、電話で対応してくれた別のコンサルタントがホテル予約の確定などの作業を引き継いでくれました。

予約にあたっては、クレジットカード決済のオートリゼーション用紙と身分証明書および決済するクレジットカードをスキャンして、画像をMasterCardトラベルサービスに送らなければなりませんでした。

ホテル予約するのに、ここまで時間と労力を費やすことになるとは夢にも思っていませんでした。

さて、実際のホテルカウンターでは、
ホテルの通常のチェックイン時刻は14時ですが、それより30分早く着きました。
アーリーチェックインができることを期待したのですが、それどころが部屋に入れたのは14時半ごろだったように思います。
残念ながら、ルームアップグレードもありませんでした。。

そもそもMasterCardトラベルサービスから送られてきたホテル予約の見積書には、
◎15時レイトチェックアウト確定
◎アーリーチェックイン、ルームアップグレード(可能な場合)
◎朝食2名分

と記載されていましたが、予約確定後に送られてきたホテル発行の契約書には、
◎朝食2名分
が記載されているだけでした。

ただ、チェックアウトする際に、フロントに電話でチェックアウト時間(通常は12時)を確認すると「13時」とのことでした。 そもそも15時まで滞在する時間的ゆとりはなかったので、13時チェックアウトは今回の旅程ではベストであり、それについては大変重宝しました。

ちなみに、MasterCardトラベルサービスでのホテル宿泊費はリーズナブルでした。

メジャーなホテル予約サイトHotels.com の会員向けシークレットプライスとほぼ同額だったからです。

ただし、Hotels.comで予約していれば、クレジットカード情報をネット上で入力するだけで、簡単にホテル予約が完了しますから、MasterCardトラベルサービスよりもよほど便利です。
ただ、Hotels.comで予約しても、レイトチェックインもルームアップグレードの可能性もありません。

しかし、Hotels.comなら、通算1室10泊で1泊無料になる特典(Hotels.com Rewards)がありますから、
Hotels.comの方が魅力的だと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。