2000/1/7


今日、インフォでバスターミナルの場所とタイムテーブルを聞いた。

着いた所と違っていたので確認は必要だとつくづく思った。


キヨスクでバス券を買ったら本当に半額だった。( ̄∇ ̄;

で、ワイナリーの方へ行くバスに乗ったらちょうどお昼頃着いたせいかどこも閉まっている...

せっかく来たのにということでお昼にポートワインの小瓶を1本飲んだ(380Esc)魚介類の煮込み(650Esc)すごく美味しかったです。料理名は分からないけど...

隣の人が食べていたので同じものをもらいました。


ワイナリーのある地域から見えるポルトの街並み


そしてpm3:00のバスでリスボンへ

バスの中でハガキを3枚書き、リスボンに着いてから切手を売っているところを探す。

なぜかなかなか無くてロトの売っている店にあるというので半信半疑で入っていき聞くと売っていた。

無事ポストに入れることができました。


pm11:00のマドリッド行きのバスに乗り込む。

2階建てのバスだったの...変な揺れがあり、ほとんど寝れなかった。



<< BACK NEXT>>
ランダム サイト一覧 参加申込


AD

2000/1/6


チェックアウトをして、9:00のバスでポルトへ

ポルトは思ったよりも都会でビックリ

何処にいるのか全然分からず、どーしようという感じ


どうにかバス停まで行き、ユース行きのバスに乗る

運転手さんに「ユースまで」というとバス停では無いところで停まってくれて「そこがユースだよ」と教えてくれた。チェックインしたのですが、pm5:00以降にならないと部屋に入れないというのでまたバスに乗り中心部に戻る。

自分がどこにいるか分からないのでガイドブックの地図を見ながらインフォメーションを探していたら、



ポルトガル人のおじさんに

暢な日本語で話し掛けられた

ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!



あまりにも流暢だったので怖くなり、中国人のふりをした。

おじさんに「日本人でしょ?日本語のガイドブック読んでたでしょ?」とうるさい

もう英語のみを話して、何話しているの?みたいな顔をしてみた。

心の中ではびびっていた私。

やっと諦めて居なくなった


その後、インフォを見つけ地図を手に入れ、郵便局で切手を買った。


夜のポルトの風景



夕食を食べ、レジに行ったら英語を話すおじさんに声をかけられた。

払い終わって外を歩いていたら追いかけて来て、少し話をした。

「ポートワインは飲んだ?」と聞かれたので、「多分あした」と答えるとおじさんに「これから飲みに行こう」と言われた。いい人そうだったけどお断りをした。

このおじさんは本当にいい人でバス券はキヨスクで買ったら半額とかもう35番のバスは終ったから87番でもユースに行けるよと教えてくれた。

おじさんに会わなかったらタクシーだったよ!Σ(-∀-;)はぅ!

2000/1/5


朝9時に起きたのに...なんだか具合が悪い。

11時まで寝てたのでした。

ポルトガルに来てからどんどん悪くなっていく...

なのでスペインに戻るのを金曜日に変更しに行きました。


リスボンの風景


で、2時頃戻って来て寝た。

夕方ネットカフェに行ったら使えなかった。


夜は又お肉のサンドイッチとビールで590Escだった。


お肉のサンドイッチおいしいのよねー

たまらんわ


宿を移動

2000/1/4


朝、朝食付だったので待っていたら8:00からなのに出てこない。

そして出てきたのが8:30です。

どーしたらそんなに時間がかかるの?って感じでした。


日本だったらありえない...


チリリの言ってたペンシオンに移動しました。

2500だったのでユースに行こうかと思ったけど、体力が無くなっているのでやめた。


で、日曜発のマドリッド行きのバスのチケットを買った。

バルセロナ行きは無いと言われた。なんてこったいまたマドリッド経由のみです。


やっとスーパーを発見

サンドイッチ155Esc、ビール500㎜ 170Esc、夜と朝の分で1000Escかかっちゃった。


安いのか?高いのか?

早く寝ます。


2000/1/3続き


ポルトガルヘ入国といっても何もないのでちょっと物足りない。


夜、リスボンのバスターミナルへ


それからドキドキしながら移動する。


夜着くのは苦手です。だって移動するのも分かりづらいから...


チリリのお勧めのペンシオンを発見!!!

でも泊まれなかった。゜゜(´□`。)°゜。


歩くのも嫌になり(風邪で体力が無い)、近くの違う宿へ...暗いけどもう歩きたくないので泊まる事にした。

隣の部屋の声は丸聞こえ、ついでに夜中にチェックイン客ありなどちょっと不安な宿でした。


なんだか先行き怪しいポルトガルの初日となりました。