タイトル未設定 1999/12/14


気がついたら2時。目覚ましを鳴らさずに起きれました。が、あれこれしていたら2時半にヤバイ。

宿を出たのが40分。あわてて歩いたけど重いよー。

途中「Hello」と声をかけられビビッた。無視!!


今回の航空会社はMalev Hungarian Airline

今まで乗ったどの航空会社よりもヨーロピアンな感じでした。

(ヨーロッパの航空会社はブリティッシ航空ュとフィンランド航空とアリタリア航空とマルタ航空しか乗ったことはありませんが...)

機内食は暖かいクロワッサンそしてバックミュージュックはクラシックが流れてました。

ブタペストまではビジネスシートでした。(シートだけ)


ブタペストの空港は思ったよりも明るい感じでしたが、Duty Freeは小さかったの。乗り継ぎの飛行機は古くてビジネスクラスの席もエコノミーと全く同じ大きさでした。

機内食は小さなパイが2つとジュースだけ...さみしい。


私はバルセロナに寄ると聞いていなかったのでバルセロナで降りようとした。

でも内陸のはずなのに海の近くだなぁと思い聞いたら間違っていたの...

あんなに気合い入れてたのにボケてる私。でも気がついたから良かった。

恥ずかしながら席に戻ったのでした。

                              

                              つづく

AD

上着を買う

タイトル未設定 1999/12/13


スペインはここより寒いよと皆に言われ上着を買いに行く

色々見たのですが結局一番安い5000DRのを買う。19800DRのリバーシブルの気に入ったのがあったのですがフードがついてたので止めた。


不足しているものを補充した。薬やフイルムや切手も購入しました。


教会があったので入って見ていたら、ギリシャ人の男の人にギリシャ神話から来る話をされた。

あんまり分からなかったけど聞いていた。そしたら夕食を一緒に食べようと言われた。

予定があるからと嘘を言って別れた。うーんいい人だったのだろうか?分からない


明日の朝が早いので、同室の子に「明日、朝早いので目覚まし鳴るけどごめんなさい」と了承を得た。

ハガキを5枚書き上げ11時過ぎに寝ました。

とうとう明日はスペインです。



<< BACK NEXT>>
ランダム サイト一覧 参加申込

タイトル未設定 1999/12/12


日曜です。なのでアクロポリスと国立考古学博物館に行く。(シーズンオフの日曜日は無料で入れます。)というより連れて行ってもらった。ただ皆の後をてくてく歩く...結構な昇り坂をしばらく歩いたの。

1人日本から出発したばかりの彼は「皆なんで息あがらないで平気で歩いてるの?」と少し辛そうでした。

そうかぁ他の皆は長期組でいつもバックパックを背負っての移動なので体力がついたのかな?

アクロポリスは4人で行きました。残念だったのはパルテノン神殿がオリンピックに向け修復工事中だったことです。


そうそう私の初めての海外旅行はギリシャとイタリアでした。

その時はアクロポリスにバスで登って行き、ちょっとだけ歩いてパルテノン神殿へ行っただけだったので今回は下から登ってきたので来たーって感じでした。


パルテノン神殿


考古学博物館に向かう途中、結婚式が始まるところへばったり出くわしす。なのでちょっと見学。

花嫁さんを乗せた車がクラクションを鳴らしながら登場


こんな感じで登場したのでした


花嫁さんめちゃめちゃ綺麗でした。近すぎて写真に撮れなかった...

花婿は浮かれてデレデレしてた。

お昼を食べようとレストランを探したのですが、日曜はほとんどの店がやっていない。

マックにでも入ろうかと思ったのですが、結局ユースの前のレストランへまた行ってしまいました。


夜、N君とパブに行く。おしゃれな感じのところでした。

私達はカウンターで乾杯をした。コロナビール(1200DR≒400円)を飲んでた。その後はドラフトビールを頂く(1000DR)

楽しかったーo(〃^▽^〃)o

タイトル未設定 1999/12/11

アテネに戻る日。am7時のポート行きのバスに乗るが乗客は4人だった。

船の中でメテラオに行こうかどうしようか悩む。今回は全然無理のない旅なのでちょっと無理しようかなぁなどと思う。しかし...船が揺れだし天候が悪くなったのでありました。しまいには雷もなる始末。

船が着いたらすごい雨。メテラオは断念したのでありました。

(13日までにアテネに帰ってこなければならないので...)

メトロでアテネへ。ユースに着いたらやっぱり日本人が居てお話をしてた。

ビックリしたのがヨルダンのアンマンで一緒の宿に泊まってた大阪人。

片割れが居なくなってたので他人の空似だと思ってたの。(相方はもう日本に帰ったって)

旅をしてるとこんな偶然も起きるものね。

タイトル未設定 1999/12/10


今日はなかなか起きれず、9時頃まで寝ていた。

空は曇っててちと寒い。

まずバス停に行ったのだが、次のバスが10時半だったのでカフェに行こうとしたら閉まってた。

フィラの海側へ行ったら偶然日本人の大学生の男の人が居て一緒に一日行動したの。


彼は昨日の夜の船で着いたけど、ユースに行ったらシーズンオフで閉まってたので一緒の船だったオーシーの女の子二人組と宿を探したんだけど、この二人組みすごく財布のひもが固くて妥協を許さない人達。

で、2時間位廻ってやっと宿が決まり、彼は同じ部屋で寝袋で床に寝ることに。

でも、宿代は彼女達と同じ...そこまでするかぁと思いつつもうどうでもいいと彼は言った。

その後、彼女達はカフェで「疲れたねぇ」と言ってあれこれ頼みお金を結構使ったらしい

彼は「そんなところに使うお金があったら宿に少し廻せばすぐに宿決まったのに...けちりすぎだー」

と叫びたかったらしい。


まずはold portのところまで歩いて下っていった。下で休憩したあと昇りはエクササイズ状態!!

さっき寒いと思ったのは何?汗までかいてしまいました。


そしてイアの町へバスで行った。こっちの方が可愛くて気に入ったの。


画像をクリックしてみてください。少し大きくなるとカワイイのが分かると思います。


でもお店は小さいストア以外開いてなかった。2時間ぶらぶらしてフィラに帰った。
カフェ(海が見える方)へ行こうとしたけど開いてなかったのでオープンカフェで寒いねと言いながらハガキを書いていたのでした。夕方彼とは別れました。夜のフェリーでアテネに戻るそうです。

私は体が熱かったのできっと熱があると思い、夕食は奮発して?ギロスピタとスブラギピタを食べたのでした。どちらも美味しかった。