もしも会計士が財務諸表から離れて世界一周をしたら

仕事をやめて、世界一周の旅に出ました。
旅の中で日々感じたことをつづってゆきます。
たまに旅人お役立ち情報があったり、なかったり。


テーマ:

 
普通ね、総集編って言ったら絶景とか費用とかだと思うんですけどね。

総集編を書こうと思って一番最初に脳裏に浮かんだのは、

オッサンのことでした。


*********



世界は広いものですが、総じて女性の方が恥ずかしがり屋さんです。
というのと、幼少期よりどうもおじさんのハートは掴みやすい(同世代のハートは掴めない)ゆかさんは
世界各地でおっさんと絡みました。

というか絡まれました。

いい人あり、うざい人あり、思い返せばあるわ、あるわおっさんとの思い出。


ということで、エリアごとにおじさんを1人だけ選出してみました。
基準は、インパクト。

感謝の度合ではありません。

感謝で選んだら、それこそ選べないからね。



■アジアの忘れられないおっさん:タイのジャイアン




世界一周一番最初の宿にいた日本人のおっさん。
自分でジャイアンと名乗るおっさんです。

とにかくマシンガントーク。
激務だった仕事から金の切れ目が縁の切れ目だった彼女から、色んなことをとにかくよくしゃべる。

これが、旅人のお話トイウモノナノデスネ!!!ヾ(@°▽°@)ノ

と、バックパッカー初心者で旅人性善説な私。

流れでタイスキ食べに行ったら4人前の料理を2人で食べ終わるまで離席を許してもらえない
という免許合宿にきたチビのヤンキーみたいな展開になり、
さらに絶対に稼げるFXのやり方を20万円で教えてやるとおっしゃり、

いやぁ、あの人、濃かったわ。



■中央アジアの忘れられないオッサン:キルギスのFさん

 
  

キルギスの首都ビシュケクの南旅館で長期滞在をして取材・執筆活動をしているFさん。
中央アジアの旅人には、言わずとしれた大の有名人です。

Fさんの持つ中央アジア、コーカサス、行けなかったけどウクライナなどの情報量は生きる辞書。
私が中央アジアをやりきれたのはFさんのおかげです。

Fさんは料理がプロ級においしい。そして安く仕上げる。ムスリムの宿のばあちゃんのいぬ間に豚の角煮とかも作る。やばい。やばすぎる。おいしすぎる。


酒からスイーツまで幅広いジャンルの食にアンテナがはってあるのもヤバい。
とても渋い声の持ち主で、そうかと思えばその渋い声で猫を召喚する呪文を唱えたりするそのギャップ。
寡黙かと思えば、ププっと吹き出す話の引き出しの多いこと多いこと。

そして、最終日あまりにおいしいごはんに舌鼓を打ちすぎて、バスに乗り遅れそうになった私のために、Fさん、私のカバン持って走ってくれて、バス捕まえたら、「じゃ」の一言で去って行った。


かっこいい。。。。(゚Д゚)

キルギスを旅する人たちよ、Fさんは、必見だ!




■コーカサスの忘れられないオッサン 妖怪セックス親父1号、2号

 
右から3番目のオッサン!!こいつこいつ!!
 
道を尋ねたら家に招いてくれた親切なおっさんや
大宴会を催してくれる日本人大好きなじいさんや
一緒に旅したおっさんや
このエリアでは、それはそれは数えきれないほどのおっさんとの出会いがあったけど、インパクトで言ったら妖怪たちを選ぶしかない。

妖怪セックス親父とは、コーカサスに生息する隙あらば女性を食べようとするイケナイ妖怪です。イランなどにもいると耳にします。

妖怪1号は、ジョージアのタクシーの運転手。
君はゲストだからと、いい人風に湖畔に連れて行ってくれたタクシー運転手。


 

いい人ー!ヾ(@°▽°@)ノ と最初はなかなかノリノリな私。
こらこら・・・・・。


正体現し、あれこれ誘ってくる妖怪を、とぼけてかわそうとしていたら、妖怪激昂。

湖畔でパンツ1丁(※泳いでたから)で、セックスだよセックス!!!!!!と妖怪は叫びました。

思い返してみると、あの絵は相当にシュールだった。
(そのときは、そこそこ怖かった)

ちなみに彼は、私には夫がいる(嘘)のでできませという私に、


「大丈夫だ。俺にも妻と2人の子供がいる」と答えました。


最低すぎる。



2号は、同じくジョージアのバスの運転手。

バスの乗客が私1人になったところで

スーパーセックスをしようとか言いながら私の太モモに手を伸ばしてきた小太り妖怪。


なにその誘い文句。



ていうか運転中にハンドルから手を放すんじゃないよ!!(°д°;)






■ヨーロッパの忘れられないオッサン イタリアで会ったアイルランド人のスティーブン

 


20代でまったくオッサンじゃないんだけどね。
この人との出会いは、すごく大きかった。


自分自身を認めてあげること、愛してあげること、挑戦してみること、できる範囲でいいからね。と。



すごく優しい言葉で諭してくれた。
同世代とは思えない落ち着きだった。



なんだかうまく行かないヨーロッパ旅に、
イスラム圏ほど人が優しくないヨーロッパに、
すっかり萎縮していた私に、たった数時間で、すごく前向きな気持ちをくれた。

ヨーロッパはね、ビャーーーーっと行っちゃったから旅人とも現地人とも触れ合いはそんなになかったんだ。

オンリーワンにしてナンバーワンだったよ。ありがとうスティーブン。





■アフリカの忘れられないオッサン  


{EBF18C24-A4CB-4A61-ACA4-6BD609F5C258:01}
 

 
 
 
 
 
 
 

 
  
  
 
まじでいっぱいいすぎて選べない。


 





■南米の忘れられないおっさん :チリのラララじいさん
 

チリ エルチャルテンからチロエ島までヒッチハイクをしたときのこと。

オフシーズンに入りかけのパタゴニアは、それはそれは車が少なかった。

諦めて寝床を探さないといけない時間に差し掛かった頃、どこからともなく現れたラララおじさん。
うちに泊まりなさいよって。

テント泊の予定が、ベットで寝られた。
シャワーが浴びれた。
あったかいごはんが食べられた。

タンゴを教えてくれたり、
プレゼントをくれたり、
伝統衣装を着せてくれたりした。

ラララじいさんはスペイン語しか話せなくて、
私はスペイン語はわからなくて、

だけどじいさんが、「これは、チリの心だから」と言ってくれたのはわかったんだ。


じいさんはね、学校に行けなかったみたいで文字の読み書きができないんだよ。

だからね、日本帰ってから、じいさんの家に、絵を描いてハガキを送ったよ。



*******


いやー苦しかった。

一人を選ばないといけないなんて。

あのオッサンにもあのオッサンにも言及したかったよ。

いい人もいれば微妙な人も、もちろんいます。


あっちから見ても、私がいい人に見えることも微妙な人に見えることもあるでしょうし。


どんなんでもね、私には、終わってみれば全部いい思い出です。
これが旅マジック。

世界のオッサンたち、どうもありがとう!




******


ブログランキングに参加中!
クリック後、ブログ村のページの読み込みが終了すると順位に反映されます。
1日ワンクリックまて有効。


応援クリック、ありがとうございます!


 
にほんブログ村

最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)





AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:


遅々として進まない世界一周総集編ブログ。

前回で忘れものシリーズは最後って言ってたけど、どうしてもこれは嬉しかったから、
忘れ物シリーズ、泣きのもう1回。


*******


忘れ物の申し子、ゆかさんは世界各地でそれはそれはたくさんの忘れ物をしてきました。

戻る物もあり、戻らない物もあります。

まぁ9割以上の忘れ物なんてそのままさよならです。


それがね、
昨日ね、1年3か月ぶりに私のもとに帰ってきた忘れ物がありました。

すごくないですか・・・!!!!!

何がすごいってそれを私に届けてくれた人が!!!!!( °д°)


キルギスで、宿に忘れたストール。
(ちなみに、忘れたときの話はこちらとても長いので読まなくていいです

同じ宿に泊まっていたみなみさんが回収してくれて、
なんと、そのあと1年近く運びながら旅を続けてくれたんです(ノω・、)


バックパッカーは1gでも荷物少ない方がいいんですよ。

それを、人の荷物を、1年も!!!

しかも、みなみさんは私みたいに砂漠で1人野宿するようなワイルドな人じゃなくて、
木陰で本でも読んでそうな、夏祭りで金魚すくいとかしっぽりやってそうな、
おっとり女子なんですよ。


運んでくれただけでも、信じられないくらいありがたい。


なのに。

カバンでぎゅうぎゅう詰めにしたり、
埃まみれになったりしたので、何回か洗ってしまいました、すいません。(´д`lll) 


とか言うんですよ。


砂漠で野宿とかする私に。
ストールっていうか持ち物全部いっつも埃まみれだよ。



なんて、なんて、なんてありがたい。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


私の行けなかった旧ユーゴ圏やアメリカをみなみさんと旅して、日本にやってきたストール。

1年3か月ぶりに再会できたストール。


この子だけは、絶対にもうなくさない。
ていうかもったいなくてつかえない。笑


みなみさん、本当--------にありがとうございました。

いつかシゲキ飯一緒に食べにビシュケク行きましょう!!



******


ブログランキングに参加中!
クリック後、ブログ村のページの読み込みが終了すると順位に反映されます。
1日ワンクリックまて有効。


応援クリック、ありがとうございます!


 
にほんブログ村

最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


旅から帰ってきましたよ!(°∀°)b 
416日間!


{D3FBA8CA-41B3-4A6A-874F-1C4EAA5396FA:01}

写真は現在タイで習っているカービングの作品です!



総集編第一回目は、

忘れ物(無くしたもの)を振り返るパート4です!(・∀・)

まさか4回も続くとは思わなかった。笑
どんだけ忘れれば、気が済むんでしょうねぇ。本当に。もう空いた口もふさがりませんね。


ちなみに、
100日目にやったパート1はこちら
180日目にやったパート2はこちら
365日目にやったパート3はこちら





は?!ていうかタイでカービングってアンタ世界一周終わったあと何してんの?!Σ(゚д゚;)


みたいな話もそのうちしたいけどね。
すんのかね。

ダラダラ続けるのもアレなので、ちゃちゃっとブログ総集編終わらせたいですね。


書きたいことは山ほどあるのに全く進む気配ないですが笑。

ベストな絶景とか写真選ぶの大変だし。。ぐちぐち。

何事も勢いやタイミングって大事。

 



さて。


ノーモア忘れ物!!って初回も2回目も言ってましたけど、3回目はキリ番目指していこうかしら的なこと言ってましたね。


そりゃまあ 忘れますよね、そんな心構えじゃ(。-_-。)



じゃ、行ってみよー!
前回の続き30番から!
書き忘れ加筆してるので、国順ちょっとおかしいです。

*******


30、ザックカバー@南アフリカ
経緯:カバンに装着して移動してたのに、気づいたら、なくなってた。忘れ物っていうか落とし物。
顛末:未回収。スーダンの荷物番号書かれた思い出の品だから悲しい。


31、折りたたみ傘@アルゼンチン
経緯:気づいたらカバンに入ってなかった。最後にいつ使ったかも覚えてない
顛末:未回収


32、ダウンジャケット @ボリビア
経緯:宿の移動のときに、いったん共有スペースに出して、そのまま置いてきた。もう4年以上使ってて毛もぬけまくりだったからいいっちゃいいけど、あんな別れ方はしたくなかった・・・。
顛末:未回収

 
33、bluetooth キーボード@ボリビア
経緯:共有スペースでブログ書いてて、どうもそのまま置いて来たららしい。まさかのアマゾンでの忘れ物。
顛末:未回収


34、スーダンで買ったオレンジ色のストール @ガラパゴス
経緯:街歩き中に喪失。必死の捜索も思い届かず・・・・。8か月くらい雨の日も寒い日も暑い日も共に過ごしたからこれは本当に悲しかった。
顛末:未回収



35、バルパライソで買ったピアス@エクアドル
経緯:寝る前にベッドから少し離れた台に置く。翌朝つけ忘れてでかけて終了。
顛末:未回収。


****


結果、、、、、418日間で私は35の忘れ物をして、大半は手元に戻ってはきませんでした。

むしろ、戻ってきたものがあることがすごいと思います。

キルギスで忘れたストール(ラオスで買ったやつ)を同じ宿にいた旅人が、なんと旅の間ずっと運んでくれていて、
今そのストールは、日本のその方の家に保管されています。

そんなことだってあるんです。


ビーニャデルマルの浴室でなくしたブエノスアイレスで買ったピアスも、
これまた旅人が保管してくれていて、今はおそらくコロンビアあたりを
その旅人と一緒に旅しています。


あぁなんて心温まるお話!

早く受け取りたい・・・・!!!!!




しこたま忘れ物したけど、これだけは声を大にして主張したい



パスポートは忘れなかったぜ!!!!!(°∀°)b 


******


ブログランキングに参加中!
クリック後、ブログ村のページの読み込みが終了すると順位に反映されます。
1日ワンクリックまて有効。


応援クリック、いつもありがとうございます!


 
にほんブログ村

最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)





AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
{ACE92B17-B12C-465C-A0F7-A4AADB043257:01}


《6/25/2016》《 416日目》コロンビア ボゴタ  〜 日本



どうやって旅を終えよう
いつ旅を終えよう

世界一周にふさわしい終わり方ってなんだろう

考えど、考えど、それらしいものは見つからない。


そろそろ帰った方がいい気がすると追い立てられるように帰国が頭によぎっていたアフリカ旅の後半

あぁ、満たされた 今がきっと帰り時だ と寿命でも受け入れるみたいに優しく終わりを意識しながら旅した南米

そんな中みつけた、ボゴタ→成田 58,000円の格安航空券。


これだ。



私の帰国日と旅のルートは、このチケットで決まった。

アメリカがビザ要件を厳しくしたのも、ベネズエラの情勢不安も、メキシコのデモも、
きっと南米で旅を終えておきなさいっていう何かの思し召しなんだろう。

いやいや、それでも行きたいんだから行くよってならなかったのは、今が帰りどきだったからでしょう。


*****


もう帰る準備は万端。


時差ボケ対策も万端。


ドミにこの旅最高音量のいびきマスターがいて、全く寝れなかったからね!

時差ボケ対策はもう完璧です。


残ったお金でお土産にコロンビアのたばこを買って、
バスに乗って空港を目指す。



ぜーーんぜん日本に帰る気なんてしないなぁ。


空港にいる私はいつものように出国直前で手持ちがなくて、空港の高いごはんは食べられなかった。

トランジットのメキシコの空港では、書き残してたブログを書いて過ごして、空き時間の使い方はいつも通りだ。


持ってる荷物はお土産もいれてたったの13kg。
私の半年間の全てが、たったの13kg。


生きていくだけなら、必要なものなんてそうないんだなぁ。


私は意外にも落ち着いていて、胸いっぱいになったりはしなかった。


だけど、コロンビアのイミグレで、パスポートに出国スタンプがおされたとき、


あぁ、終わったんだなって思った。


そのあとは、もう流れ作業かのように、淡々と空港で時間をつぶして、気づけば成田空港にいた。


エンディングは必ずしもドラマチックじゃない。




静かに、普通に、日本に帰ってきたみたいに、
日本の日常にはきっとすごく普通に戻って行くんだと思います。



たくさん見てきた絶景や

美味しかったりまずかったりしてごはん

苦しかった登山

真夜中の大富豪や

世界各地のビール

現地の親切な人や

愉快な旅の仲間たち

少ないけれど、できた国籍の違う友達

自由気ままでたまに寂しい一人旅


色んなことが、起こった全てが、夢のように、頭から少しずつ少しずつ、日常の中で消えていってしまうかもしれません。

忘れたくないなぁと思います。


あの出の悪いシャワーや、味のないお肉や、屋根のない寝床や、できもしないロシア語でバトルを繰り広げた日々や、なんだって全部大切な大切な私の思い出です。




旅を始める前のわたしと終えた今のわたしは、違う人間で、

今の自分の方が、私は好きです。



これから、どんな暮らしになるのかわからないけれど、

旅に出て失ったものもあったけれど、

得たものは、たしかにあります。




ちょっと早目の冥土の土産つくりの世界一周で、大義名分は何もないお気楽旅だったけれど、



悔いはない。



1年2ヶ月、
38カ国、
そりゃあもう色んなことがあって、
この1年間は私の人生のハイライトであることは間違いなし。


今までコツコツ生きてきた道を蹴っ飛ばすのは怖かったけれど、蹴っ飛ばしてみてよかった。



あーーーーーーーーーーー

ほんっとーーーに楽しかった!!!



お父さん、お母さん、心配かけて本当にごめんなさい。

五体満足コブなしで帰ってきたよ!





当ブログも、お付き合いいただき、ありがとうございました。

コメントに励まされること、何度もありました。


これから少し総集編記事を書いてゆこうと思います。

更新頻度がた落ちですが、もう少しだけお付き合いください!



******


ブログランキングに参加中!
クリック後、ブログ村のページの読み込みが終了すると順位に反映されます。
1日ワンクリックまて有効。


応援クリック、いつもありがとうございます!


 
にほんブログ村

最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)





いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:
{166D4873-93C4-4BFC-BC6A-4D1FB73D830A:01}




《6/24/2016》《 415日目》コロンビア ボゴタ




ボゴタでの快適宿 republicaの最寄り駅はfloresというところ。

他の駅の名前は通りの番号なのに、どうしてここは版じゃないんだろう。。?

それは、、、



{9821F27C-F9B6-4812-8F3E-8ABCEE13C8FA:01}


{0437AEB9-CBAB-47B1-91E1-047995614284:01}

{1641C041-0AD1-41FD-94E8-C3AAE81E20BC:01}


ここがお花屋さん通りだから!*


Floresはスペイン語でお花屋さんだったんですねー。花屋を見つけてからやっと繋がったよ。

コロンビアは花の名産地でもあって、メデジンでは8月に花祭りも開かれる。

男の人がやっとかつげる重さの花輪を背負って街をパレードする姿は圧巻で、感動すらするそう。
行ってみたかったな、花まつり。




{A3181789-16EA-48BF-A5F3-D6C0EBE8F1D9:01}
こんな大きな花輪も70,000ペソなんと3,000円しない!





{7AC629C6-CB40-4B49-8B18-169B5D72CB29:01}
このサイズでも800円。


わーいいなぁ、こんバラがたくさん入ったカゴ花は日本なら3,000円くらいするよー(°◻︎°*)


******



ボゴタで楽しみにしていたのは、ボテロ博物館に行くこと。




コロンビア出身のボテロさんは、ぽっちゃり専画家で、その作品は全てがまんまるしてる。



私とボテロさんの出会いは、私が愛してやまないアルメニアに遡ります。




アルメニアの首都エレバンにカスケード広場というおしゃれで綺麗な広場があるのだけど、そこにボテロさんの作品が飾られていました。





{FAFC0285-A674-424F-8895-4717D5555424:01}

{9A003132-C43F-4DEE-A249-FC417F2AD7D2:01}

めっちゃんふっくらなおばちゃんと
無防備な状態の兵隊さんがいるじゃない!!!


とあのときの感動は今も忘れられません。



ふっくら像とリアルふっくらおばちゃんのスナップショットが欲しくて、リアルおばちゃんが通りかかるまで公園で粘ったら、スーパーの閉店時間ぎりぎりになって、めっちゃ遅い時間にザリガニ茹でて食べたんだよね。


あーめっちゃ懐かしい。




そのボテロさんの美術館がボゴタにあるんです。


しかも無料!!


さすがボテロさん。
ボテロさんだけに太っ腹❤︎


ここからはボテロさんのめくるめくふくよかな世界をお楽しみください。



{1DE2B65A-E70F-4460-A57A-ED8681855146:01}

{D7C6462B-22F3-45A4-86BB-C52577BD5D35:01}

{69C2B9C7-B705-4F51-9BD2-15A72BF1F0C7:01}

{A6734ACE-E9BC-4181-85AD-34F47FD1150D:01}

{B55A75B3-7A41-4227-9DEB-A8507EF011D4:01}

{C24A6E10-7070-4F09-8B78-A2BE95DE0F0D:01}

{5F7E76D9-8519-4CB4-A09A-478D51F28D1B:01}

{1154E96F-D006-4431-A472-8D3AD2639A25:01}

{5D12048B-45F5-4B29-A9C2-4D0C6E3ABD01:01}

{17D3905D-4750-4443-A6A1-946B6D517DF5:01}

{C27641D2-0EC0-421D-AAA1-EB1EEA566634:01}

{207AB35F-8198-44BE-B820-1DCD611EFAD2:01}

{10CAECEB-D388-4D6D-A936-8FDE6C7F368A:01}

{87C3F370-06F6-495D-ABEB-E4E233630B20:01}

{4BDE6C3C-AA7C-4A41-8CE8-E0C786E5361C:01}

{C279A73D-C561-4AA5-8F2F-86F091046A20:01}

{EF41BB8F-7EB6-4993-A3A9-53337156A7C2:01}

{63F75F7B-BA52-466F-A231-5F93102AC60D:01}






でさ。

どうでもいいんだけどさ。
すっごい気になったことがあってさ。



ボテロさんてさ、、、



尻好きだとおもうんだよね。





{CBF7F8DB-1DE5-401F-BA7F-9742F2264174:01}

{2F6AD288-B0D3-4BA0-B3EA-18B3EBB9FB4A:01}

これ同じ作品を前後から撮ったものなんだけれど、
胸より尻に拘りを感じません?


出産後の女性のお尻は大きいものです。
でも、授乳中の胸だって大きいです。
実際はそうなのに、お尻に対して、胸の存在感が少ない。





{FD09F843-319E-4A32-88F8-789B4204C97B:01}


この男性のお尻は、太マッチョさんにしてはキュッとしてて、


ボデロさんのモチーフからすると、なんでキュッとした尻を造ったんだろう。。と疑問。

やせ細ったイエスですら、ゆるキャラタッチに仕上げるボデロさんが、

キュッとした尻を造ったのはなぜだ!!

それだけ美しいって思ってたからなんじゃないの?

どうなの、ボデロさん!!





{3E2C5BE7-0E14-4E3E-B394-FC15F16E8891:01}

{F1C9F700-1D25-4C76-ACE1-391BE2956598:01}

シリコンでも入ってそうな形の胸と、
非小尻が横になったとき特有のちょっとつぶれたお尻のライン。
しかも実際これだけ太ってたらもっと洋梨型のぼってりした尻になるはずだけど、ハリを持たせてある。
太めの美しい尻っていうのは、たぶんこういうやつのこと。

一方胸の扱いはといえば。

前傾姿勢のときの胸が作り出す、あの滑らかな丸みが全く表現されてない。


なぜだ、ボデロさん!!
このサービスポーズは胸を美しく見せるためのポーズでしょ?
お尻を強調したいなら、もっと反って腰のラインを作るでしょ?
だったら胸をもっと丁寧に作り込んでもいいでしょ?

もしかしてプチバストさんが好きなのボデロさん!!


あぁ考え出したら、すごく気になってきてしまった!!


ボデロさん尻好き説





現代っ子の疑問はまずはGoogle先生へということで、ボデロ 尻好き で試したみたものの、もちろん明確な答えは得られませんでした。

遺憾です。

でも、こんな言葉を見つけました。

ボデロ氏いわく、

「芸術家は理由など知らずある形にひきつけられる。理屈をつけて正当化するのはあとからすることだ」



無粋な真似をして大変申し訳ございませんでした。
ボデロさんは芸術家ですもんね。




*****



今日は世界一周最後の夜ですし、
締めはやっぱり夜景かなーと思って、オススメ夜景ポイントなんて調べておいたんですよね。



思ってたんですけど


夜景やめちゃった。


もう心は日本にいるようで、暗くなるまで街で時間潰すのやんなっちった。



それよりはね、昨日のカフェでコーヒー飲もうかなぁと。




{65CE14FA-7F43-485C-A55B-2D34DB38EE53:01}


今日はベリーチーズケーキにしました。
んーーーおいしいなぁコロンビアのケーキとコーヒー。



まさか最後のディナーがチーズケーキになるとは思わなかったなぁ。




まぁこんなんはこんなんでありですね。


ほんとにこれが最後の夜なのか。
明日の夜はメキシコの空港で空港泊だもんね。

旅の最終日、何よりも頭を使ったのはボデロさん尻好き問題だった。

つまるところ、帰るって実感はあんまりない。

日本もまだまだ旅の途中で行くような気持ちだなあ




******


ブログランキングに参加中!
クリック後、ブログ村のページの読み込みが終了すると順位に反映されます。
1日ワンクリックまて有効。


応援クリック、いつもありがとうございます!


 
にほんブログ村

最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)







いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
《6/23/2016》《 414日目》コロンビア ボゴタ



ボゴタにやってきました。


ボゴタには何個かバスターミナルがあるのだけど、乗ったバスがどれに着くのかわからなかった。


なので、宿への行き方はボゴタのバスターミナルについてから、人に聞いてくしかない。



うまくいくかなーと思ってたら、ツーリストインフォメーションがあった!

良かった、良かったー。
宿の場所を言ったら、丁寧に英語で行き方を教えてくれた。


便利な街地図もゲット!


めっちゃ助かるー



しかも今日火曜日は英語でフリーウォーキングツアーがあるらしい!


申し込む申し込む!(・∀・)ノシ


宿について、ちょっと寝て、フリーウォーキングツアーに参加、うん、いいプランだ!(・∀・)(・∀・)




残りわずかのコロンビアペソで買い食いしながら、バス停を目指します。


手持ち少なぎて昨日の夕飯はマフィン一個だったよ、めっさお腹すいた!!



{4673FBA4-5CA8-4D51-A7F0-AE8FFCD5A3B4:01}

{3EB6E7A9-2294-413E-8BFF-01693C8D54BF:01}

ペルーでもあったゆで卵コロッケ♥︎これ本当においしい




{F66635A9-EBE3-4A9A-9C02-3CA99B66F199:01}

{563EE725-7C87-40BE-882F-AA08C2B872CE:01}



コロンビアの首都ボゴタ、すごく綺麗で整ってる!
道路も広くて長くて車線も多い。。!
エクアドルもそうだったけど、想像と全然違う近代的な大都会が広がってた。




{AC69DA01-76A2-4461-B31C-2A22E6A1FAEF:01}
トイレにフックあるし!!




{B9BBD320-7470-43F9-8A85-5E63DA72A0DD:01}

自動で流れるトイレだし!!





{8C061C3E-16B5-4DE5-9885-C9A5E289863E:01}

特にすごいのがバス。

トランスミネリオという名前の路線バスには専用レーンがあって、改札も全自動で、駅にも路線にも名前ががちゃんとついていて、バスにも運行路線が明記されていて、市内を幅広く網羅していて、料金は一律2,000ペソ70円。専用道路があるから渋滞知らず!

便利でわかりやすくてそこそこ安い最強の交通手段!!!



すごい、すごい、ボゴタ!!(≧▽≦)



こんな素晴らしい交通手段は今まで見たことがないよ!!




私の目指すバス停は車道を超えたところにある。


車はいっぱいぎゅんぎゅん走ってる。


これ、、、、絶対違くない、、、?




と思いつつ、横断歩道のないところをタイミングを見極めて走り渡る。




都会の綺麗なとこでこういうのやるとめっちゃ恥ずかしい!





{74A85D51-B8EF-4DA6-A1DD-477D6261BD93:01}

羞恥心と轢かれる恐怖心と一緒にななんとかバス停まできたけど、バリケードのように壁が張り巡らされていて、中に入れない。



道端に標識が立ってるだけじゃなくて、電車の待合室みたいにちょっとした小部屋になってる。


入り口どこ!!\(゜□゜)/



さっき羞恥心とともに渡った車道を戻ったところから、
駅に向かって歩道橋が伸びてるのを発見した。



まさかあの歩道橋からですか。。。




そうですか。。。




ふたたび、羞恥心とともに歩道なき車道を走り渡る。



恥ずかしいー!!マナー悪くてごめんなさいいい!!!!・°・(ノД`)・°・



でもバックパック軽くて良かった、余裕で走れるー!!




{73BA006B-A083-4551-B736-5DB2576BA664:01}

こっから駅だよ、って看板があったよ!
遠くからはわかりにくいよ!!!






{1A86862C-59E5-4382-A871-B068D50313CB:01}


いやぁ、ここを渡ったなんてねぇ。
さぞドライバーは、えええ?!って思っただろうねぇ。
ほんとごめんなさい。




恥ずかしくない方法で駅にたどり着いたら、バスに乗るためのsuicaのようなカードを購入し、



いざバスへ!!!



{8C4D3C30-66C8-4EFE-AFFC-7FBCFD4E0E81:01}

{D364ED0E-72EC-4CE4-9C45-2550E4F89EC0:01}


どっちの改札だろうか。。(;^ω^A


私は電車でもよくホームはあってるのに乗る方向を間違える。


地図をもたもた確認していると、コロンビア人が現れた。なんか困ってる?って。



こういうの久しぶりー!!!!(・∀・)(・∀・)(・∀・)



困っているときに、あっちから声をかけてもらえる国というのがたまに存在します。



南米はね、サッパリだった。
(旅しやすくてあんまり困ってなかったせいもあるけど)



こういうのめちゃくちゃ嬉しいです。


たまーーに悪い人もいるから気をつけなきゃいけないんだけどね。




お助けマン2人のおかげで、乗り換えも間違えることなく、予約してた宿までやってくることができた。





{23FEEE67-4C32-429E-98A0-57DDB481F0F4:01}
また家が可愛いんだからもー、ボゴタさんてば。



新しい街に着いて宿につくまでがワンフェーズ、やっとひと段落です。



この宿がまたね、めっちゃきれい!!!!





{A2D15218-9575-4E33-8370-7302010C5E64:01}

{6F306B0D-F630-4435-B0B7-9F037DA3B77A:01}

{B78AE8F5-3149-4B9D-AC2A-A2C32FAE7C69:01}


{EA896464-9B40-4F19-9384-3F4590EA0A2B:01}

Hostel republica
朝ごはんつきで4人ドミ一泊 35,0
00ペソ、1,200円。
最寄り駅はFlores.
もっと安い宿もあるんだろうけど、最後の宿だし快適重視にしました。



最後だし、インターナショナルホテル泊まっても良かったけどね、一人ででっかいベッドで寝てもね←









観光の中心になる旧市街からはバスで20分くらい。



お昼寝してからフリーウォーキングツアーに行くはずが、羞恥心とともに道路渡ったりしてる間に時間がなくなっちゃった!


遅れる、やばい!


荷物だけおいて、バスで旧市街に向かうんだけど、、、、



フリーウォーキングツアーには間に合わなかった( ;  ; )



しかも雨降ってきた( ;  ; )




そしてめっちゃ眠たくなってきた。。。



夜行バス凍えてほとんど寝れなかったからね。
眠たくて眠たくて震えたよね。主に寒さで。


旧市街まででてきたものの、宿まで帰ることにしました。



宿に帰って寝よう、、と思いながら、ふらりと駅周りを歩いていると、



{D37F5DCF-7E6F-4A19-8034-A3A37AD4B3BD:01}

すごく良さげなコーヒーショップがあるじゃないか。





{DECB5721-A0E3-4772-B7F4-D0C7E68B9FDC:01}

しかもケーキめっちゃおいしそう。




コロンビアといえばコーヒーじゃないですか



実際コーヒー農園もたくさんあります



いただきますか、コーヒーとケーキ。





{59DA6310-5694-4812-A89D-3712B4295381:01}
どー




{7586498B-D3C7-41B7-AD61-275032837D79:01}

れー





{202013B8-82A6-49F2-A538-6EE8D3837D66:01}

にー



しようかな!!(≧▽≦)❤︎








{81D7212B-0997-49C2-A20F-04A8D153974F:01}


{8D658A0B-16FE-4339-85F2-869D00EBF12C:01}


ちゃん。




可愛い!!∑(゚Д゚)



こんな、、、、こんなちゃんとしたカップでラテアートまでほどこされて、クッキーまでオマケでついてる!!、



これで、あわせて7,000ペソ。



250円。。。。だと。。。。?( °д°)




安すぎるよーーーーー幸せーーーー
!!!≧(´▽`)≦



5分かけて悩んで選んだチョコレートケーキも、しっとりもっちり濃厚で、ちゃんとチョコレート。
ただの砂糖爆弾じゃない、きちーーーんとしたケーキ。



カフェラテもミルクたっぷりで飲みやすいのに、奥の方でコーヒーの風味が広がってすごくおいしい。
これは砂糖いれたらもったいない!
酸っぱくない、私好みのコーヒー。



コーヒーもケーキも

おいしいよーーーーー




眠気はどこへやら。






テンションがあがったので、お昼寝はやめてスーパーに行ってみることにしました。


{2E7BF330-F90F-4C28-B375-BBB1BA3D1BCB:01}

{DBD9A32A-A330-4BA9-8B33-51090441B363:01}

{A27EE19F-9129-485B-92C8-0D23A976078E:01}

{35CC56F7-6A10-4475-940C-4B3E0BAC3EB1:01}

{972BA1C8-7DB3-4201-A3AF-93378675B0A5:01}


ボゴタの街はハイレベルな落書きがいっぱい。
完成度が高いので美観を損ねず、むしろ町並みに花を添えてる。


{C3CAEA8E-439B-467D-AE46-A43885D03D0F:01}

{65FB8870-42D1-4C8C-A812-76C3C18777B5:01}

スーパー、、、
めちゃくちゃきれいやんけ。( °д°)





{30387A63-42FC-4818-AB94-EE7738956040:01}


じゃぱん!!( °д°)( °д°)( °д°)





ボゴタすごい。すごい、すごい!
南米5大都市はダテじゃなかった。



スリなどの軽犯罪や麻薬の密売も多いときくけど、歩いた感じでは全くそんな感じはしない。

むしろ、すごく好きになれそうな、雰囲気のいい街だと思った。


赤道近さゆえの暖かさと高地ゆえの涼しさが、気候も過ごしやすい。


ケープタウンと同じで、そんな雰囲気の中敵は虎視眈々とチャンスを狙っているんだろうけど、


コロンビアは危ないからやめなよ、、、という雰囲気じゃ全くなかった。


エクアドルもコロンビアも、もっとゆっくりしても良かったな。


またいつか、またいつか来るね。



明日旧市街を散策したら、明後日には日本に帰ります。





******


ブログランキングに参加中!
クリック後、ブログ村のページの読み込みが終了すると順位に反映されます。
1日ワンクリックまて有効。


応援クリック、いつもありがとうございます!


 
にほんブログ村

最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)
















いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
《6/22/2016》《 413日目》
《6/23/2016》《 414日目》
コロンビア イピアレス〜コロンビア ボゴタ


イピアレスで教会を見たら、この旅最後の目的地ボゴタに向かいます。


ボゴタまでは、バスで20時間。
聞いた限りでは114,000ペソ〜133,000ペソ。
時間帯によって値段が変わるみたい。
直行バスはbolivar社?一本のみ。
長距離バスなのに、1時間に1本はあった。
カリという街までは複数社運行があり、刻んで行くこともできる。
私はフライトが3日後に迫っているので直行します。



20時間バスなんてふざけた移動は、この先することがあるのかな。



これが最後の大移動。


旅の終わりをどう締めくくろうか自己演出を模索してたけど、そんな必要なかった。



気持ちは、完全に終わりに向かっていて、あぁもう終わるんだって思いが全てを感動的に魅せる。



これが最後のチキンスープ、
これが最後のバスチケット、
これが最後の、、、、。






{6F6F747F-CDFB-432C-A60F-1609A6B23919:01}

{A47DA16F-60F3-4EDE-9DC5-05245A596226:01}


{5E1BC840-FD74-49CB-BB44-1A3676B955EF:01}

{2F6ADEF1-DDAC-454B-9C50-0F9210E7BEF1:01}


うねり道を進むバスからの車窓は、絶景だ。




ここは緑が濃くて、田園風景もある。
こんなに鋭い渓谷なのに、よく人が住んでいるな。



南米では車窓はどこもけれいだった。



あぁ、こんな壮大な景色を眺めながらバスに乗ることももうないかもしれない。



キルギスからウズベキスタンまではじめて長距離バスに乗ったときのことや、


ボツワナの100km走っても全く景色が変わらない道路、


ケニアのギャグみたいなクラクションで凹凸のある道路を爆走したバス、


他にもいろいろ、頭を巡った。



ああ、私の旅が終わる。


すっかり感傷的になって、ちょっと泣いた。



これは、帰りの飛行機も泣くに違いない。





*****


と、すごくいい感じでバス乗ってたのに。



乗ってたのに!!!



バスがめっちゃ寒い!!!



明らかに冷房いらん気候なのに冷房ガンガンついとる!



ヒートテックとフリース着てるのに寒い!



やっと冷房切ったと思ったら運転席の窓開けた。


夜の山の風がガンガン入ってくる寒いいいいいいいいいぃ・°・(ノД`)・°・



景色見たさに前のシートにしたらこんなことになるとは。






この涼しさ寒さ誰ニーズなん、まじで!!!ヽ(`Д´)ノ



毛布持ち込んでる人何人かいたから、きっとコロンビアのバスは寒いもんなんだろう。。。




しばらく耐えたけどあまりの寒さに寝付けず、ドライバーに寒いから窓閉めてってお願いしにいくも、運転中だ!みたいなリアクションで断られ、、、( ;  ; )



窓締めるレバーちょっとひくだけじゃん!運転中でもできるじゃん!!
たまにケータイいじってるし!!、


誰だコロンビア人はフレンドリーって言ってたの!




ぬおおおお帰国直前に風邪なんかひきたくない!!

席を後方に移動して何とか寒さをしのぐ。



2座席使って横になったら、頭に体重かかってズリ落ちそうになったり、腰に風が当たって余計寒かったり、
外から光がばしばし入ってまぶしかったり、



なんつー寝づらい夜行バス(´Д` )




アフリカで鍛え上げたバス力が通用しないぜ。。。完敗だぜ。。



あ、そうか、南米入ってからは、いいバス乗って移動してたから戦闘力が落ちたんだ。(´・ω・`)



快適水準を下げると、また適応するのが大変だ。



明け方になり、ようやく山を抜け、くねくねロードが終わり、太陽の光で車内もあたたまり、ちょっとだけ寝ることができた。



それもつかの間、テレビでトークショーを爆音で流し始め、ほとんど寝れないままボゴタに到着。



く、、苦行が終わった!!( ̄ー ̄)




ボゴタの宿に着いたら、寝る!!寝まくる!!



******


ブログランキングに参加中!
クリック後、ブログ村のページの読み込みが終了すると順位に反映されます。
1日ワンクリックまて有効。


応援クリック、いつもありがとうございます!


 
にほんブログ村

最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)













いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
《6/22/2016》《 413日目》コロンビア イピアレス



コロンビアとエクアドル国境の街イピアレスに世界一美しいと言われる教会があるんだってさ。



橋の上に教会が立ってるんだってさ。



ラスラハスって言うんだってさ。



ちなみに肥後は熊本さ。


肥後にはタヌキもいるさ。




。。。タヌキっておいしいの?食べたことないわ。








さて。
よしよし、行ってみようじゃないかラスラハス。




行き方ですが、
イピアレスのバスターミナルからコレクティーボ(乗合タクシー)で片道1人2,200ペソ、もしくはタクシー1台10,000ペソ、もしくは徒歩で2時間ほどで行けます。




{575314EB-7150-47F0-A1BC-01454CB60F98:01}

{E690993F-DDA2-4E84-8058-C9C99BD5031A:01}


この道中が山深い風景の連続で山好き必見です。
南米の西側は山ばっかりで、本当にかっこいい。






{FC1AFB20-61D7-4A15-9799-4DC7986238CA:01}


車を降りて、お土産屋さんを抜けて下っていった先に教会があります。


お土産はボリビア以北どこも似たり寄ったりだね。






{B7AB23EC-2892-4980-8BBD-48859E9EAE04:01}
渓谷には家もたってる。
南米はなんでここ?!平地なかったの?!ってところにまーよく家が立っている。







{BBCDB6FD-6E23-449C-ABAF-41515265BB54:01}

渓谷にかかる橋の上に建てられた立派な教会。


この山の中に立てた労力や、
教会を飾る外壁の彫刻は立派だ。




{616B5A9B-3384-4B88-8912-8A06D4E62A33:01}

{33802D84-63CE-4C52-8E59-032DFAA5199D:01}

教会までの道の途中にあるプレートの数々も、雰囲気を醸し出してる。




{1CF992A5-0243-460F-BCD4-873994123AC4:01}

教会の下まで階段で下っていくと、教会を見上げることができる。


本当に橋の上に立ってる!






{AE055A1C-AE17-4720-9CA1-28D8D4764722:01}
ナゼここに?!というところに公園があったからブランコに乗ってみた。


ブランコ大好きです。
先客の子どもがいないから、今日は心置きなくブランコできる\(^o^)/



{BD4428BF-363F-4639-AE13-C0313E6E5E3C:01}
南米はどこにでも犬がいるよ。




{EEEFD460-B593-4DEE-BB2D-3F473B9FB19A:01}


{16E2B701-63D6-4C28-94A0-8D71A9D024DD:01}

中はこんな感じ。

外装に比べると中は控えめかも。



{4D044B25-F271-47AA-A23D-345A3F4A3EDC:01}

ブドウにはえる天使がお気に入り。






世界一美しい教会ラスラハス。





{5DCE72D9-9922-4FA6-877B-819899DF7B27:01}


{9CFDD65B-E074-4B68-B10D-4CF09C2FA442:01}


自撮りに自撮りを重ね、めっちゃ楽しんだ(・∀・)


ラスラハスはその立地や、細かな装飾、、素晴らしい教会だと思う。


山中でこれだけの大事業を成し遂げるのはきっと大変だったろうな。



けど




私の1番の教会は、ラスラハスにはあげないことにした。




偉そうに、偉そうに
ごめんなさい、、、



これは私の個人的な感想だけど、



山の中のこんな辺鄙なところに、よく教会(修道院)を建てたねっていうなら、絶対にジョージア、アルメニア!!
(いくつかあってどれとは言い難いけど、わかりやすいのは断崖絶壁の上に立つタテフ!!ほんとにほんとにかっこいい!!)


山の緑と朽ちた教会の組み合わせは、宗教観が変わるほどに美しかった。


個々の作りが神経を疑うほど細かい、巨大な建築物を作り上げた、という意味ではケルン大聖堂。

あんなにも宗教の力を強力に感じられる、神っていうよくわからない存在に圧倒される場所はなかった。




あくまで、私が見れた教会の中でだけど。



ラスラハスは、なんていうか、現代技術を持ってすれば、こんくらいなら作れそうっていうか。




実際、手作りか機械が入ってるかは知らないけれど、いずれにせよ1916年から1949年にかけて建造されたものなので、実際はすごく大変だったはず。





こんな堂々と、観光地批判をしたのははじめてかもしれない。ドキドキするぜ。。。


偉そうにホントすいません。。。!!!





こういうさ、世界で一番うんちゃらかんちゃらって誰がどうやって決めてるんだろうね??



高いとか多いとか数値化できるものはわかるけど、美しいかどうかなんて完全に主観なんだから、どうとでも言えるじゃない?と思うのだけど。



散々楽しんで自撮りしといて、ほんとすいません!!

私がアルメニア好きすぎるんです!!



****


帰りも街までコレクティーボ。
乗り合わせた夫婦がスペイン語であれこれ質問してくれた。



わからないことだらけだけど、なんとなく会話っぽいことができた。


どこから来たの?
日本のどこ?
コロンビアにはどのくらいいるの?
今までどこの国に行ったの?
仕事は?
1人?
コロンビアは美しい?


こうやって、地元に人にあれこれ聞かれるのは久しぶりだな。


人がいいよと言われる国はこうやってどんどん質問してくれる。

そんですぐFacebook聞いてくれる。

そんで3日後くらいに、how are you?ってメッセージがくる。

コロンビア、麻薬や治安の悪さがイメージにあるけど、いい国だったっていう旅人がとても多い。

コロンビアは、またリベンジしたいなぁ。


あぁ、

帰国の飛行機が迫ってるから、

次に行かなくちゃ。



******


ブログランキングに参加中!
クリック後、ブログ村のページの読み込みが終了すると順位に反映されます。
1日ワンクリックまて有効。


応援クリック、いつもありがとうございます!


 
にほんブログ村

最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)


































いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
《6/21/2016》《 412日目》エクアドル キト





早起きは三文の徳というけれど。


そうじゃないこともたまにある。


今日はエクアドルのキトからコロンビアのイピアレスに移動する日。


早朝から移動して、午後にはイピアレス観光!と思ってたけど、何だかドキドキして寝付けなかったから(たぶん帰国が近いから?)、7時くらいまでベッドで、ごろごろしてた。



のろのろと出発の準備をしてると、メッセージが届いた。




「今キトにいるの?俺たちもキトにいるよ!」



ケニアで半年前に一緒にサファリをしたてつおさんゆみこさんからのメッセージ!!!!!



Σ(・□・;)Σ(・□・;)Σ(・□・;)




昨日私がFacebookにキトにいるって投稿してたのを見て、連絡してくれたみたい。


てつおさんたちは、南米を南下中、私を北上中。
大陸をまたいでの再会、待ち合わせなしでの再会、定番宿でじゃない再会はとっても嬉しいものです。




これは、バス停なんか向かってる場合じゃない!!二人の宿にすぐ向かう。



{C4A8480F-1500-4C36-AD5B-7AADE217279B:01}

{A7D97AEC-BD56-4495-B628-2A0436049F3F:01}

道すがら、ずっと気になってたバナナの網焼きを買ってみた。
バナナだけだと25セント、チーズもらトッピングすると50セント。


{6FBA8B07-BD02-44A1-8412-E76015534719:01}

え、チーズ高くない?でも乗せる。


甘いバナナとしょっぱいチーズ、これがどうしてなかなかイケる。


食べながら歩く。



1キロくらいしか宿も離れてなくて、ああもうこれは会っておきなさいっていう神様の思し召しなんだと思ったな。




2人は宿から出て、道で私を待っててくれた。



そういうちょっとしたことも、すごく嬉しい。
私、幸せだなあ





もともと痩せ型のてつおさんは、痩せ型の究極系な体型になってた。



親知らず抜歯と食あたりのダブルパンチでロクなものを食べてないらしい。。。


海外で抜歯?!まじで?!

エクアドルは歯科医療が進んでて、抜歯も15,000円くらいでできるらしい。




暗くなる前にイピアレスに着きたかったから、長居はできなかったけど、少しだけおしゃべりできました。



久しぶりの日本語の会話に癒されたよーーーーーーー



やっぱり英語まだまだな証。



国際結婚する人ってほんとすごいなぁ。。。


{1C6070C4-75F6-42C6-9D4F-B5AAA7A4099C:01}

{2F99E3DE-02DF-4393-892A-D21599B5C3FF:01}


日本でまたお会いしましょう!!




*****



エクアドル キトからコロンビア イピアレスはだいたい6時間の道のり。
バスとタクシーを乗り継ぎます


これまた気になってた笹の葉で蒸された何かを買ってみます。


{D968660E-2088-4C33-A580-D75D73A36F13:01}

蒸しパンだった。おいしい









{8887B8FC-B68C-46D6-9C58-9E7784ABDEA9:01}

バスが国境について、国境の黄色い橋を渡ってるときに、私、ふと気づきました。




徒歩で超える国境はこれが最後かもしれない。




今日は6月21日。
25日に私は日本に帰る。
次の国境は成田空港だ。
(そのあとちょっとタイに行くので、世界一周がいつ終わるのかは、どう決めたらいいのかわかんないんだけど。)



旅のはじめは、ドキドキして、すごく大きなことをしてるような気がしながら歩いて渡った国境も、

今では、そう珍しくないことになって、

{04644268-8366-4105-AB7E-129B6CB613A8:01}

今日だって前の国の残った小銭で屋台飯を買って、むしゃむしゃ豚の唐揚げ食べながら歩いてた。





でも。



もう歩いて国境を渡ることは、ないかもしれないんだ。



これが人生で最後かもって、意識する瞬間は生涯でどのくらいあるんだろう。




胸が熱くなりました。
こみあげるものがあります。



あったかい気持ちと、寂しい気持ち、これからの不安と希望、これまでの感動、毎日オフィスワークをしてた私がまったく違う風に過ごしたこの1年間で感じたもの、いろんなものが胸を締めつけた。


節目を迎えるとき、特別な空気に浸れるのが好きだ。



あぁ、私の旅はもうすぐ終わるんだな。



{FB7FC44F-EA83-465A-BD4F-D1789B0FEED0:01}

こんな風にビール飲みながら、ブログをベッドで綴る、ゆっくりとした時間はこれから持てるんだろうか。



非日常から、日常になった旅が、突然にまた特別なものに感じられた。


あぁ、私の旅がもうすぐ終わる。




{8ECD543D-5C30-43C0-81EE-F67B38C473FD:01}

そして、ビールは二本目に突入。


そういえばさ、さっきさ、ビールを買ったときに、レジのお姉さんがノートに記録してたんだよね



あれ、売上台帳だと思うんだよね。


この旅で何番目かに感動した。


台帳を!


手動で!!


記録する個人商店!!!!



そんなの見たことない。


レジがないところは、どんぶり勘定なんだろうなぁーーって感じのとこばっか。


あのノートがどんな風に活用されるかは謎だけど、何をいくらでいつ売ったか、記録しようと思った、その事実が素晴らしい。


コロンビア、すごい。




、、、、私の感動しどころ、おかしいですかね?笑。


******


ブログランキングに参加中!
クリック後、ブログ村のページの読み込みが終了すると順位に反映されます。
1日ワンクリックまて有効。


応援クリック、いつもありがとうございます!


 
にほんブログ村

最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)


*******



◾︎キト 市内からイピアレスのバス移動


キト市内
↓トロリーバスでLa Y駅まで  25セント

↓カルセレン行きのバスに乗り替え  50セント   
  セントロからカルセレンまで合計で1時間ほど。


↓カルセレンバスターミナル


↓バス会社名不明  。トゥルカンと看板出したチケットカウンターがある6.25ドル(バス利用料0.25含む)5時間

トゥルカン  

↓ タクシー  3.5ドル  15分

エクアドル、コロンビア国境

↓徒歩で国境越え

コロンビア入国

↓タクシー 8000ペソ たしか15分くらい

イピアレス











いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
{55EE3A15-AD91-4AD2-941C-D88A999FDAD9:01}
 
  
《6/20/2016》《 411日目》エクアドル キト

赤道へ



朝4:30に!!!!!!


バス乗ってバニョスからキトに戻ります。


午後には赤道またいでキト観光を終わらして、


明日には、エクアドル出国!!


弾丸です。頑張れ私。



バスは途中乗車の人が多くて、騒がしかったり明るくなったりで、全然寝れない。

昨日もドキドキして寝付けなかったのに、バスの仮眠ができないなんて(´Д` )


キトに着いて、宿で少しだけ仮眠をとってから赤道に向かいました。


 
 
 キト、なんだかすごくきれい。
ぴしっとしてる。
エクアドルって飛ばされがちだけど、見所実は多いんじゃないかなぁ。


宿の多い旧市街からは意外と遠くて2時間くらいかかります。

行き方はこちらを参考にされたし。
キトの街は大きいけど、わかりやすいバスが発達してて便利。
大きいバスターミナルのツーリストインフォで路線図つきの地図がもらえます。便利です。



 
アイスなんて買い食いしながら、ゆきます。
50セント、ラズベリーおいしい!



エクアドルって赤道って意味なんだって。


地球のど真ん中から横にズバッと線を描くと、それが赤道。


太陽に近いからあったかい赤道。

曇天だから寒くて本日もセーター着用だけどね。

赤道近くても標高高いと寒いんだよ。

標高高いと太陽に近づくのに、寒くなるって不思議。





バスを降りると、それらしい建物発見!!!!
 


 
  
  
あの記念碑が赤道の真上にたってるんだね!!



 
  
チョコレート博物館やら込みの共通博物館チケットが7ドル。
え、前情報より高すぎる、倍額!!

と思ったら、入場だけの3.5ドルのチケットがありました。

なんで7ドルのしか掲示しておかないんさ!

明瞭会計の日本が好きです。




******



あとつっこみたいのだけど、、、、、






 
赤道なのに、なんで黄色いラインにするかな?!

これだと黄色い道じゃん!

と思ったけど、赤い道と日本では呼んでるけど、
エクアドルでは太陽の道だから色は関係ないね。
むしろなんで赤い道になったんだろう。暑いから?



 
モニュメントの周辺は、お土産屋さんや、偉人の像や、アーティスティックなものがいっぱいでした。



 
赤道の真上にたつ教会、




 

卵たてるゾーンもあった!!


でもここ、、、、、、

本当は赤道じゃないんだよね。(@ ̄Д ̄@;)


GPSが発達して、改めて測ったら、このモニュメントは赤道を微妙にズレていたそうで。


それでも、ここを訪れる観光客は後をたたないようで。


私今赤道にいるのよー!!!って電話してる旅行客を見かけたよ。
お姉さん、ここはどうやら本当の赤道ではないらしいですよ。。。



 

なんて、大喜びのお姉さんに水はさせないので、カプチーノを飲みながら赤道モニュメントを眺めました。




*****



{EFBFA287-D760-4E39-A09D-A2283828C00C:01}

 
本物の赤道はこちら。

立派な赤道記念碑から徒歩5分ほどのところにある博物館の中にあります。


 

 
  
 

B級感溢れる博物館。。
4ドル。



こういうのめっちゃ好き(笑)



中は見回るには、ガイドさんがいるようで、色々と説明してくれたり実験をしてくれる。



エクアドルはスペイン語で赤道なんだけど、言葉の意味としては、「太陽の道」なんだそうです。


ちなみに、キトは真ん中の街(場所だったかも)という意味。


まだ科学が発達する前、貝が貨幣として使われているくらい昔についた地名で、先人たちはここが、世界の真ん中だと知ってた。




どうやってだと思う?





え、、、、ガイドさんのクイズ、普通にわからん。。。





答えは、影!





太陽が真上からさして、影ができなくなるから、ここが真ん中!って考えたそうだ。





 
水を排水溝に流したときに北半球と南半球でできる渦の形が違うとか、



 
 
赤道の上だとまっすぐ歩きづらいとか、



 
  
力が入りづらいとか、


赤道といえばの実験が繰り広げられます。


そういう実験ができることも結果も知ってたから、あーコレね、くらいのテンションで実験に臨んだわけなんだけど、、、




いざ見たりやったりするとめっちゃおもしろい!!!!!



ほんとに!!
ほんとに渦の方向が違う!!!


ほんとにまっすぐ歩きづらい!!!


ほんとに力が入れづらい!!!!!



あと、知らなかったんだけど、赤道の真上は重力が弱まるので体重も1kg程度軽くなるんだって。



秒速で1kg痩せられる方法が赤道にありました!!!




そして、一番のお楽しみ、、、、




 
卵たてーーーー!!!!!




北半球には北に引っ張る力が
南半球には南に引っ張る力が
それぞれ働いてるけど、

赤道の上はそれが引っ張りあって?

卵が釘の上にたっちゃうんだって!!




おおお!



私もやりたい。。。!!



卵たては2つしか場所がなく、順番待ちをするんだけど、



譲ってたら時間終了して卵たてできなかった。。。(´Д` )(´Д` )


ドイツ人のおばちゃん尺とりすぎ!!もー!!




せっかく赤道来たんだし!!
ここで卵を立てずにどこで立てる!!



ガイドツアーが終わって自由になったあと、速攻で卵の場所に戻って、卵たて開始。



南と北に片足ずつバランスよく立つのが卵をおったてる秘訣らしい。



ぐらぐらとする卵をそっと扱い、たぶん1分くらい。。。





{BFCC8128-BEE1-4519-9BF4-36721EF9B087:01}

立った❤︎




これ想像以上にめっちゃ嬉しいし、楽しい!



4ドルの価値ありました!!\(^o^)/



パスポート持ってくと、赤道スタンプも押せるので、持って行きましょう!



****

博物館はB級と見せかけて、おもしろい展示がありました。


エクアドルにもアマゾン気候の場所があり、今も昔ながらの暮らしをしてる人たちがいる。





そこの男性のお姿がこちら。








 
てんてんが、、、男性のシンボルが縛られている。。。




というのも。




これが、彼らなりのオシャレでして。






というのは、冗談でね\(^o^)/





彼らが暮らすエリアの川には、


アンモニアを嗅ぎつけて、尿道を巣食う寄生虫が住んでおるそうです。


成虫はなんと10cmにもなる大物。


巣食われてしまった場合は、手術するしか手はなく、傘のように男性器を開くんだそうです。



おっそろしいいいいぃぃぃぃーーーー!!!!!



尿道結石も男性は激痛っていうし、
飼うのも痛いし取るのも痛いという逃げ場のない責苦に逢う。



その予防のため、川ではトイレをしないし、縛って虫の侵入を物理的にふせいでるんだって。


ガッテンです!!


 

ちなみに成虫のホルマリン漬けも展示されてました。写真右。左は猛毒蜘蛛のタランチュラさん。



 
ヒトの首を狩るという文化も彼らにはあるそうです。


今は動物だけにして、人はやらないって言ってたけど、どうなのかなぁ。。



首を切って、骨や脳を取り出し、洗って、干す。

そうすると、ヒトの頭は従来の7割ほどのサイズになるそうです。


族長など偉い人が、首飾りとして使用していました。




 

170年前に作られた乾燥頭がこちら。
当時10歳の男の子が病死して、その子のためにお父さんが作ったんだとか。



残虐行為を楽しんでるというわけではないのね。


 


******





   
街に戻ってからは、目立ってた教会をちょっと覗きにいきました。






 
 
バジリカ教会というそう。
教会にイグアナとかアリクイ?がささっていた。
斬新。。!


 



中も立派で、ケルン大聖堂を思い出したよ。


******


そういえば、エクアドル料理をまだ食べてない!

明日の出国前に何か食べたい!

地球の歩き方でレストランを探して行ってみることにしました。


バスに乗って、辿りついたのに、、、



 

 
今日はお休みらしい。

 
無休じゃなかったのか!!
食べて見たかった創業45年の味。。。

お腹ペコペコで、ケンタッキーに妥協しかけたけど、ぐっと堪えて歩いて他のレストランを探す。




 
良さげなレストラン発見。
むしろ、こんな小汚い姿で入っていいんだろうか。。笑。
入るけど、、、笑。




{71322547-623C-485F-80D5-4C4B03492EB8:01}

どきどき・・・・。





 

ジャガイモとチーズとアボガドのスープ、キトの名物料理を頼みました。

うまし♥︎

もうこれでエクアドルに思い残すことはない!!


******


ブログランキングに参加中!
クリック後、ブログ村のページの読み込みが終了すると順位に反映されます。
1日ワンクリックまて有効。


応援クリック、いつもありがとうございます!


 
にほんブログ村

最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)



















 
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。