もしも会計士が財務諸表から離れて世界一周をしたら

仕事をやめて、世界一周の旅に出ました。
旅の中で日々感じたことをつづってゆきます。
たまに旅人お役立ち情報があったり、なかったり。

NEW !
テーマ:

5月21日以降にいただいたコメント、ようやくお返事できました!
遅くなってごめんなさい。

いつもコメント、いいね、応援クリック、ありがとうございます!^ ^


*****

{13E2F558-6CE4-4AEC-8899-F4D25C187D6D:01}




《5/4/2016》363日目》 サンペドロデアタカマ



アタカマツアーで仲良くなったスイス人マークと仲良くなっていろーーーんな話をしました。

印象に残った話を書き残しときます。パート4。





******


スイスって、行ったことないけど、すごく豊かな国のイメージがあるじゃないですか。


福祉制度が整ってて、
自国通貨スイスフランが強くて、
中立国でどの戦争にも加担しなくて、
人口800万人の小国なのに、世界に名だたる企業やブランド力を持ってる。


私の大好きなリンツのチョコ
スイスナイフ
スイス時計
マカロン
 チーズフォンデュ



うん、スイス豊かです。




でもね、戦後はそれはもう、ぐっちゃぐちゃだったんだって。

資源もないし、土地もないし、人も少ないし、もうこれは頭と技術で頑張るしかないって必死でやったそうなんだよ。


狂わずに時を刻む、スイスの時計はスイス人の技術力の証。

長く、強く、走る日本の車が、日本の技術力の証のように。





戦後、食べれるものも少なかったから、『ごはんは残しちゃいけない』って風潮が今もスイスにはある。


ちなみに、ブラジルはそんな風には考えないんだって。
食べ物なかったらオレンジを木からもげばいいっからねって笑ってた。



スイスの食べ物を大事にするっていう文化は日本のそれに似てる。


似ても似つかなそうなスイスと日本に意外な共通点があって、なんだか嬉しい。



*****

マークからスイスの話を聞けば聞くほど、国の仕組みがよくできているなぁと感じることばかりでした。





スイスには徴兵制がある。
中立国のスタンスをとっていると同時に、いつでも国民が兵士になれるように用意をしている。

1回限りに徴兵じゃなくて、複数回あって、能力がさびつかないようになってる。

民間人にやみくもに戦闘力をつけたら、統治が大変なんじゃ、、なんて気もするけど、民間人が銃を使って馬鹿げた事件を起こすなんてことはごくごく稀。


国民の潜在的な戦力は、政治への抑止力にもなっている。

ないがしろにしたら、国民もいつでも武力行使できちゃうからね。





まぁそもそも、スイスの政治家が国民をないがしろににすることはない。

なぜなら、政治家も、一般人だから。
スイスでは政治家も家で何か商売をしていたりして、職業が政治家のみということはない。

一般人にとってリターンのある政治家が自分にとってのリターンにもなる。

政治家がすごく身近な存在で、何か意見があれば知り合いの八百屋に行けば、行政に意見ができてしまう。




行政だけじゃなくて、立法もそう。
署名を集めて、立法を議院に提言することも可能で、珍しいことではないそう。

立法のパターンはいくつかあるらしいんだけど、国民投票も一般的。
国民全員で、立法の可否を選挙で決める。

政治家の情報公開も広くされているので、汚職や不正を働くことも仕組み上難しい。

オープンでクリアで、一般人のすぐそばに政治と立法がある。



日本の若者の大多数にとって、立法なんて、
いつの間にか知らない間に国会議員が決めてるどこか別の世界のものなんじゃないかしら。




*******


スイスの国の仕組みを話すマークの口調はとても滑らかだった。

よく理解しているし、その仕組みにも自信を持っているようだった。


政治も、スイスの企業の話も、いくつもいくつもでてきた。


自分の国が好きなんだろうなぁ。


自分の国のことをよく知っていて、好きでいるって素敵なことだなぁ。




日本ってこんな国なんだよ、
日本ってこんなすごい企業があるんだよ、
まぁこういう問題もあるけどね。


って、言える日本人は一体どれくらいいる?

私はぼやぼや~~とニュースで聞きかじったことを言うことくらいしかできないよ。

自分の国のこと、もっとちゃんと理解したい。

帰国後のやりたいことリストが一つ増えました。


*******


◼︎本日の備忘録
#スペイン語と英語を交互に話してくれて、ありがとう!!
#Enpanada 、Empanaa、パイの包み焼き的な。
#スペイン語テスト。ヤモ、ヤマテス、ヤマ、ヤマモス、ヤマイス、ヤモン
#各国の小ネタメモを作ろう


******

ブログランキングに参加中!
クリック後、ブログ村のページの読み込みが終了すると順位に反映されます。
1日ワンクリックまて有効。


応援クリック、いつもありがとうございます!


 
にほんブログ村

最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)




AD
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
《5/4/2016》《 363日目》チリ サンペドロデアタカマ 



サンペドロデアタカマを起点にばしばし観光中です。

・月の谷
・Salar de Tara
・piadaras de Roja

と見てきて、今日は
・Tatio間欠泉
・puritama温泉
を見に行きます。


このタティオ間欠泉、標高は4,300m,世界一高いところにある間欠泉として知られています。

太陽が出ると、蒸気が見えづらくなるとかで、ツアーの開始はなんと午前4時!超寒かった。。。!!

それもそのはず、なんと外気はマイナス4度。

凍えながら間欠泉見ました。


もくもくと上がる湯気や、天然成分が作り上げた階段や逆鍾乳洞のような突起の景観は確かに個性的。


ただ、間欠泉っていうと水がワッシャーーー!!っと飛び上がるイメージなんだけど、ここは煙がもうもうと立ち上って、水がゴボゴボゆってるのがメイン。

アイスランドの大間欠泉を見た後では、ちょっと物足りなく感じました。

ここでの何よりの思い出は、泳いだこと!

温泉が併設されていて、極寒の中服脱いで、あんまりあったかくない温泉に浸かったのはとてもいい思い出です笑。


間欠泉ツアーは午後終わりだったので、少し休んで夕方からプリタマ温泉のツアーにも出かけました。

プリタマ温泉は、渓谷に囲まれた屋外の温泉、 標高は3500mくらいだったかな?
温度は37度くらいで、やっぱり寒い。

段々畑のように、温泉が9つあるんだけど、寒い寒いって走りながら次の温泉を目指すのが、何だか滑稽ですごくおもしろかった。
藻が浮いてるしね、温泉に笑。


ただね、温泉なんですよ。
プールじゃないんですよ。

露天温泉ってゆったら、
きれいなあついお湯につかって、
庭とか雪とか星とか見て、
と風呂上がりのコーヒー牛乳飲みたい気持ちをぐっとこらえながら浴衣を着て、
お夕飯にビールで乾杯する
元気だったらそのあと卓球

そういうもんですよね。

プリタマ温泉ではしゃいでいる外国人の皆様にはぜひとも日本に来て温泉旅館に泊まってほしい。お金がないならオシャレ銭湯にでも行ってほしい。


ともあれ。

満足♥︎о(ж>▽<)y ☆



*****

◼︎タティオ間欠泉
{C72C8F80-1B3D-49D5-A3CD-5615B4160D60:01}

{623C4577-7100-4C31-9169-AF2F2C02FDA3:01}

{8494A6B8-D605-4AB9-812C-52F8708D1651:01}

{9F0CA001-C28F-4286-9BB3-02B9555CAF77:01}

{2B940E0C-640C-4389-8FDA-CFA84C903FCA:01}

{C1F00250-1FA8-4D8A-AB1C-93E63D2DE85C:01}

{B4DCF591-8F07-4AE2-8D3F-68A2D18A23FB:01}

{E29D73DD-E6E2-46BF-86A1-526F3BCF56CD:01}

{5785FD30-C3E2-44BB-8BC0-68684BC66301:01}

{FD883F9E-CF67-4EA2-A88E-6E632EC8EB78:01}

{3389941A-CB17-4B57-A061-B750455D7A2C:01}

{1BE47715-D9E6-48D3-9A6B-A68E8E81977F:01}

{7718D478-308B-4E31-852A-191B5757D89D:01}

{02E6E1B4-0A72-4DCB-A0A8-CD326C3D2F2D:01}

{15BEA253-8267-4B04-BBE8-62AB3B2A9F13:01}

{46F2A8AD-F0FF-4507-9CA7-97177FC7CD62:01}

{C2837006-2A16-40E7-BB58-98F36FFB4283:01}

{B47207A1-DA3F-4EE1-B0B5-8CE1E9C65FEB:01}

{67BBFA83-9110-4790-9372-E8B81664E920:01}

{3E5B525C-5C69-463C-B566-C2B02B77180E:01}

{E481D272-55AC-4592-9B15-170A0277899C:01}

{8FDF0115-F246-43A3-A253-FC260FFA83D0:01}

{9E4E7AEA-A88B-45F9-B46A-D449176998F3:01}

グループフォト。
仲良くなったチリ人エリョス、スイス人マーク、ブラジル人のギーとダニー名前は聞かなかったけど夫婦でアメリカ大陸横断中の2人。



{22FDB9D0-F7CF-4AD2-B9C2-86B12F7F3670:01}

{4F568380-52DB-4D06-91F3-BECEE0228313:01}

ガイドのマリオ




◼︎プリタマ温泉
{36D0A011-BE07-4F2C-B5F3-36CDD6DAD472:01}

{E144EBBA-3FEC-4DF2-A0DD-1D2C5DCE5567:01}

{5DF3BBB7-7240-4368-9C8F-85BFBCB5DBCD:01}

{81C7361B-4CBD-47CE-9A7C-24FF0AB60CCD:01}

{3F3D8C14-F9B8-4E79-900E-EABDB3CE4626:01}

{CA5D79C8-A713-4BFA-911E-7CE9EB5E6E8B:01}

{F70FFE0B-D7C7-43D4-8EA9-A2F22BF5B528:01}

{B72BB117-30F7-4EAE-89A7-2EA0365234C8:01}

{BB6E155D-AE60-498A-80A0-AA82C34951C2:01}

{9A88F598-EAC0-411A-B88F-B497C5F273DB:01}

{0C89E2BB-2F79-470D-943D-8F9850DAAB92:01}

{9FC68275-0E9F-49FE-A853-54780B5D0493:01}

{2321B804-589B-4A4C-9BF0-F93E558A1D66:01}


******

ブログランキングに参加中!
クリック後、ブログ村のページの読み込みが終了すると順位に反映されます。
1日ワンクリックまて有効。


応援クリック、いつもありがとうございます!


 
にほんブログ村

最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)






AD
いいね!(8)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
《5/3/2016》《 362日目》 サンペドロデアタカマ 



うっかり延泊中のサンペドロデアタカマ。

街は賑わってるし、絶景だし、マークといるのは楽しいし、延泊正解!

今日はピアダラスデロッハ(赤い石)と呼ばれるところへ行って来ました。

毎日ツアー、、贅沢ー!!

朝早くのアタカマはほんっとに寒いけど、景色はどこもほんっっとに美しいよ。

今日はちょっと手抜きブログです。てへ。

*****



ハイラグーンという フラミンゴがいる湖
ミニゲスレークと火山 
ミスカンティ湖  
標高は4,000m超。

バッハブラバ という黄色の逆立った髪のような植物があっちこっちに生えている。
 ゴブリンが土の中で眠ってるみたいに見えたよ。夜になったら這い出て踊ってたりして。

{20E723B9-F3C0-44F7-B612-8F3BDBEB294C:01}

{8BE5957E-5D1C-45B3-90F4-3FA255163D5C:01}

{73CF1FB4-5B59-449D-AA5F-34E4818954B1:01}



{898C809F-1CD2-4E86-85C2-B0CC98FDA3B9:01}

{5EBFE993-5436-46C8-991B-D46307131960:01}

{E71E65CD-B8E2-4CBD-ADD5-51830A71958A:01}

{A60DE7F4-C01B-420F-80B5-67B0334E6347:01}

{A0A7C7DE-AA43-44D8-997E-E8F0DF1EFD66:01}

{E1E40526-3266-4636-B803-CA28A3196468:01}






ビエダラス ロッハ(赤い石)
石に含まれる鉄の成分で赤く変色しているそう。
ここもかつては海の底で、クジラの化石も見つかっているんだって。
地殻変動っておもしろいね。
{9CD5D8CE-9D07-4540-9F0A-39ABCFB9C6FE:01}

{1920C86B-7119-4C17-8BB2-5E3BB0F3D5A5:01}






 
赤い石自体は、さほどの景観ではなかったんだけど、辺りの湖と山のコンビネーションが最高!完璧なリフレクションが見られました。
{2261E77F-E838-42E1-9F52-632DF51B9F56:01}

{ACEB77AB-B8C4-4132-8493-A187587CCB30:01}

{0DE27671-9CBE-4F58-939A-85287A5BAD89:01}

{E7FFBD60-E540-496C-B355-F5AD7DCE99B7:01}

{7C96E9C7-C76D-4C98-AE15-D24678513C85:01}

{64B9EE27-274E-460E-A0F6-1EA8036B2406:01}

{016951C7-93F3-4EBB-81A0-72BA471CC4AB:01}





塩湖にも行ってまいりました。
塩湖はやっぱりウユニが一番?
フラミンゴが三種類ここでは観察できます。
数は少ないけどね。
運が良ければ、ネズミや狐や鳥にも会えるんだとか。
塩だらけでどうやって生き物が暮らしていくのかと思ったけど、大半はもっと楽な環境に移動するので、生存競争が起こりづらく、逆に生きて生きやすい動物もいるんだって。逆転の発想。
{1746BEC2-0CE0-4628-B553-551293C9ABCE:01}

{8EBF5BF8-1E0B-476D-B074-95165D2BDBA9:01}

{047E3227-5107-4B7C-AD80-D34929016382:01}

{E4604E8B-9944-4799-8FB6-700E1EC53A15:01}

{5D88BBDB-000F-44E6-82FE-72AAE3FD353A:01}

{F1330878-4537-4330-A912-C1D9D0E6C9F7:01}






トコナオという街にも行きました。
ここは、サボテンで作った教会が有名。サボテンは実は、あの緑の中は木みたいになってる。知らなかった!
サボテンは1年で1cmしか伸びないので、むやみに刈ったらすぐ絶滅してしまう。なので、今は自然に倒れてしまったサボテンだけを建築や家具に用いているそうです。

{1EFDFE60-B880-4D55-8C7D-B21C0F744C1C:01}

{0230939F-5CB5-4E05-A1D5-D465CA9C4B4D:01}

{96AC28CA-B869-4680-BD4F-8CB168EE8284:01}

{520CB87B-67C3-47A2-B37A-0AE0FA302F2C:01}

{16B68C20-4609-4C40-B2A1-EA1FBB1374CF:01}




トコナオの家々は、ラバオという火山岩で作られていて、室内の暑さ寒さをちょうどよく保つようにできてるんだって。賢い。




********

ブログランキングに参加中!
クリック後、ブログ村のページの読み込みが終了すると順位に反映されます。
1日ワンクリックまて有効。


応援クリック、いつもありがとうございます!


 
にほんブログ村

最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)







AD
いいね!(10)  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

テーマ:
《5/2/2016》《 361日目》  チリ サンペドロデアタカマ


アタカマツアーで仲良くなったスイス人マークと仲良くなっていろーーーんな話をしました。

印象に残った話を書き残しときます。パート3。
このシリーズ超続きそう。
ブログ進まぬ。笑。



*****


マークが旅から一時帰国したときのこと。


スイス人が皆あまりに早く歩くからびっくりしたんだって。


すごくわかります。


私も東京に一時帰国したとき、

人の多さに酔い、

人の歩く早さに衝撃を受けました。


新宿駅や東京駅で、あれだけの人がぶつからずにサクサク歩いている光景は外国人観光客も目を剥くそうです。

どこの国も、まーーーーあゆっくり歩いてますよ。

走ってるのなんて遊んでる子どもだけなんじゃないかと思うくらい、急いでる人なんてほとんどみかけない。

歩くだけじゃない、色んなものが、ゆーっくり。

レジ打ちも、お釣り用意する手も、発券も。





それでね、マークは一時帰国してから一週間もたたないうちに、何の違和感もなく周りと同じペースで歩いてる自分にふと気づいたんだって。




すごくわかります。



私も同じでした。
何なら、人を抜かしながら歩いてることだってあったよ。



社会の仕組みに取り込まれるのは。すごく簡単だ。



とマークは言いました。



社会の仕組みっていうのは、人の行動とか、経済活動とか、社風とか、すごく広義のものを言ってます。仕組みには良いものもあれば、悪いものもあります。





旅をしている間に考えてたことは、
旅をしている間のゆったりとした気持ちは、
いとも簡単に都会の喧騒に飲み込まれたいってしまう。



自分が生きていく環境に適応していくことは必要なことだと思う。

それに文化も国民性も経済力も全く異なる国と日本を比べて、あの国はああだったこうだった言ったって、ナンセンスだと思う。

日本人の真面目で細部までこだわる気質は、世界も認める素晴らしいものだから、それも大切にしたいと思う。


ただね、何かを得るために、個々人の多大な幸せの犠牲があるのだとしたら、それは不健全だよ。




社会の仕組みに取り込まれると抜け出すのは大変だと


マークは言いました。


例えば家を買ったら仕事をなかなかやめるわけにはいかないし、

それまでの付き合いなんかもあるし、

ずっと同じ服を着てるわけには行かないし、(いや、行かないのか?)


環境を変えるっていうのは、すごくストレスのかかることだし。



うん、わかる。

だから、社会も自分の暮らしも普通はなかなか変わらないんだろう。

行くとこまで行き着くと、革命や暴動が起きるんだろう。
個々人レベルでは、転職や引越しや、旅もそうかな。






人里離れず社会の中で行くていく=社会の仕組みに取り込まれる

とも、いえます。



悪しき社会の枠組みに取り込まれたくない。

けれど、

人と出会い、暮らし、お金を稼ぐ以上、社会活動の中での出来事なので、枠組みに入らなければ無理です。


ちょっと抽象的な話だったから、結論として、じゃたこうしましょうって言うのないんだけど、


それはおかしいって思える社会の仕組みがあったら、適応する以外の道も選択肢に持っておけるようにしたいなと、思います。

旅人の戯言かな?

愚かしいことを、言ってたなぁと思う日がまた来るかもしれないけど、今の気持ちを一応ここに残しておくよ。




***********

ブログランキングに参加中!
クリック後、ブログ村のページの読み込みが終了すると順位に反映されます。
1日ワンクリックまて有効。


応援クリック、いつもありがとうございます!


 
にほんブログ村

最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)








いいね!(6)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

{2277B878-E8EC-4035-A348-4B6FED44AC58:01}

《5/2/2016》《 361日目》  チリ サンペドロデアタカマ



サンペドロダアタカマの街は標高2800mと高地にあるんだけど、タラはさらにその上、標高4850m。


車でぎゅんぎゅん坂道を登っていくので、高度順応してる時間がない。

綺麗な景色を見ているうちはアドレナリンで誤魔化せてたのか平気だったけど、帰りのバスの中で気持ち悪くなってきた。

車の中で背中をさすってくれたり、肩をかしてくれたりするマーク。

カーブのときには、体が流れないように支えてくれる。

カーブで体を支えてくれるのはすごく助かる。偏った重力はさらに気分を悪くする。

なんだろうこのシチュエーション。おいしいなぁ。

と気持ち悪いながらにほんのり高揚する私。

日本人はあんまりボディータッチをしない文化らしいけど、大丈夫?

と、私が嫌がってないか気にしてくれる紳士っぷり。



たしかにこれが日本人だったら緊張するし、何してんの?って思うかも。

だってそんな文化ないし。


弱くない下心を持って触ってる場合はこっちもわかるから不快だし、
親切でもぎこちない動きだとなんだかこっちもぎこちなくなってしまう。


マークの手はあまりにも自然に差し伸べられたので、うがった見方をせずに甘えられる親切でした。




日中風が強い時も、風よけになるように立ってくれたり、


寒いところでは手をこすって息を吹きかけてくれたり、


段差があるところではすっと手が伸びてきたり、


かといって無駄に肩を抱いてくることもなく、、、



今まで触れたことのないヨーロピアンジェントルに驚きと感動さえ覚えました。

あ、飴もらいました(餌付け笑)

正直日本人だったら、会って2日の人に手をこすって温められても嫌だったかもしれません。

ヨーロピアンでも若造だったら嫌だったかもしれません。


42歳のヨーロピアンだからこそなし得たものな気がします。

執事カフェにでも来たみたいです。行ったことないけど。
執事カフェ。


日本男子よ、もっとキザであれ。

と兼ねがね私は思ってるけど、

キザな人は、チャラいとか自分大好きとか、あらぬ方向から批判を受けているのを見たこともある。


同じことしてもヨーロピアンはさまになっちゃうからずるいよね。



なんかね、浮ついちゃうね。

平常心、平常心。。





******

ブログランキングに参加中!
クリック後、ブログ村のページの読み込みが終了すると順位に反映されます。
1日ワンクリックまて有効。


応援クリック、いつもありがとうございます!


 
にほんブログ村

最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)


*****.

◼︎本日の備忘録
#星空ワイン
#どんな人が好き?

いいね!(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつも日記は2~3日の間に書いて、ブログのアップはネットが調子いいときにしてたんだけど、、、、


ここのところ日記をサボってたので、あんまり覚えてない!! \(゜□゜)/


写真見ながら数ヶ月前のこと書いてる人ってどんな記憶力してるんですか?!

ということで、アタカマ編は写真ばっかりでお送りする予定です。




******

《5/2/2016》《 361日目》 チリ サンペドロ•デ•アタカマ



旅人の間でアタカマ砂漠というと、アタカマ砂漠からウユニ塩湖への2泊3日のツアーがとても有名。

あとは、温泉とか間欠泉とか月の谷とか。

ガイドブックを見てても、さほど惹かれなかったアタカマ砂漠だけど、街の旅行代理店の写真を見てるとすんごいかっこいい。

しかも代理店のスペックがね、砂漠の街とは思えないほどハイレベル。
壁掛けテレビでかっちょいち名所のショートムービーとか流してるんですよ、そんなん行きたくなるじゃん、、、。
ていうかどんだけ儲かってるの、この街。

旅のペース、、早めようと思ってたんだけど、、、、


マークも誘ってくれたし、今日はツアーでSalar de Taraというところへ、ツアーで行ってきます!




*****


{A8BE828C-7EE9-4219-9D66-F12FD59D42D8:01}

行き先は、Salar de Tara。
他にもちょこちょこよってくれました。

ツアーは朝の8時からスタートして、夕方16時ごろに終わる、ワンデーツアー

車で一時間以上走ったので、自力で自転車などで行くのは普通の人は無理。


ツアーの最高地点は4,850m!
たっか!!\(゜□゜)/

そんな標高になれば、当然10度を軽く下回る寒さなわけで、秋の装いでやってきた何なら下は綿のタイパンツ一枚の私はなすすべもなく震えながらの絶景観光、、、、




となるはずだったんだけど、私を救ってくれたものがありました。


・太陽
太陽があたるとほんとーーーにあったかいです。
じわーーっとあたたまります。
太陽の当たる地球素晴らしいです。




・アドレナリン
タラ、絶景すぎてテンションがめちゃくちゃ上がりました。緑の美しさ、山の造形美、砂漠に生きる草花の色あい、火山が作り出した奇形、奇岩、地殻変動が生み出した湖、フラミンゴ、、、。すごかったよ、タラ。月の谷よりもタラがおすすめです。
テンション上がっても、息がすぐ上がるから動きがスローになるのが、高地ならでは。



・マーク
マークが、超、優しかった!!!
、、、、うん、これはちょっと別記事で。





それでは、Tara他、美しい写真をご覧ください。(^^)

先にブログ村リンク貼っておきます☆


*******

応援クリック、いつもありがとうございます!


 
にほんブログ村

読んでくれてありがとうございます(^^)

******


{01A42BC2-1773-4953-9475-97D77FBC5013:01}
リカンカブール火山。5900m


{A1AEA795-B50C-424F-915C-FBFB852E1409:01}

{D4B35192-E597-4A7C-90EA-576AE3C409D0:01}

{48F8EAB8-312F-49FF-9E08-11BC5781B589:01}

{576EA632-3226-46A3-879D-4FC84AC721DF:01}

{70B50A89-CD5B-4023-8466-39A0BA3AFF41:01}

{C7C980A1-EC1A-4A2C-BB67-552AD501A151:01}

{907EEFD9-413B-4A43-A989-335C0C6EDC5F:01}

{BB72365D-3C95-4E65-8F7E-08DDE243DB96:01}

ラデパガナムンク
崖から手のように生えた岩。

{0F61C789-315B-4CD4-BCC2-0516FCE4D476:01}

{CA7A8ECC-A763-444B-8525-5823F8BD7745:01}

{ACF1E984-B5CA-47D6-9CDD-589C77EE681A:01}

{1AE063F9-6C99-417D-8A3A-71C6959C52E7:01}

{31BEF81D-7E1B-473C-BFE9-BB92BE6A9A0B:01}

{274A7596-1107-48C6-9500-D59896AC148D:01}
火山活動で遠くから飛んできた火山岩。雨風と時間の力で不思議な形に。


{0857CAFB-E666-4371-B079-5CDE3CCE19AB:01}

{B0C80914-38B6-4CCA-89E7-5EFBEF3DB2C8:01}

{E7CF6BF9-B49F-4798-984C-14B71A2B95AA:01}

{3E19ED4F-6C7A-4CF9-A8DB-BFB835F97856:01}

{0B82A8DF-F330-4824-AEB2-327F1B182BCC:01}

パガナモンク  40mの岩。
何かがスフィンクスに似てる気がする!



{C6A9039B-4311-468A-8B32-66C57779BB10:01}

{BD87BCCC-B936-4CDE-AB94-51D818436954:01}

{17359EF9-E175-4B62-AFD2-A709277E5B5A:01}

{CC6FBECC-B96B-4520-AC32-EA1EB9119982:01}

{BF8E45AF-3127-42F9-BA82-F6445ED9D68E:01}

{F5EA5447-F53B-459A-8B01-EDA36CC84056:01}

{7B7E81B8-4335-41FB-9338-F1C75862BF07:01}

{3FAC9458-9A40-4A26-BCF9-92C3D1DD1D0A:01}

{8B5708AF-1925-4582-A9F9-89B0A54786C7:01}

{F0D5CFD0-7DC8-4903-A735-36303DFC166F:01}

{04488462-1B82-4E98-A411-A1FB47296F10:01}

{590FAA75-AB64-46B3-AA10-204A31DAD666:01}

{644A4F30-C264-4216-9BF1-4FB51314C8E8:01}

アグアカリエンテ。温かい湖。
フラミンゴが生息しているそう。
青さが嘘のように美しかった。













いいね!(10)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
{C429DD3E-1092-43A5-AAB4-5597FA21C3FF:01}

《5/1/2016》《 360日目》 チリ サンペドロ•デ•アタカマ



アタカマツアーで仲良くなったスイス人マークと仲良くなっていろーーーんな話をしました。

印象に残った話を書き残しときます。パート2。



**



マークはね、小さい頃はいかに学校に行かないかを考えて過ごしてたんだって。

何かを学ぶということは、どこか自分とは違う場所に立っている人間がやることだと思い込んでいたらしい。


あの口ぶりだと、きっとお母さんは相当手を焼いたんだろうな。


義務教育を終えて仕事を転々として、自分で仕事をはじめて、結果がでなかったり、やれるだけやったけど、どこにも行きつけなかったり、単純な人生じゃなかった。

それでも必要と感じたことを学んで、試行錯誤して、無駄があれば改善して、

そうして、悪ガキからは想像のつかない知識豊富で、生きる術も趣味もたくさん持つ大人になった。

聞いていると、自営独身貴族の最終形態のような暮らしをしてた。



もちろん彼みたいな人は一握りなわけで。




安全路線を歩いてきた私が、安定を求めた人生はつらまないと思っていたと言ったら、



安全じゃない人生だって必ずしも楽しいわけじゃない、とマークは言った。


楽しくもなく、安定もなく、悲惨さしかない、そんな人をたくさん知ってるとマークは言った。



*****




ブログタイトルにもある通り、私は会計士という資格を持ってます。

公認会計士というやつで、国家資格の一つです。

企業の決算書チェックしたり、作ったり、税務申告したり、節税考えたり、会計やら内部統制やらコンサルしたり、企業買収のお手伝いしたり、色んなことしてる人がいます。

私は決算書のチェックをする監査人というものをやってました。


高校の頃にひょんなことから簿記を習い始めて、
大学でもそれが続いて、その延長で会計士の資格勉強を始めて、
学生現役合格を目指すも逃し、卒業一年後に合格しました。


ちなみに大学付属の高校に行ったのでセンター試験も知らないし、会計士の就活は基本面接とちょっとした小論文だけなので、SPIもやったことないです。





なんかね


安全路線をトントン(現役合格逃してちょっとだけ停滞したけど)上がってきて、


つまんない人生だなぁ



なんて



贅沢すぎる戯言で胸いっぱいだった時期があるんですよ。



仕事をはじめて3年経った後くらいからですかね。



勉強しなくちゃいけないのにダラけてしまう自分を乗り越えて、
毎日毎日机に文字通りかじりついて、


普通の頭しか持ってない自分が努力で手にした資格だったはずなのに、


浪人中、まだ社会に出てない自分がみじめみじめで働きたくてしょうがなくて、やっと就いた仕事なのに、


いつの間にかその輝きは失われて、


どんな志で、資格を取ろうとしたのかもよくわからなくなった。


あぁ、そういえばお父さんが小さい頃から手に職をつけろと何度も何度も言ってた。


あぁ、親の敷いたレールってこういうやつのことも言うのかな。


と、自分が歩いてきた道が、実は自分のものじゃなかったような、よくわらなくなって、自己肯定感が消え失せてた。


貯金好きな性格と仕事の忙しさもあって増えていく貯金が、時間もお金も生殺しにしてるように思えて、


あぁ、このお金で私は墓石とか買うのかな。って本気で考えてた。


なんか、、病んでましたね(苦笑)




*****



時は流れて、現在住所不定無職旅人でございな私。

浮世を離れて1年がたちました。




今はね、受験も、仕事も、貯金も、頑張って良かったって思うんですよ。



旅に出て、1年も経って、ようやくそんな風に思えるようになったんですよ。



この先自分ひとり食べて行くお金は何とか作れるだろう。


っていう基盤が今の私にはある。
資格と、4年間死ぬ気で働いた経験。


それがなかったら、こんな一年もフラフラ遊び歩くなんて、心配しいな私には不可能だった。


お金だってなかったら旅もできなかった。


あの鬱々とした日々が、やってみたかったことをやってみたっていいじゃんって背中を押してくれた。



資格は万能薬ではないけど、いざというときの術になる。



向き合って頑張ってきたことなら、自分の中に何かが残る。



その事実はずっとそこにあったのに、時間がたって、ようやく私のものになった。



術を身につけても生かす意思のない自分を責めていた、かつての私に、そんなことないよって言ってあげたい。



旅に出て
価値観が変わったというより、
憑き物が落ちたという感覚。






小さい頃から、手に職をと言っていたお父さん。

私に学ぶきっかけと、時間と、資金を与えてくれたお父さん。

受験中も、仕事をはじめてからも、生活を全面的にサポートしてくれたお母さん。


なんか、結婚式の手紙みたいになってしまったけど、


私は学べる環境があって、それはすごく恵まれていて、幸運なことでした。


本当にありがとう。



冒頭の写真は私の母校。


******


ブログランキングに参加中!
クリック後、ブログ村のページの読み込みが終了すると順位に反映されます。
1日ワンクリックまて有効。


応援クリック、いつもありがとうございます!


 
にほんブログ村

最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)













いいね!(9)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
《5/1/2016》《 360日目》 チリ サンペドロ•デ•アタカマ




{ADE5D3F6-39A1-4CE9-BA9C-D33E9625BFCF:01}

アタカマツアーで仲良くなったスイス人マークと仲良くなっていろーーーんな話をしました。

印象に残った話を書き残しときます。


**



マークが15年程前に日本に旅行に行ったときのこと、なかなか英語を話せる人が見つからなくて苦労したんだって。


ぅわ、外人だ!みたいな目で見る人はいても、話しかけると、英語できないんで~とスーッと引いていく。

文化や国民性に触れようにも話をしてくれる人がいない。

街で女の子に声をかけてごはんに誘うも、ことごとく失敗したらしい笑。

話してて下心は感じないけど、女の子好きなんだね、マーク。
結構、結構。笑。


日本のガールズバーなり何なりにも行こうとしてみたけど、そもそも、どこにそんな店があるのかもすごくわかりづらかったり、外人はお断りしてますって入れてもらえなかったんだって。


へー!(ノ゚ο゚)ノ



親切で、きめ細やかで、礼儀正しい。だけど、自分たちの世界の中に部外者はなかなかいれてくない。

と、彼は感じたらしい。




数年前に新宿で中国人を客引きする黒子を見かけたから、10数年前と今では少し情勢も違ってるかもしれないけどね。

一般人はともかくとして、お店もそういう対応をしてたっていうのは興味深い。



街の女の子は、、うーん、
たぶん二側面ある。一つは防犯、もう一つは言葉。

外人に渋谷あたりでごはんに行こうなんて誘われた日には女子は危険を察知して逃げるのは頷ける。

外人にほいほいついて行ったらなんとなく危ないんじゃないかって思うと思うもん。

防犯意識の表れです。




英語ができないから、、、と日本で外人に一歩ひいてしまうのは、日本独特なような気がします。


日本人は英語が話せるべきなのに、自分は不得意です。って思ってる人が多いのが日本はおもしろい。



全く通じてないのに、自国の言葉で話されることはどこの国でもあった。


ロシア語なんて知らないよ!
スワヒリ語なんて知らないよ!
アラビア語もアゼルバイジャン語もアマハリック(エチオピア語)もイタリア語もドイツ語もスペイン語も知らないよ!

そんなこちらの都合はおかまいなしに、現地の言葉で話しかてきてれる人たち(たまにちょっぴり大変。笑)

後進国はともかくとして、ヨーロッパでも英語のできない人は意外といる。
(三カ国語くらい普通でしょって人もたくさんいるけどね)


言葉が通じないから、コミュニケーションをと控える。

というのは、万国共通ではない。

日本にいるときは、できないならできないで、堂々としててもいいんじゃないのかな?




******


旅先で日本人に会っても、英語を苦手とする人が多くて、なかなか日本人が何を考えているか外人がそこに触れることは難しい。


日本人旅行客は自炊する人が多くて、ゆっくり話をするのも難しい。

と、彼は感じているそう。


うーん、まぁたしかに、ごもっとも。。


私も自炊するからって、ごはん最初は断ったし、、、。


外食は高くつくし、日本人は相対的に語学で苦労してる人が多い・・・。


うん、コミュニケーション取りづらそう。


英語に関してはそもそも全然できませんって旅行者にもよく会う。

日本人旅行者は外人とコミュニケーションを皆が皆とるわけじゃない。

私もとったりとらなかったりする。
ずっと英語を話すのは大変だし、、、、。


内向的とか閉鎖的とか、そうといえばそうなのだけど、
旅先では、どちらかというと、めんどくさがり屋といらん恥ずかしいがり屋なのかな、と思う。


得意じゃない英語を使ってコミュニケーションをとるのがめんどくさい。

得意じゃない英語を使って恥をかくのが嫌だ。




まぁ、とにもかくにもあっちの目線にたったら、


日本で会っても海外で会ってもコミュニケーション取りづらいのが日本人。


てことになるらしい。




日本人は、閉鎖的な人種ではないと思う。



海外に興味があって、海外との触れ合いは嬉しいと思う人が多い。



身内を大切にする、内輪を楽しむ傾向にはあるけど、一切お断りってわけじゃない。





日本人は外国人に対して閉鎖的か否か。


少なくともあちらはそう感じているようだけど?



ブログランキングに参加中!
クリック後、ブログ村のページの読み込みが終了すると順位に反映されます。
1日ワンクリックまて有効。


応援クリック、いつもありがとうございます!


 
にほんブログ村

最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)


******

その他本日の備忘録
#高橋カーセル→たけしキャッスル?→サスケ?
#スイスの教育 早期決戦
#ジョブスクール




いいね!(9)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

{67B24FA5-6020-40B8-AEB5-9ACBB500C57A:01}

《5/1/2016》《 360日目》 チリ サンペドロ•デ•アタカマ



サンティアゴからカラマまで24時間バスの旅を経て、アタカマ行きのバスに路上で乗り換えて、やって参りました。チリ北部、サンペドロデアタカマ。




{D3514075-40A5-41DF-90FB-2527EF1622D7:01}

え、ここバスターミナルなん??


日干しれんがで作ったような、一階建ての長屋のような簡単な建物が並ぶこじんまりとしたバスターミナル。

チリのバスターミナルはどこもちゃんとしていて、こんな手作り感のあるバスターミナルははじめて。


ボリビアが近づいているのだなぁ。

営業時間になっても誰もいないオフィスがあるし、てきとーな雰囲気。
それはそれでほっとするね。


ここ、アタカマは年間降雨量がとても少なく、最も乾いた砂漠なんて呼ばれてる。


日照り続きの砂漠。

つまるところ暑い。

軽井沢のような気温から、スーダンみたいな暑さのところにやってきたので、体がびっくりしてる。

舗装されていない道が多くて、砂の上を歩いてると砂漠地帯なんだなぁと思う。


標高も2000m以上あるので、心臓と肺が、いつもより少ない空気に動揺してるのを感じる。

つい昨日までは、海の幸の街にいて、さらにその前は紅葉の美しい山岳地帯にいて、チリは一つの国でも場所によって全く異なる世界を見せてくれる。



***



アタカマには間欠泉やら月を思わせる谷やら観光名所が点在してるそうな。


私がアルゼンチン北部のサルタという街に行きたくて、その通り道にアタカマがあった。


画像検索してもあんまりピンとこなかったから観光しなくても良かったんだけど、せっかく来たし、一番お手軽に行けそうな月の谷に行くことにした。


長距離バスで疲れたので宿で休んで4時開始のツアーを3時50分に申し込む余裕っぷり。


{D73ABCF8-0755-4D77-964C-3B2607669CB3:01}
ツアー代金 8,000Cペソ
入場料  3,000Cペソ(学割2,500Cペソ)

街から月の谷まで送迎してくれて、そのあと公園内の見どころを車で回ってくれます。


フルだよ!って言われることも多かったからもうちょっと早く申し込んでもいいかも?

アタカマはシーズン中なので、街はちっこいのに旅行者で街は溢れかえってたよ。

ほどよいツーリスティック感。






{E4EA5E81-630B-4BE4-8271-F72C0801AF97:01}
入り口。
ここで入場料払います。
30ボリだったかな。





{02151259-2A1D-440F-968E-CBCD316FFD9E:01}

{40F588D6-D298-4670-9991-E3E645A8CD16:01}

{80E07B86-7681-4011-BAD5-39BD81828740:01}

{4E3EF678-8421-44C8-A84C-9D3AAC3CB56B:01}

{3F24C8F0-F605-4D5C-AB27-C4B3DBB8CC5A:01}



{98340982-F976-4BFC-84A5-5FF0B8DDEB68:01}
月っぽいって言っても月に行ったことはないんだけどね。

ナミビアでもそうだったから、月ってこんな感じなのね。

わー!!月っぽーい!!(≧∇≦)

というか、あ、月ってこんな感じなのね。





{2371E6E8-EFC5-438F-B17E-7182D4D96DDB:01}

小さいけど偉大な一本でしたっけ。



1億年~6千万年前、この辺りは海だったんだって。

太平洋プレートと南米プレートがぶつかって?海底が持ち上がった。

私は今、一億年前の海底を歩いているらしい。そんなこんなで大地は塩で白い。


{F3FE5342-83CC-48FD-AD38-655A0B3D8534:01}

{325B3217-82E1-4969-B6DE-98C830586E3D:01}



{86350ACC-51D3-4E7A-9D6C-33D992391F76:01}

岩塩も転がってます。





{E3CFC3C8-0546-4874-834D-7061A4B581BD:01}

月の谷では、塩の結晶となったかつての海や、川となって低地に流れていった跡、せき止められて水分が蒸発した後の姿が見ることができました。

日本人が大好きなウユニ塩湖もかつては海で、地殻変動で山に囲まれ行き場をなくした海水が蒸発して広大な土地に塩が残った。

アタカマとウユニはご近所といえばご近所で、アルゼンチンにもサリーナグランデスという塩湖があるから、この辺りは昔は一帯海の底だったんじゃないかな。

プレートってすごいね(・Д・)


{ED706D29-1925-427A-ABCC-DF848739C2C6:01}


月の谷に負けず劣らず、遠目に見える火山がかっこ良かったよ。

富士山を思わせる左右対称型。荒野にズガーンと立ってるお姿が素敵。


{5D74E0FE-74C1-4168-8EB0-A0B484530F8F:01}

{B7B7C1CC-0510-4767-B616-548B8E3D3876:01}

死の谷ってところも行ったんだけど、どこら辺が死んでるのかわからなかった。

それもそのはず、ここは本当は現地の人たちは火星の谷と呼んでいた。

この場所を世に広めたのフランス人で、現地の人の言う火星(marte)の音がフランス語では死という単語の響きに似ていたので、死の谷になってしまったそうな。


月の谷よりも赤い。
火星は赤いんだろうね。

ちなみに別途お金が必要で1,000Cペソ,
大した値段じゃないから別にいいけど、わざわざ行かなくてもいいかも?という気もしました。




{1979915F-9ED5-4ECF-801A-6A63DF6CBBFA:01}

{EC4F1CC4-6924-4A8A-A32F-91B54312691E:01}
 
ツアーの中で1番良かったのは夕日!
断崖絶壁からの夕日は美しくて、今一つ上がり切らなかったテンションもここではギュンと上がりましたた(≧∇≦)



夕焼けポイントで、スイス人が写真を撮ってくれた。
その写真はまだもらえていないけど、、笑。(°∀°)



渓谷の赤い夕日とオレンジのストールがよく合ってて美しい。
アジア人のさっぱりした顔だからできることだよ、ヨーロッパは顔が派手だから、こういう美しさは出せないよ 。

と、何ともキザなスイス人のおじさま。照れるやないかい。

アジア人だからできる美しさなんて考えてみたこともなかったな。


身近な〝よいもの〟は埋れがち。
ヨーロッパの人の美的センスだから見出せた美しさ


平たい顔族だからこそ出せる美しさも、あるのかもしれない。



西洋人の高い鼻や彫りの深い顔立ちは、アジア人の憧れだけど、
そんな高い鼻を魔女みたいで醜いと言ってる人もいたし、美しの定義の仕方は色々あるものね。


ちょっと大袈裟だけど、アジア人としての誇りみたいなものを、気づかせてもらいました。




***


月の谷へのツアーのあと、そのスイス人のおじさまマークが夜ご飯に誘ってくれました。


なんだけど、チリ出国間際の私のお財布には500円くらいしか入ってない(´Д` )
旅先で知り合う外人さんは、夜のバーなんかによく繰り出してるけど、日本人旅行者はそんな資金のゆとりはないものです。
こないだドイツ人と飲みに行ったら3000円くらい吹っ飛んで泣きそうだったし、、、(´・_・`)。



そんなこんなで自炊をするのでご一緒できなくてとても残念ですと、身も蓋もないダサい理由で断り、宿でパスタをゆでる私。


年金暮らしの老人がお金がないから人と交流が持てないって話を思い出したよ。。。
おいしいけどね、パスタ。



すると、マークからメールが送られてきた。


〝僕は、食事に招待してるんだよ。

男性に食事に誘われて、君もお金を払ってたなら、君は食事をする相手を間違えていたね。”



なんかキザーーーーーー!!!!(*°◻︎°*)

どきどきしたー!!!



ていうか、払ってたよ。
現代ニッポンは割り勘が基本ですよね。





さておき茹で上がったパスタは冷蔵庫へ。
私は素敵レストランに向かうのでした。

ゲンキンですいません(´Д` )!!



******

ブログランキングに参加中!
クリック後、ブログ村のページの読み込みが終了すると順位に反映されます。
1日ワンクリックまて有効。


応援クリック、いつもありがとうございます!


 
にほんブログ村

最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)





いいね!(7)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
《4/30/2016》《 359日目》 チリ ビーニャデルマル


{1299ED29-E289-41D6-A231-14BA82BC997F:01}



旅を楽しんでいる人は、いろーんなことをよく覚えてる。

こと遊ぶにしても、楽しむって本当に大切なことだなぁと思う。




楽しんで生きてる人の話は、聞いていて楽しい。





旅を離れて、日本の日常に思いをはせてみる。



日本人は頑張り屋さん気質のせいか、楽しむことを努力と比べて大事にしない傾向にある。



楽しくないなと思いながら、生きてたらおもしろくない人間になるよ。


一生懸命ゴリゴリに働いていた頃、知人にそう言われて、私は気分を害した。


私のやってる仕事はそんな簡単なもんじゃないんだよ!と。


やると決めたことをやり遂げるのは、自分にとって必要なことだと思ってたから、

つらかろうと、具合悪かろうと、踏ん張りどきには踏ん張ることが正しい行為だと思ってたから、

頑張りを否定されて、あまつさえつまらん人間呼ばわりされたと思って、すごく不愉快だった。



今も、当時の生き方が間違っていたとは思わないけど、


ああ、そりゃもう楽しんで生きた方が絶対にいいね。



と、今なら素直に同意できる。




同じことをやるのでも、楽しんでやってる人の方が、生き生きとしていて魅力的。

語る時の顔つきが、そうじゃない人と比べて全然違うもの。

それに、色んなことをよーく覚えてる。


遊ぶにしたって、旅するにしたって、惰性でやってる人と楽しんでやってる人じゃ、得られるものは全然違う。






仕事っていう責任感やら成長やら各種しがらみとは切り離し難い世界の中で、人生を楽しめと言われても、そりゃあ難しい。


現実問題も色々ある。


スティーブジョブスが、朝起きたときに人生を楽しめていないと思う日が3日続いたら環境を変えた方がいい。

というようなことを言っていた。
(たしか、スティーブジョブスだったはず、、)



働いてるときは、そんなこと言われましても、、、と思ったけど、
今はそうですね、と素直に思う。




仕事を楽しむって言っても、楽しみ方も色々ある。


しんどいときも踏ん張って、乗り越えていって、その繰り返しで自己肯定感ってのは生まれるもので、それも楽しみ方の一つだと思うし、


仕事はお金を稼ぐ手段と割り切って、プライベートを楽しむのも一つの手だし、


やってて楽しい仕事をして、生活は苦しくても、総合的に楽しいと思えるなら、そう腹をくくるのも一つの手だし。



他にもやり方はたくさんあって、まぁ、その人の価値観やスペックによりけりでしょう。




私は、楽ばっかして10年後に何の成長もない自分に絶望するのは嫌だから、たまにはサボりながらも向上心のある人間でいたい。



悲惨な老後を迎えるのは嫌だから、金銭面も考えて仕事や働き方を選ぶけど、毎日終電で帰らなくたって、細細やってけるお金は作れると思う。


たった13kgの荷物で生きていけるとわかった今、物質的な豊かさの重要性は低い。




楽しく生きていきたいって気持ちと
どんな風に生きていきたいかってぼんやりとしたビジョンは、


この旅で、もうできたんじゃないかな。




楽しんで生きるという思いが、

人に言われたり、
本で読んだりしたからじゃなく、
私の中にある。


今はね。


現実世界に戻るとあっという間に、その社会の流れに取り込まれる。

東京は怖いところです。



旅で思ったことを、大切に日本に持ち帰ろう。




ちなみに冒頭の写真はアフリカで買ったシンボルネックレス。
愛とか自由とか人生とか旅とか、色々あった中で、惹かれたのは〝知性〝だった。
考える葦でありたいです。




******



ブログランキングに参加中!
クリック後、ブログ村のページの読み込みが終了すると順位に反映されます。
1日ワンクリックまて有効。


応援クリック、いつもありがとうございます!


 
にほんブログ村

最後まで読んでくれてありがとうございます(^^)





いいね!(8)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。