1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
August 11, 2008 14:25:07

ありがとう、カンボジア。

テーマ:カンボジア

愛のセンターでは多くの日本人にも出会いました!


夏休みを利用して“カンボジア”という国を感じにきている大学生達。


愛のセンターや孤児院、スラム街などで日本語を教えている女の子。


カンボジアからトルコへ、一人旅の途中の女の子。


何と、日本人が9人もいた日があってビックリ!!


そりゃー、飲むでしょう。


ってことで、カンボジア人の先生と、10人でワイワイしてきました!


久々だな、こんな感じ。

久々だな、イッキ。



ホント楽しい夜だった~!!




が、帰り道、宿の手前20メートルのところでまさかのパンク・・・

カンボジアでタイヤ交換手伝うとはね・・・










美大の学生さんが、子供達それぞれが書いた絵をTシャツにプリントして、

みんなにプレゼントっていう活動をしてたんです!!



かな~り真剣。




みんな嬉しそうに受け取っていきます!




俺のまだかなぁ、ってわくわくソワソワ。




配り終わると、今度は撮影大会。




先生、私の見て~!!




先生、こっちも撮って~!!


みんな興奮しちゃってもう大変。



子供たちと彼らの素敵な共同作業を見ることができて良かったな!!










俺達の最終日。




「来てくれてありがとう」って声をかけられたときは、かなりやばかった・・・


涙腺がキュ~~~って。ウルウル。


本当に来て良かったなって二人で実感し、また来ようって二人で誓いました。


この「愛のセンター」では本当に良い出会いがたくさんあった!


カンボジア人も日本人も。


短期間で魅力ある多くの人達と出会うということは、嬉しい反面、

何だかとってももったいないことだな、と思った。



手の込んだおいしい料理を、出発時刻までに食べきれなかったような・・・



贅沢を言えば、一人一人とゆっくり時間を共有したかったな!!










ある日の授業で「しりとり」をやりました。



分かった人が前に出て、どんどん日本語を書いていきます。



するとこんな流れに。

・・・→ずっと→ともだち→・・・



なんてキレイな「しりとり」なんだろう!!



みんな、ずっとともだち。



みんな、また会いましょう!!












ファイナルわんこ。

おねだり。






ちなみに、昨日無事にベトナムのホーチミン市へ到着しました!


どんな街なのか探検開始。


AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
August 09, 2008 19:39:24

そこで生活している人達がいるという現実

テーマ:カンボジア

学校の近くには、プノンペン中のゴミが集められてくる集積所があります。


同じくボランティアに来ていた日本人の大学生と3人で、その“ゴミ山”を見てきました。


そのゴミ山には、いろいろな理由でそこで生活せざるを得ない人々がたくさんいます。


誤解を恐れずに言わせてもらうと、“ゴミ山”を見に行ったのではなく、

“そこで生活している人達がいるという現実”を見に行ったということなんだろうな・・・






そこではズタ袋を肩に掛けながら練り歩く子供達がたくさんいます。


中には元気に「ハロー!!」って声をかけてくる子もいて、正直驚いた。





最初、俺は彼らと目を合わせることに何となく抵抗があり、“罪悪感”すら感じてました。


「何も知らない金持ち日本人が何しにきたんだ?!」


と、思われるんじゃないかと思い込んでいたんです・・・




でもそんな元気な子供や、すれ違いざまに笑顔を見せてくる親子を見て、

俺は本当に自分の心の狭さに失望しました。


抵抗? 罪悪感?


自分の勝手な思い込み、それ自体が彼らを蔑み、差別していたんじゃないかな・・・と思うんです。




この生活から抜け出すため、


学校で勉強をするため、


子供を育てるため、


今日一日の食事のため・・・


いろいろな目的のために彼らは前へ進んでいるんだな、と思った。





しかしながら、彼らの生活環境の劣悪さは紛れも無い事実なわけで。


写真では分かりづらいけど、堆積したゴミが自然発火して煙が出てるんです。

近くを通っただけで頭とノドが痛い・・・




ここに家を建て生活している家族がいます。




クワを持った裸の男の子が、ずーーっと俺達のことを見つめていました。




もちろん、ここですれ違った人達全員が笑顔を見せたわけでは無いし、

失望感を浮かべた目をしている大人達もたくさんいたのは事実です・・・








俺達はゴミ山で何を見て、何を感じたんだろう?


一緒に行った大学生も、「頭の中でこの現実が整理できない・・・」と言ってた。





俺達はもっともっとカンボジアという国を知らなければならない。


歴史を。


政治を。


文化を。


習慣を。


そして人を。






子供達にはズタ袋ではなく、ノートや教科書でいっぱいになったカバンが似合うはず!


俺達は伝えよう。


そしてまた来よう。





明日、俺達はベトナムへ向かいます。


1ヶ月と10日。


ありがとう。








・・・自分の思ったことを表現するって、ホントに難しいな。



AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
August 04, 2008 23:19:34

俺達が先生?!

テーマ:カンボジア

学校は朝の部、昼の部、夜の部に分かれてて、それぞれ違う子供達が通ってきてます。


俺達はいつも昼の部から夜の部の途中まで、参加させてもらってます。




で、実は昼の部のセライ先生に、

「今度、子供達にピアニカを教えてあげて」って頼まれちゃったんです!


うっほーっ、それって楽しそぉ~!!!


ってことで、即OK。


昼の部に来ているのは小さい子ばかりなので、簡単な「チューリップ」がいいかな。


っていうか、俺が弾けるのはチューリップだけだったわ・・・




先生きどりで教えちゃってます。

だいたいみんなひらがなは読み書きできるんです!



みんなホント真剣。

歌って弾いて、楽しそう!!


分からないところがあると、「せんせ~い」って呼んでくるので、ドキッとしちゃいます。





無事に授業も終わり、ホッと一息・・・とはいきません。

何度も何度も「もう一回やってぇ~!!」って言ってせがんでくるのは、

どこの国の子供も同じなんだね。




子供達にカメラを貸したらすぐに使い方を覚えちゃって、

しかも結構良い写真撮るんです!





う~ん、素敵。






二人とも、体はぐったり疲れて帰ってくるけど、心はとっても元気になってます!


みんな、遊んでくれてありがとう。











宿の近くに日本食の安い店があるんです。


久々に、日本のカレーを食った!!

うんま~い。







ちょっと前のワンコ。


一緒にひなたぼっこ。





AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。