家庭から宇宙まで!ともに慈しむ場のはぐくみ方 from インドネシア・ロンボク島

自分自身の心のなかはもちろん、家庭も地域も世界も宇宙も! ともに慈しむ場(平和な空間)のはぐくみ方を伝えています。

NEW !
テーマ:

●ロンボク島、子連れ旅行のすすめ

 

パギー(おはよう)、みどりです。

 

昨日、娘とロンボク島からボートで約30分の離島、

ギリアイルへいきました。

 

お客様からお問い合わせにお答えするべく、

家族向けの宿泊所の下見をするためです。

 

「ちょっと普通と違う旅を子供たちに経験させてやりたい」

とのご希望を伺っています。

ホテルもいいけど、こんなバンガローはどうかなあ?

 

 

「Old Village Gili Air」

→詳細・予約(booking.com)

→Facebook page

 

私も月に1回くらい、こんなところに泊まりたい♪

 

 

でもって、今日の話題は子連れの旅行のこと。

 

ロンボク島は子連れ旅行、とってもしやすいです!

 

衛生面は日本には劣りますが、

島の人々がみな子どもに慣れていて、

ほんとよく助けてくださいます。

ホテルの若いスタッフも安心。

 

私は今日、バンサルからギリにいく船で、

「やっぱりラクやわ~」と思いました。

 

ロンボク側の港・バンサル(地名)は評判悪いんだけど、

こちらがにこやかにしてれば、

多くの人々はとても優しくしてくださいますよ。

 

いつも私がラクだなって思うのは、こんなこと↓です。

 

 

ロンボクやギリの公共ボートは、

波打ち際から直接乗り込むタイプの船。

 

 

ステップも高いし、

足元は砂浜(しかも波が寄せてくる)だし、

私も荷物をもっていますから、

娘を抱っこしてエイッと乗り込むのは、ちょっと大変。

 

船に乗ってからもゆれてるし、

床は濡れてたり大きな荷物でいっぱい。

 

こんなとき、男性がさっと娘の手を引いたり抱き上げたり

してくださるの。キャー、ポパーイ。

 

私は何にも頼まなかったのに、ほんま助かるわ~。

ありがとねラブラブ

 

(この写真は去年の)

 

船の中でも、娘は興奮して大きな声をあげていましたが、

周りの人たちはみんなニコニコして見てるだけ。

 

だから娘は機嫌よく無邪気にやっていられるし、

私もニコニコ、「楽しいね~」って言ってられます。

 

 

現地の人々は恥ずかしがりだし、

観光客にはどう声かけすればいいかわからないので、

特に何もいってこないかと思います。

 

が、気軽に「助けて」といえば、助けてくれますよ。

 ※助けて=トロン バントゥ(tolong bantu)

 

これ。これポイントです。

困ったときはSOSを出して、さくっと助けてもらう。

 

子連れの旅行って気力体力使いますよね?

荷物多いしさ。

子どもたちは予想もつかない行動するしさ。

 

一人もしくは夫婦二人でヒェーって余裕なくなるより、

「ちょっとお願い」って言ってみたほうが断然ラク!!

 

旅の恥はかきすてっていうけど、

どうせ恥をかくなら、こういう恥をかけばいいと思います。

 

人様に手伝ってもらうなんて。

きゃ。

 

うん、おおいに恥ずかしがりながら、

手伝ってもらったらいいと思う~~(≡^∇^≡)

 

手を差し出そうかな、どうしようかなって思ってるほうも

恥ずかしいんだしさ。

 

ロンボクの人たちは子どもに慣れています。

 

たっぷり手伝ってもらって、

うわ~ラクチンだったな~、よかった~って思って、

「じゃ、わたしも」って

帰国後の日本社会に還元してもらえたら、

ほんとめちゃくちゃ嬉しいな。

 

今日もお互いサマサマ幸セナン。

 

みどり

 

 

 

◆我が家へもぜひ、いらしてくださーい。

お話だけも、どうぞ♪ →詳細はこちら

 

◆コーヒーも自宅&ネット販売してます♪
ロンボク生まれのフレーバーコーヒーは、

 

 
◆ロンボクで掴んだことを織り交ぜて、
あなたらしく生きる方法を一緒につくりあげるよ

<セッション>→詳細☆

あなたもみんなもハッピーにラブラブ

 
 
◆最近、どしどし登録・申請していただいて嬉しいです。
ありがとうございますドキドキ
 
(友達申請は、一言メッセージを添えてお願いします)
 
 

◆お問い合わせはこちらへ直接お願いします

コンタクト 問い合わせ
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●なぜ私と結婚したの? 衝撃の事実。
 
ソレー(こんにちは)、みどりです。
 
ここ数日、
「日本人妻」みましたよ~笑っちゃった!
と三人から立て続けに言っていただきました。
 
年賀状にも複数の親戚・友達が見たよと書いてくれてたり…。
ありがとう~~!
 
なもんで、その撮影のこぼれ話。
 
 
夫婦で一緒になれそめを語る機会があり、
いまさら恥ずかしいなあなんて思いながら、
インタビューを受けていました。
 
が、夫から驚きの発言がありまして、
私の恥ずかしさなんか全部吹き飛びました!
 
 
プロポーズは特になかった私たち。
なのに、どうやって結婚の流れになったのかという
質問をうけました。
 
私は、「それは自然の流れで…」と言おうとしたんですよ。
(言葉を濁したいとかじゃなくて、
とても自然にそうなったと私は思っていたから)
 
そんななか、夫の言ったこと!
 
「(二年交際して、いったん日本へ戻ったあと、)
みどりが結婚するって、トランク二つ持って、
日本から飛行機でロンボクへ来たから。」
 
スタッフ&私「は?」
 
「僕は(そのみどりを)受け取っただけです。」
 
夫、インドネシア語で「terima」という単語を使ったんですよ。
 
terima は、英語でいうtake です。
得るのではなくて、「受け取る」の意味。
 
だから、彼は私を能動的にゲットしたんじゃなくて、
受動的にただ受け取った、テイクしたということです。
 
「えー。私、そんな一方的に結婚する~~って
押しかけてないし!!」
 
「押しかけてないけど、飛行機に乗ってきたじゃん」
 
「そうだけど、じゃあ何、アディは私と結婚するつもりは
なかったの?」
 
「うーん。みどりが冗談言ってるのかと思ってた」
 
「えええ?」
 
「だから、空港にみどりを迎えにいったとき、
『ほんとに来た』って思ったんだよねぇ」

おいっ!!!
そんな冗談あるか!
ヽ(`Д´)ノΣ(゚д゚;)(≧▽≦)
 
 
冷静に考えたら、これってすごくないですか?
 
だって、「受け取っただけ」だよ??
 
あの~、大丈夫ですか?
自分の伴侶なんだから、
もうちょっと吟味したほうが…??
 
そういえばさ、姑もほかの親族もそうだったんだよね。
 
結婚したいと挨拶にいったとき、
私、名前くらいしか聞かれなかったもんね。
 
仕事は何してんのかとか、年収がどうのとか、
両親のこととか、何にも聞かれませんでした。
 
「あら、そうなの? いいよ」みたいな。
 
ほんとに、大丈夫ですかガーン
私がひどい人間だったらどうするんですか???
って私が心配になったもん。
 
※唯一、イスラム教に改宗するのかは聞かれた
 
↑断食明け大祭(2016年6月)
 
 
私が「自然な流れだった」と思ったのは、
私をそのまま受け取ってもらっていたからなのかも。
 
でもって、私も
「受け取ってもらっている」ことを受け取っていたのかも。
 
いやほんと、夫よ、君はすごいね!!!
 
よくこのどこの馬の骨かもわからない小娘妙齢の女性と、
「受け取ります」の一言で結婚したね!
 
まあ、はっきりと夫の口から聞いたのは
このインタビューがはじめてでしたが、
私はこれまで何度も、
「ほんとよく結婚してくれたなー」って思ってました。
 
決して自分を下げて発言してるんじゃないよ。
 
ただね、
言葉もたいしてうまくない、
自分たちが大切にしている宗教への信仰もない、
なんだかよくわからない遠い国からの人とね、
よく結婚したよね!
って感心・感謝・感激していたの。

うん。
私は自分より先にロンボクの人々に、
全肯定してもらいました。
 
全肯定の超安心、超平和、超幸福な感覚ったら!!
ありがとうしか言葉がないです。
 
ありがとうありがとうありがとう!
 
ロンボクの人々の全肯定受容力はほんますごいわ。
 
彼らも全肯定してない部分もあるだろうけど、
私からすりゃー、師匠です。
 
私は自分や他人をまるっと肯定するお手本に
囲まれてるんだ~。わーい:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:
 
全肯定ってたぶん、そんなに難しいことじゃない。
 
たしかに否定してる自分もたくさんいるよ。
その否定を根こそぎなくすのは難しいかもしれん。
でも、否定してる自分もいいね!って言うんならさ、
そう難しくないよ。
 
でもって、私はそれでいいと思うんだ。
 
今のところ、全肯定のお手本がいっぱいのロンボクで
習得できてるのはここまで~。
 
いいなあ、やってみたい!と思ってくださるなら、
ぜひロンボクの人々に会いにいらしてねラブラブ
 
今日もお互いサマサマ幸セナン♪
 
みどり
 
 
こちら、出演させていただきたときの放送。
取材を受けたときは嫁姑問題も下火でしたが、
一時期はそりゃあもう死にたいレベルでした。
※夫は好きなので離婚はなし
 
この取材をうけたのも追い風となり、
いまやこの放送を一緒にみて笑える仲。笑
 
(参考)
 
 
 
◆そんな姑が中心となって焙煎しております♪
ロンボク生まれのフレーバーコーヒーは、

 

 
◆ロンボクで掴んだことを織り交ぜて、
あなたらしく生きる方法を一緒につくりあげるよ

<セッション>→詳細☆

あなたもみんなもハッピーにラブラブ

 
 
◆最近、どしどし登録・申請していただいて嬉しいです。
ありがとうございますドキドキ
 
(友達申請は、一言メッセージを添えてお願いします)
 
 
◆お問い合わせはこちらへ直接お願いします
コンタクト 問い合わせ
 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
●バリバリもユルユルも自在に生活に取り込むのだ♪

パギー(おはよう)、みどりです。
 
↑義姉たちと。

15日、インドネシアは首都ジャカルタをはじめ、
約100の自治体で首長選(統一地方選)があり、
公休となりました。

しかも、「公休ですよ」の政府公式発表が前日ヽ(*'0'*)
インドネシアっぽさ満開です!
 
それでも学校も郵便局も、
ちゃーんと全部休みになるっていうんだからすごい。
企業もいくつかは休みにしていましたよ。

ロンボク島は首長選がなかったので、
「ふーん、休みなの?」みたいな、
相変わらずのポッカーンとした異次元空間でした。
 
ジャカルタとここが同じ国だなんて本当に面白いな。
 
 
休みの日は、よく娘と義兄たちの家にいきます。
娘と同じ年頃の子どもたちが何人もいるから。
 
馬車好きの娘のために、
姑と私と娘と三人で一緒に馬車にのっていくよ。
 
ポカポカと蹄の音を聞きながら、しばらくして到着~~。
 
あっというまに義姉さんたちが集まって、
笑顔で迎えてくれます。
 
子どもたち同士で遊ばせながら、
やれあれ食べよう、これ食べようと食べる話(^∇^)
世界どこでも花より団子。
 
ルジャックを作ることになりました。
ひゃっほい、暑い日はルジャックがおいしいんだ。
 
ルジャックは、まだ若い果実やきゅうりなどをスライスし、
から~~いソースをかけて食べる料理です。
 
 ↑これはまだ完熟していないパパイヤと、
緑色の小さい卵みたいなのはクドンドン(和名;タマゴノキ)。
どちらもすっぱいので甘辛いソースがよく合います。
 
ソースは石鉢でスパイスをすりつぶして作ります。
 
次兄嫁 「ねえ、唐辛子ある? 私、切らしてるわ」
長兄嫁 「うちもない~」
異母妹 「あるある、ちょっと待ってて」
 
家から片手にいっぱいの唐辛子をもってきました。
 
え、こんなにいらんやろ??
1本か、せいぜい2-3本でいいやろ???
 
と若干の不安とともに姉さんの手元をみていると、
あっというまにすりつぶしてソースの出来上がり。
↑ヤシ砂糖という黒糖のような砂糖を使うのでこんな色に。
 
「さあ、どうぞどうぞ~」
 
みんなでパパイヤをつまみながら食べました。
 
「か、辛~~~!!! 唐辛子、何個入れたの?」
「7個だよ」
 
すました顔で答える姉さん。
バカじゃないの!! (冗談よ)
 
異母妹「『辛い、辛い、うまい!』だよね~」
私   「『辛い、辛い、辛い!』やわ!」
 
 
私は仕事にバリバリ熱中してるときも大好きだし、
こんなユルユルのんびりした時間も好きです。
 
バリバリ気を張ってるだけなのも、、
ユルユルと気を緩めてるだけなのも、
疲れるというか…
 
どっちもいい塩梅でほしいんだよね(≡^∇^≡)
ほほ、欲張りですから。
やっぱ、両方でしょ。
 
気を張ったり緩めたり。
 
ちょうどいい心地よさは人それぞれ違うと思うけど、
どっちも自在に生活にとりこめるといいよね。
 
そうするには、
「どうしたいか」に意識を向けることから
はじまるのかなって思います。
 
気を張りたいなら張る、緩めたいなら緩める。
どうしたいのかがわからなければ、
どうにもできずに振り回されることになるよね?
 
「あなたはどうしたい?」
って自分のなかの自分にきいてみて。
 
きっと答えを教えてくれますよ。
 
お互いサマサマ幸セナン♪
 
みどり
 
 
 
◆ロンボク島の自然がたっぷりつまってます♪
ロンボク生まれのフレーバーコーヒーは、

 

 
◆やさしくどっしりロンボク大地のように。
自分らしく生きていく方法をお伝えします
 

<セッション>→詳細☆

あなたもみんなもハッピーにラブラブ

 
 
◆最近、どしどし登録・申請していただいて嬉しいです。
ありがとうございますドキドキ
 
(友達申請は、一言メッセージを添えてお願いします)
 
 
◆お問い合わせはこちらへ直接お願いします
コンタクト 問い合わせ
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●「自分を責めるのは卒業します」なんて百年早かったけど、それでいいことにしたんだ~
 
パギー(おはよう)、みどりです。
 
おかしい。
昨日寝る前にブログ記事をほぼ仕上げていたのに、
下書き保存されていない…。
 
我ながらいい記事だったから、もう一回書くよん。
 
 
 
昨日、娘がバービー人形風の、
バービーより2割ほどかわいくない人形で
遊んでいました。

娘は偽バービー人形の服を脱がせて、
じっと眺めていました。
 
そして!
 
何を思ったのか、
偽バービー人形の胸を吸ったのです!
 
(間、数秒)
 
…ギャハハハ(≧∇≦)!
 
笑い声が弾けたのとは裏腹に、
ほんの数秒のあいだに私の頭に
思い浮かんでいたのはこんなことでした。
 
 
つい数日前のこと。
掃除をしていたら、おしゃぶりが出てきました。
 
「うわ~、プーちゃんがもっと小さいときに
使ってたおしゃぶりだよ」
 
娘に渡したら、大喜びでパクッとくわえ、
そのまま小1時間ほど遊んでました。
 
途中でおばあちゃんに
「もう大きくなったんだからやめなさい」
と言われていたけど、きいてなかったな。
 
この件があってからの偽バービー。
 
私が思ったのはこれでした。
 
「この子は、甘え足りないのかも?」
「十分甘えさせなかった、私が悪かったんだ」
 
ほんの数秒だったけど、
こう思ったのはゼロではありませんでした。
 
でも、すぐにこうも思いました。
 
も~、すぐ「私が悪い」に逃げるんだからドキドキ
 
 
長年のクセというものは恐ろしいもので、
自己否定しないようにしようとしても、
つい頭の中に浮かんでくるんですね。
 
だってクセだもの。
 
今までは、やめるといってるくせに
やめられない自分がイヤでした。
 
でも、もう私は、
「自分が悪い」とすぐ思う私にOKしたんです。
 
だって、そう思ったんだもの。
しょーがないじゃないかっ。
 
私はね、知っているんだよ。
私がなぜ「私が悪い」に逃げるようになったのか。
 
「私が悪い」といっている間は、
他人を攻撃しないですむからです。
 
母に怒られた。友達に陰口たたかれた。
そんなとき、
「私が悪い」と思いさえすれば、
母や友達のせいにしないですむからです。
 
私は、誰かのせいにする形で、
他人を攻撃したくなかったんだよ。
 
ほかの人を傷つけるくらいなら、
自分が傷ついたほうがいいと思っていたんだ。
 
とっても優しいねドキドキ
 
 
たとえば、偽バービーの胸をすった娘に、
「もうすぐ4歳なのに、まだお乳!?」
と怒るより、
自分が悪いといっているほうがマシ。
そう判断しているんですね。
 
ただし、長年の習慣ゆえ、
今ではいちいち判断を下しているというより、
反射的に「私が悪い」がでてきます。
 
これだけ反射的になっているとはいえ、
最初に「私が悪いにしたほうがマシ」と思って以来の
習慣です。
つまり、変えられる。
 
だからやめよう、変えようとするんだけど、
うまくいかない。
で、また自分を責めるのループ。
 
ここまで書いて、はたと気がつきました。
 
そうだっ。
やめよう、変えようと抵抗していることは続くんだった!
 
抵抗すれば続く。
認めれば消える。
 
aha?
ということは、やっぱり、
も~、すぐ「私が悪い」に逃げるんだからドキドキ
まったくもって、お前は優しい子だねニコ
 
って認めてたら消えるんや?
 
ほお、我流で編み出したとはいえ、
いい線いってんじゃん、私。
(↑こういうところは自画自賛する人です)
 
と、いうわけで。
 
私も含め、
すぐ「私が悪い」「私がダメなんだ」と
自己否定に走るみなさん!
 
 
あなたはとっても優しい人よ。
ハグ、ハグラブラブラブラブラブ
 
 
 
自分を責めるのをやめようとするより、
そんな自分をさっさと認めちゃったほうが、
早く気持ちが楽になるよ。
 
今日もお互いサマサマ幸セナン
 
みどり
 
 
(こちらもご覧くださいね)
 
 
 
 
◆登録・申請・コメント・リブログ、大歓迎です☆
ありがとうございますドキドキ
 
(友達申請は、一言メッセージを添えてお願いします)

 

 
◆やさしくどっしりロンボク大地のように。
自分らしく生きていく方法をお伝えします

<セッション>→詳細☆

あなたもみんなもハッピーにラブラブ

 
 
◆ロンボク島の自然がたっぷりつまってます♪
ロンボク生まれのフレーバーコーヒーは、
 
◆お問い合わせはこちらへ直接お願いします
コンタクト 問い合わせ
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●人と自然がぐるぐるしていて、心地いい☆
 
パギー(おはよう)、みどりです。
 
私は果物が大好きです。
 
ロンボクの人々の家には、
マンゴーやパパイヤが植わっています。
 
イイナ~!!!
私もこういう家に住みたい!
 
4年前、夫と我が家を建てる土地を見に行ったとき。
 
そこには、パパイヤがたくさん植わっていました。
私の大好きなドラゴンフルーツも。
土が黒くてふかっとしてたのも見逃しませんでした。
 
土地の持ち主に
これらの果物はどうするのかと尋ねたら、
「え?これ? んー、あげるよ」と言われたんですね。
 
それで、「ここ!ここにする!」と決めました。
ほんとです音譜
 
↑マンゴー、大きく育ちました。手に持ってるのは地鶏の丸焼き
 
 
こうして食いしん坊の夢満載の
我が家の「食べる庭」ができあがったわけですが、
食べるのは私たち家族だけではありません。
 
遊びに来た甥や姪が食べる…もちろんOK。
鳥がくる…ええ、ノープロブレム。
 
それだけじゃあありません。
 
通りすがりの人が、塀ごしに果物をもいでいくのです。
 
え、え、えーーーー∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
 
「ちょ、それ、うちの…!」
 
ま、そういう人はほとんどいませんけどね。
 
多くはうちに入ってきて、
「○○ちょうだーい!」といってきます。
 
たとえば、ワサビノキ。
この木の葉はスープにして食べることができます。
クセがなくておいしく、栄養価も高いそう。
 
そのうえ、勝手にぐんぐん生える丈夫な木なんです。
はーい、どうぞ持っていってくださーい。
 
 
しかし、このあいだのには笑ってしまいました。
 
近所のルッドくんがうちに遊びに来てて。
庭のブルガ(東屋風の建物)で娘と遊んでたのです。
 
したら、近所のおばさんがやってきました。
 
おばさん「ねえ、ワサビノキの葉、ちょうだい」
ルッド「ああ、いいよ。いいよ」
 
おばさんに葉っぱをとってあげるルッド。
 
ここはおまえの家か!
 
ま、ルッドが自宅のようにくつろいでいることの
裏返しでもあるからいいか(^_^)v
 
 
こんなふうに私たちの庭になった実を
もっていく人たちがいるなかで、
私も得ているものがあります。
 
それはね。
 
民間療法の知識!
 
「目にデキモノができちゃって~。その花くれない?」
 
「母さん、熱がでたのよ。その葉っぱ頂戴」
 
「ねえ、○○の葉っぱはある? 子どもが下痢で…」
 
ほんとにみなさん、よく知っています。
 
以前、娘の手足に水泡性のデキモノができたときは、
道端でこんなふうに教えていただきました。
 
「あ~、これは○○の葉の汁を塗るといいんだよ。
××さんちにあるよ。」(→行ってもらってこい、の意)
 
なるほど、こうして誰の家にどの薬草?があるのか、
広まっているのか。
 
身近なところにお医者さんがいっぱいです(^∇^)
村全体がちょっとしたナチュラルケアの施設みたい。
 
この無理のなさ、のびのび自由で自然なかんじ。
好きなんだよねえ。
 
あ、そっか。
自然と一緒にいるから、
自然なかんじが定着してるのか。
 
人と自然がぐるぐるぐるぐるまわってて、
人は自然の一部なんだってわざわざ言わなくても、
人と自然の共生だーーー!って意気込まなくても、
もうそういう世界がそこにあるんだよね。
 
圧倒的な大自然にふれるのもインパクトあるけれど、
日々の暮らしに自然が溶け込んでるのが、
私にはとても心地いいのです。
 
今日もお互いサマサマ幸セナン。
 
みどり
 
 
 
◆ロンボク島の自然がたっぷりつまってます♪
ロンボク生まれのフレーバーコーヒーは、

 

 
◆やさしくどっしりロンボク大地のように。
自分らしく生きていく方法をお伝えします
 

<セッション>→詳細☆

あなたもみんなもハッピーにラブラブ

 
 
◆最近、どしどし登録・申請していただいて嬉しいです。
ありがとうございますドキドキ
 
(友達申請は、一言メッセージを添えてお願いします)
 
 
◆お問い合わせはこちらへ直接お願いします
コンタクト 問い合わせ
 

 

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)