家庭から宇宙まで!ともに慈しむ場のはぐくみ方 from インドネシア・ロンボク島

自分自身の心のなかはもちろん、家庭も地域も世界も宇宙も! ともに慈しむ場(平和な空間)のはぐくみ方を伝えています。


テーマ:

●しばしのお別れと、私のチャレンジ☆

 

ソレー(こんにちは)、みどりです。

 

このブログ、当面最後の記事です。 

ここ1カ月くらいの

大好きな写真をまじえてつづります。

いろいろ書きたいこと詰め込んだので、

いつにも増して長いですが、ご勘弁。

 

やっぱりロンボクの雰囲気が味わえなくなるのは

名残惜しいなあというあなた。

どうもありがとう。

 

書籍を完成させますので、そちらをお待ちください。

 

↑毎朝、ジャムゥを売りに来てくださるおばさんと。
こんな何気ない一コマも大好きです。

 

また、ロンボクの人々の考え方や生き方を

もっと知りたいな、

自分の人生にも取り入れたいなという方は、

ぐるぐるもにょもにょカッパ会(仮名称)に

おさそいします。(後述)

 

頭のなかにあるぐるぐるを

もにょもにょと解き放って、

ロンボクカッパのように

スイスイ生きていけるようになる会です。

あと、ロンボクに家族ができます☆

 

以下、しばしのお別れにかえてのメッセージと、

私の新しいチャレンジと、

ぐるぐる…会のおさそいがごちゃ混ぜになった話です。

 

 

前回の記事で、

するっと自然にいこう~と書きました。

 

やりたいことをやる♪

したくないならしない♪

 

小さなことから大きなことまで、

これを丁寧に続けていくと

自然体に、楽にいきていけるよと。

 

これ、カンタンそうで奥深いのね。

 

よく聞く二大お悩みポイントがこれ。

 

1.何がしたいのかわからない

2.したいことはわかっているけど…(できない)

 

1.の変化球系として、

「したいことはあるけど、

ほんとにコレなのか確信がもてない」

ってのもあります。

 

うん、うん。

私もいまだによく迷うで~。

とくに大切な人が絡んでくると、動けなくなりがちやわ。

優しいもんね、私たちラブラブ

 

そんでも、なんにも問題ないで~。

大丈夫、大丈夫。

 

↑近所のおばさんを招いて、

ホームステイのお客様とお菓子づくり。

はじめてでも大丈夫♪

 

 

やりたいことをやりたいし、

したくないことはしたくないけど、

むむむむむーーーーん。(詰まってる声)

 

上のような状態のときは、

おんなじことを何度も考えています。

考えるだけで動かないか、

動いたとしても本人の納得する動きではありません。

 

ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる。

堂々巡り。

 

このぐるぐるを好きでやってるなら、

それはいいの。お好きにどうぞ音譜

 

ただ、

ぐるぐるしすぎて、もうイヤだー。

脱出したーい、

私も自分らしく自分の道をすすみたーい!!

っていうとき。

 

こんなときは、 

頭の中のぐるぐるぐるぐるぐるぐるを

外に出してしまうに限るッス。

 

全部出す!出す!出す!

 

便秘のあとウン○をすればすっきりするように、

頭も心もスッキリするよ。

こんな例えしか思いつかない私。。。

 

方法は、ぐるぐるしていることを、

ノートに書くのもよし、

ちょっと怪しいけど一人でブツブツ言うもよし、

夕日に向かって叫んでもよし。

とにかく、全部だす!

 

出しきったら、

「ピカ」(ひらめき)がやってきますキラキラ

 

これ!これ大事!

ピカが来たら書きとめる!!

またはスマホの音声に吹き込む!

その他、どんな方法でもいいから心にきざみこめ。

放すな!!!

そして、熱いうちに打て!!!

GO!

 

↑バンサル港をGOする夫と娘

 

このピカに従って行動することが、

流れにのるってことですよ。

 

ピカは、時間をあけてくることもあるけど、

ちゃんとやってきます。

えーーー!?と思うようなものでも、

できないものはこないから、安心して。

 

で、ですね。

 

ぐるぐる上級者はですね、

このピカを逃してしまうか、

ピカに従って進んだなあと思ったら、

またすぐにこのぐるぐるぐるぐるをはじめるかなんですよ。

何を隠そう、この私も上級者してました。はい。

口笛

 

悪かぁない。

だけどさ、もうさ、いいじゃん。

頭のなかでぐるぐるするの、

いい加減、飽きたじゃん。

味わいつくしたじゃん。

 

このぐるぐる時間を

もうちょっと短縮させないかい?

そして、その時間をカッパタイムにあてようよ?

 

※カッパタイム

=ロンボクカッパのように

流れるようにスイスイラララと生きる時間

(流されるのではないよ! 地に足もついてます)

 

カッパだって悲しいことや苦しいことはあるよ。

 

夫は、中学校にあがって1週間のころ、

足を切断するしないの大ケガをしたよ。

大好きなサッカーはできなくなったし、

治療費がかさんで学校にもいけなくなった。

 

甥も、大事に貯めていた結婚資金を親に使われてしまった。

 

でも、生きてくんだ。

どうせ生きるんだったら

スイスイラララの時間をながくしたいやん。

 

 

↑ロンボクの海辺ののどかな休日の午後。

OFFモードのカッパタイムを過ごすのに最適ね。

 

 

ちなみに、夫はぐるぐるを抱えているとき、

「打ち明ける」んだそうです。

自分がぐるぐるしてることを親友に話すんだって。

 

なるほど、打ち明けるのも外に出すの一手だね。

 

でも、じっくり話せる相手ってそんな多くないよね。

 

友達はいるけど、家庭や仕事に忙しそう。

こんなこと話して何か言われたらなあ。

(関係が)近すぎる人にも相談しにくいしなあ。

 

だから旅先で見知らぬ人に

ポロっと相談したりするんだよね。

 

ってことはですよ。

ロンボクカッパに打ち明けたらいいよね?

気楽だしさ。

 

彼らのおおらかさ、

うけいれ上手・ゆるし上手な、

自然や信仰のなかで培われた人生観は、

私自身も救われ、魅かれたところだもの。

 

なんたってこのブログ、

私より夫やほかのロンボクカッパの記事のほうが

人気あるんだよドンッ

超くやしい~~ (*’艸3`):;*。 プッ

 

 

そこで。

ロンボクカッパに数か月にわたって、

直接ぐるぐるを打ち明けたり相談したりしながら

お互いに慈しみあう会を設けます☆

 

名付けて、ぐるぐるもにょもにょカッパ会(仮名)。 

 

ロンボク島まで今すぐ来られなくても大丈夫。

わたくしが通訳しますので、言葉面も安心です。

 

しかも、ロンボクの人々は、

あなたの「ぐるぐる」から新しい世界を知るのです。

 

ああ、日本人もこういうことに悩むのか。

ボクたち(の考え方や生き方)も

遠いところに住む人の役に立つんだな。

↑事実、言われたことのある言葉たち

 

めっちゃサマサマセナンやと思ふ。

 

↑ONモードでも肩の力がぬけてるのがカッパ。 

ロンボクコーヒー用の袋を裁断しているところ。

 

しゃー。有言実行。

熱いうちに打つ!

すぐやる!

 

(なんて書いてるけど、

実は去年ピカっと着想して、逃した…

でも私、やりたいことやるまではしぶといから!

何度でもチャレンジ) 

 

下記のようなかんじではじめますので、

のったーーー!!という方、ぜひお申込みください。

 

たぶん世界にほとんどない試みです照れ

 

 

<ぐるぐるもにょもにょカッパ会について>

 

合言葉はやっぱりこれ。

 

 

宝石緑会の期間は3カ月です。更新可能。

 

宝石緑会員は6名前後で1グループになり、

1グループにつき1つの秘密サイトをつくります。

(一般公開されません) 
 

1会員はニックネームで、

サイト(掲示板)に自由に「ぐるぐる」を投稿できます。

 

※全然うまくまとめようとしなくてOK.

思いつくままにモニョモニョ書いてください。

わかりづらいときは、

私が少し質問を投げかけてお手伝いします。

 

2ぐるぐるが到着したら、

会員にかわって私がロンボクカッパに、

打ち明けたり相談したりします。

 

※お相手カッパは私にお任せください。

できるかぎり回答者の写真を掲載するなどして、

「この人が答えてくださったんだな」と

感じていただけるようにしますね。

一期一会の全託を楽しんで~☆
 

3ロンボクカッパからの回答を、

私が投稿に書きこみますので、ご覧ください。

(数日要します)

 

4感じたこと、実践の結果などをお知らせください!

 引き続きの相談もOK.

 

※連絡できるようあれば

ロンボクカッパに経過をお知らせします。

喜ばれます~ラブラブラブラブ

 

宝石緑期間中は、いつでも何度でも投稿可能です。

 

宝石緑同じグループの会員の投稿とその回答は

すべて読むことができます。

 

※ほかの会員へのコメントは、

求められたとき以外は控えてください。

(ほかの会員さんの考えや感想をききたい人は、

コメント求むとかいてね)

 

宝石緑私が時々(月1くらい?)、

個別にご様子をうかがいます。

会員からメッセージくださってもかまいません。


こんなかんじです☆

 

ほかの人のぐるぐると回答を

自分に当てはめてみるだけでも、

ヒントになることがたくさんあるよ。

 

やっていくうちに変更点も出てくると思いますが、

その都度お知らせさせていただきます。

 

わからないところがあったら気軽に尋ねてね。

 

 

↑北ロンボクにて、昔みた夢に涙がでるほどそっくりな絵。
船の先は新しい船出をあらわすのだそう。 

 

3か月のあいだに、

たくさんぐるぐる放出して、

ピカにきてもらって、

それに従って動いてみてください。

 

失敗しても全部うけとめてもらえるから、

安心してやってみよう。

どんどん変化が訪れます。

 

私もこの企画に、

私自身やロンボク島の魅力や可能性を

いっぱい賭けています。

 

だからセッションもやめ、ブログもお休みします。

(器用じゃないのでいろいろやってられない)

 

この会は将来、サマサマセナンプロジェクトの

主軸になる会です。

私が作ろうとしているコミュニティスペースの

基礎になります。

 

よくいえば斬新、

悪くいえば不確定的な企画です。

私にとってもチャレンジってこと!

ロンボクカッパと交流しながら、

お互いの成長を見守りあえるような、

安心感のある家族みたいな会になったらいいな

と思います。

 

 

 

以下、応募詳細です。

 

宝石緑会費; 6000円 (2000円×3か月です)

(お支払いは月々でも3か月まとめてでもOK)

日本国外在住の方も対応可。ご相談ください

 

宝石緑定員; 12名まで(先着順)

 

宝石緑次回応募; 未定

 

 宝石緑お申し込み&お問い合わせ;

コンタクト 問い合わせ

↑ここにメールかSMSください。

メッセンジャーも使えます。

必ずお名前とメールアドレスを書いてくださいね~。

(名前忘れ、多いです)

 

折り返し連絡いたします。

48時間以内に連絡がない場合は、

メール未着や返信が届いていないなどが考えられるので、

このブログをのぞきにきてください。

 

人数揃ってもそろわなくても、

4月7日(金)の一粒万倍日からはじめます。

 

どなたがいらっしゃるかしらんベル

年齢や性別、職業など一切問いません。

ロンボクカッパとあなたを引き合わせられるのを、

楽しみに待ってまーす!

 

ブログはしばらく更新しませんが、

またどこかでお会いしましょうね。

今日までありがとう。

そして、これからも。

 

お互いサマサマ幸セナン。

 

みどり

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

●するりと、自然に。

 

パギー(おはよう)、みどりです。

 

今日は自然にいきましょって話。

 

 

一昨日の夜、

娘が「アイスクリーム♪ ピンク色の」とねだって、

夫と一緒に買い物にいきました。

 

希望の品がなかったそうで、

同じメーカーの味違いのアイスとともに、

大好きなチョコレートのお菓子を手に持って

帰ってきました。

とってもうれしそう爆  笑

 

が、アイスを先に食べ始めた娘、あ

一口食べて、「もういらない」と言いました。

どうやら、チョコレートが気になるようす。

「あけて」とチョコの袋を差し出しました。

 

我が家の冷凍庫は扉が一部欠けていて、

アイスがとけてしまうのね。

食べないアイスは捨てるしかありません。

 

私は娘に

「あなたがアイスがほしいというから、

パパが買ってくれたんだよ。

なんでいらないっていうの!」

と怒りながら、気がつきました。

 

娘は、いらないから「いらない」と言ったんだと。

 

 

あ!?

これ、褒めるところだった!

 

私は娘にいつもいっています。

ほしいなら掴め。

いらないなら放せ。

 

娘はそれをちゃんとやってのけたんだよね。

5秒前までほしいと思ってたけど、

食べてみたら「いらなーい!」と感じたから

私にそう言ったまで。

 

なのに、私は、

せっかくパパが買ってくれたのに

その気持ちを汲み取らないのかとか、

お金も食べものももったいないとか、

こっちの都合を持ち出して怒ったんです。

 

「あ、ごめん。ママ、間違ってた。

プーちゃん(娘)、

最初はアイスがほしかったけど、

チョコが食べたくなったんだね?」

 

娘は口をへの字にしたまま、うなずきました。

 

「自分のほしいものを言ったんだね。

ベリーグッド合格

 

「ママ、怒っちゃってごめんね。

ママはパパが一生懸命働いたお金で

せっかく買ってくれたのに、

それを無駄にしちゃったみたいで悲しかったんだ。

怒らないで悲しいといえばよかったのにねえ。

ママもまだまだ未熟だねえ。

許してちょーだい。」

 

またまたうなづく娘。

※頷かないこともありますよ!

 

「ありがとう。

ところで、パパはどう思ったんだろね?」

 

 

パパをちらっとみると、

躊躇なく捨ててました。笑

 

「僕はいらないし、みどりもいらないでしょ?」

 

はい、いりません。

 

さすがわが夫。

いらないものを捨てるときの迷いのなさ!

 

そうでした。

 

私が娘に伝えている、

「ほしいなら掴め。

いらないなら放せ。」は、

もともと夫の発言がヒントになっているのです。

 

まだ付き合っているころ、 

夫は、おなかがすいているのに

寝る前だから食べようかどうしようかと 迷っていた私に、

食べたいんなら食べれば?と言ったのです。

 

私は栄養士なので、

寝る前に食べると内臓に負担がかかるとかなんとか、

モニョモニョ言ってたんですがね。

 

結局、おなかがすいてて

食べたいなら食べればいいよね!と観念。

 

そしたらなんだかすっごく満たされてね。 

自然な流れに開眼した出来事でした。

 

 

人生スイスイ、カッパの極意。

 

やりたいことをやる。

やりたくないことはやらない。

ほしいなら掴む。

いらないなら放す。

 

気楽に、自然に、いこグリーンハーツグリーンハーツグリーンハーツグリーンハーツ

 

今日もお互いサマサマ幸セナン♪

 

みどり

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

●決め込まない、泳がせる

 

パギー(おはよう)、みどりです。

 

私が心の底からリーチしたい世界を

つくりあげていくことに専念したく、

次の新月より

しばらくブログを離れることにします。

 

今までブログを書いていた時間は、

サマサマセナンプロジェクトの実質的な活動と

本を書く作業にあてていきます。

 

詳細はまたお伝えしますので、

あと1週間ほど、

このブログを楽しんでいただけたら嬉しいです。

  

***

 

10日間ほど、ドドドンとお客様日和。

4組のお客様を迎えました。

 

・シンガポールからSさんご家族

・休学してアジア旅中の大学生Yさん

・高校時代の友達Nと同僚さん

・みっちゃん親子

 

楽しすぎて話が尽きませんでしたラブラブ

 

娘、夫や姑にも温かいお心遣いをいただき、

ありがとうございました(*^▽^*)

 

 

ロンボクに家族がいると思って、

いつでもまたいらしてくださいね音譜

 

週末からは日本人会の総会と、

個人事業主向けの食品衛生の講習会。

 

バタバタしてたけど、

学校のテスト期間のため日本語教室はお休みで、

うまいこといってるなぁぁぁ!!

 

 

近頃、本当に世の中うまくいってるなあと思います。

 

何があっても、

神様がいい塩梅にしてくださるので、

安心して過ごせます。

 

私は、わりとしっかり目標をたてて、

その達成に喜びを感じるタイプです。

 

でも、今までの自分の成功パターンを振り返ると、

目標を達成するための道筋として、

計画を立てていたことがないんです。

不思議でしょ?

 

「今月(今週、今日)はこれをやる」と決めて

やっていくとよいと学び、

1年以上かけて実践してきたこともあるのですが、

どうも綿密に計画をたてるとうまくいきません。

 

今回のお客様との出会いや会話のなかで、

あらためてそう感じて、

「いったいなんでだろう?」と考えました。

 

どうやら私は、

「計画をたてて実践する」ということを

苦しく感じるタイプっぽいです。

 

計画したことは実践しなきゃいけない!って

がんじがらめになるのね。

 

↑自分で意識的にわかってたわけじゃないのよ。

 

計画していたことができないと、

すっごい罪悪感&自己嫌悪に苛まされるから、

どうしたら気分よく過ごせるかなって、

徹底的に試行錯誤していったんです。

 

その一環で、こういう自分がみつかりました。

 

だから、もう細かい計画をたてるのは

やめることにしましたラブラブ

 

PDCAサイクルとか、そんなもん、知らん(爆)

私はPじゃなくてD(dream)やね。

 

「ここに行きたい」っていう絵だけをみてるよ。

 

 

私はパズルが大好物ラブ

特にジグゾーパズルやクロスワードや数独のように、

枠組み(完成図)を埋めていくのが好みです。

 

(余談)

ときどきパソコンでやるんだけど目が疲れるので、

数独の本がほしいなあと思っていたら、

先週お客様が数独の本を置いていってくださって、

案の定はまってマス。やばい(笑)

 

でも、パズルやってるときも攻略法とか

なんにも考えてないのね。

 

完成図に向かって、

できるところから動かしていく。

 

人生でやってるのもこれなんだなって思いました。

 

未来図(目標、夢がかなったシーンの図)だけは、

すごくしっかり頭のなかにあるんです。

 

それを何度も思い浮かべては

「じゃあ次はコレがいいんじゃないかなあ」と

ピースやマス目をうめていくように、行動していく。

 

あれ?うまくはまらない、と思ったら、

消したり外したりすればいいだけだし、

もう一度最初から全部やり直したっていい。

 

計画をたてて実践するのが向いている人もいるから、

私のやり方が正解ではないよ。

私にはこれがやりやすいから、シェアしてるだけね。

 

自分にとって幸せかんじる方法で音譜

楽しくやっていったらいいんじゃないかな?

 

夫に対して計画たてなよとイライラしていたのも、

きっと私が「そうしないといけない!」と

頑張っていたからなんだろうなと思います。

 

私が頑張ってんだからお前もやれ、的な(笑)

 

↑私、ときどきこうなるんよね。ははは。

 

私がプリプリ・イライラして人に当てっていたら、

なにかを気張ってやってて、

「がんばってるんだから認めてよーーー!」って

いってる証拠。

 

自分でヨシヨシしてあげるんだ~。

ほんまに手のかかる、かわいい子ですわ。笑

 

 

ロンボクの人たちはめったなことがないと約束しません。

 

かつて夫(当時恋人)は、

デートの日取りさえ約束しませんでした。

 

「神様の思し召しで、

どんなことが起こるかわからないのに、

約束なんかできない」って考えるのだそうです。

 

結婚式の招待状にも、

「願わくば、○月○日に結婚式を執り行います」と

書いてあります。

 

いや、願ってないで確定して~~!

 

決めない。約束しない。

自分も相手も縛らず責めず、

「泳がせる」世界を構築してるんだな~。

 

彼らが川を楽しく泳ぐ河童にみえるのは、

こういうところからくるのかな?

 

私もめっちゃ気まぐれやからなあ。

 

約束も決定も宣言も、

して、苦しくなるくらいなら、

「しない」というスタイルを真似てもいいね。

 

ただ、淡々ニコニコらくらくと、

未来図をつくりあげていこう。

 

お客様とロンボクの融合で学ぶことは

たーくさんあります♪

 

お互いサマサマ幸セナン

 

みどり

 

 

(おまけ)みっちゃん親子と海で遊んだときの動画

ケンケンパ?風の遊びをインドネシアの子どもたちに

教えているところです。

 

→この日の様子。たくさんの写真とともに書いてくださいました

 


 

◆ロンボク島のフレーバーコーヒーを販売しています。

→ロンボクコーヒー・サマサマのこと(まとめ記事)

こちらでご購入いただけます


◆どしどし登録・申請してね~ドキドキ
 
(友達申請は、一言メッセージを添えてお願いします)

 
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

●アーティストにいっぱい食わされた話

 

パギー(おはよう)、みどりです。

 

ちょっとさー。

なんなのよー(◎`ε´◎ )と怒りつつも

面白い話があったのので、

ロンボクの話は休憩して、シェアします。

 

 

 

去年の12月に、まったく知らない人から

フェイスブックでメッセージつきの友達申請がきた。

 

メッセージは、

 

グッド!

 

の三連投だった。

はあ?とその人の頁をのぞきにいくと、
トリポリに住むムスリムであることがわかった。

え、トリポリってどこ?

(↑北アフリカ、リビアの首都)

無視しようかと思ったが、

何か言いたいことがあるのだろうと思い直し、
どなたでしょうか的な返信をした。

すると、素敵な愛の詩が送られてきた。

「…。あの、私、結婚しているので、ごめんなさい」

 

そこからだ、彼との交流?がはじまったのは。

 

 

彼は丁寧な自己紹介をよこしてきた。

 

40歳、独身。

日本人のイスラム教徒と結婚し、

愛と尊厳にあふれる家庭を築きたい。

手伝ってくれませんか?

 

「無理です。責任とれません。」

むげなく私は断った。

 

しかし、彼は果敢に返信をしてきた。

 

ずいぶんと長い間、

日本人ムスリム女性を

メッセンジャーで探したが見つけられなかったこと。

 

18歳のときに

日本の女性に関する本を読んで以来、

ずっと日本人と結婚することを夢見てきたこと。

(ちなみに結婚歴なし)

 

読書とグラフィックデザインが好きなこと。

 

 

…気持ちはわかった。

しかしねえ、私はインドネシアに住んでいますの。

だいたい、見知らぬ人を誰かに結婚相手として

薦めることはできないよ。

幸せをお祈りしています。

 

と書いたのに、

彼のデザイン画がたくさん送られてきた。

 

 

おお、いいね~。ウェブサイトもってんの?

インスタグラムにアップすればいいのに?

 

なんて、思わず聞いちゃったんだけど、

ねえ、アンタ、私の話きいてる???

あなたの結婚の手伝いはしませんと言ったんですが。

 

もっとはっきり断らないといけないのかしら?

 

そしてその後も3日に一度くらい、

デザイン画が送られてきた。

 

「日本人と結婚したいなら、

日本語を勉強したほうがいいと思うよ」と書いたら、

「愛があれば言葉が違っても伝わると思うが、

どうだろう?」ふうの返事がきた。

 

一理ないわけではないが、

国際結婚をしている身としてアドバイス。

「伝わらないっすパー

 

またまたデザイン画が送られてくる。

 

無駄に私の好みなので、

きれいだねなどと返信してしまう私。

お前はバカかと自分を呪いたくなる(笑)

 

 

そうこうしているうちに、先日、進展があった。

 

なんと彼は日本へ行くためのビザを申請したらしい。

もし、ビザがおりたら日本で助けてくれないかという。

 

私「ごめん、無理」

 

彼「日本で、 tree decorations Exchange をしたいんだ」

 

えっと、会話になってませんが?

 

彼「日本へ旅行をしたら、職につけるかな?

  手伝ってくれませんか?」

 

私「あのね。

  あなたは日本を旅行することができる。

  ビザの関係で旅行中はダメだけど、

  手続きをふめば仕事だってすることができる。

  でもね、前にもいったけど、

  日本で仕事をしたり結婚したりしたいんなら、

  お願いだから日本語を勉強してちょーだい」

 

彼「…」

 

私「私があなたにできる手助けは、

  日本語を勉強しろと何度も伝えることだよ。

  これ以上はできません」

 

けっこう強めに書いたつもりなんだけど、

こんな返事がきた。

 

 

 

 

 

「いつも僕を励ましてくれてありがとう」

 

 

 

 

 

…Mなのか?

調子狂うんだけど。
どうしたらいいんだ~~~ヽ(;´Д`)ノ
 

 

しかしね、思うわけですよ、私は。

 

このめちゃくちゃな必死さは素晴らしいなと。

 

私は遠まわしな言い回しができないから、
けっこう単刀直入に、
「インポッシブル」とか書いてるんだけどさ。
ガン無視なのよね。

とにかく日本へいきたい、結婚したい、
手伝ってほしいの一手のみ。

なんなのよーーーー!!!って思うけど、
ものっすごいエネルギーだなとも思います。

だって見ず知らずの日本人に、
助けてほしいを連発するんですよ。

必死って怖いもんなしやな。
あっぱれ!



というわけで、降参して彼の記事を書きました。

とにかく結婚したい方。
見知らぬ新世界へ飛び立ちたい方。

この記事を読んでピンときた方。

連絡ください(^^)

 

あと、結婚とは別に、

tree decorations Exchange が何をさすのか

わからなかったので、

情報ある方はお寄せください。

 

ここから何か始まったら面白いなあ~爆  笑


↑ここまで書いて、
最後にデザイン画を借用して掲載するために、
ダウンロードした。

 

いや、ほんと素晴らしいよね。

この人はきっと心のきれいな人なんだろうな。

 

しかし、よく見ると、

作品中の名前らしきものが、

彼の名前ではないことに気づいた。


いぶかしく思って検索したら、
アメリカのファッションイラストレーターの
作品じゃないかよ!

盗作か、ばかたれ!

もう面倒みない。

 

まあときにはこういうこともありますが、

それでも人と関係を築くってのは面白いんだよ。

 

私も負けず劣らずMだな(≡^∇^≡)

 

今週も元気にいってらっしゃい。

お互いサマサマ幸セナン

 

みどり

 

追伸;

本日提示した作品群は、

すべて「Edgar Artis」のものです。

画像はトリポリの彼が送ってきたものを使用しました。

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

全部、天賦の才能なのら。

 

ソレー(こんにちは)、みどりです。

 

義姉、無事に退院いたしました。

姪たちは3日間我が家で過ごしましたが、

おうちに戻って家族で暮らしています。

 

姪たちがいるあいだに思ったんだけど、

私、子どもたちと遊ぶの楽しいし、うまいわニコニコ

 

私がまだ子どもみたいだからね。

 

「子どもみたい」は世間では褒め言葉じゃないけど、

それもだして使えば光るんだよ。

今日はそんな話。

 

 

この1週間ほどで期せずして、

「キラキラしてますね」って3人の方から

メッセージをいただいたんだけど、

それは…どうにかしてる(^O^)

 

私はこの3日間、

娘が摘んだ花をこうやってみたり、

 

娘がそれを真似して茎が折れたのをみて

ゲラゲラ笑ってたり、

 

(このあと自分の鼻の穴に入れたりもしたんやけど、

すぐ落ちて写真とれなかった)

 

鼻につっこんだのを

「エンガチョ~」(若い人、調べてください)みたいに

娘や姪っ子たちにつけにいって

キャーッて逃げられたりしていました。

 

口の上に乗せるのは気に入ってもらえたようです。

 

で、遊びつかれて子どもたちより早く寝てたり。

※知らないあいだに娘が撮影してた

 

単なる「大きな子ども」の日々(-^□^-)

 

こんなでもキラキラに見ていただけるんやから、

あなただって、キラキラに違いないわラブラブ

 

 

あのね、キラキラなんか簡単でね。

 

「わーーーい♪♪」って言うてたらいいねん。

なんにでも!

 

私にも

「もっとここがこうだったらなあ」と思うところ、

短所、欠点、ありますよ。

 

それがクソ情けなくて消えたいと思ったことも、

何度もあります。

 

だけどね、

それも含めて私でね、

そのすべてが神からプレゼントされたもの。

 

 

おもいっきり「わーーーい♪♪」と受け取って、

使っちゃえ~!

 

 

短所欠点、病気、借金、過去の失敗。

 

全部、

 

 

∩(´∀`)∩ワァイ♪

 

 

で、使っちゃいます。

 

 

こんなふうに書くとですね、

明るいですね、太陽みたい、ひまわりみたい…と

言っていただくのだけどね、

私、暗いときは激しく暗いですよ!

 

自分の心を

見つめれば見つめるほど漆黒の闇だし、

自分や他人や社会を責める気持ちもでてくるし、

自分はどんだけダメなのかと情けなくなります。

 

ブログにいつもの5倍は軽くかけるくらい、

ドスドスグログロしたのがあふれ出てきますよっ!

 

だからウツにもなったもんね。

 

でも、別にかまわないですグッド!

 

子どもみたいとか、

暗いとか、

ウツになるとか、

それがなんだというのでしょう?

 

もろもろ含めて私やん♪

 

 

 

 

全部ひっくるめて

天賦の才能やチョキ

 

 

 

 

文句あるわけないよね、

授けてもらってんねんから。

 

ふふ、ロンボクの人々と同じになってきた♪

ロンボクの人々はなぜ恥ずかしげもなく自撮りするのか

 

 

私も昔は、自分が「暗い」のとか「まじめ」なのとか、

すごい嫌でした。

ウツも真っ只中は苦しいしね。

 

でも、暗いのもウツになるのも素晴らしいんだよ!

 

「陰翳礼讃」を読んでみなって。

 

陰翳礼讃 (中公文庫)

 

この本は住居(おもに光)の話だけど、

自分の「陰」に置き換えれば、

自分のもつ陰翳の美しさに目覚めるよ。

 

陰に趣きを感じるのが日本人。

人の心の陰も人間味、自然の美です!

 

なーんにも恥じなくてよいの。

直さなくてもいいの。

 

「それはおかしい、なおせ」

っていう人がいたら、

「陰翳の美しさがわからん人やねんな」と

憐れんでおけばいいです。

 

自分のもってる「陰」は

お宝でしかないんです。

(「陽」もお宝だよ)

 

つまり、

素晴らしいと思っていることもダメだと思っていることも、

私たちはまるまる天賦の才能なのです。

 

 

もうすでに「もってる」んです。たくさん!!!!

 

 

出番を待っているんだよー!

 

だから、「わーーーい♪♪」でね。

受け取って、
使い続けてやってください。

 

即キラキラです。

 

今日もお互いサマサマ幸セナン。

 

みどり

 

 

 

追伸1.

私はキラキラではなくて、

「キテレツですね」と言われたほうが嬉しいです。

言って下さい(笑。催促)

 

追伸2.

「どうすればいいのかわからない…」で、

止まりがちなのが辛い人は、

コーチングセッションで一緒に歩んでいきましょう。

14日(火)から二期生募集します。

心準備しておいてね。

 

追伸3.

ブログ、お引越し予定です。

近々インフォメーションします。

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。