ジョン万次郎@信濃町

テーマ:
200507201224000.jpg

各国料理食べ放題

住所 新宿区信濃町34アトレ信濃町1階
電話 03-3226-0008
料金 1500円

時間 11時~14時30分



改札を出て左のJR信濃町ビルの一階。


料金は前払い制で、2階の席に案内される。
オーシャンダイニングということで、店内は客船を模したような装飾。

客席は壁で区切ってあり、広く使える。

店内は広く、席は300席ほど。

ジョン万次郎という名前からして和洋かと思えば、中華料理が多め。


【メニュー】種類 多い

スパゲッティミートソース、海老餃子、春雨炒め、揚げ茄子、玉子焼き、

温泉玉子、ドライカレー、鶏の唐揚、くるみパン、サーモン

ハンバーグ、ニラ餃子饅頭、サラダ数種類などなど


【デザート】種類 多め

パイン、グレープフルーツ、タンジェリン、ゼリー2種類、

プチケーキ3種類ほど、フルーツ杏仁


【ドリンク】種類 多い

コーヒー、コーラ、メロンソーダ、ウーロン茶、グレープジュース

あとイチゴフロート(?)など


1500円でランチバイキングというのは微妙なところである。

決して料理の質は悪くない。悪くはないのだが、

1500円あればもっと上質なものが食べれるはず。

元をとれるだけ食べれる自信のあるときに行こう。


【料理】  ふつう

【種類】  多い

【雰囲気】 ゆったりできて良い。

【料金】  ふつう

【接客】  良い。ただ、料理の補充は遅い。

AD

カニ

テーマ:

夜の9時くらいに友人から電話がかかってきた。

ちょうど本屋に入ろうとしていたところなのだが

電話に出てみる。


「あ。今、大丈夫?」と友人。

「うん」

「俺、何食べたら良いと思う?」

うーん。自己主張がないというのは現代人の特徴であるが、

こいつの場合はネタ振りでこういうことを言ってくるので要注意である。

迂闊な答えは出来ない。

1秒ほど思案した私は「カニを食え」という答えを出した。

カニは低カロリーかつ、余り苦手な人がいないという都合の良い食料だからである。


「えー。カニ?何でカニ?」

「じゃあ、カニ缶」

「知ってる?たらばガニってカニじゃなくてヤドカリの仲間なんだよ?

 カニだったらば、って覚えよう」

「何?お前カニ食いたくないの?なら電話切るよ?カニ食えよ」

「何でお前は俺にカニを食べさせたがるの?」

「吉祥寺にカニの食べ放題があるよ」

「行くの?」

「いや、高いから良いや」


---------------------------

ここで吉祥寺のカニ食べ放題情報

たらば屋

アクセス 中央線吉祥寺駅南口すぐ

住所  武蔵野市吉祥寺南町1-4-3ニューセンタービル5F

電話  0422-49-3429

席数  120席

料金  食べ放題は2名から。ズワイガニ食べ放題7000円

---------------------------


「そうなの?」

「ああ。カニ食べたいな」

「俺は何を食べたら良いと思う?」

「海鮮ヌードルとかどう?」

「なにそれ?」

「カニとかシーフードな具が入ってるやつ」

「またカニかよ」

「何だよ。カニ嫌いなのかよ」

「そうじゃないけど。まぁいいや。自分で考える」


そう言うなり友人は電話を切った。



そして夜1時半頃また電話がかかってきた。

「俺、ひどい目にあったの」

ネタの前振りか?と思ったが、一応聞いてみる。

「ひどい目に?誰に?」

「自分に」

「何したの?」

「さっき鍵かけて出掛けたんだけど、

家戻ったら鍵持ってないことに気付いてさ。

しかも携帯もなくて、財布くらいしか持ってないの」

「それは四面楚歌だな」

「アパートの部屋が二階だったから排水管を伝って窓から入ったよ」

「大変だったね。窓は開いてたんだ?」

「そう。2階くらいなら登れる。

 でもこれで簡単に泥棒に入られるってことに気が付いた」


そうかー寮に住んでいると泥棒のこととか意識しないで良いが

(実は寮に空き巣が入ったことはあるが)

一人暮らしだとそういう心配もあるのか。

夜に鍵が開かなくなったりしたらどうするか。

とりあえず財布があれば漫画喫茶かな。


AD

とり鉄@高田馬場

テーマ:
200512141648000.jpg

串もの食べ放題

新宿区高田馬場2-8-4高田馬場AUビル 2F

JR高田馬場駅早稲田口 徒歩3分 
地下鉄東西線高田馬場駅7番出口 徒歩2分 


高田馬場から早大方面へ早稲田通りを歩くと左側。

http://r.gnavi.co.jp/a028900/

食べ放題は16時~18時までの入店に限る
999円

食べ放題メニュー
串もの(もも、つくね、砂肝、レバー、皮、ささみ梅、ししとう)
一品もの(キャベツ、唐揚げ、ポテトフライ)


食べ放題はワンドリンク制
席の利用は2時間


お酒や食べ放題以外のメニューも充実してます。
値段も安め。さすが馬場。


999円で食べ放題ということなので

あまり食べ放題メニューに期待してはいけませんが、

ささみ梅の串焼きは美味しかったです。

この世に鳥類がいることに感謝しました。


だってそうでしょう。

鳥たちがこの世にいなかったら

私達人間は、殆ど豚か牛の肉しか食べれないんですよ。

毎日毎日「脂っこい、高い」と嘆きながらの食卓を強いられるわけです。


というわけで爬虫類から進化した鳥類に感謝。

よくぞ進化してくれました。



AD

ビッキーズ@水道橋

テーマ:
名古屋料理など食べ放題

アクセス JR水道橋2分、東京ドームシティの青いビル1階
電話 03-5684-8108
値段 1000円(先払い)
時間 平日11時半~14時

期間限定で6月17日まで。

きしめんサラダ、台湾ラーメン、鶏の手羽先、ハヤシライス、ジャーマンポテト、エビフライ、味噌煮込みハンバーグ、味噌ヒレカツ、あんかけスパゲティ、ひつまぶし、小倉トースト、白玉ぜんざい、杏仁豆腐など。

ハヤシライスはトラップだ。これを序盤から食べると他のものが入らなくなる。
ハンバーグは恐らく冷凍ものだろう。
ひつまぶしはお茶漬けにできるが、作ってるときが楽しいだけで、味は微妙だ。
強いて言うならエビフライがおいしいかも。

名古屋料理食べ放題という珍しさはあるものの、味はヤバイ。
カレーが無い分、減点。

恋人より、友達と一緒に行くところ。一応一人席もある。

評価 ☆☆

串家物語@新宿

テーマ:

住所 新宿区歌舞伎町1-6-1シロービル7階
値段 2625円で食べ放題。
時間 90分(延長すると料金発生)
営業時間 16時~22時
電話 0352929401
メニュー 串揚げ20品、サラダ、おにぎり、きんぴら、うどん、カレー、

ケーキ、ソフトクリーム、フルーツ、肉まん飲茶などサイドメニュー30品

串揚げの種類は豚肉、牛肉などオーソドックスなものからエビ、

鱈、チーズドーナッツ、餅

砂肝、ピーマン、サーモン、鶏肉、たこ焼き、イカ串などもある。
自分で揚げてアツアツのまま食べれる。

自分で串を揚げられるばかりでなく、

ソフトクリームもかき氷も自分で作れる。

が、これが結構むずかしい。

ソフトクリームをつくったら何とも不恰好になってしまった。


プラス1000円で飲み放題になる。

2人から4人くらいで食べると良いかも。


店はアルタ裏の靖国通り沿いにある。
地元の友達と食べに行った。

【料理】  可もなく不可もない 
【種類】  多い

【雰囲気】 飲み屋としてふつう

【料金】  妥当。ただ90分は短い。

【接客】  親切

東京駅八重洲南口を出て徒歩3分ほど。
住所 東京都中央区八重洲2-7-12
京橋K-1ビル B1~2F
TEL 03-5255-3886 03-5255-3885
(予約センター 受付時間/11:00~19:00)
営業時間 ランチ 11:30~14:00
ディナー16:30~23:00(L.O.22:30)
土日祝 16:30~23:00(L.O.22:30)
アクセス 中央線東京駅 徒歩5分
地下鉄銀座線京橋駅A5出口 徒歩2分
都営浅草線宝町駅A5出口 徒歩3分
定休日 年中無休
席数 550席
最大宴会 200人(着席時)
個室 20室
HP http://www.hokkaido-aji.com/

メニューは、キムチ鍋、ロールキャベツのクリーム煮、鮭のフライ、茄子、シューマイ、天麩羅、卵焼き、焼き魚、鳥唐揚げ、串カツ、春雨サラダ、カレー、ポテトサラダ、オレンジゼリー、グレープフルーツゼリー、杏仁豆腐、など25種類。

昼間の会社説明会の合間に行ったので、店内はサラリーマンだらけだった。

評価 ☆☆☆

吉乃翔@虎ノ門

テーマ:

日本料理食べ放題


吉乃翔HP

住所 東京都港区虎ノ門1-16-4 アーバン虎ノ門ビル 1F

電話 03-3580-1119

時間 ランチ 11時半~14時

    ディナー17時~23時半

料金 ランチ 1000円

    ディナー2980円(しゃぶしゃぶ)

          3980円(日本料理)

          4980円(+タラバ蟹)


今日は会社説明会が霞ヶ関であったので、

ついでに昼はこの店の食べ放題に行った。

12時ごろの入店だったので、サラリーマンが多い。
まぁ就職活動でスーツな私もサラリーマンに見られただろうけど。

アクセスは、地下鉄虎ノ門駅の4番出口出てすぐの

岡三証券とUFJ銀行の間の角を右に曲がり直進し、

最初の信号の交差点を右、さらに直進すると左側に見える。店は一階。

前払いで1050円
メニューは、刺身(マグロ、カツオ、サンマ、トロ、甘エビ、鮭など)8品、

揚げ物(牡蠣、桜海老など)10品、ウナギの蒲焼、おでん、筑前煮、

京茄子の御浸し、肥後牛のすき焼、豆腐、松茸ご飯、うどんなど60種類。
杏仁豆腐などのデザートは1時以降から出る。

店内は込みまくり。1時からデザートが出るのでそれまで粘る人多い。
店員さんがせわしく店内を動き回り「焼きたての鰻追加でーす」など声を元気に張り上げていた。

【料理】  この値段にしては最高級

【種類】  この値段にしては最高級

【雰囲気】 店内が狭く、ゴミゴミしている

【値段】  この値段なら列びますよ

【接客】  相席をさせるのはいかがなものかと

200510071156000.jpg
自然食食べ放題

住所 中野区中野4-1-1中野サンプラザMB
電話 03-5380-3739

ランチ・ディナー
実施時間 24時間
料金 1260円

というかここ、漫画喫茶なんですよね。
会員制の。
そこに食べ放題が付いてる感じ。
最強のひきこもり空間。

食べ放題メニューはとんでもなく豊富。
自然食50種類。
飲み物70種類。
だが、漫画喫茶がメインなので
料理に関しては何とか安くすませるよう作られてる感が。
どんなメニューがあるかというと
カレーやコロッケ、きのこご飯、サラダ、味噌汁、切り干し大根、肉団子、シューマイ、漬物、おでん、唐揚げなど一般家庭の食卓メニューが揃っていて一人暮らしの男性には至れり尽くせり。
他にフカヒレ粥などもある。
あまりフカヒレぽくはないが…。
あと、ふりかけも異様に揃っていた。

デザートは大福や多種ゼリー、アイス、メロン、プチケーキ。
思わず中野の100円均一から調達したのではと考えてしまう。

そして驚くのはドリンクの豊富さ。
いちごオレ、飲むヨーグルト、コーラ、レモンティー、メロンソーダなど普通の漫画喫茶に置いてあるものから、
アガリクス茸茶、霊芝茶、ももの葉茶、ギムネマシルベスタ茶、銀杏葉茶、ルイボス茶、ガルシニア茶、バナバ茶、韃靼そば茶など
異様なくらい茶が揃っていて、
全部試してみたら腹を壊した。