4日目

テーマ:

ホテルで朝食を済ませてからラオス大学の生徒たちと合流し


山の上のリゾート地「ダンサバーンホテル」へ向かう。


ダンサバーンとは「天国」という意味だ。


外資によるホテル開発の問題を実地調査するわけだ。



ダンサバーンホテルは非常に景観の良いところに立てられたホテルで、

カジノやボート、カラオケ、ディスコなどの設備がある。

ra13




ラオスはギャンブル禁止の国だが、ここでは許可されている。

ra12

なぜなら、旅行客のギャンブラーが大量のお金を落として行ってくれるからだ。


ラオス大学の学生も、まさか自分の国にこんなところがあるのかと少し驚いていた。



昼はダンサバーンホテルで朝食をとり、

その後はラオスで活動している日本人NGO「IV‐JAPAN」のオフィスを訪問。


ビエンチャンなどで職業訓練を行っている団体だ。


ラオス人で学校教育を受けられなかった若者を対象に、

織物や散髪の技術訓練をし、起業を促している。


学生の何人かが、ここで髪を切ってもらう。



ラオスの町を歩いていると思うのだが、

本当にみんな暇なのか、まともに働いている人を見かけない。


というか、店が少ないし、

店も客が少ない。

ra11

なぜかボクシングしてる若者。

すごく暇そうだ!


働け!





夜は再びホテルラオに戻る。


相部屋の男子学生と「UNO」をして夜は更ける。

AD

コメント(3)