2011-05-10 12:15:00

筍と竹の子って意味が違うの?

テーマ:食べ物に関する疑問


なんでも食べ太郎-筍

ここ最近、「筍」の記事ばかりですが… (^▽^;)

今回も「筍」の記事です。


▽食べ物事典「孟宗竹」

捌き図解 筍の灰汁抜き・下処理

■レシピ「筍尽くし」


ところで、ここでひとつ、あれ?とお思いになりませんか?

「筍」? じゃあ「竹の子」って? あれ?何か違うのかな?と。


という事で本日は約半年振りの食べ物に関する疑問記事~ (-^□^-)


食べ物に関する疑問一覧

mobileはこちら


なんでも食べ太郎-筍

「筍(たけのこ)」は「(しゅん)」に「冠」で「筍」です。


では「旬」とは?


季節物などの「旬(しゅん)」という意味と時間の単位での「旬(じゅん)」があります。


時間の単位としての旬は10日間。

上旬、中旬、下旬という風に使いますよね。

これは各月初めの10日間、次の10日間、最後の10日間(月による)と区切られます。


ってことで10日間がタケノコと何か関係があるのか?


なんでも食べ太郎-筍三昧


タケノコは成長が早くて、地上に芽を出して旬日(10日間)には竹になってしまいます。

そこから「筍」という漢字になったと言われております。


つまり「筍」は売られている食用の竹の若芽の事を指しますな。


対して「竹の子(たけのこ)」は?

これは読んで字の如く、竹の子供ですね。


ネットで調べてみますと10日以内のものが「筍」、10日を過ぎると「竹の子」という説もありますが、

私の解釈としては食用の竹の新芽も含め、まだ小さい竹の総称として「竹の子」だと思います。


という事で私の結論・・・


「竹の子」は「筍」を含めた小さい竹の子供。

つまり「旬日」までの「タケノコ」は「筍」とも呼ぶし「竹の子」とも呼ぶ。


なので、どちらを使うかはフィーリングで良いんじゃないですかね音譜

飽くまでも私個人の解釈ではありますが…。


さあ!この後は本日18時に前回の「筍尽くし」に引き続き、

「筍三昧」のレシピを公開でぃすよ~!!

お楽しみにね ヾ(@^▽^@)ノ


AD

コメント

[コメントをする]

1 ■へ~

ずっと不思議だったんですよね~。
細マッチョみたいなほっそいのが竹の子で
太いのが筍かな~、なんて思ってました(笑)

スッキリ~♪( ̄▽ ̄)

2 ■Re:へ~

>まんまるままさん
あ~、分かります!
そんなイメージも確かにありますね。

とりあえず竹の子も筍も
どちらも美味しそうな
感じ(漢字)です(⌒¬⌒*)

3 ■無題

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

4 ■Re:無題

>伝える履歴書さん
はじめまして。
コメありがとうございます。
そい言って頂けると嬉しいです(-^□^-)
是非、また遊びに来て下さいね♪

コメント投稿

[PR]気になるキーワード