先日、奄美へお越しになった静岡の渡辺さんより
うなぎパイをいただきました!

みんなでおいしくいただきました。
ほんとにありがとうございます(‐^▽^‐)。
AD
ちょっと前のことになりましたが
七緒VOL37に掲載していただきました。

実際奄美に来てくださって、
たくさん取材していただきました!


「紬」の学校。っていう特集で
いろんな地方の紬の記事もあってとっても「紬」の勉強になります。





AD

紬の工場

テーマ:

23日の奄美は、梅雨入りはしてますがとてもよい天気で
晴れでした。

泥染めしたムシロもきれいに日にあたってます。



今日はお客さまが見えるとの連絡をいただいたので
奄美らしい植物を飾り、お迎えしました。

事務所の入り口には、自宅の庭に自生している月桃(げっとう)を籠に飾りました。
月桃は『サネン』といわれ、その葉っぱをお餅のお菓子を包むために使われていたりする
とても身近な植物です。


花をつけていました♪香りがします。



とてもお天気が良くて観光日和だったのではないでしょうか。

みなさん大島紬がつくられる行程を見学して行かれました。





今日も梅雨の晴れ間の奄美は風がびゅーびゅーです。











AD

のりはり準備

テーマ:
ある日の作業。

イギスという海藻からできた糊(のり)をかまどで煮ています。

のり


さらしでこして。



のりばりする用の糸にのりを含ませます。
温度が下がるとのりの入りが悪いので、かまどからおろしたてのイギス液で作業します。

この日は先染めの糸でやわらかな色目でした。


こんなに長い糸。40メートル以上です。
均一にのりが入るためにぐるぐる巻きになるようにたらいに収めます。



この状態の糸がとても柔らかくふわふわになるのに驚きました。


糸はたくさんあるので、繰り返し作業です。


たらいの中の糸は熱いうちに作業をするので、大変そうでした。


かまどのなか。



この作業がおわると、次の日は
のりばりです。





明けまして!

明けましておめでとうございます。


旧年中は、みなさまにお世話になりました。

ありがとうございます。


昨年に続き、今年も紬作りに励んでまいります。

みなさま。よろしくお願いいたします。



ホームページのほう、更新いたしました。

ご覧ください。


田畑絹織物 今月の新作

ばらの花

テーマ:

こんばんわ!
今日も奄美は蒸し暑い1日でしたー。

ここのところ奄美は、夜中にザーっと雨が降る。ということがよくあります。

朝起きて窓の外を見ると、道路が朝日で眩しくて
雨の降った気配をいっぱいにしています。

おかげで植物の水やりが自然とでき(^-^)/
植物が元気にしています。

お庭のバラも、ちょうど写真のように咲き誇っています♪

新作のこの柄は、前に紹介するつもりでしたが、
写真を撮り損ねていたので(・・;)

今日ご紹介します。

母はバラのお花が好きで、庭には母の育てた
花があちこちに奇麗な花をつけています♪


バラを好きな思いが高じて、、
バラの花の大島紬を作りました。






奄美大島の田畑絹織物です。