2011-09-16 15:57:39

聖ヴェネディクト教会~スイス旅行紀 その2

テーマ:スイス旅行記

2011年の夏に行ったスイス旅行紀行その②です。


旅行半ばに、VALSの温泉からほど近いヴェネディクト教会に行ってきました。山の中の村の教会です。


交通機関が通っていないので、小さな無人駅から徒歩1時間ほど。山を登って行きます。その話を聞いたときは、タクシーをチャーターするか、と一瞬考えましたが。。躊躇していましたところ、VALSで出会った知人建築家と話しが盛り上がらい、やはり歩いて行こう、という結論に・・・。

誰かと一緒だとこういうときがぜん行動力が出ますね。

 建築を見る旅行というのは、ついつい、見たい建築本体だけさっと見て満足してしまう傾向がありますが、私は、最近は、建築本体よりも、その成立している環境のほうにも興味があり、旅先で歩くのがとても好きです。街の雰囲気や人の生活、自然の風景、それらが、場所によってそれぞれ異なることを、肌で感じることも建築をつくるときに、とても大切なセンスだと思います。それには、歩くのが一番ですね。



 さて、ヴェネディクト教会への道のり、こんな無人駅からスタート。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ

道のような道でないようなあぜ道を登っていく途中、看板に出会います。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ 駅の看板は、この道を行けと指していました。

牛と羊しかいない田舎の道でこの道でよいのか、ときどき不安になりつつ歩きつづけること一時間。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ 真ん中にみえているのが目指す教会です。


 やっと、ヴェネディクト村に出ました。本当に小さな村の、村人のための教会で、建築家のPETER Zumthor1991年に建てた小さな木造の教会です。

 雪崩で崩壊した村の教会を建てなおすという依頼を受けて、デザインされたもののようです。


土地の地勢を読み込み、雪崩に会わない地形と建物の形を選択するところから、そして、この土地の自然に溶け込むような木葉のような屋根と木の下見板の外壁。質素な教会ですが、柱と梁の細部まで美しくデザインされた、気品にあふれた空間です。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ

ハイサイドライトから見える空と光を感じながらじっとしていると、建築の中にいることを忘れてしまうような豊かな体験でした。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ 内部空間は小さいですが、木造の構造が美しい。


 ひたすら歩くことと建築を見て黙考すること、まるで巡礼のようだな、と思いつつ、歩いたからこその満足もひとしお。建築の美しさに心が満たされるのは、とにかく、もう本当に、幸せな体験です。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-08-27 21:07:31

スイス旅行記2011 その①~Valsの温泉施設

テーマ:スイス旅行記

今年の夏休みに、友人と二人でスイスをめぐる旅をしました。ZurichからLuzern、そしてValsの温泉に泊まり、その後Bernに2泊。BernからBaselLausanneを日帰りで往復。「スイスパス」のおかげで(交通機関乗り放題)見たいものをちょっとづつたくさん見る、私のいつもの建築行脚もやりつつ、今回はゆっくりと街歩きも楽しみました。

 盛りだくさんで、写真の数が1300枚を超え、ブログをどう書けばよいか考えていました少しずつ小出しにしてぼちぼち書くことにしました。


 ということで、最初の回はVALSの温泉です。


 VALSはスイス中部にある小さな田舎街です。


鉄道を乗り継ぎ、さらにバスで山の中にわけ入った果てにある、小さな小さな街で、日本の温泉保養地のような場所です。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ 山間部を赤い列車が走ります。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ 鉄道から見える風景はこんな感じ。

そこに現代の建築家Peter Zumthor氏が設計した温泉ホテルTherme Valsがあります。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ Therme Valsの目前はこんな場所です。牧草地に納屋が点在する風景が絵本の世界のようです。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ こちらがZumthor氏の温泉施設。山の影になって暗いですが。


地元産の石を密実に積み上げた壁面は、重厚さとモダンが調和したとても美しい存在感を放ち、環境に自然に溶けていくような、うっとりするような建築です。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ 外壁と窓のアップ。

 こちらは温泉といっても水着を着て入るもので、大人がやっと足が立つくらいの深さ。

温水プールのような感じです。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ 屋外の風呂。


周辺の豊かな自然を楽しめる露天風呂や、テーマ別に花びらの風呂や洞窟風呂、音を聞く風呂、灼熱風呂(と言っても42度くらい。日本人にはここが中度良い温度。ほかの風呂は33度くらい。外に出たら寒くて風邪をひかと思いました。)など、いろいろな風呂があります。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ こんなふうに建物は半分地下に埋まっています。


中は撮影禁止なのですが、ちょこっとだけ隠し撮り。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ 幻想的なトップライトと水中照明が美しい。

 トップライトが繊細にデザインされ、水面下の照明とあいまって幻想的なシーンをつくっています。ほの暗い空間の中に、水面が浮かび上がる様は、人の意識を開放しつつ、新しい空間体験へといざないます。

 自然の美しさと現代の名建築を同時に堪能できる、とても素敵な場所です。


 ここで偶然、日本の知人の建築家にお会いし、夕食をご一緒することに。やはり建築の世界は狭です・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。