2017-07-31 20:04:57

フランス旅行記02 ル・トロネ修道院をはじめとした三姉妹

テーマ:フランス旅行記

南仏旅行記 第2段です。

先週はプロヴァンス地方に建つセナンク修道院について書きましたが、中世の同じ時代に建てられたのシトー会修道院の三姉妹と言われる建築を見てきました。ル・トロネ、シルヴァカーヌ、セナンク修道院の3つです。

 ル・トロネ修道院

修道院は、大聖堂のように、町や国のシンボルとして、豪華さや象徴性を表現するものではありません。特にシトー会は、中世キリスト教が持っていた政治的力を顕示するような壮大さや豪華な装飾を排し、簡素、無装飾性を信条にしていること、修道士の手によって建てられた、修道生活のための住まい、というところに、質実で実直な建築の質を実現しているのだと思います。

ルトロネ修道院の石積みのファサード

その上で、祈りの空間としての礼拝堂、寝室、仕事場、小礼拝室・食堂という機能空間を、クロイスターと呼ばれる美しい中庭を囲んで配置させるシンプルな空間は、奥深い魅力をたたえています。クロイスターは美しく植栽が施され、泉がわき、空と光が美しく感じられる外部空間です。

セナンク修道院の中庭

シルヴァカーヌ修道院

シルヴァカーヌはだいぶ朽ちていますが軽やかな白に装飾が少し感じられる回廊柱、ル・トロネは、重厚でシンプルなデザインの柱です。

ル・トロネの回廊

所持品を持たない簡素な修道僧が、辺鄙な山の中で、少しづつ木を伐り、土を均し、石を切りながら積むという気の長くなるような作業の中で、美しいものへの希求が止まず、数十年という歳月をかけて建設された建築の謙虚な美しさは、建物をつくることそのものが、祈りの所作のようです。生活する場に神聖な空間を組み合わせるという、空間のあり方に憧れます。

 

ル・トロネは、特にその石積みの美しさ、レベル差のある中庭の回廊、尖塔とアプスの美しさが際立っています。

裏庭の食堂は廃墟になっていたものの、聖堂と共同寝室は復元され、さらに建築家が小さな介入を提案し続けているそうで、アルヴァロ・シザのサインがありました。

シザのつくったサイン

 

廃墟になった建築が言葉を語っているようと思うのは、込められた製作者の抑制された謙虚で強い精神の音かもしれません。そのような建築を大切に保ち、観覧できるフランスという国の豊かさを感じました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

田口知子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。