2015-12-07 20:26:58

建築ジャーナル「仕事場」に掲載されました。

テーマ:建築コラム
12月号の「建築ジャーナル」で、「仕事場」という連載コーナーがあるのですが、今月私達の事務所の紹介を掲載していただきました。


手書きスケッチと問答形式の原稿を依頼され、素朴な感じのページです。


私達の事務所は、港区の飯倉に近い古い建物の7階で、南と西に全面のバルコニーがあって、見晴がよく、夕焼けもとてもきれいに見える景色が気に入っていて、この場所に引っ越してからそろそろ6年近くになりました。
自分の机のスケッチを描いてみました。


小さな事務所ですが、それぞれのデスクと模型作りのコーナー、打ち合わせスペースなどほどほどの広さがあって結構快適です。
オープンデスク、アルバイト、募集中です。一緒に、人とまちを元気にする建築をつくりませんか?

さて、話は少しずれますが、建築ジャーナルの同号の記事で、山崎亮さんが、まちの胃袋という連載を書いておられて、北海道のお寺でコミュニティーデザインの手法をつかった居場所作りを手掛けておられる、という記事がありました。おー、なるほど、と共感・・。私も、そういう、仕事にかかわりたいです!(笑)

コミュニティーの問題、場所をつくること、今の建築のテーマではありますが、そのことを深く掘り下げていくと、お寺、教会という宗教性のある場所にとても近い価値観が浮かび上がってくると感じます。

日本ではそういう場所が身近ではない、という現状のなかで、宗教空間を馴染みやすく開かれた場所にする工夫、デザインと企画の力で復活させることができるとよいのではないかしら、と最近とみに考えおります。






AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。