2013-09-23 17:21:14

「雪谷大塚の集合住宅」~地鎮祭を行いました。

テーマ:建築のしごと

本日、「雪谷大塚の集合住宅」が着工し、地鎮祭を無事に執り行いました。

建設会社がテントや紅白幕を用意してくださり、6組のご家族がつくる建設組合の皆様がお子様も一緒にご参加され、にぎやかで明るい地鎮祭になりました。


工事は、新潟に本社のある新発田建設さん。社長も新潟からかけつけてくださり、頼もしい工事会社の皆様の協力でつつがなく式が終わりました。お疲れ様でした。


お天気も、途中雲行きがあやしい時間もありつつ、天気にも恵まれ、気持ちよい秋の風にふかれて、素晴らしい式になりました。




建築家 田口知子の日常をつづったブログ 組合員のみなさん、関係者一同で記念撮影。


それにしても、この建設組合の6組のご家族は、いつの間にか、本当に仲の良いコミュニティーを形成されているようです。どこでも、いつでもコミュニケーションが行われ、お互いを信頼しあって設計を検討されていく様子は、コーポラティブという建築の形式によるものか、皆様の人柄に恵まれたのか。きっと両方なのでしょう。

民族学者の中沢新一氏が、コミュニティーを形成するのによいスケールは、6戸~10戸くらいですよ、という発言をされていた記事を最近読んだのですが、まざに目の前にその実例を体験し、その発言の有効性を確信しました。



東京のど真中でも、コミュニティーを形成する方法はあるのだな、とあらためてコーポラティブ形式の深い可能性を感じました。


皆さん、本日は本当におめでとうございました。




建築家 田口知子の日常をつづったブログ


建築家 田口知子の日常をつづったブログ
宮司さんに玉ぐし奉天の指導を受けるみなさん。
建築家 田口知子の日常をつづったブログ


建築家 田口知子の日常をつづったブログ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-09-07 22:43:57

キッズタウン東十条フェスタ~一日こども美術館

テーマ:建築コラム

私たちの事務所で2年前に設計監理しました「キッズタウン東十条保育園」で、本日「キッズタウン東十条フェスタ」が開催されました。私もお招きいただき、今年も行ってきました。



建築家 田口知子の日常をつづったブログ


保育園の中、いたるところに子供たちが作った絵やおもちゃなど、さまざまな作品が所せましと並んでいました。保護者の方や地域の方にも見ていただけるように、園を解放して様々なイベントを行う恒例の行事です。
建築家 田口知子の日常をつづったブログ



この園では、アート作品づくりや、リトミックなどの体育など、のびのびと遊び感覚で創造性を育てる教育がとても熱心に行われていて、さまざまな講師の先生や大学の先生などが定期的にワークショップをやっています。その成果を、こうやって保護者の方や地域の人に見てもらう機会をつくることを、恒例行事としてやっています。園長先生の人柄と人徳がなせる、「開かれた保育園」が完全に根づいています。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ 子供の作品を、丁寧に作品にして展示するのは、講師の島田さんと保育士さんのクリエイティブな共同作業です。ほほえましくて、元気になります。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ 階段にはロボットの作品が。完成度が高い。



夜は、地域の方と関係者が集まって、恒例の屋上夜涼み会です。生ビールもサーブしてもらって、三線の演奏や本部長のギターなど、いろいろなアトラクションも飛び出して、屋上ビアガーデンは大盛り上がり。



建築家 田口知子の日常をつづったブログ 園長先生と一緒にみんなで踊ったりして。


地域に根付いた保育園は、夜こんなふうに屋上宴会を催していても、まったく苦情もなく、近隣の方に承認されていることがひしひしと伝わってきました。



保育園という場所が、大人にとっても子供にとっても、夢と希望を与えるオアシスのような存在になり、町を潤していく可能性なんだなあ、と思い、「キッズタウン東十条」に来るたびに本当にほのぼのと幸せな気持ちになります。

保育園のみなさん、素敵な一日をありがとうございました。










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。