1 | 2 次ページ >> ▼ /
2012-09-25 17:49:41

風が吹き抜ける家~「玉川学園の家」竣工写真の撮影を行いました。

テーマ:建築コラム

先週の土曜日、半年前に竣工した「玉川学園の家」の竣工写真の撮影を行いました。



朝早く起きてみると雲が厚く、今にも振出しそうな天気・・。残念。でも、建て主さんの都合やカメラマンの予定を調整するのに1か月以上前からの約束だったので、晴れ間が出るように祈りつつ決行することに。


 玄関先のジューンベリーをはじめ、シルバープリペット、キンシバイがわさわさと成長し、自然風というか、野性味があって、良い感じ(?だと思いますが)です。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ
 

北側の玄関アプローチの写真です。


 家に中では、どこに立っていても風が吹いてくる感じの、なんとも言えない心地よさ。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ


2階の部屋がばらばらに分かれて宙に浮いているような設計で、部屋の隙間の吹き抜けを通って風の抜けが感じられる空間です。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ

建て主のYさんは、設計当初から「風」にこだわって勉強もされていたので、窓の位置は一緒になって慎重に決めていきました。



 そんなふうに、何かを期待して設計し、結果を体験するのはとても楽しいことです。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ

 ちょっと空間が複雑に見えますが、立体的にお互いの存在を確認でき、居場所のある、ユニークな家で、Yさんもとても満足しておられる様子でした。

 

 午後には、突然青空がのぞき、日差しの感じられる写真も何枚か取ることができて、本当にうれしかったです。



建築家 田口知子の日常をつづったブログ

 ダイニングの窓から見える隣の家の樹木が借景になって、とても美しいです。



 建て主のYさん、カメラマンの藤井さん、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-09-21 20:51:18

スタジオ・ムンバイ展~触れて体験すること

テーマ:建築コラム

今日は、ずっと見たかったスタジオ・ムンバイ展(ギャラリー間)に、やっと行ってきました。

人も多かったですが、とにかく想像以上の展示方法とその空間にびっくり。ギャラリーの中にいるとは思えない、どこかの製作現場に来てしまったかのようなリアルな創作の息吹を感じる体験でした。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ

スタジオ・ムンバイはインドで活動するビジョン・ジェイン氏率いる建築集団。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ スタジオ・ムンバイ ワークショップのメンバー写真

ワークショップには建築家だけでなく、大工、石工、カラーアーティストなど、その手で現物を作り上げる職人さんも含んだ大集団の建築事務所です。

モックアップで原寸をつくったり、模型を作ったり、その同じ人が現地の工事を行う構造になっていて、インドの生活文化に溶け込みながらデザインし、考え、作り、生活することすべてが、同時に仕事の中に同時存在している建築事務所です。

そして、作っている空間が本当に美しく、洗練されていて、自然と調和したものであることは、そのプロセスすべてが影響して作り出しているのだと、納得できるデザインです。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ



今回の彼らの展示物には「触るな」マークが全くついていない。「触ってOKマーク」「座ってOKマーク」が貼ってあって、来場した人が自由に机に座り、彼らの作った机といすを体験しながら手づくりのデッサンノートや写真集を眺め、現物の素材を確かめることができるようになっていました。まさに、職人の世界の実体験。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ

スケッチノートは、ち密なディテールのスケッチが大量に表現してありましたが、日本のようにアイデアを生むのノートではなく、重要なコミュニケーションツールなるそうです。インドでは、文字の読めない職人もいるため建築図面では伝わらないことが多く、部分をパースやアクソメに起こして伝えることが効果的だとか。

 形式化された冷たい図面ではなく、人の素直な感性に寄り添った図面表現というものが大切だと思いました。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ

インドの町の日常風景を動画で流しているコーナーやたくさんの写真に写るインドの生活や自然環境もリアルに感じられる展示です。


インドに行ってきたような、とても親密な空間体験と、創作の喜びを感じて元気をもらって帰ってきました


展覧会は明日までです。もしまだの方がおられたらお忘れなく!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-09-10 11:24:12

「キッズタウン東十条」 夕涼み会に行ってきました。

テーマ:日々のこと

竣工して1年半がたった「キッズタウン東十条保育園」。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ

先週の土曜日に、地域の方をお招きして屋上で交流を図る「夕涼み会」が開催され、私も参加してきました。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ 屋上遊技場は、今日は屋上ビアガーデンに様変わりです。


保育園は、ともすると近所の方から迷惑施設と言われたり、外からの視線を遮って閉鎖的に運営したりするケースが増えているかもしれませんが、この保育園は、園長先生の人柄で、七夕祭り、夕涼み会など、街の方をたびたびお招きしてイベントを開催されているので、いまや地域に愛され、親しまれる施設に成長しているようです。保育園とはいで、今日は生ビールサーバーを持ち込んで生ビールとおつまみ付の大人のための懇親会です。


 地区内の商店街の方をはじめ、町内会長さんや北区長さんも来られ、にぎやかにご歓談されていました、本当に、ありがたいことだと思います。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ ご挨拶してくださった北区長様


 夕涼み会では、北区役所の大塚さんがご趣味の天体望遠鏡をお持ちくださり、土星などの肉眼では見られない貴重な衛星の画像を見せていただきました。土星は、

知識で知っていたドーナツの輪が、実際にくっきり浮かんでいるのが見えて、みなさん大興奮!


建築家 田口知子の日常をつづったブログ  天体望遠鏡で土星を見ることができました。


 土井園長率いる沖縄の「三線」楽団が登場して、保育士さんは浴衣姿で踊りも披露。最後はみなさんオリオンビール音頭で楽しく踊ってお開きに。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ 北区の三線愛好会(園長先生が主催)

建築家 田口知子の日常をつづったブログ こうほうえん 副理事長はじめ、保育士さん、浴衣姿で、会を盛り上げてくれました。


屋上遊技場がこんなふうに使われるとは、この建築を設計しているときには思いもよらなかったことです。でも、こんなふうに地域に愛され、地域の拠点として、活発に使われていることが本当にうれしく、つくづくありがたいなあ、と感じた一日でした。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。