1 | 2 次ページ >> ▼ /
2012-07-27 19:08:18

「代々木上原の家」もうすぐ竣工です。

テーマ:建築のしごと

「代々木上原の家」はもうすぐ竣工です。今週、建て主さんによる検査を行いました。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ


次男のY君、もうすぐ1歳になるYちゃんもご一緒にいらして、なごやかな施主検査でした。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ

まだ歩けないですが、はいはいで3階に上がる階段に座ってみるYちゃん。

建築家 田口知子の日常をつづったブログ


小さい赤ちゃんが階段に近づくとひやひやですが、蹴込み部分に少しでも立ち上がりがあると安心感がアップするものだと思いました。階段の明るさと安心感を両立させるのはちょっとした課題です・・。


 

3階のお父様の書斎はたたみ敷きの掘りごたつ式。

たたみの日本人には落ち着きますね。

建築家 田口知子の日常をつづったブログ


書斎は下から見上げるとこんな感じで顔が見えます。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ


表玄関のほかに、裏の路地から北側の道路にもつながっています。路地にはエネファームを設置して、発電も行います。

 
建築家 田口知子の日常をつづったブログ

建築家 田口知子の日常をつづったブログ



住まい手のTさん、とても喜んでくださってくださっている様子がうかがわれ、それがなによりの報酬だと思いました。


 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-07-21 20:01:05

「玉川学園の家」半年点検~窓が作る物語

テーマ:建築コラム

今日、竣工して半年ぶりに「玉川学園の家」をご訪問させていただきました。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ 道路側からの外観。ジューンベリーがシンボルツリーです。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ  キンシバイとアジサイが咲いています。

庭の植栽は、どれも元気に、賑やかに成長していました。ちょっと野性味もあっていい感じです。

 

さて、今日は、リビングの階段の集成材が反り返ってしまったというトラブル解決に来たのでした。本間建設の渡辺さん、大工さんとで原因と対策を検討しました。階段をあけてみると、土間と階段の間に湿気がこもって抜けなくなっていたようで、階段の床板の裏側の含水率25%、表は10%。この差が床板の反りに影響したようです。下地を作り直し、蹴り込みに通気孔をあけて仕上げることにして様子を見ることに。こういう手間のかかることでも丁寧に対応してくれる工務店は、本当にありがたい存在です。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ 床板をはがしてみました。


こんな不具合もありながら、住まい手のYさんは、半年住んでみての感想についてとてもうれしそうにお話してくれました。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ

奥様いわく「階段がたくさんあるので、子供がいろいろなところに座って本を読むんですけど、どこにいても本当に楽しいです。冬の雪の日にあの階段に座って、ずっと外を見ていました。ダイニングの高窓も、本当に最高の位置についていて、隣のハナミズキや月が見えることもあるんですよ。」


建築家 田口知子の日常をつづったブログ  ダイニングの細長い高窓。この高さと位置は自分としてこだわったところです。隣の家の緑を借景にする計画です。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ みんなの書斎でパソコンをいじっているS君。窓の外の緑は玄関のジューンベリー。


 「冬は蓄熱床暖房で、家全体がとても暖かいんです。夏は風通しが抜群だし。快適ですねえ。」と旦那様。



 風の抜けを考えながらデザインしたのですが、南から北ではなく、道路側の北から南に、上から下に風が吹いてくるのがちょっと予想外。風の流れ方について、もう少し勉強すべし・・・。

 

 予想外のことは起きますが、なにはともあれ、住まい手のうれしそうな言葉を聞くことが、自分にとっては最高の喜びです。


 お昼ご飯のお寿司までごちそうになり、すっかりくつろいで、幸せなひとときを過ごさせていただきました。


工務店さん、Yさん、本当にありがとうございました。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-07-18 15:11:27

武蔵小山アパートメント 竣工5年目の植栽

テーマ:建築のしごと

先日、武蔵小山アパートメントを久しぶりに訪問した。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ 建物の道路側の外観。外壁エスガードはきれいに保たれています。


 竣工は2007年の8月。はや5年たちました。賃貸住宅としては、順調に回転しているようですが、外周部・植栽、外壁のことで、たびたび相談を受けています。今回もオーナーさんからの連絡で「中庭のエゴノキがまた枯れてしまったが、どうしたらよいでしょう」とのこと。3年前にも同じような状態で植え替えてもらった経緯があります。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ 中庭のエゴノキ。葉っぱが少なく、弱っていました。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ 足元のフイリヤブランは元気です。この植物の強さを実感しました。晴れた日ですが、土が湿っています。排水が詰まっていないか確認しましたが大丈夫。



エゴノキは、たぶん環境が合わないのでしょう。植栽屋さんと一緒に現地を見て、もっとこの場所に会う樹木を選定してもらおうことにしました。

 夏はこんなふうに日が当たっていますが、根鉢が少し小さくて、湿気が抜け切れない状況が若干厳しい。タイマーで水やりをする設定になっていますが、この場所は水が多すぎることが問題なようで、設定は切ってありました。


空中庭園の樹木は、風の害でフェイジョアが半枯れで、低木もやや弱ってきています。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ

「防水の立ち上がりが壁をつくって、地表面に風が吹かないことで蒸れのせいで、植物は元気がないんでしょう」足元の風通しも大事なのだそうです。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ
植栽の様子を診断する根本氏。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ
土が、パラペットより低いところにあること、植栽用の軽量土壌などが、植物の生育にはあまり望ましくないらしい。




 新築で植物植える際は、専門家に相談したり、樹種の性格を考えつつ長年の勘で選んでいますが、やはり定期的に様子を見て世話をしてあげる人がいないと、こんなふうにうまく育たないケースがあります。

 

 屋上庭園など、人工土壌の植栽は、水やりなどちゃんとやっていても、想像以上の負荷が植物にかかってしまうようで、元気に育てるのは難しいのでした。

 

 植物は、人の心を和ませ、周辺環境を良くする大切な存在であると考え建築の一部として設計に取り込むのですが、植物はやはりさまざまな性質を持った生き物です。適切な種類を選択することと継続的な管理が大切だと痛感しました。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。