1 | 2 次ページ >> ▼ /
2012-03-30 14:54:23

ピナ・バウシュのドキュメンタリー映画「夢の教室」

テーマ:日々のこと

この映画、ずっと見たくて、やっと先週日曜日に見てきました。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ


バレエや演劇には、それほど詳しくない自分ですが、ピナ・バウシュの舞台は10年以上前から見始めて、日本公演のたびに何度も見ました。彼女の舞踏には、人間存在を豊かに浮かび上がらせる表現と、驚きにあふれた舞台芸術で稀代の作品を世に送り出した芸術家です。

2009年にピナが突然他界して、その作品にはもう出会えないのかと思っていたら、こんなふうに映画化されて、身近に見ることができるとは、なんという幸せ。


この映画は、ピナ・バウシュが、ダンス経験の無いティーン・エイジャー40人を集めて、ピナの名作「コンタクトホーフ」を10か月の訓練を経て躍らせる過程を描いたドキュメンタリーです。



ピナの名前も知らない、国籍も背景もさまざまな10代後半の子供たちが、ダンスの指導を受けるうち、自分と他者を発見し、自信にあふれた大人の存在に成長していく様は、とても美しい、奇跡のような映像だと感じました。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ

私たちの生きている、この世界は、美しく、残酷で、ときに望まないことが起き、翻弄される、そのままの現実を、他者を受容していく強さを持つことが、人間として成長することであり、大人になることである。

「踊るうちに、老人が子供に、子どもは大人になる。」という浅田彰氏の言葉が、そのことを端的に表していると思いました。「怖がらないで踊ってごらん。」というピナの言葉も泣けます。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ

上映期間はまだ続いていると思います。

http://www.pina-yume.com/index.html


まだ見ておられない方は、ぜひ!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-03-23 20:37:11

「代々木上原の家」現場レポート ~上棟しました。

テーマ:建築のしごと

昨日、「代々木上原の家」が上棟しました。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ

 

建て主のTさんが、お子様と一緒にお見えになり上棟式を行いました。 家の4隅にお神酒とお米、お塩をまいてまわります。小学校に上がるY君、きちんとお神酒をあげてくれました。




建築家 田口知子の日常をつづったブログ


「建物は、基礎のときには小さく見えるけれど、立ち上がると広くなるのが不思議ですね。」と、Tさん。空間が立ち上がった生活空間を体感されながら、とてもうれしそうです。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ



 

 敷地が奥行があり、変形していることや、北側斜線が厳しいことなどもあり、屋根の形に特徴があります。折れ曲がりながら重なる屋根が、大工さんの手できちっと納まっている様子を見て、大工さんをはじめ、施工するみなさんの確かな技術を感じました。



建築家 田口知子の日常をつづったブログ 2階のリビングの屋根の梁



建築家 田口知子の日常をつづったブログ

 

大工さん、ご苦労様でした。そして、Tさん、上棟おめでとうございました。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-03-12 21:14:00

「代々木上原の家」現場レポート~蓄熱配管敷設しました。

テーマ:建築のしごと

今日は久々の良いお天気でしたね。気持ちの良い青空の下現場に向かうのは、ちょっとしたうきうき、お散歩気分?・・というのも、たちまちの問題が無い現場に行くのは、ちょっと幸せな気分なのでした。

 

代々木上原の家 」は夜間蓄熱式床冷暖房システムの蓄熱配管が完了しました。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ 玄関入口付近の配管



コンクリートの中に埋められてしまうので、2度とこの姿を見ることはできないので、コンクリートを打つ前に必ず現場を見ることにしています。



建築家 田口知子の日常をつづったブログ  結構複雑な高低差、きれいに配管されていました。


 

 さて、今日の発見。配管がシューズクロゼットと浴室の中には配管が敷設してありません。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ

忘れてるのかしら?と思い、配管屋さんに電話してみました。すると、クロゼットの中は配管しないほうが良い、という経験上の結論だそうです。

 

 この蓄熱床暖房、夜間に8時間くらい通電することで、家全体の熱量を土間にため込む仕組みです。その大容量の熱が、クロゼットの中の小さい空間の中に閉じ込められると、過剰に熱くなったり、冷えすぎたりして、結露を引き起こすこともあるらしいのです。

 

 なるほど。できるだけたくさん敷設すればよい、というものでもないらしい。


建築家 田口知子の日常をつづったブログ



 一方、浴室やトイレ、洗面所は、敷設したほうが良いそうです。人がよく出入りする空間は、狭くても大丈夫だとか。浴室のコンクリートにも後から温水管を敷設する予定だそうです。

 

家の中全体を、ローコストで均質に暖かく、という建築の技には、ちょっとした工夫がひそんでいるようです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。