1 | 2 次ページ >> ▼ /
2009-11-24 11:47:36

リセットの休日~整理整頓のツボ

テーマ:日々のこと


昨日は、久々の休日。ここ1ヶ月、週末も休みなく仕事していたら、家のなかに垢がたまったみたいになって、ぼやけた感じ・・・?なんだこのだるい感じは?見ると
、コンロのまわりの油のしみや、流しの曇り、エアコンはお掃除サインも点灯していて、ベランダの植物は雑草化している!全体が疲れた~っていう空気をかもし出しています。

 休日は寝ているのもいいけれど、家に生気がない!ここはひとつリセットさせよう!と決意。

田口知子が日常をつづったブログ ふむ。めずらしいね。


 重曹で台所シンクややかんを磨き、エアコンのフィルターを洗って、加湿器と食洗機はクエン酸で洗浄、ベランダの枯れた植物を捨てて、新しい苗を買ってきました。



 苗を植えつけようとしたら、もう夕方6時。暗いなかを手探りでごそごそ。照明を頼りにやっと終了。やったー。去年から仲間いりしたクリスマスローズも3株ほど増やして、ビオラやミニシクラメンを植えました。朝確認したら元気に植わっていました。


田口知子が日常をつづったブログ夜植えた花たち。朝確認したら無事でした。

 私は設計士として「かたづけ」を人に勧める立場にあるのですが、たまのリセット日、自分のだらしなさに直面。実は昔、実家で私が一番だらしない、と言われ、「私の使った場所には何か痕跡が残っている!」と、目を三角にした母に追い掛け回された経験があるいわくつきの人です。そんな私ですが、自分で設計した家に住むようになってから、「リセットすること」ができるようになりました!これはすごいことなんです。

ポイントは、どこに、何をいれるかあらかじめ決めておいて、ちらかってきたな、と思ったらリセット!を宣言。とにかくもとに戻すだけなので、かたづけがとても簡単なんです。考える必要がないって感じでしょうか?かたづけのうまく行かない人は、多分その「どこに入れるか」が完全に決まっていないのだと思います。

 自分の身の回りのものに、きちんとした収納場所、住所を与えることです。その収納量以上には物を買わない、もらわない、家に侵入してくることを拒否する必要があります。自分にとって本当に必要なものの全体量を把握し、それらが全部収まる収納をつくることが整理整頓のはじめの一歩ですね。そして、一度リセットした状態の気持ちよさを、体感することです。

 昨日は生気を取り戻した部屋でぐっすり眠り、疲れも「もやもや」も全部リセットされました。


田口知子が日常をつづったブログ 加湿器のゼロ。クエン酸で煮沸中。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2009-11-19 11:29:59

個人情報保護について考えたこと

テーマ:建築コラム

建築の設計をしていると、契約の中に守秘義務という項目があって、クライアントの個人的な情報を第三者に話してはいけない、という約束が行われます。建築は確かにデリケートな情報を扱いますので当然なのですが、そのことが拡大解釈されて、この業界の人たちの微妙に閉じた感じをつくってしまうのかな、と考えたことがあります。

ところで、港区の再開発や街づくりなどに関わる機会ができ、社会性やコミュニティーというものについて考えることが多くなりました。 

個人情報の範囲や意味はいろいろなケースがありますが、ご近所の人、素性を明かしている悪意のない相手に対して、自分の「住所、連絡先」を隠すというケースに直面すると、私はかなり違和感を感じます。隠す側の人にどのような心配が隠れているのか、人によって違うと思いますが、自分の住所や電話番号が何かよくわからないものに悪用される?というような不透明な心理状態が、現代社会の深刻な病理でないかと感じています。

 都会で失われたと言われる「コミュニティー意識」成立の前提には、「ご近所さんはどんな人で、何かあったら声をかけられる、連絡を取ることができる」という風通しの良い人間関係があります。知られたくないことは隠す権利はありますが、住所や連絡先を隠すメリットがどこにあるのでしょうか?「自分が誰で、もし必要があれば連絡を取ってくれてかまいませんよ」というただ、それだけの開かれた心理があたりまえになったとき、近所の人たち、関わりのある人々をどれだけ力づけることだろう、と思います。



田口知子が日常をつづったブログ にゃに?ひみつ?

 


田口知子が日常をつづったブログ なーんにもないだにゃ。(りょうま)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-11-13 22:01:33

猫の合いの手

テーマ:


最近ちょっと仕事に忙殺されがち。そんな日々の安らぎは、一緒に住む猫、竜馬君とのコミュニケーション。呼べば「にゃあ」と返事をする、言葉をわかる猫であります。


田口知子が日常をつづったブログ なんだにゃ?

ところが、「猫に相談だ」のタイトルと表紙のかわいさにつられ、ずいぶん前ですが、衝動買いした雑誌「シュシュ」。変顔の「まこ」やゴージャスな「うに」といったかわいい猫の紹介がたくさん紹介されていてうっとり・・。皆さん写真お上手ですよね。


その雑誌の中で猫評論家(?)の説によると、猫の絶妙な言葉の合いの手は、単に静けさのなかでの音に反応しているに過ぎないと、書いてありましたが、そうなのだろうか?

 「やいやい、猫や」「にゃあー?」

 「おまえは良い猫だね」「うにゃー」

 「りょうま~」「にゃ、にゃ、」


田口知子が日常をつづったブログ ふーん。それはよかった。

うーん、ここまでちゃんと返事をするのは、偶然とは思えない。テレビで坂本竜馬の歴史秘話ヒストリアを流していて、「竜馬率いる海援隊が…」と渡辺あゆみさんのナレーションの途中、やおら「にゃあー」と叫ぶりょうま氏。おーそうか、テレビの内容まで聞き分け、自分の話だと思ったのか、やっぱうちの猫はすごい!と親ばか妄想三昧です。言葉をわかっているかどうかはさておき、人間の気持ちは絶対伝わっていますよね。猫の奥深いかわいさは、なかなか言葉では語れませんねえ~。


田口知子が日常をつづったブログ 猫の手も借りたい?

 

 




AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。