1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2009-08-31 20:01:24

中古マンションリフォームのすすめ~2倍の広さを感じる空間デザイン

テーマ:建築コラム

都心に住みたい、でも家賃は高いし一戸建てはちょっと手が出ない、という方、中古マンションはうまく選べば満足度はかなり大きいです。面積がちょっと狭くても、建築家に依頼してリフォームすることで広さが2倍に感じられたり、十分な収納も取れたりする方法があります。


 その前に、マンション購入のチェックポイント

1. 耐震性について 竣工が1981年以前のものは、耐震基準がゆるいので、できるだけそれ以降のものを選ぶようにする。(新耐震以降)

2. 管理体制がしっかりしていること。12~15年おきに大規模修繕計画がされていること。管理人さんが掃除やメンテナンスをきちっと行っていることもチェック。全体戸数が少ないと管理費が高くなるので注意。

3. 立地環境チェック。駅からの経路や近所にあるものなどチェック

4. バルコニーは共用部で費用がかからないのに、自分の領域のように使いこなすことができるので、こういうものがついているとお徳感があります。

5. 遮音対策についても確認。

6. そのほか、日当たり、眺望、風通しなど自分のこだわりポイントを明確にして、

業者がリフォームする前のものを安く手に入れたい旨、不動産屋さんに依頼しておく。


その上で、面積2倍に感じる目から鱗の広々したリフォーム術のポイント

1. 自分の大切にする生活は何かを明確にする。友人を呼ぶことのできるリビングダイニング、ガーデニングテラスを楽しむ、食べることを楽しむ、充実した書斎空間をつくる、リラックスできる映像空間をつくる、浴室を広がりを持たせて、等等。

2. 小さい空間と大きい空間のメリハリをつける。空間を立体的に利用する方法を考えると面積が2倍に感じられる家も可能です。

3. 収納スペースをきちんと確保する。収納スペースは、家具屋さんよりも、大工さんに壁をつくってもらって、建具屋さんに扉をつけてもらうほうがコストが抑えられ、大容量の収納が可能です。


田口設計事務所のリフォーム例



田口知子が日常をつづったブログ リビングダイニングを広くつくること


田口知子が日常をつづったブログ 立体的な寝室とその下に納戸をつくりました。


田口知子が日常をつづったブログ 平面図 クリックすると大きく見えます。

こんなふうに自由にリフォームできる、中古マンションの魅力、いかがですか?
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2009-08-29 17:59:04

仕事にかける情熱~「千駄木の家」 現場レポート20090829

テーマ:建築のしごと

木曜日に、また現場に行ってきました。この日は、山崎工務店の現場監督の上司である沢崎さんが現場視察をされていました。その際に、本当に細かいチェックが入り、それを解明するには、壁を剥したりする必要があるので普通は見逃したくなるような、そんなチェックポイントまで、容赦なく追求してきます。実際、金網とシートをはがしてチェックすることになり潔いその姿勢に感動しました。この人はこの仕事に本当に情熱を持っているのだな、と感心するような、見事な仕事人魂。男の人の、仕事にかける情熱を見るのは、とてもうれしいです。(もちろん女もですけど・・)



田口知子が日常をつづったブログ モルタル下地の染みを追求する沢崎氏。


田口知子が日常をつづったブログ 建具周辺の防水収まりも細かく確認。



 さて、そんな情熱の賜物のひとつが、庇の先端に現れています。玄関の庇は、この家の顔ともいうべき存在です。その先端部分の納まりが甘いと、家全体がだらしなくなる、ということで、庇の樋のカバーに厚さ2mmのステンレスへアラインの板を取り付けました。美しい水平ラインを見せつつ、内側の横樋を隠していて、軒の天井は板厚2mmで受けています。さらに、正面側にビスを見せない納まりにまでこだわっています。これは、建築家としてわがままを通した、というわけでなく、工務店側の提案でサビなどが出てこないように、という配慮のもとに決められたディテールです。その心意気には頭が下がりました。意匠はデザイナーだけのものではありません。工務店の担当者の心意気、職人のこだわり、そういうものが美しいものを作り出すのだな、と思わせる現場です。



田口知子が日常をつづったブログ 情熱の賜物、庇ディテール。ステンレス厚板でおさめました。


田口知子が日常をつづったブログ ルーフテラスでたたづむ建て主のKさん。こまめに現場に来てくださり、ありがとうございます。

建て主のご夫妻が現場の来てくださることで、現場の情熱も高まります。


 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-08-26 21:08:10

ハウスメーカーVS建築家~エコロジー住宅の可能性

テーマ:家づくりについて

先日、ハウスメーカーで長年設計に携わっておられるS氏とお茶を飲みながらざっくばらんな話しをする機会があり、いろいろ考えさせられました。ハウスメーカーと建築家の違いや長所、短所について、あらためて考えてみました。

最近の環境への意識の高まりに加えて、長期優良住宅制度の開始など、わかりやすい宣伝文句が広がって、どのハウスメーカーも主力商品としての長期優良住宅+エコ住宅を売りに出しています。太陽電池や、さまざまな付加機能もついたゼロCO2住宅が2500万円台とか、この価格でこんな家が買えるのか、と思うと、敵陣ながらあっぱれ、と思ってしまいました。圧倒的な着工数を誇る大手ハウスメーカーは、買い手にとって、コンセプトや価格が明快で、できあがったものもモデルルームでイメージできるし、品質も安心できそう、という感覚は、大きな買い物だけに安心感を与えてくれます。・・・とはいえ、多くの場合、実際に建てられるものは、予算も土地も、設計も、モデルルームとは違います。契約前に「間取り」を決めて契約を取るシステムのため、担当の設計士や営業マンが短時間に、お客様の要望をできるだけ満たして図面をつくる、いわゆる「間取り設計」になっています。家づくりの一番大事な「肝」である設計には、時間とエネルギーを使えないシステムです。もちろん、メーカーごとの決まりごとがあって、自由な設計ができないというじばりもあるでしょう。そして、設計料という名前ではお金は取れないものの、広告費や営業経費、モデルルーム代などの固定費が、購入価格のなかの3~4割程度含まれているというのがハウスメーカーの実態のようです。

また、メーカーに相談に来る人のなかで、建築家のつくるユニークで「空間」のある家に住みたいという、目の肥えた住まい手が多くなっているとS氏。メーカーは品質には信頼をもたれているようだが、設計に対して自由度が低いという難点、設計者一人で年間数百棟設計しないといけない、という現実があって時間に制限がある。そこのあたりで、もうちょっとなんとかできないか?ということで試行錯誤されている印象をうけました。

自分としてもエコロジーな家づくりにはコミットがあります。でも、エコロジーな家づくり、といったときに、イコール太陽電池、緑化屋根などのエコ設備を装備しても、そこに住む人の体験として何も変化していなかったら、本当の意味でエコロジーな生活は生まれないと思ってしまいます。

暮らしの中で、空や緑、風のにおいなど、自然を感じるような瞬間の多い空間、夏はほとんどエアコンなしでも暮らせる、冬は、足元から暖かい輻射熱暖房などでエアコンなしで快適。ちょっと手間がかかっても庭に植物を育てたり、無垢の木をオイルで磨いたりしてみてはと思う、自然や環境に向かって意識がひらかれてくる家づくり、というのが私の考えるエコロジー住宅です。もちろん、太陽電池も燃料電池も、経済的に余裕のある家庭なら大いにつけてほしいですし、そのためのサポートもしたいと思っています。でも、最初に考えることは、家の性能としてきちんとした断熱性、通風、直射日光の制御、空間の快適さ、それらの基本的なことをクリアするのは、敷地の条件、周辺環境を配慮した設計をすることです。その上で、そこに住む人の幸せな暮らしに必要なものの優先順位をつけながら、無駄なものを省き、目に見えない基本性能や、人の体験に影響を与える部分にお金をかける、それらの知恵に対する対価として、設計料という認識が広がってほしいな、と思います。
田口知子が日常をつづったブログ 空の鳥をながめる竜馬。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。