中山太郎元外相(85)が夏の参院選への出馬を固めたことが24日、わかった。たちあがれ日本から出馬する見通しで、25日に自民党離党届を提出する。中山氏は24日、自民党本部で大島理森幹事長と会談、「参院選比例代表候補に70歳定年制を採用するのはおかしい」と批判した。中山氏は昨年の衆院選で大阪18区から出馬したが、落選した。

色鮮やかで大きな“幻” 北海道北部・イトウ(産経新聞)
「辺野古」は与党合意違反=社民党首、首相に伝える―普天間(時事通信)
「首相ではもう不可能」 普天間問題、谷垣氏言及(産経新聞)
雑記帳 相続問題を落語で(毎日新聞)
事業仕分け 競輪2事業「廃止」…後半3日目(毎日新聞)
AD