大阪府藤井寺市で昨年11月、当時生後3カ月の長男を激しく揺さぶるなどして虐待し、頭に重傷を負わせたとして、傷害罪に問われた箕村裕介被告(22)の判決公判が6日、大阪地裁堺支部で開かれた。向井敬二裁判官は「何の抵抗もできない長男に暴行した卑劣な犯行だが、反省している」などとして懲役3年、保護観察付き執行猶予4年(求刑懲役5年)を言い渡した。

 判決理由で、向井裁判官は「泣きやまないことにいらだち犯行に及んでおり、短絡的で身勝手。わずか生後3カ月の何の抵抗もできない長男に暴行を加えたのは卑劣で悪質」と指弾。一方、「反省し、妻とともに今後養育していくと述べている」などとして、執行猶予を選択した。

 判決によると、箕村被告は昨年11月中旬ごろ、自宅で長男の顔を平手で殴打し、左ほおに皮下出血の傷害を負わせたほか、20日にも全身を激しく揺さぶるなどし、急性硬膜下血腫などの傷害を負わせた。

【関連記事】
虐待の厳罰化訴え、神戸と川崎で主婦ら署名集め
相次ぐ児童虐待 「酒飲んでるので…」責任感欠く対応
働く若者を増やさないと
年500件相談…「赤ちゃんポスト」全国に設置、真の虐待防げ
寝屋川と門真の虐待事件 府の検証委が初会合、再発防止へ
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

新住職祝い稚児行列 足立区谷中・法立寺(産経新聞)
東国原知事が小沢幹事長と会談、話題は…(読売新聞)
ニューハーフ不正結婚、フィリピン人女に逮捕状(読売新聞)
故鳩山一郎氏の墓に黄色い塗料=首相の祖父、谷中霊園-東京(時事通信)
14歳少女の心移植成功=渡米の寺町沙也さん(時事通信)
AD