2010-11-02 10:08:48

水嶋ヒロVS奈良の名探偵コナン ポプラ小説大賞記者会見編

テーマ:日常の謎をズバッと解明
「君がいない夜だって・・・」


と、つい綾香の『三日月』を口ずさんでしまう今日この頃いかがお過ごしでしょうか。


さあ、みなさん知りたいあの情報。
芸能関係のみなさんが猫まっしぐらにとびつくでしょう。


本来ならこち亀並みに連載ができるほどのネタだけど、
そんな小出しにはしません。
特別に一気に書いちゃおうと思います。


ちょっと長いブログになりますが、ご勘弁ください。


まずは、ポプラ小説大賞記者会見前の夜の状況から。


記者会見ということで、知り合いのジャルジャルとスマイルのスタイリストさんから
衣装をスタイリングしてもらった。


というのも一年ほど前、
「ぼくが小説の新人賞とったら、スタイリングお願いします」
と、無茶なお願いをしていたのだ。
なんでも言ってみるもんですね。


衣装も万全、髪の毛にも軽いパーマをかけた。
よーし、用意は完璧だ。


そろそろ結果がポプラのサイトに出ている頃かな。
と、思って、サイトを開いてみた。


ポプラ小説大賞 特別賞 浜口倫太郎


ちゃんと載っている。
と、一人悦に入っていると、大賞の方に目がとまった。


ポプラ小説大賞 大賞 斉藤智裕(26)


おーすげえ、26歳って若いなあ、と感心していると、


「これって水嶋ヒロじゃないの」


という噂がネットで流れていた。


おいおい、そんなわけあるかよ。なあ、ワトソン君
と、ついワトソン君に尋ねてしまうほどだ。


しかし、なんだか気になったので、
二人の弟に意見を求めた。


弟1のブログ


弟2のブログ


一人の弟は、こう言った。
「そんなわけないやろ」


もう一人はこう言った。
「年齢も名前も一緒やったら、そうちゃう」


うちの嫁もこの意見だった。
しかし同姓同名で同じ年齢ということも考えられる。


これでもし大賞者が水嶋ヒロではなく、
左門豊作みたいな人だったら気の毒にもほどがある。


うーん、真実はわからない。


とにかく、朝も早いのですぐに寝た。


そして、翌朝。
ネットをもう一度見てみると・・・
本当に水嶋ヒロだった


そんなことってある?


いくらぼくがドッキリ好きだからといって、
こんな国家レベルのドッキリをしかけてくるなんて・・・
神様ちょっとやりすぎだろう。


まあ、考えていても仕方がないので、
東京に出かけることにした。


ポプラ社の近くに来ると、
弟から電話がかかってきた。


「兄ちゃん、ちょっと行ってええか?」


弟は新宿で働いているので、
昼休みにわざわざやって来たのだ。
こいつのミーハー心には、びっくりさせられる。


ポプラの編集者の方が迎えにこられたので、
しぶしぶ弟を紹介した。


編集者の方は、教えて透明先生を読んでいるので、
弟のブログも読んでくれてたみたいだ。


弟は自分のブログをプロの編集者に褒められて、有頂天になっていた。
こいつは、一体何をしに来たんだ。


建物の周囲には、予想通り報道陣が群がっていた。


ポプラ社の中に足を踏み入れると、
もう一人の特別賞の方、古内一絵さんと会った。


とても上品で素敵な方だった。


記者会見まで時間があったので、
編集者の方と古内さんとで談笑していた。


ふと、編集者の方の手がカタカタとふるえているのに気づいた。
「緊張してるんですか?」
「はい・・・」

さすが水嶋ヒロだ。編集者の方まで緊張させてしまうのだ。


時間が来たので、
古内さんと一緒に下に降りた。


しばらくすると、水嶋ヒロがやって来た。


同じ人なんだろうか?


これはカッコよすぎるだろ。


ぼくも一応業界人なので、数々のイケメンを見てきたつもりだが、
即座に水嶋ヒロが、ナンバーワンになった。
もう、おそらくこれは不動の一位だろ。


そして、奈良の名探偵コナンの目がキラリと光った。


靴が、輝いている!


イケメンだと、靴まで輝くのだ。


靴屋さんでもこの情報は知らないと思う。
ぜひ、参考にしてほしい。


さらに水嶋ヒロは頭を下げて、こう言った。
本日は、お騒がせして誠に申し訳ありません」


なんていい人だ。


イケメンの上に、性格もいい。
鬼がロケットランチャーを持っているようなものだ。


お互いに受賞した喜びを少し語り合った。
水嶋ヒロが言った。
「なんだか、緊張しますね」


水嶋ヒロで緊張するなら、
ぼくは、もう石化しているだろう。


しかし、不思議と現実感がなさすぎて緊張感はまったくなかった。


早速、特別賞の発表式となった。
まずは、特別賞受賞者の二人が会見を行うのだ。


古内さんと一緒に、会場に入ると、
フラッシュがバシャバシャとたかれた。


とんでもない人数だ。


普通の小説の新人賞の会見でこれほど人数はこないだろう。
直木賞の授賞式よりも多いに違いない。
さすが水嶋ヒロだ。


古内さんの挨拶がすんだので、ぼくも挨拶をした。


まあ当然、報道では挨拶の内容など紹介されないので、
一応、ブログには書いておく。


「スマイルと一緒に、ぼくは小説家になるので、スマイルはMー1の優勝を目標にしようと約束しました。
ぼくは目標達成したので、次はスマイルの番です」



と、こんな感じの内容だ。


そして、水嶋ヒロが登場した。
フラッシュが死ぬほど光った。
小動物ならショック死するほどの光量だ。


水嶋ヒロの挨拶を隣で聞いていた。


なんて、しっかりした挨拶なんだろう。


26歳の若さで、これほど誠実に語れるものだろうか。


横の水嶋ヒロを見ながら、
自分が26歳のときに何をしていたか、回想した。


あの当時は、番組で各地の小学校に訪れ、
小学生に一発芸をしてもらっていた。
水嶋ヒロは、決してそんな仕事はしない


同じ26歳でもこうも違うのかと愕然としてしまう。


水嶋ヒロの会見が終わり、
三人で壇上にあがり、撮影タイムとなった。


殺人的にフラッシュがたかれた。
これはもう失明するだろ。


芸能人って本当に大変だ。


記者の一人が、注文した。
「みなさん、ガッツポーズしてくれませんか?」


ぼくはすぐにポーズを作ろうとしたが、
隣の水嶋ヒロが小声がこう言った。


「ガッツポーズってなんだか恥ずかしいですよね」


ぼくは、即座に拳をおろした


おいおい、そんな恥ずかしいことできないぜ、
と、その記者に言ってやりたかった。


記者会見が終わり、水嶋ヒロはすぐに帰っていった。


うーん、帰り方もさわやかだ。
帰り方にさわやかさがあることを初めて知った。


その後、テレビのインタビューを受けて、
ようやく記者会見が終了した。


こうして、激動の一日が終わった。


で、今日テレビを見たのだが、
水嶋ヒロと自分の圧倒的な差に愕然とした。


もう、イケメンの隣に二度と立たないことを心に誓った。


最後に、今回のことでネットで水嶋さんのことがいろいろ書かれているので、
ぼくの意見を書いておこうと思います。
(あくまで個人的な意見で、正解も不正解もないです)


最初に水嶋ヒロが大賞だと聞いたとき、
なんて偉いんだろう、と思った。


というのも、水嶋ヒロほど知名度のある芸能人なら小説の新人賞などに応募しなくても、
あらゆる出版社から小説をだせるだろう。


編集者同士の関ヶ原の戦いが繰り広げられるに違いない。


でも、わざわざ新人賞に応募した。


すごく立派なことだと思う。


芸人でも、ちょっと面白いタレントが出てきて、
「俺は、芸人だ!」
と、言い張ったら、不愉快に感じるんじゃないだろうか。


長年、板の上に立ち続け、きちんとした段階を経て、
はじめて芸人と名乗れるのだと思う。


小説家でも同じことだと思う。


きっちりと新人賞をくぐり抜けて、
デビューするという過程をたどることに意味があることじゃないだろうか。


小説家志望者の数は、本当にたくさんいる。
みんな必死で小説を書き上げて、新人賞に応募しているのだ。


別に小説家なんて、儲かる商売ではない。
本を読む人口はどんどん減っているし、ビジネスとしても大きなものではない。
この傾向はさらに加速するだろう。


でも、物語を紡ぎたいから、みんな小説を書くのだ。
そして、小説の新人賞に応募し、受賞することを願う。


ぼくだって今回幸いにも受賞できたが、
二、三作品ほど応募して、一次選考にも残らず落とされている。
そのたびに、試行錯誤しながら、おもしろい物をつきつめた。


そんな小説家志望者からしたら、
有名人というだけで、簡単に小説を出す人のほうが腹立たしいんじゃないだろうか。
(別にぼくはそれが悪いとは思ってないです)


編集者の方も小説の新人賞の選考をするのは本当に大変だ。
普段でも忙しいにもかかわらず、
千編以上ある小説を読まなければならないのだ。


そして、自分が気に入った作品には何度も目を通し、
その作品を次の段階にあげるために会議でプレゼンをし、
何人もの編集者が検討をして、賞を与えるにふさわしい作品を選ぶ。
昨日、編集者の方からそんな想いを聞いて、胸があつくなった。


みんな小説を愛しているし、本が好きなのだ。


だから、小説の新人賞を受賞して、デビューすることには大きな意味があると思う。
水嶋ヒロは、きちんとその過程をたどったのだ。
これって、すごく立派なことじゃなかろうか。
決して、非難されることではないと思うんだけど。


今回、変に注目されたが、
まだ、ぼくもスタートラインに立っただけだ。
新人がデビューしても、すぐに消えていくのが、小説家の世界だ。
これから、どれだけいい作品が作れるかが勝負となってくる。


けれど、ぼくは『競争の中で生きない』と決めている。
何度もブログで書いているけど、
エンターテイメント作品は、なにを面白いと思うか人によって違う。
村上春樹の小説より、蛭子能収の漫画をおもしろいと思う人も大勢いる。
(別に蛭子さんの漫画が面白くないと言っているわけではないよ)


だから、自分がおもしろいと思うことをつきつめて、
多くの人に届く作品を、編集者の方と一緒に作り上げていくことを心がけたい。


ということで、斉藤智裕(水嶋ヒロ)さん、古内一絵さん。
奨励賞の東朔水さん、中山良太さん、おめでとうございました。
同期の仲間として、がんばりましょう。


そして、特別賞に選んでいただいたポプラ編集部のみなさん、ありがとうございました。


と、ちょっとまじめなこと書いちゃいましたが、
明日からは、いつもの東アジア圏で何の役にも立たないブログに戻ります。

関連記事


・弟の受験勉強
・AKB人気の秘密

↓一瞬でもおもしろいと感じたら、登録お願いします


$放送作家・りんたろうの透明先生

↓参加しました。応援クリックパーお願いします

人気ブログランキングへ

PR

コメント

[コメントをする]

4 ■特ダネで観ました

会見の様子が映し出された時・・・

水嶋さんを追うより、りんたろうさんを探してしまいました♪(笑)♪

なるほど・・・スタイリストさんがねぇ~!
ファッションもおしゃれで・・・スガシカオさんに似てるって思ったのは私だけ?
(一瞬だったけど、ちゃんと見ました!!)

水嶋さんも、りんたろうさんもスゴイです!
本当に、おめでとうございます。

本を読むのが好きなので、必ず読みますね♪
そして、これからもBlog楽しみにしてます。

5 ■おめでとうございます。

前々から透明先生見させて頂いてました。
素晴らしい賞、おめでとうございます。


BLOGで天才について書かれていてりんたろうさんの天才達への着眼点、そこを見るか!といった所がとても印象的で好きでした。

天才の細かく繊細で大切にしているであろう部分を見抜くのも
天才なのではないか、と思いました。



これからも、透明先生楽しみにしてます。

初コメント、長々と失礼しました。

6 ■はじめまして

受賞おめでとうございます!

7 ■無題

もっと行間あけてー

その方が読みやすいで

8 ■無題

もう水嶋ヒロではなく斉藤智裕と呼ばれることになるんですかね。

りんたろうさんには悪いですが本は買いません!金ないもん!
近所の図書館に入れば読みますけど。

9 ■こんばんは

時間帯を考えて、ミヤネ屋に出る!と思い テレビを見てました。
夜、旦那にも話をしましたよ。
私が受賞したわけでもないのに。


斉藤さんは事前にお二人に 頭を下げたんですね。ブログを読んで人柄が伝わりましたよ。

10 ■すごいすごーい

しゃべれても書けない人
書けてもしゃべれない人
2種類の人が、世の中には思いの外 たくさんいること、
最近はっきりと確信したところでした。(わたし自身も もれなくそうですし)
そこいくと大賞の彼、やはりすごいです。

そしてそして。
会見の様子、TVでちらりと拝見しました。
あの彼がYOUとは!!
(母が、カワイイ子~と申しておりました、すいません)

いっこ前の記事のコメント、いっこいっこ返してて、重ねてびつくりしました。

りんたろうさんて、いい人なんだね。

りんたろう て本名だったんだね。



じゃなくって、言いたかったのは

受賞、おめでとうございます!!!

読ませていただきますよっ♪

11 ■行間

行間空けない方が見やすいです。
いまのままが私にはベストです。

12 ■Re:本当におめでとうございます☆

>みわちゃんさん
また、本もよろしくお願いします。ブログの紹介もありがとうございました。

13 ■Re:無題

>†さと†さん
ありがとうございます。まああの状況は、特殊でしたからね。宣伝もありがとうございました。

14 ■Re:立派!

>ネネユラパパさん
カンヌCMも強く思い込めば、大丈夫だと思います。

15 ■Re:特ダネで観ました

>mi-catさん
スガシカオにはにてないでしょ(笑)。本が出たら、またよろしくお願いします。

16 ■Re:おめでとうございます。

>ドリアンさん
お褒めの言葉ありがとうございます。またブログもみてくださいな。

17 ■Re:はじめまして

>エスポワールさん
ありがとうございます。また進展具合も報告させてもらいます。

18 ■Re:こんばんは

>さよぼうさん
ありがとうございます。斉藤さんはいい人でしたよ。

19 ■Re:すごいすごーい

>リッチャンさん
水嶋さんはとんでもない才能ですよね。お母さんも奇特なひとですね(笑)。りんたろうはペンネームですよ。お祝いコメントありがとうございました。

20 ■素晴らしい兄弟愛

当日のレポートありがとうございました!

しかし、ホンマに驚きました!

拙日記でも宣伝を兼ねて、受賞を紹介させていただきました!

そしたら、一番下の弟さんから
「紹介いただきありがとうございます」と丁寧なメッセージをいただきました!

素晴らしい兄弟愛!

mixiのつぶやきでも、ガンガン書きました!

奈良県の星になってくださいね♪
応援しています!

21 ■おめでとうございます!

わぁ、記事読んでびっくりしました!
すごいですね!
おめでとうございます~!
これからの船出を心より応援しています。
「アゲイン」是非読ませていただきます(もちろん買って)

22 ■りんたろう、おめでとう!

今知った。。。(-。-;)


そんなこと思ってないから、普通に目ざましテレビ見ちゃって、ヒロ君しか見てないよ――。。。

フラッシュ凄かったね!?

激しい点滅がありますのでご注意くださいって書いてあった!


言いたいのはそこぢゃなく、
おめでとーーーーー!!
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

また賞金の使い道を、面白くブログにアップしてください!(ハードルあげました)

23 ■おめでとうございます!

おめでとうございます!!
た、たった2日間ほどブログを開いてなかっただけだと思うのですが、劇的な出来事が起こっていて、昨夜息子のベットで添い寝中iPhoneで知って、その場を想像しどきどししてました!
そしてたくさーんのコメント!わー、出遅れたし、なんだかコメントするのも恐れ多いようナーー!
そして、水嶋ヒロさんって誰なのー?(すみません!!)てな事で、今朝早速Wikiで、すでにりんたろうさんのWiki も入っているのを発見し、ついでに、Wikiにりんたろうさんが、水嶋さんをどういったか、がブログにてーーーって、いろいろ情報公開ってすごい~、といろいろショックを受けております。ともかく、日本に帰りましたら、ぜひ本を購入したいと思います。
これからも、ブログ、小説、ともに楽しみに致しております。

24 ■失礼ながら

あまり知名度のない新人賞で、ここまで話題になって、ワイドショーにまで出ちゃう!

これは運なんですかね!

りんたろうさんには運がありますよ!

スゴイ!

25 ■おもしろい内容ですね

おもしろいブログですね。記者会見の服装を見ておしゃれな方だなって思いました。是非本が刊行されたら読んでみたいです。水嶋さんって、まっすぐな方みたいですね、なんか、あまりにきらきらしてて宝石みたいです。

26 ■おめでとうございます ♪

受賞おめでとうございます!

私もテレビでとてもおしゃれな方だなぁと拝見しました。素人じゃない感じ ムンムン ...(笑)。
アゲイン、絶対買わせて頂きますね。

実は水嶋さんの大ファンで男性からもイケメンなんだぁ、と 嬉しく読ませて頂きましたが、私が近くで水嶋さんを拝ませて頂いた時は 肌の良さに驚愕!でしたが、 靴だけじゃなくて 水嶋さんの肌も、光ってませんでした(笑)?

27 ■おお~!!

なんと師匠だったのですか!

私はポプラの新人賞発表時、おばあちゃんの
壊れたトイレを直していたので耳でしか聞いて
ませんでしたが、おめでとうございます!

すごいですねぇ~。。。。

雲の上の方ですね。。。

28 ■Re:おめでとうございます!

>きたじまごーきさん
ありがとうございます。また出版されたら、ぜひご一読ください。

29 ■Re:りんたろう、おめでとう!

>てんぽっちんさん
ありがとうございます。
賞金の使い道は、娘のおむつ代ですね。

30 ■Re:おめでとうございます!

>チェンママ@上海さん
そうなんです。二日でいろいろあったんですよ。水嶋ヒロとは日本に唯一存在するパーフェクトボーイですよ(笑)。たしかに知らない間にウィキに載ってました。ネット社会ってすごいですね。またよろしくお願いします。

31 ■Re:失礼ながら

>felicitaさん
運をひきよせましたね。まあゆっくりとやりたいと思います。

32 ■Re:おもしろい内容ですね

>よっこさん
スタイリストさんのおかげです。刊行されたらぜひともよろしくお願いします。宝石が擬人化したら、水嶋ヒロになるんでしょうね。素敵な男です。

33 ■Re:おめでとうございます ♪

>Poeさん
スタイリストのおかげですよ。そういや肌も輝いてましたね。あまりにまぶしすぎて、顔をきちんと見れなかったのかもしれません(笑)。

34 ■Re:おお~!!

>下ユル子さん
ありがとうございます。まだデビューできたというだけなので。これからがんばります。

35 ■おめでとうございます

こんばんは
初めてコメントさせていただきます。

ブログの記事、興味深く読ませていただきました
受賞作、楽しみにしていますね

これからも頑張ってください

36 ■無題

ガッツポーズして欲しかったです!
それはそれで注目されそうな気がしますが。アッコにおまかせで。(笑)

37 ■素晴らしいことです!

受賞ももちろん素晴らしいですがなんと言っても倫太郎さん、貴方のお人柄が本当に素敵!

洪水のような賞賛のコメントに、お忙しいのに津波のように一人一人に丁寧に返事を書いてらして。

倫太郎さんが返事を書いてらっしゃるところをリアルタイムで見守っておりました~(笑)

ますますのご発展、心よりお祈りいたしております。二作目が勝負って云いますもんね(^O^)

38 ■おめでとうございます♪

りんたろうさん、おめでとうございます。

今回、ブログをはじめて読ませていただきました。

すごく、お人柄の良さを感じる事が出来ました。

私は、ヒロくんのファンですが、今回りんたろうさんに、ヒロくんを良く書いて頂いて、本当に嬉しく思います。

ありがとうございました。

りんたろうさんの本も、購入しますね!!

39 ■Re:おめでとうございます

>もりのくまたろうさん
ありがとうございます。ブログも小説もよろしくお願いします。

40 ■Re:素晴らしいことです!

>たあたさん
ありがとうございます。まあコメント返しはできるときには、やるようにしてます。
二作目は大事ですよね。

41 ■Re:おめでとうございます♪

>☆ほく☆さん
ありがとうございます。同期の仲間ですからね(笑)。ぜひ水嶋ヒロさんと、ぼくの本、両方お買い求めください。

42 ■はじめまして

受賞おめでとうございました!

私は水嶋ヒロさんの大ファンで、たぶん次記事に書かれている、アクセス数52321の一人です。…笑
(今は、もっと増えているでしょうか?)

今回素晴らしい記事を書いて下さって、本当にありがとうございました。水嶋さんのファンとして嬉しく思っています。

同時に、りんたろうさんのお人柄のよさにも、感動してしまいました!!!

ご想像通り、次記事も読んだのですが、ゴキブリのくだりには大笑いしました。
もっと読みたくなり、今、過去の記事も少し読んでいる所ですが、もう、面白すぎます!(おばあちゃんとメールの話は、うるっと来ました。)

本(アゲイン)も是非読んでみたくなりました。
これからもご活躍下さいね。


※記者会見でお姿を拝見しましたが、素敵な方だなぁ。と思って見ていましたよ!

43 ■遅ればせながら

受賞おめでとうございます♪

本が出たら読みます♪
あ、買って、読みますね♪
そのときには、またお知らせください♪

44 ■おもしろい

ゴキブリの話はすごかったけど、おもしろ過ぎです。ファンになるなら水嶋ヒロくんで結婚するならりんたろうさんていう感じですかね。ヒロくんの本とりんたろうさんの本、購入します。早く読みたいです。

45 ■はじめまして!

受賞おめでとうございます。
水嶋ヒロくんのファンで、ここに辿りつきました。文章、超面白くて、もっと前にたどり着いていたかった~!知らなかった日々を返してくれ~!って、感じです(^^)時間を取り戻すつもりで、blog遡って行きたいと思ってます!!「夢のファンタジーランド 大阪」もツボにハマッテお腹痛かった~。今後のご活躍も楽しみにしています。「人生を豊かにする笑い」ありがとう!

46 ■受賞おめでとうございます

初めまして。
私は水嶋ヒロ君のファンです。
 
受賞の記事を読む中 こちらを教えてもらいお邪魔させて頂きました。

 ヒロ君に対する暖かいお言葉  本当にありがとうございました。
 嬉しかったです。

受賞の録画を見るたび
「あっ りんたろうさんだ! 」
 と 感謝しながら 見ています。

これからの活躍を期待しています。
 応援しますね!

47 ■Re:はじめまして

>fuwaさん
ありがとうございます。さすが水嶋ヒロファンの方はわかってらっしゃる(笑)。
おばあちゃんのメールはいいですよね。ぜひ、まだ未読の方は読んで欲しいです。
また、本もよろしくお願いします。

48 ■Re:遅ればせながら

>さとちゃんさん
本、ぜひお願いします。

49 ■Re:おもしろい

>スーさん
おー、結婚するならぼくですか? 嫁は喜ぶと思います(笑)。水嶋ヒロさんの本も気になりますよね。ぜひ二冊お買い求めください。

50 ■Re:はじめまして!

>sweethiroさん
そこまでお褒めいただくとは。ありがとうございます。またブログ読んでくださいな。

51 ■Re:受賞おめでとうございます

>れいちさん
ありがとうございます。水嶋ヒロは日本が誇る好男子ですからね。
なんかテレビもちらちら映ってましたね。

52 ■惚れてまうやろ

明けましておめでとうございます。

あの年末の狂騒曲が収まってからお祝いの言葉を言おうと思ってました。

りんたろうさん、特別賞受賞おめでとうございます。

水嶋ヒロさんが靴も輝くイケメンならばりんたろうさんは紡ぎ出す文章が炊きたてのお米みたいにつやつやぴかっと輝いてます。

惚れてまうやろ!

53 ■Re:惚れてまうやろ

>いたずら猫の愛情しつけ教えます:梶川美彩(かじかわみさえ)さん
ありがとうございます。ヒロの靴は、秀吉の茶室なみに光っています。

コメント投稿

[PR]気になるキーワード