東京都三鷹市の集合住宅の住民17人と管理組合が、同じ集合住宅に住む将棋の加藤一二三(ひふみ)九段(70)を相手取り、野良猫への餌やりの差し止めと、慰謝料など約645万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が13日、東京地裁立川支部であった。

 市川正巳裁判長は加藤九段に対し、野良猫への餌やりをしないことと、慰謝料の支払いを命じた。

 訴状によると、加藤九段は約17年前から自室の玄関先や周辺で野良猫に餌をやり始めた。猫の排せつ物や鳴き声に悩まされたほかの居住者が、餌やりをやめるよう求めていた。

 口頭弁論で加藤九段は餌やりの事実を認め、「動物愛護の精神、地域猫の適正管理の見地から行ったもので違法性はない。自費で猫の去勢手術もしていた」と主張していた。

「総理としてみっともない」石原知事が普天間移設で苦言(産経新聞)
奇妙な海の動物群、繁栄続く=約5億年前の化石発見-モロッコ(時事通信)
改革クラブ離党の大江氏、幸福実現党入り(産経新聞)
<皇太子さま>首都圏外郭放水路を視察 埼玉・春日部(毎日新聞)
「マニフェスト」民主のせいでイメージ悪化?(読売新聞)
AD