鳩山由紀夫首相は22日付の鳩山内閣メールマガジンで、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「関係の皆様方に心配を掛け、誠に申し訳なく思っている」と述べ、決着が遅れていることをわびた。同時に「5月末の決着に向けて全力で取り組んでいる」との決意を示し、理解を求めた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

衆院国交委が日航本社視察=経営陣「状況改善」と説明(時事通信)
チューリップ祭に戻れる?市長オランダで足止め(読売新聞)
復元大極殿が完成=平城遷都1300年-式典に皇太子さま・奈良(時事通信)
ワインの時短テクニック
目前でJR脱線、犠牲106人…救助奮闘の男性、語り継ぐ決意(産経新聞)
AD