平野博文官房長官は12日午後の記者会見で、鳩山由紀夫首相が枝野幸男行政刷新担当相に辞令を交付した際、法令解釈の事務も担当するよう指示したことを明らかにした。
 平野氏は「国会での答弁を含めての担当という理解でいい。(枝野氏は)民主党憲法調査会(会長の経験)や、弁護士であることも含めて一番適任ではないか」と述べた。
 従来、政府は法令解釈を担当する特定の大臣は置いておらず、憲法解釈などは内閣法制局長官が国会答弁していた。今国会から、閣僚と同様に答弁できる政府特別補佐人から法制局長官を外したため、主に平野氏が答弁するようになったが、言葉に詰まる場面もあった。 

【関連ニュース】
〔写真ニュース〕重責の枝野氏「刷新相4人ぐらい必要」
「刷新相4人ぐらい必要」=枝野氏
石川議員離党「重い決断」=前原氏「小沢氏にも責任」
小沢氏らに説明義務=鳩山首相
枝野氏は仙谷氏の隣=閣僚席次

薬害再発防止へ第三者機関の枠組みまとまる 行政機関への調査権限(産経新聞)
「報ステ」アナが人身事故=原付きバイクと接触、男性軽傷-東京(時事通信)
奈良・山本病院理事長「死因は心筋梗塞に」 塚本容疑者供述 手術隠蔽意図か(産経新聞)
帰国の公認会計士を逮捕=GWG買収仲介脱税-東京地検(時事通信)
電車内に1000人一時閉じ込め=電気系統トラブル-JR宇都宮線(時事通信)
AD