政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は25日、公益法人を主な対象とした「事業仕分け第2弾」の最終日の作業を行った。13法人の14事業を精査する。法務省所管の司法協会が請け負っている裁判所内での裁判記録などのコピー業務は、費用が1枚20~50円と設定されていることに「高すぎる」との意見が続出。法務省に「できる限り安くする仕組み」を求めた上で「見直し」と判定された。

 農水省関連では、日本森林林業振興会と日本森林技術協会による「収穫調査業務」など2事業がいずれも非効率と指摘され、「実施機関を競争的に決定する」と判定。民間が参入しやすい環境整備や事業規模の縮減が求められた。

 矯正協会(法務省)は全国の刑務所内で独占的に展開する売店での物品販売など2事業のあり方が取り上げられたが、現職の刑務官が会費を出し合う運営方法について「見直し」が求められた。また、林道安全協会(農水省)による林道施設の安全管理業務に関しては、「実施機関を競争的に決定」とされた。

 独立行政法人と公益法人を主な対象として4月下旬と5月下旬の計8日間公開で実施された仕分け第2弾は、この日で閉幕する。【影山哲也】

【関連ニュース】
<関連記事>事業仕分け:厚労相、安全ミュージアムの「廃止」明言
<関連記事>事業仕分け:省庁側の見直し「甘い」、廃止判定は12事業
<関連記事>事業仕分け:無駄改善できるまで宝くじ「発売禁止を」
<関連記事>事業仕分け:第2弾 運転免許教本「競争を」…8事業廃止
<関連記事>事業仕分け:ロック歌手の内田裕也さん 抗議の紙を掲げる

副都心線・東新宿駅で保安装置故障 5300人に影響(産経新聞)
未認定1人の却下処分取り消し=原爆症訴訟―千葉地裁(時事通信)
<覚せい剤取締法違反>川崎信金の秘書室長を逮捕 所持容疑(毎日新聞)
「岡本ホテル」事務所など家宅捜索を開始 出資法違反の疑い(産経新聞)
橋下府知事「大阪市に平松市長1人はおかしい」(産経新聞)
AD