盛岡市発注のごみ焼却施設の建設工事を巡り、談合で落札価格が不当に高くなったとして、市が受注先のJFEエンジニアリング(旧日本鋼管)に対し、約28億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が14日、仙台高裁であった。

 石原直樹裁判長は「談合を認めた原判決は相当である」として同社に約15億円の支払いを命じた1審・盛岡地裁の判決を支持し、双方の控訴を棄却した。

山形新幹線、人身事故で運転見合わせ(読売新聞)
「谷垣総裁辞めて」自民埼玉県連で厳しい声続々(読売新聞)
普天間海外移設「可能と確信」…社民・照屋氏(読売新聞)
670年ぶり開門 東寺の東大門(産経新聞)
高齢者虐待、防止に加え「対応」手順書も作成―栃木県(医療介護CBニュース)
AD